クォ・ヴァディス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クォ・ヴァディス
Quo Vadis
Poster - Quo Vadis (1951) 01.jpg
監督 マーヴィン・ルロイ
脚本 ジョン・リー・メイヒン英語版
S・N・バーマン英語版
ソニア・レヴィン
原作 ヘンリク・シェンキェヴィチ
クォ・ヴァディス
製作 サム・ジンバリスト英語版
ナレーター ウォルター・ピジョン
出演者 ロバート・テイラー
デボラ・カー
ピーター・ユスティノフ
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ロバート・サーティース
ウィリアム・V・スコール
編集 ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 MGM
配給 アメリカ合衆国の旗 ロウズ
日本の旗 MGM日本支社
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年11月8日
日本の旗 1953年9月15日
上映時間 171分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $30,028,983[2]
配給収入 日本の旗 1億5251万円[3]
テンプレートを表示

クォ・ヴァディス』(Quo Vadis)は、1951年アメリカ合衆国歴史映画ノーベル文学賞作家のヘンリク・シェンキェヴィチの同名小説『クォ・ヴァディス』を壮大なスケールのスペクタクルとして映画化したものである。 監督はマーヴィン・ルロイ、出演はロバート・テイラーデボラ・カーピーター・ユスティノフレオ・ゲン。他にもエリザベス・テイラーカメオ出演しており、無名時代のソフィア・ローレンが奴隷役としてエキストラ出演している。アカデミー賞では作品賞の候補を始め7部門(助演男優賞は2人なので8候補)となったが、監督賞や脚本部門では候補になれず、受賞もなかった。暴君ネロを演じたユスティノフはゴールデングローブ賞を受賞し、アカデミー賞でも助演男優賞の候補となっている。

当初は、製作にジョン・ヒューストンが携わっていたが、乗り気ではなかったため降板した。また主役にグレゴリー・ペックが考えられていたが、病気のため降板した。

この作品の他にもサイレント期に作られたものは数多くあるが、この作品が『クォ・ヴァディス』の映像化作品としては最も有名である。近年では1985年イタリアのテレビ・ミニシリーズ『Quo vadis?』(日本未公開)、イェジー・カヴァレロヴィチ監督による2001年ポーランド映画『クオ・ヴァディスポーランド語版』(邦題が大文字)がある。

ストーリー[編集]

西暦1世紀前期、皇帝ネロが支配するローマ帝国の時代。マーカス・ヴィニシウス将軍は3年に渡る遠征を終えてローマに凱旋した。ネロはマーカスの叔父ペトロニウスの甘言に浸りながら詩作と放蕩に耽り、宮殿内では彼の妃ポッペアが幅を利かせていた。

マーカスは若く美しい王女リジアを妻にしたいという熱望に駆られ、ネロも許可を与えたが、リジアは彼の求愛を拒んで姿を消してしまう。マーカスは占い師の力を借りて彼女の行方を探した結果、リジアが禁制のキリスト教の信者であることを知る。マーカスは教徒の秘密の集合場へ潜入し、聖人ペトロが開催した集会を目撃。参加していたリジアを連れ戻そうとしたが、彼女の従者ウルススに抵抗を受けて手傷を負う。リジアは初めて心を許してマーカスを看護したことで彼に好意を抱き始めるが、マーカスは彼女の信じるキリスト教を受け入れられず二人は離別してしまう。

その頃ネロは、自らの詩作の題材探しとネロポリスという新しい首都を建設することを口実に市街へ放火。大火によりローマの街は灰燼と化してしまう。更に民衆の叛乱を恐れたネロはポッペアから「放火の首謀者をキリスト教徒と偽ればいい」と唆され、彼らに弾圧を加え始めた。マーカスは弾圧対象となったリジアを救おうとするものの、彼に横恋慕するポッペアの策にかかり自らもネロの親衛隊に捕えられてしまう。また、放火と弾圧に反対した為にネロからの信頼を失いつつあったペトロニウスはネロに決別を告げる手紙を遺し、服毒自殺を遂げた。一方、ローマから逃されていたペトロは旅の途中でローマへ向かう神の光と遭遇し、「主よ、何処へ行かれるのか(クォ・ヴァディス)」と問いかける。主はペトロが連れていた孤児・ナザリウスに憑依し、「ローマ市民が私を求めている。彼らを見捨てるなら私自身がもう一度十字架にかかる」と告げる。それを聞いたペトロはローマへ引き返し、市民にネロの時代の終焉と主の永遠を訴えたが、やはり親衛隊に捕えられてしまう。

マーカスはまだキリストの教えを信じ切れていなかったが改宗を決意し、獄中でペトロの祝福を受けてリジアとの結婚式を挙げる。やがてキリスト教徒たちは闘技場でけしかけられたライオンに喰い殺され、ペトロは逆さ磔刑に処されたものの、死を目前にしても恐れる様子を見せないキリスト教徒たちの姿にネロやローマ市民は恐怖を抱く。また、リジアの養父で元将軍のプラウティウス英語版が「放火はネロの仕業」だと訴えながら火あぶりの刑に処されたことで市民たちはネロへの疑いを深めていく。ポッペアの余興のため最後まで生かされていたマーカスとリジアだが、リジアはウルススと共に猛牛をけしかけられ、マーカスはポッペアのすぐ傍でそれを見せつけられるという責め苦を味わうことになる。しかし、ウルススが怪力で猛牛を返り討ちにし、マーカスは部下に助けられて九死に一生を得る。

マーカスはネロの悪行を告発し、更に新皇帝ガルバが即位すると知らされたローマ市民は一斉蜂起。追い詰められたネロは自らを唆したポッペアを絞殺し、元愛人で今はキリスト教徒となった解放奴隷のアクテ英語版から「せめて最期は皇帝らしくしてほしい」と促され、彼女の助けを借りて自害した。新皇帝の即位を見届け、自由の身となったマーカスはリジアやウルスス、ナザリウスと共にシチリアへ旅立っていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET フジテレビ
マーカス・ヴィニシウス ロバート・テイラー 小林修 瑳川哲朗
リジア デボラ・カー 水城蘭子
ネロ ピーター・ユスティノフ 穂積隆信 田中明夫
ペトロニウス レオ・ゲン 宮川洋一
ポッペア パトリシア・ラファン英語版 富永美沙子
ペトロ フィンレイ・カリー英語版
ウルスス バディ・ベア英語版
女奴隷 ソフィア・ローレン
(クレジットなし)
女奴隷 エリザベス・テイラー
(クレジットなし)

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、17件の評論のうち高評価は88%にあたる15件で、平均点は10点満点中6.4点となっている[4]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果
第24回アカデミー賞 作品賞 ノミネート
助演男優賞 レオ・ゲン
ピーター・ユスティノフ
ドラマ・コメディ音楽賞 ロージャ・ミクローシュ
美術監督賞(カラー) 美術:ウィリアム・A・ホーニングセドリック・ギボンズエドワード・カーファグノ英語版
装置:ヒュー・ハント英語版
撮影賞(カラー) ロバート・サーティース
ウィリアム・V・スコール英語版
衣裳デザイン賞(カラー) ハーシェル・マッコイ英語版
編集賞 ラルフ・E・ウィンタース
第9回ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) ノミネート
助演男優賞 ピーター・ユスティノフ 受賞
撮影賞(カラー) ウィリアム・V・スコール

出典[編集]

  1. ^ Movie Box Office Figures” (英語). LDS Film. 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ Quo Vadis? (1951) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2013年4月15日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)105頁。
  4. ^ Quo Vadis? (1951)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]