三菱・GTO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱・GTO
Z15/16A型
1991 Mitsubishi GTO (36949085656).jpg
販売期間 1990年10月 - 2001年8月[1]
設計統括 鈴木正勝
乗車定員 4名
ボディタイプ 3ドアファストバッククーペ
エンジン 6G72型 2,972cc V型6気筒 DOHC 24バルブ
6G72型 2,972cc V型6気筒 DOHC 24バルブ IC ツインターボ
駆動方式 前輪駆動
四輪駆動
最高出力 225PS(NA)
280PS(ツインターボ)
最大トルク 28.0 kgf·m(NA)
43.5 kgf·m(ツインターボ)
変速機 4速AT
5速MT(前期型)・(中期型以降 NA)
6速MT(中期型以降 ツインターボ)
サスペンション 前:マクファーソン式ストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,555 mm(前期型)
4,575 mm(中期型)
4,590 mm(後期型)
4,600 mm(最終型)
全幅 1,840 mm
全高 1,285 mm
ホイールベース 2,470 mm
車両重量 1,600-1,730 kg
生産台数 18万2867台[2]
先代 三菱・スタリオン
後継 無し
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

GTO(ジーティーオー)は、三菱自動車工業が製造、販売していたスポーツクーペである。

本項目では姉妹車のダッジ・ステルスについても解説する。

概要[編集]

キャッチコピーは『スポーツは、ライバルがいるから、面白い。』、『あなたのスポーツは、面白いですか。』。

1989年に第28回東京モーターショーで「三菱・HSX」という名で参考出品され、その後1990年10月から市販された。日本国内においては、全グレード駆動方式は4WDとなっているが、北米向けはFFもラインナップされる。北米市場を意識したGTカーとして企画されており、直線道路を余裕を持って走れるトルクを備えた性格付けがなされている。エンジンと基本シャーシのベースはディアマンテと同一の物が使われており、それをGTO用にアレンジして搭載している。スタイリングは、三菱らしい個性の強いもので、コークボトルラインのボディに絞り込まれたサイドへ描かれる美しいZラインの綾線はデザイン上のハイライトとなっている(Cd値0.33)。全幅は1,840mmと当時のライバル達の中で随一の全幅を持つ。 デザイン上の特徴として良く取り上げられるサイドエアダムのエアインテークは、モーターショー出展時のHSXではブレーキ冷却ダクトだったが、HSXは2シーターであったため、市販化にあたり後部座席を設置しなければならなくなり、後部座席周りの設計上の都合により市販車ではダミーとなってしまったという経緯がある。また、前期型ボンネット上のバルジはもともとディアマンテ用のシャシー+(背の高い)マクファーソン・ストラット式サスペンションのボンネットへの出っ張りをカバーするためのものである。マイナーチェンジにより、ダミーであったエアインテークにはタイヤハウスに空気が抜ける孔が設けられているが、積極的なブレーキ冷却機能は与えられていない。また、GTOは時流を反映して意欲的な装備が多数盛り込まれていたのも特徴である。

下記に示す装備が日本車としては初採用されたものである。

日本国外へは「3000GT」という名称で輸出され、こちらにはSLおよびRTというNAエンジンのFFモデルもあった。トップグレードであるVR-4は4WDで320PSの出力を発生させていた。北米では電動格納式ハードトップオープンモデルである「3000GTスパイダー・リトラクタブルハードトップ」と呼ばれるモデルも設定された。これは1959年フォードスカイライナーがカタログから消えて以来の電動ハードトップの復活であり、現在に続くリトラクタブルハードトップ流行の先鞭をつけたものだった。なお、3000GTの前輪駆動モデルのブレーキキャリパーはディアマンテと同様のスライド式2ピストンキャリパーであり、日本国内仕様のような4ピストン対向キャリパーはターボモデルだけで、6ピストン対向キャリパーは採用されなかった。

初代(1990年-2001年)Z15A/Z16A型[編集]

2001年8月の販売終了まで、大きなもので4度ものマイナーチェンジが施された。詳細内容は下記の通り。

  • 1992年1月のマイナーチェンジ(前期型)(Z16A:4WS有り)(Z15A:4WS無し)
    • グラストップ(メーカーオプション)追加
    • ホイールの17インチ化。それに伴いスペアタイヤも17インチ/アルミホイール化
    • 50%偏平率タイヤ(225/50R17)採用
    • 電動格納式ドアミラー採用
    • 運転席シートに電動スライド機能追加
    • エアコン冷房を代替フロン(R134a)に変更
  • 同年6月には特別仕様車「スペシャルバージョン」を設定
  • 同年10月のマイナーチェンジ
    • ブレーキディスクを17インチ化
    • リアブレーキに対向2ポットキャリパ採用
    • キーレスエントリー採用(NA車はメーカーオプション)
  • 1993年8月のビッグマイナーチェンジ(中期型へ進化)(Z16A:4WS有り)(Z15A:4WS無し)
    • ヘッドライトを4灯固定式プロジェクタータイプへ変更
    • シリンダーヘッドガスケットのメタル化によりターボチャージャーの過給圧変更、これによりエンジン出力向上(280PS/42.5kgf·mから280PS/43.5kgf·mへ)
    • ミッションを5速MT → 5速MT(NA)、6速MT(ツインターボ)へ変更。
    • 助手席エアバッグ追加
  • 1994年8月のマイナーチェンジ
    • 軽量化したモデル「MR」を追加(BBS製17インチホイール、4WS、オートクルーズ、フォグランプレス、ABSメーカーオプション)
    • ブレーキ冷却導風板の採用(MRのみ) 
    • APロッキード製6ポットブレーキのオプション採用
    • フロントグラスシェードカラー変更(グレー → ブラック)
    • リアハイブリッドLSDオプション(ツインターボ、MRにメーカーオプション)
    • 電動チルト&アウターサンルーフ(メーカーオプション)
  • 1995年8月のマイナーチェンジ
    • ノンターボモデルを価格を抑えた「SR」へと変更(4WS、オートクルーズ、フォグランプレス、助手席エアバッグオプション、フロント16インチブレーキ)
    • 内装カラー変更(ダークグレー → ブラック)
    • ヘッドライトレンズ材質変更(ガラス → 樹脂)
  • 1996年8月のマイナーチェンジ(後期型に進化)(Z16A:4WS有り)(Z15A:4WS無し)
    • ターボモデルの18インチクロムメッキホイールの採用(この変更に伴い、MRの標準装備も18インチクロムメッキホイールとなる)
    • フロントバンパー、リアスポイラー意匠変更(これに伴いアクティブエアロ廃止)
    • プロジェクターフォグランプ装備(SR)
    • ブレーキキャリパカラー変更(ツインターボ、およびMR ブラック → レッド)
    • キーレスエントリーをキー一体型に変更(ツインターボ)
    • オーディオ変更
  • 1997年8月のマイナーチェンジ
    • ABSを標準装備化(MR、SR)
    • 助手席エアバッグ追加(SR)
    • オートエアコン操作パネル変更(調整がダイアル式、単色液晶に変更)
  • 1998年8月のマイナーチェンジ(最終型へ進化、最終マイナーチェンジ)(Z16A:4WS有り)(Z15A:4WS無し)
    • 大型リアスポイラーの採用
    • フロントウインカーをコンビネーションランプ化
    • 車重軽量化 5%

小さな変更(シートの柄等)を入れると毎年の様に改良されており、特にターボモデルの方がマイナーチェンジでの進化の度合いが大きかった。なお、最初期型と最終型では17インチアルミホイールのスペアタイヤは採用されていない。

パトカーへの採用[編集]

GTOは高速隊パトカーとして国費で前期型、中期型、後期型MRが導入されており、基本的にフェンダーミラー仕様で導入されたがMRのみドアミラー仕様で導入されている(このモデルが国費導入の白黒パトカーでは初めてのドアミラー車である)。ほとんどの車両が廃車になっているが一部警察に中期型・後期型MRが現存し主にイベント展示用として使用されている[3]。また、前期型の交通覆面パトカーが静岡県警察交通部に配備されていた。

ダッジ・ステルス[編集]

ダッジ・ステルス
前期型
Dodge Stealth Rt.jpg
後期型
'94-'96 Dodge Stealth (Hudson).JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1991年1997年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 3.0L V6 6G72型 DOHC
駆動方式 FF/4WD
最高出力 325PS/6,000rpm
最大トルク 43.5kgf·m/2,500rpm
変速機 6速MT/5速MT/4速AT
サスペンション 前:ストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,559mm
全幅 1,840mm
全高 1,247mm
ホイールベース 2,470mm
車両重量 1,680kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ステルスSTEALTH )はクライスラーの一部門「ダッジ」ブランドにおいて、GTOの姉妹車として販売された自動車である。GTOは開発当初からクライスラー向けにOEM供給することが決定しており、1991年、GTOの北米展開から遅れて販売が開始された。

ステルスはGTOと比べダッジ向けに外装が大きく変更されており、前後バンパーは別デザインで、またテールランプはハイグレードのR/T、Twin-TurboではGTOと全く異なるウインカー兼用の一体型となり、Cピラーの位置も異なっているためリアサイドガラス形状も異なっている。なお、廉価モデルのベースグレードおよびESについてはGTOと同形状のテールデザインとなっている。フロントグリルは一連のダッジシリーズに準ずる十字のクロスヘアデザインが採用されていた。

グレード展開は現地のGTO(3000GT)に準じており、SOHCを搭載したFFの廉価グレードであるES(1994年からはベースモデルに名称変更)、DOHCを搭載したR/T、DOHCターボを搭載したR/T Twin-Turboが設定されていた。ただ、ターボモデルは6ピストン対向キャリパーが採用されていないなど、日本国内向けのGTOとは細かい点で仕様が異なっている。

発売当初は3000GTを上回る販売台数(1991年度:3000GT/9,927台、STEALTH/17,280台)であったが、1994年のマイナーチェンジを境に急激に売り上げが落ち込んでいったため、1996年に生産を終了、1997年に販売を終了している。最終年の販売台数はわずか360台であった。

生産拠点[編集]

  • 三菱自動車工業名古屋製作所大江工場

カスタマイズ[編集]

日本国外、とりわけアメリカでは、日本車離れしたボディスタイルのため、エアロパーツによるドレスアップが盛んであったり、3,000cc(V6)ツインターボと言う強力なエンジンと、4WD車であるという点から、ドラッグレースのベース車両に使われることも多い。

逆に母国日本ではいわゆるマイナー車に分類されるため、前述の通りアフターパーツが少ないという一種の逆転現象も発生している。しかしそれでも数社よりエアロパーツ、エンジン内部、ドライブ系強化パーツが発売されており、なかにはフロントのドライブシャフトを抜き、センターデファレンシャル機構を溶接ロックして完全にFRにしているオーナーもいる。ボディ剛性の高さ、トルクが豊かなV6ツインターボ、強度十分のゲトラグ製のトランスミッション、大容量ブレーキシステムなどの確かな素性に目を向けたオーナーも少なくないことが確認できる。

レース活動[編集]

1991年から1996年までN1耐久選手権(クラス1、現・スーパー耐久)に参戦していた。マシンメンテナンスをテストアンドサービスが担当し、レースでは最高峰クラスであるクラス1で当時最強を誇っていた日産自動車のスカイラインGT-Rの対抗馬的存在として活躍していた。重い車重にも関わらずスカイラインGT-Rと互角の勝負を演じ、コーナーのGTO・直線のGT-Rという一般的なイメージとは違う反対の評価を得ていた。

参戦した期間では、TIサーキット英田(現・岡山国際サーキット)で記録した2位がベストリザルトである。このレースではコース上の落下物を拾ってしまい、それが冷却系に当たることで惜しくも優勝を逃してしまった。

ギャラリー[編集]

車名の由来[編集]

イタリア語の「Gran Turismo Omologato」、すなわちモータースポーツにおけるGTカテゴリとして公認された車という意味。モータースポーツへの熱い想いを込めて命名された。一時は先代の名前を取って「スタリオンGTO」という車名も検討されていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ GTO(三菱)のカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  2. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第26号3ページより。
  3. ^ “愛知県警の三菱 GTO パトカー見参”. レスポンス (MSN). (2012年5月28日). http://car.jp.msn.com/news/%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e8%ad%a6%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%8f%b1-gto-%e3%83%91%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%bc%e8%a6%8b%e5%8f%82-1 2012年5月28日閲覧。 

関連項目[編集]