世にも怪奇な物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世にも怪奇な物語
Histoires extraordinaires
Histoires extraordinaires (film, 1968, sketch Federico Fellini).jpg
監督 ロジェ・ヴァディム(黒馬の哭く館)
ルイ・マル(影を殺した男)
フェデリコ・フェリーニ(悪魔の首飾り)
原作 エドガー・アラン・ポー
製作 アルベルト・グリマルディ
レイモンド・イーガー
出演者 ジェーン・フォンダ
ピーター・フォンダ
アラン・ドロン
ブリジット・バルドー
テレンス・スタンプ
音楽 ニーノ・ロータ
ディエゴ・マッソン
ジャン・プロドロミデス
撮影 クロード・ルノワール
トニーノ・デリ・コリ
ジュゼッペ・ロトゥンノ
配給 フランスの旗 コシノール
日本の旗 日本ヘラルド
公開 フランスの旗 1968年5月17日CIFF
イタリアの旗 1968年9月12日
日本の旗 1969年7月12日
上映時間 122分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

世にも怪奇な物語』(原題: Histoires extraordinaires)は、1967年製作の3部構成からなるオムニバス形式のホラー映画フランスイタリアの製作。原作はエドガー・アラン・ポーの小説によるもの。

ストーリー[編集]

第1話 「黒馬の哭く館」[編集]

伯爵家の令嬢フレデリック(ジェーン・フォンダ)は女王のような我儘な振る舞いで周囲をいいなりにしてきた。ある日森の中で知り合った男爵家のウィルヘルム(ピーター・フォンダ)にフレデリックはひかれ、誘惑しようとしたものの、日頃の彼女の振る舞いに軽蔑の感情を持っていた彼に拒絶されてしまう。怒りからの行動によりフレデリックはウィルヘルムの馬小屋に放火してしまう。その時ウィルヘルムは愛馬と共にも焼死してしまう。それ以後、フレデリックの周囲では城に現れた黒馬にまつわる不可思議な事件が起こる。

第2話 「影を殺した男[編集]

寄宿学校に通う狡猾なサディストのウィリアム・ウィルソン少年(アラン・ドロン)の前に彼と正反対な性格をした同名のうりふたつの少年が現れる。彼は事ある事にウィルソンの悪事を妨害した。のちに士官となったウィルソンは賭博場であった美しい女性のジュセピーナ(ブリジット・バルドー)とカードの勝負をする。ウィルソンはイカサマで勝利をし、ジュセピーナの裸の上半身を鞭で打つ。そこにうりふたつのウィルソンがまた現れ、インチキが暴かれてしまう。怒り狂ったウィルソンは、もう一人のウィルソンを殺害してしまう。

第3話 「悪魔の首飾り」[編集]

俳優のダミット(テレンス・スタンプ)は、かつて華やかな世界で名声と賞讃を欲しいままにしてきた、しかし、アルコール中毒によって落ち目の時期だった。そんな彼にイタリアから新車のフェラーリを報酬に映画出演の話が来る。しかし、不安から、酒をのみつづけ、何かに取りつかれたかのようにフェラーリを走らせてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 吹き替え
フレデリック ジェーン・フォンダ 赤沢亜沙子
ウィルヘルム ピーター・フォンダ 仲村秀生
ウィルソン アラン・ドロン 堀勝之祐
ジュセピーナ ブリジット・バルドー 二階堂有希子
ダミット テレンス・スタンプ 櫻片達雄

関連項目[編集]

外部リンク[編集]