点火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

点火(てんか)はヒト意思を持って燃焼現象を開始させること。着火火を点けるとも言う。ヒトの意思によらず燃焼が始まることは自然発火という。

火の制御[編集]

人類を使いはじめた頃は、火を点けることは手間のかかることだった。以下に示す方法のうち、主に摩擦火種を作り、保存していたとされている。

方法[編集]

火を点けるには火の連鎖反応を開始する温度まで何らかの方法で加熱する必要がある。現代ではマッチライターと呼ばれる点火専用の道具があり容易に火を起こすことが可能になった。
火を起こすには以下の熱源を利用することが多い。

と木をこすりあわせ、摩擦熱で火を起こすバヌアツの男性。

関連項目[編集]