ノアザミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノアザミ
ノアザミ
Cirsium japonicum
(2008年6月、福島県会津地方
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorioideae
: アザミ連 Cardueae
亜連 : Carduinae
: アザミ属 Cirsium
: ノアザミ C. japonicum
学名
Cirsium japonicum
Fisch. ex DC.
和名
ノアザミ(野薊)
英名
Japanese thistle
亜種変種

ノアザミ(野薊、学名: Cirsium japonicum[1])はキク科アザミ属多年草

特徴[編集]

の高さは0.5-1mになる。

は羽状に中裂し、縁にとげがある。茎葉の基部は茎を抱く[2]。花期にも根生葉は残っている。

期は5-8月で、アザミ属の中では咲きの特徴をもつが、まれに10月まで咲いているものも見られる。花(頭状花序)は筒状花のみで構成されており、直径は4-5cm[2][3]。花の色は紫色であるが、まれに白色のものもある[2]。花を刺激すると花粉が出てくる[2][3]総苞はよく粘る。

分布と生育環境[編集]

アザミ属は、分布域が比較的広いものと極端に狭い地域固有種がある。ノアザミの分布域は広く、日本本州四国九州草原河川敷に見られ、アジア大陸にも変種が分布する。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 『野に咲く花』、84頁。
  3. ^ a b 『花と葉で見わける野草』、36頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]