アンドリュー・コソーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドリュー・コソーヴ
Andrew Kosove
Andrew Kosove
職業 プロデューサー
配偶者 キーラ・デイヴィス英語版

アンドリュー・A・コソーヴAndrew A. Kosove)は、アメリカ合衆国の映画及びテレビプロデューサーである。製作パートナーのブロデリック・ジョンソン英語版と共同でアルコン・エンターテインメントを設立し、CEOを務めている。また2009年には『しあわせの隠れ場所』でアカデミー作品賞にノミネートされた。

生い立ち[編集]

1992年にプリンストン大学を卒業する[1]。プロデューサーのブロデリック・ジョンソン英語版とは大学時代に友人となった[1][2]

キャリア[編集]

コソーヴとジョンソンはカリフォルニア州ロサンゼルスに移り、そこで2人はフェデックスの創業者・会長であるフレデリック・W・スミス英語版からの金融資本を持つ映画会社を立ち上げた[1][2]。会社はアルコン・エンターテインメントとして知られることとなる[2]。彼らの初の長編映画『ライラ/フレンチKISSをあなたと英語版』は興行的に失敗したが[2]、2本目の『マイ・ドッグ・スキップ』は700万ドルの予算で3400万ドルを売り上げた[2]。アルコンはその後も『P.S. アイラヴユー』、『ゾルタン★星人』、『旅するジーンズと16歳の夏』、『ザ・ウォーカー[2]、『インソムニア』、『プリズナーズ』などを製作した。

2009年に公開された『しあわせの隠れ場所』は史上最も売れたスポーツ映画となり[2]、アカデミー賞にノミネートされた。

アレックス・ギブニー監督のテレビドキュメンタリー『Sinatra: All or Nothing At All』で製作総指揮を務め、エミー賞にノミネートされた[3]。また同年には製作総指揮を務めたSyfyのテレビシリーズ『エクスパンス -巨獣めざめる-』が始まった。

私生活[編集]

プロデューサーのキーラ・デイヴィス英語版と結婚しており[4]、2人の子をもうけている[4]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c “A tale of two guys and two movies: Broderick Johnson '90 and Andrew Kosove '92 learned from their flop and now have a 10-picture deal with Warner”. (2000年6月7日) 
  2. ^ a b c d e f g Pomerantz, Dorothy (2012年2月22日). “Meet the Guys Behind the New 'Blade Runner' Movie”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/dorothypomerantz/2012/02/22/meet-the-guys-behind-the-new-blade-runner-movie/ 2015年12月24日閲覧。 
  3. ^ Andrew Kosove”. Emmys. 2015年12月24日閲覧。
  4. ^ a b Andrew A. Kosove”. Alcon Entertainment. 2015年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]