キセルアザミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キセルアザミ
キセルアザミ0930 Cirsium sieboldii.JPG
2007年9月 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: アザミ属 Cirsium
: キセルアザミ C. sieboldii
学名
Cirsium sieboldii Miq.
和名
キセルアザミ(煙管薊)

キセルアザミ(煙管薊、学名 Cirsium sieboldii)はキク科アザミ属多年草。別名、マアザミ(真薊)、サワアザミともいう。

特徴[編集]

茎の高さは50-100cmであり、茎につく葉は細かく少ない。

花期は9-10月で、煙管の様に下向きに花をつけ、花後は上向きになる。花(頭状花序)は筒状花のみで構成されており、花の色は紫色である。

花期にも深く裂けた根生葉が残っている。

分布と生育環境[編集]

アザミ属は、分布域が比較的広いものと極端に狭い地域固有種がある。キセルアザミの分布域は広く、本州四国九州の山野の湿り気のある場所や湿原にふつうに見られる。

関連項目[編集]