井田誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井田 誠一(いだ せいいち、1908年明治41年)8月13日 - 1993年平成5年)10月12日)は、昭和期の作詞家。

経歴[編集]

東京都八王子市出身[1]早稲田大学文学部卒業。

戦後、ビクター専属作詞家として活躍し、「東京シューシャンボーイ」、「水色のスーツケース」、「若いお巡りさん」などを作詞。明るい内容の歌詞が特徴的だった。その他、外国曲の訳詞を行った。

1993年(平成5年)10月12日死去。享年85。

1999年高尾山薬王院の境内に「若いお巡りさん」の歌詞を刻んだ歌碑が建立された[1]

代表曲(作詞)[編集]

  • 『リラの花かげ』(昭和23年6月) 作曲:松井八郎、歌:吉岡妙子
  • 『リオのポポ売り』(昭和25年5月) 作曲:松井八郎、歌:暁テル子
  • 『東京コンガ』(昭和25年6月) 作曲:高橋忠雄、歌:山口淑子
  • 『チューインガムは恋の味』(昭和25年8月) 作曲:清水保雄、歌:暁テル子
  • 『東京シューシャンボーイ』(昭和26年6月) 作曲:佐野鋤、歌:暁テル子
  • 『水色のスーツケース』(昭和26年9月) 作曲:利根一郎、歌:灰田勝彦
  • 『時計のささやき』(昭和27年8月) 作曲:服部良一、歌:ナンシー梅木
  • 『東京やんちゃ娘』(昭和27年12月) 作曲:吉田正、歌:宮城まり子
  • 『東京ティティナ』(昭和28年8月) 作曲:松井八郎、歌:生田恵子
  • 『若いお巡りさん』(昭和31年4月) 作曲:利根一郎、歌:曽根史郎
  • 『帰る故郷もない俺さ』(昭和32年4月) 作曲:利根一郎、歌:曽根史郎
  • 『泣かないで』(昭和33年8月) 作曲:吉田正、歌:和田弘とマヒナスターズ

代表曲(訳詞)[編集]

著書[編集]

  • 殴る:小説集、秀峰社、1942年

脚注[編集]

  1. ^ a b “故郷に詩刻み歌響く ヒット曲生んだ作詞家、故井田誠一さん”. 朝日新聞・朝刊・山梨: p. 28. (1999年10月29日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ チャチャチャは素晴らしい(Milagros Del Cha Cha Cha)”. 国立国会図書館. 2016年6月28日閲覧。