マイ・ホーム・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイ・ホーム・タウン
ポール・アンカシングル
初出アルバム『Paul Anka Sings His Big 15』
B面 Something Happened
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ポップ
時間
レーベル ABCパラマウント・レコード
作詞・作曲 ポール・アンカ
チャート最高順位
テンプレートを表示

マイ・ホーム・タウン」(My Home Town)は、カナダの歌手、ポール・アンカが1960年に発表した楽曲。日本ではザ・ピーナッツダニー飯田とパラダイス・キングがカヴァーしていた。パラダイスキング版の題名はは「恋のホームタウン」。

概要[編集]

作詞作曲はポール・アンカ。この楽曲は発表直後より人気があり、アメリカ合衆国チャートは最大で8位を記録した。

直後にザ・ピーナッツ(「パパはママにイカレてる」のB面、1960年9月発売)とダニー飯田とパラダイス・キング(「悲しき六十才」のB面、1960年8月発売)の競作によって日本語版もリリースされた。ザ・ピーナッツ版とパラダイス・キング版とでは、歌詞が大幅に異なっている。例を挙げると冒頭部分の歌詞は、前者では「懐かしい故郷(ふるさと)の…」で始まるのに対し、後者では「恋の故郷(こきょう)の街に…」で始まっている。

パラダイス・キング版は坂本九のCDアルバムやCD-BOXに収録されていることが多いが[2]、坂本はメインボーカルは担当しておらず、イントロなどのヨーデルを担当している。

ピーナッツ版の訳詞は音羽たかし、パラダイスキング版の訳詞はみナみカズみが行った。

脚注[編集]

[ヘルプ]