スチールウール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スチールウール

スチールウール英語:Steel wool)は、非常に微細かつ柔軟な繊維たわしである。金たわしとも呼ばれる。 1896年に商品化された[1]。製造には、低炭素の鉄が使用され、目的の細さに出来るブローチ切削刃で細い繊維状に加工する。

利用[編集]

ライトペイントと呼ばれる芸術作品で使用される燃えたスチールウール
木工
主に、木工作業での曲面や表面の研磨、ニス塗りや塗装時などに使われる.[2]。ただし、オーク材の場合は、木材のタンニン成分と鉄分が反応し変色する為、ステンレスブロンズ製たわしが使用される。
家庭での利用
家の清掃、食器洗いに使われる。また、ネズミ等の侵入口を埋めるのにも使われる。
発火
繊維が細いスチールウールは酸素と結合しやすいことから、緊急時には乾電池を使い火口として使用される[3]
フィルター
自動車の排ガスフィルターなどに利用される[4]

規格[編集]

スチールウールの細さ[5]
Grade Name Grade Code inches mm
Super Fine 0000# 0.001 0.025
Extra Fine 000# 0.0015 0.035
Very Fine 00# 0.0018 0.040
Fine 0# 0.002 0.050
Medium 1# 0.0025 0.060
Medium Coarse 2# 0.003 0.075
Coarse 3# 0.0035 0.090
Extra Coarse 4# 0.004 0.100

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Iron Age, Vol. LVII, p.871, cited by Journal of the Iron and Steel Institute,Volume 50, Issue 2, p.482
  2. ^ “Steel wool: low-cost, do-everything home and shop material”. Popular Science (Bonnier Corporation) 208 (5): 124. (1976年5月). ISSN 0161-7370. http://books.google.ca/books?id=BgEAAAAAMBAJ&pg=PA124&source=gbs_toc_r&cad=1 2009年7月21日閲覧。. 
  3. ^ 避難所開設を疑似体験(毎日新聞)
  4. ^ ボッシュ自動車ハンドブック p447
  5. ^ Steel Wool Grades”. The Engineering ToolBox. 2014年3月23日閲覧。