火口箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火口箱の中身。火打石と鉄片、消し炭など。

火口箱(ほくちばこ、英:Tinderbox)は、火をつけるための道具一式が入った箱。

概要[編集]

火口箱は、発火のための道具一式が入った箱である。箱の中には、火打石(主に石英)、火打金(ひうちがね)と呼ばれる鉄片、おが屑紙縒り(こより)などが入っている。

まず、火打石と火打金を打ち合わせて火花を起こす。その火花をおが屑に落とし、息を吹きかけ火を起こす。おが屑の代わりに、火口(ほくち)と呼ばれる消し炭を用いることもある。そうして発生した火を、紙縒りなどを使って任意の場所へ移動し着火する。

関連項目[編集]