三菱・4A3型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱・4A3型エンジン
Mitsubishi 4A30.jpg
4A30
パジェロミニ用DOHC20バルブインタークーラーターボ仕様
生産拠点 三菱自動車工業
中華汽車
製造期間 1993年8月 - 2017年12月
タイプ 直列4気筒SOHC16バルブ
直列4気筒DOHC16バルブ
直列4気筒DOHC20バルブ
排気量 0.66L
1.1L
1.2L
テンプレートを表示


三菱・4A3型エンジンは、三菱自動車工業、および中華汽車が製造していたガソリンエンジンの系列である。

概要・機構[編集]

1993年9月における同社製のH30系ミニカ[1]/ミニカトッポ[2]に初めて採用された。

基本構成は水冷直列4気筒

当初は659ccの4A30型のみの構成だったが、のちに1,094ccの4A31型や台湾向け専用の1,198ccの4A32型など、様々なバリエーションが登場した。また、4A30型にはDOHC20バルブインタークーラー付きツインスクロールターボ仕様[3]や、SOHC16バルブのMVV希薄燃焼)仕様が存在し、4A31型には同社のピスタチオ専用のDOHC16バルブのGDI仕様がそれぞれ存在する。もっとも、4A30型DOHC20バルブターボ仕様とSOHC16バルブMVV仕様は、排気ガス規制の強化やグリーン税制の適用などに対応することができなくなり、2002年以降に廃止された。なお、シリンダーブロックは鋳鉄製で、今日まで可変バルブ機構を採用したことがない。パジェロミニに搭載された4A30型は縦置きレイアウトであるため冷却ファンは軽自動車では非常に珍しいカップリング内蔵のベルト駆動ファンであった。

2002年迄生産のエンジンはクランクベアリングキャップがラダービームフレーム一体となっており、高剛性支持であった。

諸元[編集]

4A30(自然吸気)[編集]

  • 製造期間:1993年 - 2012年
  • 構成 直列4気筒 SOHC 16バルブ
    • 排気量 659cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 60.0×58.3
    • 圧縮比 10.0:1
    • 出力・トルク
      • (1)50PS/7,500rpm 5.5kg·m/5,500rpm(ダウンドラフト2バレル式キャブレター)
      • (2)55PS/7,000rpm 6.1kg·m/5,000rpm(ECIマルチ)
      • (3)52PS/7,000rpm 5.9kg·m/4,000rpm(ECIマルチ)
      • (4)52PS/7,000rpm 6.0kg·m/5,000rpm(ECIマルチ)
      • (5)52PS/6,500rpm 6.3kg·m/4,500rpm(ECIマルチ)
    • 主な採用車種
      • (1)
      • (2)
        • ミニカ(7代目)
        • ミニカトッポ(2代目)
      • (3)
      • (4)
        • パジェロミニ(初代)
      • (5)
        • パジェロミニ(2代目、2002年以降)

4A30(MVV)[編集]

  • 製造期間:1998年 - 2002年
  • 構成 直列4気筒 SOHC 16バルブ
    • 排気量 659cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 60.0×58.3
    • 圧縮比 10.0:1
    • 出力・トルク
      • 52PS/6,500rpm 6.3kg·m/4,500rpm(ECIマルチ)
    • 主な採用車種
      • パジェロミニ(2代目、2001年以前)

4A30(ターボ)[編集]

日産・キックスの4A30 SOHC 16バルブターボエンジン
  • 製造期間:1999年 - 2012年
  • 構成 直列4気筒 SOHC 16バルブ インタークーラーターボ
    • 排気量 659cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 60.0×58.3
    • 圧縮比 8.5:1
    • 出力・トルク(参考値)
      • (1)60PS/6,000rpm 8.5kg·m/4,000rpm(ECIマルチ)
      • (2)64PS/6,000rpm 9.0kg·m/4,000rpm(ECIマルチ)
    • 主な採用車種
      • (1)
      • (2)
        • パジェロミニ(2代目、2002年9月以降より)
        • 日産・キックス

4A30(DOHCターボ)[編集]

  • 製造期間:1993年 - 2002年
  • 構成 直列4気筒 DOHC 20バルブ ECI インタークーラーツインスクロールターボ
    • 排気量 659cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 60.0×58.3
    • 圧縮比 8.5:1
    • 出力・トルク(参考値) 
      • 64PS/7,500rpm 10.2kg·m/3,500rpm(ECIマルチ、2代目パジェロミニ用)
    • 主な採用車種
      • ミニカ ダンガン(7代目)
      • ミニカトッポ (2代目)
      • ブラボー GT

(後期型)

      • パジェロミニ VR及びVR-Ⅱ、2代目 VR(初代および2002年8月以前の2代目)
      • タウンボックス RX(初代、2002年8月以前)
      • トッポBJ R(2002年8月以前)

4A31[編集]

  • 製造期間:1995年 - 2001年
  • 構成 直列4気筒 SOHC 16バルブ

4A31(GDI)[編集]

  • 製造期間:1999年
  • 構成 直列4気筒 DOHC 16バルブ
    • 排気量 1,094cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 66.0×80.0
    • 圧縮比 11.0:1
    • 出力・トルク
      • 74PS/6,000rpm 10.2kg·m/4,000rpm
    • 主な採用車種

4A32[編集]

  • 製造期間:2001年 - 2017年
  • 構成 直列4気筒 SOHC 16バルブ
    • 排気量 1,198cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 74.5×68.7
    • 圧縮比 10.1:1
    • 出力・トルク
      • 76PS/5,800rpm 10.7kg·m/4,300rpm(ECIマルチ)
    • 主な採用車種

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 7代目。廉価グレードを除く乗用シリーズ向け。
  2. ^ 2代目。商用シリーズは除く。
  3. ^ 登場当時、自動車搭載用の4気筒DOHC20バルブエンジンとしては世界最小だった。