プジョー・3008

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
3008

プジョー・3008Peugeot 3008 )はフランスの自動車メーカー、プジョーが2009年から生産・販売するクロスオーバーSUV三菱自動車からOEM供給を受けている40074008とは違い、308をベースとしたプジョー初の自社開発・自社生産SUVである。

2008年のパリモーターショーで発表されたコンセプトカー「プロローグHybrid4」をルーツとし、2009年3月のジュネーブショーで市販仕様が公開され、同年5月のフランスでの発売を皮切りに順次、各市場に投入を開始した。日本市場へは2010年6月1日より導入を開始。

ワゴン、MPV、SUVそれぞれの良さを採り入れたクロスオーバーモデルという位置づけである。

初代 2009年-2016年[編集]

プジョー・307シトロエン・C4等と共通のPSA PF2プラットフォームをベースとしている。 エクステリアはモノフォルム形状を採り入れ、ボンネットとキャビンを明確に分けないプロポーションとしたことで、全長4,365mm×全幅1,835mm×全高1,635mm、ホイールベース2,615mmという比較的コンパクトなサイズでありながら、高効率なパッケージを実現した。

インテリアはラゲッジルームのフロア高を3段階に調整可能とすることで、積載性の向上とリアシートの完全なフラット化をも実現している。荷室容量はラゲッジボードの高さまで荷物を積む場合で512L、シートを格納したフル積載時で1,604Lの容量がある。

エンジンは欧州では1.6L(120PSと156PS)のガソリンと1.6L(110PS)と2L(150PSと163PS)のHDiをラインアップするが、日本市場へは308シトロエン・C4などにも搭載される1.6L・直噴ターボガソリンエンジンのみが組み合わされる。最高出力156PS/最大トルク24.5kg-mを誇ると同時に、優れた燃費性能をも実現させている。2011年にはディーゼルハイブリッド4WDの追加も予定されている[1]。トランスミッションは各エンジンに6MTの設定もあるが、日本向けは6ATのみである。

走行性能についてもFFを採用しながらも機動性を高める「ダイナミックロールコントロール」と「グリップコントロール」をプジョー車で初めて採用。前者はリアサスペンションの搭載される車体のロールを抑えるためのシステムであり、後者はマッド&スノータイヤとモード切替式のトラクションで構成される。モードは「標準」「雪道」「オフロード」「砂地」「ESPオフ」の5種を任意に選択でき、トラクションコントロールが各路面の状況にあわせて適切な作動を行う。

日本でのグレード展開はベーシックな『Premium』とラグジュアリーな『Griffe』の2機種。

幅x長さ=1,202mmx1,382mmと大きいパノラミックガラスルーフをはじめ、バイキセノンディレクショナルヘッドランプ、レザーシート(『Griffe』のみ)、左右独立調整式オートエアコン、クルーズコントロール、ポップアップ式のヘッドアップディスプレイ、後席用送風口、自動防眩式ルームミラー、6エアバッグESPなど、クラスを超えた豪華さが自慢である。

中国製 2012年-[編集]

神龍汽車が2012年から中国・武漢にて生産。フランス製とは細部が異なっている。


後期型 2013年-[編集]

2013年9月のフランクフルト・モーターショーにて発表。


2代目 2016年-[編集]

2016年5月23日2代目発表。10月のパリ・モーターショーにて一般公開。プラットフォームは新世代のPSA EMP2プラットフォームを採用。2017年3月ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞、と同時にPSAグループによるオペル買収が正式発表されたため今後はオペル車とも車台共有などが行われていくことになる。一般公開から約半年間で、ヨーロッパにおいて10万台のオーダーを獲得。その半数は過去にプジョー車を所有したことがない人達というデータが出ている。

日本での販売[編集]

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年3月13日に発売を開始。ベーシックな「アリュール」とLEDヘッドランプを備えた「アリュールLEDパッケージ」の2種類が用意され、それらに加え日本導入記念モデルとして「アリュール デビューエディション」(80台)と「GTライン デビューエディション」(180台)の2モデルが限定販売される。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]