オニアザミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オニアザミ
Cirsium borealinipponense 080601.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: アザミ属 Cirsium
: オニアザミ C. borealinipponense
学名
Cirsium borealinipponense Kitam.
和名
オニアザミ(鬼薊)

オニアザミ(鬼薊、学名 Cirsium borealinipponense)はキク科アザミ属多年草

特徴[編集]

茎の高さは1m程であり、葉は深く裂け、縁にあるとげは鋭い。

花期は6-9月で、下向きに数個の花をつける。頭状花序)は筒状花のみで構成されており、花の色は紫色である。

総苞は粘る。花期にも根生葉は残っている。

分布と生育環境[編集]

アザミ属は、分布域が比較的広いものと極端に狭い地域固有種がある。オニアザミの分布域は比較的広く、北陸から東北にかけての日本海側の山地の草原に見られる。

基準産地は福島県会津地方

画像[編集]

注釈・出典[編集]

関連項目[編集]