DUNE/デューン 砂の惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
DUNE/デューン 砂の惑星
Dune
Dune 2021 logo.png
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 エリック・ロス
ジョン・スペイツ
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作 フランク・ハーバート
デューン砂の惑星
製作 メアリー・ペアレント
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
ケイル・ボイター
ジョー・カラッチョロ・ジュニア
製作総指揮 トーマス・タル英語版
リチャード・P・ルビンスタイン英語版
出演者 ティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ジョシュ・ブローリン
ステラン・スカルスガルド
デイヴ・バウティスタ
スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン
ゼンデイヤ
チャン・チェン
シャロン・ダンカン=ブルースター英語版
シャーロット・ランプリング
ジェイソン・モモア
ハビエル・バルデム
音楽 ハンス・ジマー
撮影 グリーグ・フレイザー
編集 ジョー・ウォーカー
製作会社 ワーナー・ブラザース
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 2021年9月3日(VIFF
日本の旗 2021年10月15日
アメリカ合衆国の旗 2021年10月22日
上映時間 155分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $165,000,000[2]
興行収入 $400,256,138[3][4]
日本の旗 7億6300万円[5]
次作 デューン: パート2
テンプレートを表示

DUNE/デューン 砂の惑星』(原題: Dune、作中でのタイトルはDune: Part One[6])は、2021年アメリカ合衆国叙事詩的SF映画フランク・ハーバートSF大河小説デューン砂の惑星』を原作とした、2部作の1作目で、原作の前半部分をほぼ網羅している[7]ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督、エリック・ロスジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本を務め、主要キャストとしてティモシー・シャラメレベッカ・ファーガソンオスカー・アイザックジョシュ・ブローリンステラン・スカルスガルドスティーヴン・ヘンダーソンゼンデイヤデヴィッド・ダストマルチャンチャン・チェンシャロン・ダンカン=ブルースター英語版シャーロット・ランプリングジェイソン・モモアハビエル・バルデムが出演している。

1965年に発表された『デューン砂の惑星』は、1971年以降複数の映画製作者が映画化の権利を所有するなど何度も映画化が試みられたが、物語の複雑さ重厚さにより映像化が困難な小説とされていた[8][9]。過去には1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に終わり製作過程が『ホドロフスキーのDUNE』として2013年に公開、1984年にはデイヴィッド・リンチが映画『デューン/砂の惑星[10][11]、2000年にはリチャード・P・ルビンスタイン英語版がテレビシリーズ『デューン/砂の惑星』をそれぞれ製作している[12]。ドゥニ・ヴィルヌーヴが製作する本作は通算5度目の映像化作品となる[13]

『DUNE/デューン 砂の惑星』は、2021年9月3日に第78回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された。ワーナー・ブラザース・ピクチャーズは、2021年9月15日に2D、3D、IMAXで国際的に劇場公開し、アメリカでは2021年10月22日に劇場公開とHBO Maxでのストリーミング配信で同時公開した。批評家からは、ビジュアル、野心などが概ね高く評価され、1億6500万ドルの製作費に対し、全世界で2億2320万ドルの興行収入を記録した。公開から1週間後、『Dune: Part Two』が、2023年10月に劇場公開されることが決定した。

さらに前日譚ドラマである『Dune: The Sisterhood(原題)』が作られることも決まっている。[14]

ストーリー[編集]

遠い未来、レト・アトレイデス公爵は、宇宙で最も価値のある物質である「メランジ」の唯一の供給源であるデューンとしても知られる危険な砂漠の惑星アラキスの管理権を受け入れる。メランジは人間の寿命を延ばし、超人的なレベルの思考を提供し、超光速の旅行を実用的にするスパイスである。公爵はその機会が宇宙皇帝らによって仕組まれた複雑な罠であることを知っていたが、彼は公爵の愛妾のレディ・ジェシカ、息子で後継者のポール、そしてアラキスの最も信頼できるアドバイザー達を連れて行く。公爵は巨大な砂虫(サンドワーム)の存在によって危険にさらされているスパイス採掘作業を管理しているが、敵の襲撃によってポールとジェシカはアラキスの原住民であるフレメンに導かれるのだった。

キャスト[編集]

ティモシー・シャラメ
レベッカ・ファーガソン
オスカー・アイザック
ゼンデイヤ
ハビエル・バルデム
ステラン・スカルスガルド
ポール・アトレイデス
演 - ティモシー・シャラメ、日本語吹替 - 入野自由[15][16]
主人公。アトレイデス家の後継者。ある陰謀に巻き込まれ全宇宙から命を狙われる身となる。
レディ・ジェシカ
演 - レベッカ・ファーガソン、日本語吹替 - 皆川純子[15][16]
ヒロイン。ポールの母でありレト公爵の愛妾であり帝国の真実を語る女性のみで結成された秘密結社ベネ・ゲゼリットのメンバー。
レト・アトレイデス公爵
演 - オスカー・アイザック、日本語吹替 - 森川智之[15][16]
ポールの父でありアトレイデス家の公爵。ある陰謀に巻き込まれる。
スフィル・ハワト
演 - スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、日本語吹替 - 浦山迅[16]
アトレイデス家のメンタート。
ウェリントン・ユエ博士
演 - チャン・チェン、日本語吹替 - 津田健次郎[15][16]
アトレイデス家のスク・ドクター。妻がいる。
ガーニイ・ハレック
演 - ジョシュ・ブローリン、日本語吹替 - 大塚芳忠[15][16]
アトレイデス家の武術指南役。ポールを鍛錬する。
ダンカン・アイダホ
演 - ジェイソン・モモア、日本語吹替 - 安元洋貴[15][16]
アトレイデス家の剣士。ポールに慕われている。
ウラディミール・ハルコンネン男爵
演 - ステラン・スカルスガルド、日本語吹替 - 勝部演之[15][16]
ハルコンネン家の当主。過度の肥満。
グロッス・ラッバーン
演 - デイヴ・バウティスタ、日本語吹替 - 立木文彦[15][16]
ハルコンネン男爵の甥。残虐な性格を持っている。
パイター・ド・ヴリース
演 - デヴィッド・ダストマルチャン、日本語吹替 - 上田燿司[15][16]
ハルコンネン家のメンタート。
チャニ
演 - ゼンデイヤ、日本語吹替 - 内田真礼[15][16]
ポールの夢の中に出てくる謎の女。
スティルガー
演 - ハビエル・バルデム、日本語吹替 - 大塚明夫[15][16]
フレーメンの部族長。
リエト・カインズ博士
演 - シャロン・ダンカン=ブルースター英語版、日本語吹替 - 本田貴子[15][16]
チャニの母であり生態学者。夫を亡くしている。
ジャミス
演 - バブス・オルサンモクン英語版、日本語吹替 - 高木渉[16]
フレメンの男。ポールと決闘で闘う。
ガイウス・ヘレン・モヒアム
演 - シャーロット・ランプリング、日本語吹替 - 野沢由香里[15][16]
ベネ・ゲセリットの教母。
使者
演 - ベンジャミン・クレメンティーン英語版、日本語吹替 - 間宮康弘[16]
アトレイデス家に派遣された帝国使節団の団長。

製作[編集]

企画[編集]

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

2008年、パラマウント映画は『デューン砂の惑星』の映画化を発表し、監督にはピーター・バーグが起用された[17]。しかし、2009年10月にバーグが降板し[18]、2010年1月にピエール・モレルが後任の監督に起用されることが発表された[19]。その後、権利失効に伴い『デューン』の権利保有者リチャード・P・ルビンスタイン英語版との間で話し合いが行われたが合意にいたることができず、2011年3月にパラマウント映画は製作中止を発表した[20]

2016年11月21日、レジェンダリー・ピクチャーズが『デューン砂の惑星』の映画化・テレビ化の権利を取得したことが発表された[21][22]。同時期にバラエティ誌は、スタジオがドゥニ・ヴィルヌーヴと監督就任について話し合いを行っていることを報じている[23]。ヴィルヌーヴは同年9月時点で「私の長年の夢は『デューン砂の惑星』を実写化することでした。しかし、権利を獲得するためには長いプロセスが必要で、成功するとはとても思えません」と語っており[24]、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』の製作が完了するまでは監督を引き受けることが困難と感じていた[25]。2017年2月までに、原作者フランク・ハーバートの息子ブライアン・ハーバート英語版はヴィルヌーヴが監督を務めることを確認した[26]

2018年7月、ジョン・ネルソンが視覚効果スーパーバイザーに起用されたが、後に降板している[27]。撮影監督には『ブレードランナー 2049』でヴィルヌーヴと仕事を共にしたロジャー・ディーキンスが期待されていたが、同年12月にグリーグ・フレイザーが撮影監督に起用されたことが発表された[28]。2019年1月にジョー・ウォーカーが編集を手掛けることが発表され[29]、この他にブラッド・ライカー(美術監督)、パトリス・ヴァーメット(プロダクションデザイナー)、ポール・ランバート(視覚効果スーパーバイザー)、ゲルド・ネフツァー(特殊効果スーパーバイザー)、トーマス・ストラザース(スタント・コーディネーター)が起用されている。プロデューサーはヴィルヌーヴ、ルビンスタイン、トーマス・タル英語版メアリー・ペアレントが務め[30]、クリエイティブ・コンサルタントとしてケヴィン・J・アンダースンが参加している[31][32]。2019年4月には、『ゲーム・オブ・スローンズ』で言語設定を担当したデイヴィッド・J・ピーターソンが製作に参加していることが報じられた[33]

脚本[編集]

2018年3月、ヴィルヌーヴは『デューン砂の惑星』を二部作で映画化する構想を語っており[34]スティーヴン・キング原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』と同じ二部作形式で映画化する契約をワーナー・ブラザースと結んだ。彼はインタビューの中で「物語の世界は非常に複雑で、その細部にこそ力が宿っている」として二部作でなければ製作に同意しなかったと語っている[35]。しかし、その後に結ばれた契約は1作目の製作に関するものだけとなっており、2本目の製作に関しては新たな契約を結ぶ必要があると報じられている[36]。同年4月、エリック・ロスが脚本執筆のため起用され[37]、同年9月にはジョン・スペイツがヴィルヌーヴとロスと共同で脚本執筆に参加していることが報じられた[38]。ヴィルヌーヴは5月時点で脚本の第一草稿が完成したことを明かしている[39][40]。ブライアン・ハーバートは7月までに、脚本の最終草稿が「原作小説の約半分」まで書かれていることを確認した[41]

ヴィルヌーブはリンチ版『デューン/砂の惑星』を鑑賞し、彼と作品の両方に敬意を抱く一方、「私は原作に立ち戻り、読み込んだイメージに近付こうとしている」と語り、リンチ版の要素を持ち込むことを避けた[42]。彼はリンチ版について「好きな部分もあるし、そうではない部分もある。だから、満足度は半分くらいだった」と語っており、自身が映画を手掛けることについては「この原作を映画化する必要がある。ただし、異なる感性に基づいてです」と語っている[43]。また、ホドロフスキーが製作していた『DUNE』のコンセプトを取り入れることも避けており、「ホドロフスキーは非常にユニークで先見性のある人物です。彼は非常に強く、ユニークなヴィジョンを持っていました。私は彼とは全く異なる人間です。私がそれに挑むというのは、とてもおこがましく、そして高慢なことです」と語っている[44]

ヴィルヌーブは1960年代に執筆された原作を現代風にアレンジするに当たり、地球の乱開発によって起きた問題を反映させようと考え、同時に脚本を「青春物語であると同時に、若者へ行動を呼びかけるもの」と認識していた[35]。また、内容についても簡略化を検討し、「私の目標は、ハードコアなファンならば、原作の雰囲気や詩情をそのまま感じることができるようにすることです」と語っている[45]。彼はリンチ版『デューン/砂の惑星』で酷評された、原作における内的なモノローグやエピグラフを排除し、代わりにポールとジェシカを軸に物語が進行するように脚本を練り、2人が無言で意思疎通をするための手話を取り入れた[45]。映画では皇帝や帝国を取り巻く政治要素は最小限に抑えられており、これはヴィルヌーブが原作のような広がりを維持しつつ、ポールの青春物語に焦点を当てることを目指したためである。ハルコンネン男爵やスフィル・ハワト、パイター・ド・ヴリースなどのキャラクターは目立った活躍は用意されず、第二部での活躍を意図した扱いに限定されている[45]。また、ハルコンネン男爵の描写については、原作でのカリカチュアライズされたものから、より複雑な要素を持つキャラクターへの変更が意図されている[35]

『DUNE/デューン 砂の惑星』の大きな変更点の一つとして、女性キャラクターの扱いが挙げられる。これは女性キャラクターをより尊重し、際立たせるためであり、ヴィルヌーブは変更について「女性らしさは原作の中にも存在しましたが、もっと前面に出す必要があると思ったのです」と語っている[45]。ジェシカ役のレベッカ・ファーガソンは「ドゥニは原作におけるフランクの仕事について敬意を払っていましたが、女性キャラクターの質については新たなレベルに引き上げられました。彼が行った複数の変更は、見事に描写されています」と語っており、ジェシカは戦士として、またベネ・ゲゼリットのメンバーとして、より大きな役割を与えられた[35]。また、原作では男性キャラクターだったリエト・カインズ博士は女性キャラクターに変更されるなど、キャストの多様性の拡大が行われた[35]

キャスティング[編集]

2018年7月、ティモシー・シャラメが主人公ポール・アトレイデス役の最終交渉を行っていることが報じられた[46]。同年9月にレベッカ・ファーガソンがジェシカ役の交渉に入ったことが報じられ[38]、2019年1月に起用が決まった[47]。同月にはデイヴ・バウティスタステラン・スカルスガルドシャーロット・ランプリングオスカー・アイザックゼンデイヤの出演が決まった[48][49][50][51][52]。2月にはハビエル・バルデムジョシュ・ブローリンジェイソン・モモアデヴィッド・ダストマルチャンの出演が決まった[53][54][55][56]。3月にスティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソンの出演が決まり[32]チャン・チェンが出演交渉に入った[32][57]

2019年7月、TheMix.netは原作では男性キャラクターのリエト・カインズ博士を女性キャラクターに変更して女優のシャロン・ダンカン=ブルースター英語版の起用を検討していると報じている[58]。ダンカン=ブルースターは2020年4月に出演が決まった[35]。彼女によると、ヴィルヌーヴは「この人物の本質を捉えること」を重視しており、性別には固執しなかったという[36]

撮影[編集]

2019年3月18日からハンガリーブダペストのオリゴ・フィルム・スタジオで撮影が始まり[29][32][59]ヨルダンワディ・ラムでも撮影が行われた[32][60][61]。映画の前半に登場する惑星カラダンのシーンはノルウェースタ半島英語版で撮影され[62]、主要な舞台となる惑星アラキスのシーンはアラブ首長国連邦リワ・オアシスで撮影された[63][64]。最初の撮影は2019年7月に終了し[65][66]、2020年8月にはブダペストで追加撮影が行われたが、この時点では公開予定日は変更されておらず、同年12月に公開が控えていた[67][68]。撮影ではIMAX認証のアレクサLF、アレクサミニLFプロトタイプ、パナビジョンの大判レンズであるウルトラ・ヴィスタとHシリーズを装着したカメラを使用してIMAXフォーマット用に撮影され、一部のシーンではIMAXの全スクリーンで1.90:1、デュアルレーザープロジェクションシステムを備えたスクリーンでは1.43:1のアスペクト比になっている[69][70]

『DUNE/デューン 砂の惑星』では2000以上の視覚効果ショットが製作され、視覚効果スーパーバイザーのポール・ランバートが「サンドスクリーン」と呼ぶクロマキー合成が使用され、通常使用するグリーンバックの代わりに砂漠の色と同じブラウンバックを使用したことで、より自然な形で背景を合成することに成功した[71]。サンドワームはCGIで製作され、サンドワームのオリジナルデザインは鯨ひげに覆われたクジラをイメージしており、動きはクジラの水中のものを参考にしている[71]。また、サンドワームが砂漠の中から出現するシーンの撮影は爆薬を使用して表現することが検討されていたが、中東でそうした形で撮影することは現実的な方法ではなかったため、Houdiniを使用して砂の動きを表現している[71]。ヴィルヌーブは砂の音がスタジオで製作された合成音のように聞こえることを望まなかったため、音響編集者のマーク・マンジーニテオ・グリーン英語版デスヴァレーの砂の音をハイドロフォンで録音し、自然の音を劇中の音として加工する「フェイク・ドキュメンタリー・リアリズム」形式で作業を行った[71]

音楽[編集]

『ブレードランナー2049』の映画音楽を手掛けたハンス・ジマーは、撮影開始直前の2019年3月に製作への参加を明言した[32]。当時、ジマーはクリストファー・ノーランから『TENET テネット』への参加を依頼されていたが、個人的に『デューン砂の惑星』を愛好していたことから『DUNE/デューン 砂の惑星』への参加を選択した[72]。彼は『DUNE/デューン 砂の惑星』の音楽を従来の作曲作品と異なるものにしたいと考え、西洋オーケストラでは通常使用しない楽器を用いた「アンチ・グルーヴ」という形式で作曲を行った[73]。また、TOTOの音楽の影響を受けないようにリンチ版『デューン/砂の惑星』の鑑賞を避け、ユタ州の砂漠で1週間過ごして砂漠の音を楽曲に取り入れた。作曲に際しては、作曲のために特注した楽器を含む様々な種類の楽器を使用し、録音にはガスリー・ゴーヴァンロワール英語版が参加している。追加音楽にはデイヴィッド・フレミングが参加し、ジマーと協力してトーマ性を維持して作曲を手掛けた[73]。アトレイデス家のテーマ曲にはバグパイプを使用しており、これはヴィルヌーブの「古代的で組織的」という考えに基づいて使用しており、ジマーは新型コロナウイルス感染症の世界的流行以前にエディンバラで30人のバグパイプ奏者を見付け、彼らが教会でバグパイプを演奏する姿を録音した[74]。最初の予告編では32人の合唱団を動員し、ピンク・フロイドの「Eclipse」のカヴァーを使用している。合唱団は新型コロナウイルス感染症対策のため、サンタモニカにあるジマーのリモート・コントロール・スタジオに4グループ以上の少人数に別れて収録に参加し、ジマーは自宅からFaceTimeを介して合唱団を指揮した[75]

マーケティング[編集]

2019年2月26日、ファンコム英語版はレジェンダリー・エンターテインメントと独占的パートナーシップ協定を結び、『DUNE/デューン 砂の惑星』のゲーム開発を発表した[76]。2020年9月にはマクファーレン・トイズ英語版が映画のキャラクターの7インチサイズ・フィギュアの発売を発表し、同時にハルコンネン男爵の12インチサイズ・フィギュアの発売も発表された[77]

2020年4月13日、ヴァニティ・フェアは『DUNE/デューン 砂の惑星』に関するファーストルック・レポートを公開した[35]エンパイア誌の2020年10月号には予告編公開に先立ち、キャスト・スタッフのインタビューが掲載された[78]

公開[編集]

当初、『DUNE/デューン 砂の惑星』は2020年11月20日公開の予定だったが12月18日に変更された[79][31][80]。しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴い公開が延期され、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の公開延期により空白となった2021年10月1日にIMAX及び3D上映されることに決まった[81]。2021年6月下旬にワーナー・ブラザースは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』との競合を避けるため、アメリカ公開日を10月22日に延期した[82]。一方、HBO Maxが進出していない海外市場(フランスイタリアスウェーデンスイスなど)では9月15日以降順次公開された[83][84]日本ては10月15日に公開された。9月3日には第78回ヴェネツィア国際映画祭でワールドプレミア上映が行われ[85][86]、この他に9月9日から開催の第46回トロント国際映画祭でも上映された。シネスフィア英語版では、IMAXプレミア上映も行われた[87]

ワーナー・ブラザースは映画計画の一環として、2021年公開の17本の映画を劇場公開と同時にHBO Maxでストリーミング配信する方針を発表した[88]。ヴィルヌーヴはこの方針について、「ストリーミング配信は素晴らしいコンテンツを作り出せるが、『DUNE/デューン 砂の惑星』が持つ影響力と規模の映画は作れません。ワーナー・ブラザースの決定は『DUNE/デューン 砂の惑星』の興行的成功の障害となるだけでなく、最終的に利を収めるのは海賊版となることを意味します」「私たち製作チームは3年以上の歳月をかけ、他に類のない大スクリーン体験を生み出しました。私たちが細心の注意を払って作り出した映画の映像と音楽は、劇場で鑑賞することこそがベストなのです」と批判している[89]。ヴィルヌーヴがコメントを発表した同日に放送された『サタデー・ナイト・ライブ』に出演したティモシー・シャラメはレジェンダリー・ピクチャーズのロゴが入ったパーカーを着ていたが、メディアではこの服装を「レジェンダリーへの支持とストリーミング配信への抗議」と解釈している[90]

評価[編集]

興行収入[編集]

Deadline Hollywoodは興行収入が3億ドルを記録するなら、「損益分岐点がそれより高かったとしても、多くの人にとって満足する結果になるだろう」と指摘している[91]。2021年9月15日に北米以外の14市場で公開され、興行収入は3790万ドルを記録した。興行収入上位市場の成績はロシア独立国家共同体890万ドル[92]フランス720万ドル、ドイツ440万ドル、台湾340万ドル、イタリア250万ドル、スペイン240万ドルとなっている[93]。公開第2週末には32か国から2630万ドル、公開10日間の累計興行収入は7650万ドルを記録している[94]

中国では公開初週末の興行収入は2160万ドルを記録し、『1950 鋼の第7中隊』に次いで興行成績第2位にランクインした[95]。北米以外の75市場における公開第4週の興行収入は2140万ドルを記録し、前週比54%減となった[96]。中国では前週比78%減となる500万ドルを記録し、興行成績第3位にランクダウンした[97][98]。11月2日には興行収入が3億ドルを超え、アメリカ以外の市場での累計興行収入は中国3400万ドル、フランス2930万ドル、ロシア2100万ドル、ドイツ2020万ドル、イギリス1880万ドルを記録している[99]。公開第5週末の興行収入は前週比52%減の1110万ドルを記録し[100]、中国での興行収入は210万ドルを記録している[101]。公開第6週末の興行収入は北米以外の76か国で680万ドル(前週比41%減)[102]、公開第7週に75か国で460万ドル[103]、公開第8週に69か国で510万ドル[104]、公開第9週に58か国で300万ドル[105]、公開第10週に110万ドルを記録している[106]

北米では4125劇場で公開され[107]、公開初週末の興行収入は4100万ドルを記録した。この興行成績は当初予想額(3000万ドルから3500万ドル)を上回る結果であり、ワーナー・ブラザースにとっては『ゴジラvsコング』の記録(3160万ドル)を抜いて、新型コロナウイルス感染症流行以降の公開作品として最高額のオープニング成績となった[91][108]。このうち1750万ドルは公開初日のチケット売上で、510万ドルは木曜日夜のプレビュー上映の売上だった。また、ヴィルヌーブ監督作品としても歴代最高額のオープニング成績となった[107]。公開第2週末の興行収入は前週比62%減の1550万ドルだったが、興行成績は第1位を維持した[109][110]。公開第3週末の興行収入は前週比51%減の760万ドルとなり、『エターナルズ』に興行成績第1位の座を追われている[111]。11月25日には興行収入が1億ドルを超え、『ゴジラvsコング』に続いて新型コロナウイルス感染症流行期に興行収入が1億ドルを超えたワーナー・ブラザース作品となった[112]。12月2日にはIMAXで1週間上映され、興行収入は前週比13%減の180万ドルとなり、このうち100万ドルはIMAXの収益だった。オーストラリアではオープニング成績が340万ドルを記録し、興行成績第1位にランクインした[113]

配信視聴率[編集]

Samba TVによると、『DUNE/デューン 砂の惑星』はHBO Maxの配信初週末の視聴世帯数は190万世帯を記録した[114]。また、TV Timeによると公開第1週から第3週にかけて全米で最も視聴された作品となったが[115][116][117]、公開第6週には視聴率ランキング第6位に後退した[118]。公開最終週には視聴率ランキング第3位まで上昇している[119][120]。PVODサービスでの公開後、iTunesVuduのチャートで第2位、Google Playのチャートで第7位にランクインした[121]。翌週のチャートはiTunesで第7位、Vuduで第3位に後退したが、Google Playでは第7位を維持している[122]

批評[編集]

Rotten Tomatoesには444件の批評が寄せられ支持率83%、平均評価7.6/10となっており、批評家の一致した見解は「『DUNE/デューン 砂の惑星』は扱いにくい原作に時折苦労しているが、そのような問題はこの視覚的にスリリングな映画化の規模と野心によってほとんど影を潜めている」となっている[123]Metacriticでは67件の批評に基づき74/100のスコアを与え[124]CinemaScoreでは「A-」評価となっており、ポストトラック英語版では84%が好意的な評価を与えている[107]。ヴェネツィア国際映画祭でのプレミア上映では概ね好意的な評価が多かったが、一部では否定的な評価が見られた[125][126]。公開初期の評価は、映画の規模と野心を賞賛する一方、退屈に感じる人がいるというものだった[125][126]スクリーン・ラントのスティーヴン・M・カルバートは初期のころの批評を要約し、複雑なストーリーとヴィルヌーブのスタイルは人を選ぶものになり、それが否定的な評価に繋がっていると指摘している[127]

劇場公開後は脚本や物語の規模が評価される一方、引き延ばされた展開や原作の前半部分しか映像化されていない点が批判された[128]。エンパイア誌のベン・トラヴィスは5/5の星を与え、「フランク・ハーバートの小説(前半部分)の映画化作品である本作は、小説の信奉者たちを驚かせ、新規参入者をスパイスの効いたヴィジョンに夢中にさせる。吸い込まれるような、畏敬の念を抱かせる偉大な作品だ。第二部が作られなければ、茶番劇になってしまうだろう」と批評している[129]デイリー・テレグラフロビー・コリン英語版も5/5の星を与え、「壮大で心をかき乱す、そして包み込むような作品」と批評している[130]ガーディアン紙のザン・ブルックスも5/5の星を与え、「濃密で物悲しい、そして時に荘厳な本作は、シネマコンプレックスとアート・ハウスの橋渡しとなるミッシングリンクだ」と批評している[131]ロサンゼルス・タイムズジャスティン・チャン英語版は、「ヴィルヌーブは驚くほど鮮明で、神経を高ぶらせる未来像の中にあなたを引き込むだろう」と批評している[132]エンターテインメント・ウィークリーのレア・グリーンブラットはB評価を与え、「ヴィルヌーブの演出の素晴らしさは……プロットの大半がプロローグであり、始まりも終わりも分からない広大なオリジン・ストーリーであるという事実を覆い隠してしまう点にある」と批評している[133]

物語のペース配分や原作の扱い方に関する問題点を批判する意見も出ている[125][126]。バラエティ誌のオーウェン・グレイバーマンは「世界観を構築するという努力のみで、ストーリーを語るという熱意を失ってしまった……『DUNE/デューン 砂の惑星』は私たちを驚かせようとし、それは時には成功しているが、同時に催眠術のように、または毒を持った蚊のようにあなたの皮膚の下に潜り込もうとする……映画はトリックを使い果たすと、ぼんやりとした形のないものになってしまう」と批評している[134]タイムズのケヴィン・マーは2/5の星を与え、「全てのフレームが壮観である一方、『DUNE/デューン 砂の惑星』は退屈でもある」と批評している[135]TheWrapのスティーヴ・ポンドは「絢爛であり苛立たせるものであり、時に荘厳であり鈍重でもある」「『DUNE/デューン 砂の惑星』は楽しませるよりも感動させることに重点を置いているように感じる。ウンザリするほど重苦しく、SF小説の面白さを捨て去っている。『メッセージ』というよりも『ボーダーライン』『プリズナーズ』のような世界観を好んで描写している」と批評している[136]

原作でハーバートが用いたアラビア世界やイスラーム文化の影響を薄めつつも採用した点や、MENAの俳優を起用していない点などを批判する意見も出ている[137]。こうした批判に対して、スペイツは「1960年代のアラブ世界は、今よりもエキゾチックでした。現在のアラブ世界は私たちと共にあり、彼らはアメリカの仲間であり、どこにでも存在するのです……現在から始まる小説の中で、惑星アラキスにある種のアラブの未来文明を築くなら、もっと発明し、借りものを減らす必要があります」とコメントしている[137]。しかし、原作が中東文化の影響を強く受けた作品であること、MENAの俳優を起用していないことが批判の的となった。ムスリム・アメリカン・キャスティングの創設者セレーナ・ラスールはMENAの俳優の未起用を「抹消」と表現し、「MENAやイスラーム圏の俳優を起用しないのに、彼らの文化で利益を得ている。クリエイターとして苦しいところであり、私たちが映画の一部になるには不十分であることを意味しているのです」と批判している[138]。その結果として、映画がよりオリエンタリズムの傾向がある作品になったと指摘されている[139]。また、バックネル大学イスラーム学部准教授アリ・カージュ=ラヴァリーは、原作に白人の救世主の要素が含まれていると指摘し、映画ではMENAの俳優が起用されていない点、ポールとジェシカを守るために殺されるキャラクターにアフリカ系俳優が起用されている点から、白人の救世主的な物語をさらに広めることになると批判している[140][139]。こうした批判に対して、ヴィルヌーブは「この映画は救世主を称賛するものではありません。他人に対してどう行動するべきか、何を信じるべきかを教える救世主のような存在を批判しています。非難ではなく、批判なのです。そういう意味では関連性があり、現代的でもあります」とコメントしている[141]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
AFI賞 年間トップ10 DUNE/デューン 砂の惑星 受賞 [142]
第12回ハリウッドメディア音楽賞英語版 SF/ファンタジー映画部門作曲賞英語版 ハンス・ジマー [143]
第93回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 作品賞トップ10英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 [144]
第20回ワシントンD.C.映画批評家協会賞英語版 監督賞英語版 ドゥニ・ヴィルヌーブ ノミネート [145][146]
脚本賞英語版 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーブ、エリック・ロス
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー 受賞
プロダクションデザイン賞英語版 パトリス・ヴァーメット、リチャード・ロバーツ、ズサンナ・シポス
編集賞 ジョー・ウォーカー ノミネート
作曲賞英語版 ハンス・ジマー 受賞
第47回ピープルズ・チョイス・アワード英語版 作品賞 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート [147]
ドラマ映画賞
ドラマ映画俳優賞 ティモシー・シャラメ
ジェイソン・モモア
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 トップ10作品賞 DUNE/デューン 砂の惑星 受賞 [148]
第34回シカゴ映画批評家協会賞英語版 作曲賞英語版 ハンス・ジマー ノミネート [149][150]
衣裳デザイン賞 ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト英語版
編集賞英語版 ジョー・ウォーカー
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
プロダクションデザイン賞 DUNE/デューン 砂の惑星
視覚効果賞 受賞
第47回ロサンゼルス映画批評家協会賞 撮影賞 グリーグ・フレイザー 次点 [151]
第18回セントルイス映画批評家協会賞英語版 監督賞英語版 ドゥニ・ヴィルヌーブ ノミネート [152]
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
編集賞 ジョー・ウォーカー
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
衣裳デザイン賞 ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト ノミネート
脚本賞 DUNE/デューン 砂の惑星
視覚効果賞 受賞
第27回ダラス・フォートワース映画批評家協会賞英語版 作品賞英語版 次点 [153]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィルヌーブ
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー 受賞
作曲賞英語版 ハンス・ジマー
第26回フロリダ映画批評家協会賞英語版 撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー ノミネート [154]
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
プロダクションデザイン賞 DUNE/デューン 砂の惑星
視覚効果賞
第79回ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ドラマ部門) ノミネート [155]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
第20回サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会賞英語版 監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ ノミネート [156]
脚色賞英語版 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーブ、エリック・ロス
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
編集賞 ジョー・ウォーカー
作曲賞 ハンス・ジマー
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット
第26回サンディエゴ映画批評家協会賞英語版 作品賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 [157]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー 受賞
編集賞英語版 ジョー・ウォーカー ノミネート
衣裳デザイン賞 ボブ・モルガン、ジャクリーン・ウェスト
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット、リチャード・ロバーツ、ズサンナ・シポス
音響賞 テオ・グリーン、デイヴ・ホワイトヘッド 受賞
アンサンブル賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート
視覚効果賞 受賞
第17回オースティン映画批評家協会賞英語版 作品賞 ノミネート [158]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ
脚色賞 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーブ、エリック・ロス
作曲賞 ハンス・ジマー
撮影賞 グリーグ・フレイザー
編集賞 ジョー・ウォーカー 受賞
スタント賞 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート
アンサンブル賞
第25回トロント映画批評家協会賞英語版 監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ 次点 [159]
第6回シアトル映画批評家協会賞英語版 作品賞 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート [160]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
撮影賞 グリーグ・フレイザー ノミネート
編集賞 ジョー・ウォーカー 受賞
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット、リチャード・ロバーツ、ズサンナ・シポス ノミネート
衣裳デザイン賞 ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト
視覚効果賞 ポール・ランバート、トリスタン・マイルス、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー 受賞
アンサンブル賞 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート
悪役賞 ウラディミール・ハルコンネン男爵(ステラン・スカルスガルド)
第15回ヒューストン映画批評家協会賞英語版 作品賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 [161][162]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ
作曲賞英語版 ハンス・ジマー 受賞
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
視覚効果賞 DUNE/デューン 砂の惑星
第25回オンライン映画批評家協会英語版 作品賞英語版 ノミネート [163]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ
脚色賞英語版 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーブ、エリック・ロス
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
編集賞英語版 ジョー・ウォーカー
作曲賞英語版 ハンス・ジマー
プロダクションデザイン賞 DUNE/デューン 砂の惑星
衣裳デザイン賞 受賞
視覚効果賞
女性映画ジャーナリスト同盟賞英語版 脚色賞 ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーブ、エリック・ロス ノミネート [164]
撮影賞 グリーグ・フレイザー
編集賞 ジョー・ウォーカー
第11回オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞英語版 作品賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 [165]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ 受賞
第42回ロンドン映画批評家協会賞英語版 作品賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート [166]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ
技術功労賞英語版 ブライアン・オコナー、ポール・ランバート、トリスタン・マイルス、ゲルト・ネフツァー 受賞
第14回メイクアップアーティスト&ヘアスタイリスト・ギルド・アワード英語版 時代劇/キャラクターメイクアップ賞英語版 ドナルド・モワット、ジョー=アン・マクニール、ロッキー・フォークナー、ジェニファー・スタンフィールド ノミネート [167][168]
メイクアップ効果賞英語版 ドナルド・モワット英語版ラヴ・ラーソン英語版エヴァ・フォン・バールドイツ語版、ロッキー・フォークナー
第2回全米セットデコレーター協会賞英語版 装飾・デザイン賞英語版 パトリス・ヴァーメット、ズサンナ・シポス 受賞 [169]
USCスクリプター・アワード英語版 脚色賞 エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィヌルーブ ノミネート [170]
第28回全米映画俳優組合賞英語版 スタント・アンサンブル賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 [171]
ハリウッド批評家協会賞英語版 作品賞 [172]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ 受賞
作曲賞 ハンス・ジマー
撮影賞 グリーグ・フレイザー
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット ノミネート
編集賞 ジョー・ウォーカー
スタント賞 DUNE/デューン 砂の惑星
衣裳デザイン賞 ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト
ヘア&メイクアップ賞 ドナルド・モワット、エヴァ・フォン・バール、ラヴ・ラーソン
特殊効果賞 ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー、ポール・ランバート、トリスタン・マイルス 受賞
第26回美術監督組合賞英語版 ファンタジー映画部門プロダクションデザイン賞英語版 パトリス・ヴァーメット [173][174]
第72回アメリカ映画編集者協会賞英語版 ドラマ部門長編映画編集賞英語版 ジョー・ウォーカー ノミネート [175][176]
サンタバーバラ国際映画祭英語版 バラエティ・アーティサン賞 グリーグ・フレイザー(撮影部門) 受賞 [177]
ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト(衣裳デザイン部門)
第20回視覚効果協会賞英語版 長編映画部門視覚効果賞英語版 ポール・ランバート、ブライス・パーカー、トリスタン・マイルス、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー [178]
長編映画部門環境製作賞英語版 リース・サルコム、スンジン・ウー、ジェレミー・トゥゼリー、マーク・オースティン(アラキスの都市製作) ノミネート
長編映画/アニメーション部門モデリング賞英語版 マーク・オースティン、アンナ・ヤマゾエ、マイケル・チャン、レイチェル・ダンク(ロイヤルオーニソプター製作) 受賞
長編映画部門シミュレーション効果賞英語版 ゲロ・グリム、イヴァン・ラリンニン、ヒデキ・オカノ、ズニー・アン(アラキスの砂丘)
長編映画部門合成&照明賞英語版 グレゴリー・ハース、フランチェスコ・デルアンナ、アビシェーク・チャトゥルヴェーディー、クリーヴ・ズー(アラキス攻撃シークエンス)
パトリック・ハイネン、ジェイコブ・メイミューデス、T・J・バーク、ジェームズ・ジュヨン・リー(ホログラム、ハンターシーカー製作) ノミネート
作曲家・作詞家協会賞英語版 スタジオ映画部門作曲賞 ハンス・ジマー [179]
第24回衣装デザイナー組合賞英語版 ファンタジー映画賞英語版 ジャクリーン・ウェスト・ロバート・モーガン 受賞 [180]
第74回全米監督協会賞英語版 長編映画監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ ノミネート [181][182]
第69回ゴールデン・リール賞英語版 長編映画部門音響賞英語版 デイヴィッド・バーチ [183][184]
長編映画効果音/フォーリー部門音響賞英語版 テオ・グリーン、マーク・マンジーニ、デイヴ・ホワイヘッド、フィル・バリ、リー・ギルモア、グレッグ・テン・ボス、ロバート・ケロウ、ピエロ・ムラ、クリストファー・ボニス、アンディー・マルコム、ゴロウ・コヤマ、サンドラ・フォックス 受賞
長編音楽部門音響賞英語版 クリント・ベネット、ライアン・ルービン、ピーター・マイルス ノミネート
第27回放送映画批評家協会賞英語版 作品賞 DUNE/デューン 砂の惑星 [185]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ
脚色賞英語版 エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィヌルーブ
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー
美術賞英語版 パトリス・ヴァーメット、ズサンナ・シポス 受賞
編集賞英語版 ジョー・ウォーカー ノミネート
衣装デザイン賞英語版 ジャクリーン・ウェスト、ロバート・モーガン
メイクアップ&ヘア賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星
視覚効果賞英語版 受賞
作曲賞英語版 ハンス・ジマー
第75回英国アカデミー賞 作品賞 メアリー・ペアレント、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ケイル・ボイダー ノミネート [186]
脚色賞 エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ
キャスティング賞英語版 フランシン・メイスラー
撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
衣装デザイン賞英語版 ロバート・モーガン、ジャクリーン・ウェスト ノミネート
編集賞 ジョー・ウォーカー
メイクアップ&ヘア賞英語版 ラヴ・ラーソン、ドナルド・モワット
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
プロダクションデザイン賞英語版 パトリス・ヴァーメット、ズサンナ・シポス
音響賞英語版 マック・ルース、マーク・マンジーニ、ロン・バートレット、ダグ・ヘムフィル、テオ・グリーン、ロン・バートレット
視覚効果賞英語版 ポール・ランバート、トリスタン・マイルス、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー
第30回俳優女優組合賞英語版 国際映画部門俳優賞 ハビエル・バルデム ノミネート [187]
ゴールドダービー映画賞英語版 作品賞 DUNE/デューン 砂の惑星 [188][189]
監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ
脚色賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ、エリック・ロス、ジョン・スペイツ
撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
編集賞 ジョー・ウォーカー
衣装デザイン賞 ジャクリーン・ウェスト、ロバート・モーガン ノミネート
メイクアップ&ヘア賞 ドナルド・モワット、ラヴ・ラーソン、エヴァ・フォン・バール
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
プロダクションデザイン賞 パトリス・ヴァーメット、ズサンナ・シポス
音響賞 マック・ルース、マーク・マンジーニ、ロン・バートレット、ダグ・ヘムフィル、テオ・グリーン、ロン・バートレット
視覚効果賞 ポール・ランバート、トリスタン・マイルス、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー
ドリアン・アワード英語版 監督賞 ドゥニ・ヴィヌルーブ ノミネート [190]
ヴィジュアリー・ストライキング賞 DUNE/デューン 砂の惑星 受賞
音楽賞 ハンス・ジマー ノミネート
第58回映画オーディオ協会賞英語版 長編映画部門録音賞英語版 マック・ルース、ロン・バートレット、ダグ・ヘムフィル、アラン・メイヤーソン、トミー・オコンネル、ドン・ホワイト 受賞 [191]
第33回全米製作者組合賞英語版 劇場映画賞 メアリー・ペアレント、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ケイル・ボイター ノミネート [192]
第36回全米撮影監督協会賞英語版 劇場映画部門撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー 受賞 [193]
第74回全米脚本家組合賞英語版 脚色賞英語版 エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィヌルーブ ノミネート [194]
第94回アカデミー賞 作品賞 メアリー・ペアレント、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ケイル・ボイダー英語版 [195]
脚色賞 エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィヌルーブ
作曲賞 ハンス・ジマー 受賞
衣裳デザイン賞 ジャクリーン・ウェスト、ロバート・モーガン ノミネート
録音賞 マック・ルース、マーク・マンジーニ、テオ・グリーン、ダグ・ヘムフィル、ロン・バートレット 受賞
編集賞 ジョー・ウォーカー
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ドナルド・モワット、ラヴ・ラーソン、エヴァ・フォン・バール ノミネート
撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
美術賞 パトリス・ヴァーメット、ズサンナ・シポス
視覚効果賞 ポール・ランバート、トリスタン・マイルズ、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー
第26回サテライト賞英語版 作品賞英語版 DUNE/デューン 砂の惑星 ノミネート [196]
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ
脚色賞英語版 ドゥニ・ヴィヌルーブ、エリック・ロス、ジョン・スペイツ
撮影賞英語版 グリーグ・フレイザー 受賞
編集賞英語版 ジョー・ウォーカー
プロダクションデザイン賞英語版 パトリス・ヴァーメット、リチャード・ロバーツ、ズサンナ・シポス ノミネート
衣装デザイン賞英語版 ジャクリーン・ウェスト、ロバート・モーガン
作曲賞英語版 ハンス・ジマー 受賞
音響賞英語版 マック・ルース、マーク・マンジーニ、テオ・グリーン、ダグ・ヘムフィルロン・バートレット英語版 ノミネート
視覚効果賞英語版 ポール・ランバート、トリスタン・マイルス、ブライアン・オコナー、ゲルト・ネフツァー 受賞
第64回グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門 ハンス・ジマー ノミネート [197]
第35回キッズ・チョイス・アワード英語版 フェイバリット映画女優賞 ゼンデイヤ 受賞 [198]

シリーズ構想[編集]

続編[編集]

レジェンダリー・ピクチャーズは公式にはグリーンライトを出していないが、ヴィルヌーヴは『DUNE/デューン 砂の惑星』が原作小説の前半部分のみを映像化しており、続編で後半部分を映像化する二部作構想を語っている[199]。これについて、彼は「この小説を1本の映画で製作することには同意できない」「物語の世界は非常に複雑で、その細部にこそ力が宿っているのです」と語っている[199]

2019年4月にレジェンダリーCEOのジョシュア・グローデが、『デューン』の2作目を製作予定であることを明かしており[200]、同年11月にはスペイツがスピンオフシリーズ『Dune: The Sisterhood』のショーランナーを降板し、2作目の脚本執筆に専念することになった[201]。2020年12月、ヴィルヌーヴはワーナー・ブラザースが『DUNE/デューン 砂の惑星』を劇場・配信同時公開する方針を発表したことを受け、劇場での興行成績低下によって続編製作が困難になることに対する懸念を表明した[202]

2021年10月26日、レジェンダリー・ピクチャーズは正式に続編の製作にグリーンライトが出され、続編の公開予定日が2023年10月20日であることを発表した[203]。レジェンダリーのスポークスマンは、この発表に際して「ここまで来ることができたのは、ひとえにドゥニの並外れたビジョンと彼の才能あるスタッフ、脚本家、優れたキャスト、ワーナー・ブラザースの従業員、そしてもちろんファンの皆様のおかげです!『デューン』に乾杯」とコメントした[203]。なお、続編の製作にあたり、ワーナーの劇場・配信同時公開計画に含まれない保証がされることが課題であったとされ[204]、続編は劇場での独占公開になると報じられている[205]

スピンオフ[編集]

2019年6月、レジェンダリー・テレビジョンはスピンオフシリーズ『Dune: The Sisterhood』を製作し、HBO Maxで配信することを発表した。同作は『デューン砂の惑星』に登場するベネ・ゲセリットを題材にした前日譚となっている。パイロット版はヴィルヌーヴが監督、スペイツが脚本、ダナ・カルヴォがショーランナーを務めた[206][207]。ヴィルヌーヴとスペイツはブライアン・ハーバート、バイロン・メリット、キム・ハーバートと共に製作総指揮も務めている[208]。スペイツは2019年11月に映画の2作目の脚本執筆に専念するために『Dune: The Sisterhood』の脚本家を降板したが、製作総指揮としてシリーズには留まった[201]。同作はブダペストとヨルダンで2020年11月2日から撮影予定となっている[209]

出典[編集]

  1. ^ Dune” (デンマーク語). Medierådet for børn og unge. 2021年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月14日閲覧。
  2. ^ Mike Fleming Jr.; Peter Bart (2020年12月7日). “Bart & Fleming: While WGA, CAA & WME Fight In Court, Streamers Rewrite Movie Paydays; Will Legendary Challenge WarnerMedia Over ‘Dune’ & Godzilla Vs. Kong’ HBO Max Move?”. https://deadline.com/2020/12/warnermedia-legendary-challenge-dune-godzilla-vs-kong-streamer-battles-looming-1234651283/ 2020年12月7日閲覧。 
  3. ^ Dune” (英語). Box Office Mojo. 2022年2月8日閲覧。
  4. ^ Dune (2021) - The Numbers”. The Numbers. 2021年10月26日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.22
  6. ^ Dune: First 10 minutes previewed (SPOILERS)”. www.joblo.com (2021年7月21日). 2021年7月21日閲覧。
  7. ^ ‘Dune’ Co-Writer Eric Roth Says the Sci-Fi Adaptation Is “Spectacular," Talks Sequel”. Collider (2021年4月12日). 2021年8月14日閲覧。
  8. ^ Looking Back at All the Utterly Disastrous Attempts to Adapt Dune”. Vulture (2017年3月9日). 2020年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  9. ^ Child, Ben (2020年4月10日). “Can Denis Villeneuve break the curse of Frank Herbert's Dune on the big screen?”. The Guardian. 2020年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  10. ^ Ebert, Roger (1984年1月1日). Dune. RogerEbert.com. オリジナルの2009年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091220221458/http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=%2F19840101%2FREVIEWS%2F401010332%2F1023 2020年2月27日閲覧。 
  11. ^ Maslin, Janet (1984年12月14日). “Screen: Science Fiction Epic, Dune. The New York Times. オリジナルの2012年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120311010339/http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9F06E2D71238F937A25751C1A962948260 2010年3月15日閲覧。 
  12. ^ Stasio, Marilyn (2000年12月3日). “Cover Story: Future Myths, Adrift in the Sands of Time”. The New York Times. 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月21日閲覧。
  13. ^ Dune: Every Previous Attempt to Adapt the Novel and What Went Wrong”. ScreenRant (2020年5月12日). 2021年8月14日閲覧。
  14. ^ White, Peter (2022年4月27日). “‘Dune: The Sisterhood’ Series Taps ‘Chernobyl’ Director Johan Renck To Helm First Two Episodes” (英語). Deadline. 2022年5月1日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m “『DUNE/デューン 砂の惑星』吹替版声優に入野自由、皆川純子、森川智之ら集結!”. シネマトゥデイ. (2021年8月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0125692 2021年8月31日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p DUNE/デューン 砂の惑星”. ふきカエル大作戦!! (2021年10月14日). 2021年10月15日閲覧。
  17. ^ Siegel, Tatiana (2008年3月18日). “Berg to direct Dune for Paramount”. Variety. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  18. ^ Roush, George (2009年12月1日). “Special Preview: El Guapo Spends A Day On A Navy Destroyer For Peter Berg's Battleship!”. 2017年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。
  19. ^ Sperling, Nicole (2010年1月4日). “Dune remake back on track with director Pierre Morel”. Entertainment Weekly. 2010年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。
  20. ^ Fleming Jr., Mike (2011年3月22日). “Paramount ends 4 year attempt to turn Frank Herbert's Dune into film franchise”. Deadline Hollywood. 2014年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。
  21. ^ Busch, Anita (2016年11月21日). “Legendary Acquires Frank Herbert's Classic Sci-Fi Novel Dune For Film And TV”. Deadline Hollywood. 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。
  22. ^ Kroll, Justin (2016年11月21日). “Legendary Lands Rights to Classic Sci-Fi Novel Dune”. Variety. 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月22日閲覧。
  23. ^ Kroll, Justin (2016年12月21日). Blade Runner 2049 Helmer Denis Villeneuve Eyed to Direct Dune Reboot”. Variety. オリジナルの2016年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161222065624/http://variety.com/2016/film/news/denis-villeneuve-dune-reboot-legendary-pictures-1201929280/ 2016年12月22日閲覧。 
  24. ^ Vivarelli, Nick (2016年9月10日). “Denis Villeneuve on Making Arrival, Blade Runner Sequel His Way Within Studio System”. Variety. オリジナルの2016年12月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161222065627/http://variety.com/2016/film/news/denis-villeneuve-talks-making-arrival-blade-runner-sequel-his-way-within-studio-system-1201855955/ 2016年12月22日閲覧。 
  25. ^ Vineyard, Jennifer (2017年1月25日). “Denis Villeneuve Has Arrived. Now He’s About to Take the Next Step.”. Vulture. 2020年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  26. ^ Vilkomerson, Sara (2017年2月1日). “Denis Villeneuve officially set to direct Dune reboot”. Entertainment Weekly. 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  27. ^ Marc, Christopher (2018年7月16日). “Oscar-Winning Blade Runner 2049 VFX Supervisor John Nelson Joins Villeneuve's Dune. Geeks Worldwide. https://thegww.com/oscar-winning-blade-runner-2049-vfx-supervisor-john-nelson-joins-villeneuves-dune/ 2018年7月18日閲覧。 
  28. ^ Barfield, Charles (2018年12月5日). “Academy Award-Winning DP Roger Deakins Will Not Team With Denis Villeneuve On Dune”. The Playlist. 2019年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  29. ^ a b Desowitz, Bill (2019年1月9日). “Denis Villeneuve's Dune Gets Editor Joe Walker”. IndieWire. 2019年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  30. ^ Campbell, Maude (2019年2月15日). “Everything We Know So Far About Denis Villeneuve's Dune”. Popular Mechanics. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  31. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2019年2月16日). “Warner Bros. Dates Dune For November 2020 & More”. Deadline Hollywood. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  32. ^ a b c d e f Cameras Roll on Warner Bros. Pictures and Legendary Entertainment's Epic Adaptation of Dune”. Business Wire (2019年3月18日). 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月18日閲覧。
  33. ^ Elderkin, Beth (2019年4月9日). “Game of Thrones Language Builder David Peterson Is Working on Denis Villeneuve's Dune”. io9. 2019年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月14日閲覧。
  34. ^ Bui, Hoai-Tran (2018年3月9日). “At Least Two Dune Films Are Being Planned by Denis Villeneuve”. /Film. 2018年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月21日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g Breznican, Anthony (2020年4月14日). “Behold Dune: An Exclusive Look at Timothée Chalamet, Zendaya, Oscar Isaac, and More”. Vanity Fair. 2020年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  36. ^ a b Vary, Adam (2020年9月9日). “‘Dune’ Trailer Debut: Timothée Chalamet, Jason Momoa Discuss Making Sci-Fi Epic in Panel”. Variety. 2020年9月9日閲覧。
  37. ^ Kroll, Justin (2017年4月5日). “Forrest Gump Writer Eric Roth to Pen Denis Villeneuve's Dune Reboot”. Variety. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  38. ^ a b Kit, Borys (2018年9月5日). “Rebecca Ferguson in Talks to Star in Denis Villeneuve's Dune. The Hollywood Reporter. オリジナルの2018年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180906210447/https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/rebecca-ferguson-talks-star-denis-villeneuves-dune-1140223 2018年9月6日閲覧。 
  39. ^ Bui, Hoai-Tran (2018年5月3日). “The First Draft of Denis Villeneuve's Dune is Done, Pre-Production Begins 'Soon'”. オリジナルの2018年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180715210644/https://www.slashfilm.com/dune-first-draft-denis-villeneuve/ 2018年7月16日閲覧。 
  40. ^ Lussier, Marc-Andre (2018年5月9日). “Denis Villeneuve: 'I'm relaxed, but I take my role seriously!'” (French). La Presse. オリジナルの2018年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180715211021/http://www.lapresse.ca/cinema/festivals-de-cinema/festival-de-cannes/201805/09/01-5178950-denis-villeneuve-je-suis-detendu-mais-je-prends-mon-role-au-serieux.php 2018年7月16日閲覧. "The director of Blade Runner 2049 has also revealed that a first version of the screenplay of Dune ... is now ready." 
  41. ^ Elderkin, Beth (2018年7月25日). “Denis Villeneuve's Dune Will Only Dive Into Half of the First Book”. io9. 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月26日閲覧。
  42. ^ Polowy, Kevin (2017年11月14日). “Dune reboot: Denis Villeneuve says his new version will be nothing like David Lynch's”. Yahoo! News. 2020年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  43. ^ Travis, Ben (2020年9月2日). “Dune: Denis Villeneuve On Being 'Half-Satisfied' By David Lynch's Film – Exclusive”. Empire. 2020年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月2日閲覧。
  44. ^ Karan, Tim (2018年1月19日). “Denis Villeneuve says Dune will be 'Star Wars for adults'”. Looper. 2018年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月19日閲覧。
  45. ^ a b c d Rottenberg, Josh (2021年10月21日). “Why 'Dune' made these 5 key changes from Frank Herbert's book”. The Los Angeles Times. 2021年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  46. ^ Fleming Jr., Mike (2018年7月17日). “Timothée Chalamet In Talks To Star In Dune For Denis Villeneuve And Legendary”. Deadline Hollywood. オリジナルの2018年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180716222336/https://deadline.com/2018/07/timothee-chalamet-dune-denis-villenueve-legendary-frank-herbert-1202427315/ 2018年7月17日閲覧。 
  47. ^ Davids, Brian (2019年1月25日). “Rebecca Ferguson on Prepping for Dune and Her Mission: Impossible Future”. The Hollywood Reporter. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  48. ^ Kroll, Justin (2019年1月7日). “Dave Bautista Joins Legendary's Dune Reboot”. Variety. 2019年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月11日閲覧。
  49. ^ McNary, Dave (2019年1月9日). “Stellan Skarsgard to Play Villain in Dune Movie”. Variety. 2019年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月11日閲覧。
  50. ^ Kit, Borys (2019年1月15日). “Charlotte Rampling Joins Timothee Chalamet in Dune”. The Hollywood Reporter. 2019年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月29日閲覧。
  51. ^ Kit, Borys (2019年1月29日). “Oscar Isaac Joining Denis Villeneuve's Dune”. The Hollywood Reporter. 2019年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月29日閲覧。
  52. ^ Galuppo, Mia (2019年1月30日). “Zendaya Circling Denis Villeneuve's Dune”. The Hollywood Reporter. 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  53. ^ Kroll, Justin (2019年2月1日). “Javier Bardem Joins Timothee Chalamet in Dune Reboot”. Variety. 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  54. ^ Kroll, Justin (2019年2月13日). “Josh Brolin Joins Timothee Chalamet in Star-Studded Dune Reboot”. Variety. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月13日閲覧。
  55. ^ Fleming Jr, Mike (2019年2月14日). “Aquaman's Jason Momoa Joins Killer Cast of Denis Villenueve's Dune”. Deadline Hollywood. 2019年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  56. ^ N'Duka, Amanda (2019年2月19日). “Legendary's Dune Film Adds Ant-Man and the Wasp Actor David Dastmalchian”. Deadline Hollywood. 2019年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月19日閲覧。
  57. ^ Couch, Aaron (2019年3月17日). “Chang Chen Joining Denis Villeneuve's Dune”. The Hollywood Reporter. 2019年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月17日閲覧。
  58. ^ Trent, John F. (2019年7月29日). “Exclusive: Denis Villenueve's Dune Film to Gender Swap Liet Kynes”. TheMix.net. 2019年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月31日閲覧。
  59. ^ Marc, Christopher (2018年7月12日). “Denis Villeneuve Eyeing A Return To Budapest For Dune's Production Start In February”. Geeks WorldWide. オリジナルの2019年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190331080439/https://thegww.com/denis-villeneuve-eyeing-a-return-to-budapest-for-dunes-production-start-in-february/ 2018年7月18日閲覧。 
  60. ^ Kit, Borys (2019年2月1日). “Javier Bardem in Talks to Join Timothee Chalamet in All-Star Dune”. The Hollywood Reporter. 2019年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月15日閲覧。
  61. ^ Dune: Timothée Chalamet On The ‘Awe-Inspiring’ Desert Shoot – Exclusive Images”. Empire (2020年8月31日). 2020年11月19日閲覧。
  62. ^ Timothée Chalamet in "Dune" – in Norway – VG”. 2020年5月7日閲覧。
  63. ^ “'Dune': Timothee Chalamet and Oscar Isaac spotted in Abu Dhabi desert in new trailer”. (2020年9月10日). オリジナルの2020年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200911225724/https://www.thenational.ae/arts-culture/film/dune-timothee-chalamet-and-oscar-isaac-spotted-in-abu-dhabi-desert-in-new-trailer-1.1075521 2020年9月11日閲覧。 
  64. ^ Why Denis Villeneuve Shot 'Dune' During Abu Dhabi's Hottest Months: 'Strange Haze in the Air'”. IndieWire (2021年9月27日). 2021年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月1日閲覧。
  65. ^ Whitbrook, James (2019年7月25日). “Updates on Dune, the Game of Thrones Prequel, and More”. Gizmodo. 2019年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月25日閲覧。
  66. ^ Evans, Nick (2019年7月26日). “The Dune Movie Has Officially Wrapped Filming”. CinemaBlend. 2019年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月27日閲覧。
  67. ^ Grater, Tom (2020年6月18日). “Denis Villeneuve's Dune Heading Back to Europe for Additional Shooting in August”. Deadline Hollywood. 2020年6月18日閲覧。
  68. ^ “Dune” Crew Returns to Budapest for Further Filming”. Hungary Today (2020年8月14日). 2020年8月16日閲覧。
  69. ^ ARRI ALEXA Mini LF camera ships and inspires cinematographers worldwide”. 2020年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月8日閲覧。
  70. ^ Imax Partners With Leading Camera Makers to Open Up Its Large-Format Production to More Filmmakers (Exclusive)”. The Hollywood Reporter (2020年9月17日). 2020年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月19日閲覧。
  71. ^ a b c d Watercutter, Angela (October 25, 2021). “How Dune's VFX and Sound Teams Made Sandworms From Scratch”. Wired. オリジナルのOctober 25, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211025111143/https://www.wired.com/story/dune-sandworm-vfx/ 2021年10月25日閲覧。. 
  72. ^ Barfield, Charles (2019年7月16日). “Hans Zimmer Explains Why He Chose ‘Dune’ Over Christopher Nolan’s Latest & Says He Never Saw The David Lynch 1984 Film”. The Playlist. 2019年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月30日閲覧。
  73. ^ a b King, Darryn (2021年10月22日). “How Hans Zimmer Conjured the Otherworldly Sounds of 'Dune'”. The New York Times. 2021年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月22日閲覧。
  74. ^ Desowitz, Bill (2021年10月20日). “'Dune': How Composer Hans Zimmer Invented a Retro-Future Musical Sound for the Arrakis Desert Planet”. Indie Wire. 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧。
  75. ^ Krol, Charlotte (2020年9月17日). “‘Dune’: Hans Zimmer supervised 32-person choir over FaceTime for Pink Floyd ‘Eclipse’ cover”. NME.com. NME. 2020年9月18日閲覧。
  76. ^ “Funcom N.V. enters into exclusive partnership with Legendary Entertainment for games in the Dune universe” (プレスリリース), Funcom, (2019年2月26日), オリジナルの2019年3月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190306043051/https://investors.funcom.com/funcom-n-v-enters-into-exclusive-partnership-with-legendary-studios-for-games-in-the-dune-universe/ 2019年3月3日閲覧。 
  77. ^ Mobley, Nile (2020年9月17日). “Dune, McFarlane Toys Team for 7-Inch Build-A-Figure Action Figure Line”. CBR.com. CBR. 2020年9月17日閲覧。
  78. ^ Travis, Ben (2020年8月28日). “Empire’s Dune World-Exclusive Covers Revealed”. Empire. 2020年9月9日閲覧。
  79. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年8月2日). “Warner Bros. Dates Baz Luhrmann Elvis Presley Movie, Shifts Dune & More”. Deadline Hollywood. 2019年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月2日閲覧。
  80. ^ Couch, Aaron (2019年2月15日). “Denis Villeneuve's Dune Sets Fall 2020 Release Date”. The Hollywood Reporter. 2019年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月2日閲覧。
  81. ^ Sneider, Jeff (2020年10月6日). “Exclusive: Denis Villeneuve’s ‘Dune’ Movie Is Moving to Late 2021”. Collider. 2020年10月6日閲覧。
  82. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年6月25日). “Warner Bros Shuffles Fall Release Deck With 'Dune', 'Cry Macho' & 'The Many Saints Of Newark'”. Deadline Hollywood. 2021年6月25日閲覧。
  83. ^ DUNE [@dunemovie] (2021年9月14日). "This week #DuneMovie begins its global roll out! Do you have your ticket yet?" (ツイート). Twitterより2021年9月14日閲覧
  84. ^ Dune | Main Trailer Italiano”. YouTube. 2021年9月26日閲覧。
  85. ^ Vivarelli, Nick (2021年5月14日). “Venice Fest Prepares to Roll Out Red Carpet for Full-Fledged Physical Edition (Exclusive)”. Variety. 2021年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月14日閲覧。
  86. ^ Tartaglione, Nancy (2021年6月17日). “Venice Film Festival Confirms Denis Villeneuve's 'Dune' To World Premiere On The Lido”. Deadline Hollywood. 2021年6月17日閲覧。
  87. ^ Peter Howell, "TIFF cautiously rebounds from pandemic with 100-plus features planned, but no popcorn". Toronto Star, June 23, 2021.
  88. ^ Rubin, Rebecca (2020年12月3日). “Warner Bros. to Debut Entire 2021 Film Slate, Including ‘Dune’ and ‘Matrix 4,’ Both on HBO Max and In Theaters”. Variety. 2020年12月3日閲覧。
  89. ^ Denis Villeneuve (2020年12月10日). “‘Dune’ Director Denis Villeneuve Blasts HBO Max Deal (EXCLUSIVE)”. Variety. 2020年12月13日閲覧。
  90. ^ Russian, Ale (2020年12月14日). “Timothée Chalamet Seemingly Takes Stance Against Dune's HBO Max Streaming Deal on SNL”. People. 2020年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月17日閲覧。
  91. ^ a b 'Dune' Looks To Make A Difference In Theaters & HBO Max With $70M+ Global Weekend”. Deadline Hollywood (2021年10月20日). 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  92. ^ Дюна - Financial Information Russia (CIS)”. 2021年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月24日閲覧。
  93. ^ Nancy Tartaglione and Anthony D'Alessandro (2021年9月17日). “'Dune' Counts Over $8M In First Two Days At International Box Office”. Deadline. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月17日閲覧。
  94. ^ 'Dune' Mines $77M Cume Through Second Early Offshore Frame – International Box Office” (2021年9月26日). 2021年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月26日閲覧。
  95. ^ Rebecca Davis (2021年10月24日). “'Dune' Digs Up $22 Million Opening China Weekend On Path Towards Estimated $35 Million Cume”. Variety. 2021年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  96. ^ Anthony D'Alessandro (2021年10月31日). “'No Time To Die' Reels In $600M+ Global As 'Venom 2' Licks At $400M & 'Dune' Has Eyes On $300M – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  97. ^ Scott Mendelson (2021年10月31日). “Weekend Box Office: 'Dune' Plunges 62% As It Nears $300 Million Worldwide”. Forbes. 2021年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  98. ^ China Box Office: 'No Time to Die' Opens to $28M Amid COVID-19 Cinema Shutdowns”. The Hollywood Reporter (2021年10月31日). 2021年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  99. ^ Tartaglione, Nancy (2021年11月2日). “'Dune': The Spice Is Right As Pic Topping $300M At Global Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月2日閲覧。
  100. ^ Tartaglione, Nancy (2021年11月7日). “'Eternals' Is Weekend King(o) With $91M Overseas & $162M Global Bows – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月8日閲覧。
  101. ^ Shackleton, Liz (2021年11月8日). “China box office: 'No Time To Die' stays on top, nears $50m in second weekend”. Screen Daily. 2021年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月10日閲覧。
  102. ^ Tartglione, Nancy (2021年11月16日). “'No Time To Die' Crosses $700M Global, Becomes Biggest Hollywood Pic Of Pandemic Overseas; 'Eternals' Assembles $281M WW Through Second Session – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月14日閲覧。
  103. ^ Tartglione, Nancy (2021年11月21日). “'Ghostbusters: Afterlife' Lives It Up With $60M Global Debut; 'Eternals' Leads Offshore Hollywood Weekend – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月23日閲覧。
  104. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月5日). “Encanto Leads Sluggish Offshore Studio Weekend; House Of Gucci Fashionable – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年12月6日閲覧。
  105. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月12日). “West Side Story Goes South In Offshore Debut, But Is There A Place For It Over Time?; Venom: Let There Be Carnage Nears $500M Global – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年12月21日閲覧。
  106. ^ Tartaglione, Nancy (2021年12月20日). “Spider-Man: No Way Home Is Even More Amazing With $601M Global Debut For 3rd Biggest WW Bow Ever; $341M Snared Overseas – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年12月21日閲覧。
  107. ^ a b c Anthony D'Alessandro (2021年10月24日). “'Dune' Heaps $41M Domestic Opening After Near $10M Sunday; Highest For Denis Villeneuve & HBO Max Day And Date”. Deadline Hollywood. 2021年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  108. ^ Box Office: 'Dune' Nabs $41M Debut To Top $223M Global”. Forbes.com (2021年10月24日). 2021年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月27日閲覧。
  109. ^ Anthony D'Alessandro (2021年10月31日). “Halloween Scares Off Box Office: 'Dune' $15M+; 'My Hero Academia' $6M+, 'Last Night In Soho' & 'Antlers' Tie $4M”. Deadline Hollywood. 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月31日閲覧。
  110. ^ Box Office: 'Dune' Dominates 'Last Night in Soho,' 'Antlers' in Second Weekend”. Variety (2021年10月30日). 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧。
  111. ^ Anthony D'Alessandro (2021年11月7日). “Despite Global Box Office Glory & $71M Domestic Debut, Why 'Eternals' Is A Wake-Up Call For MCU; Sizing Up 'Red Notice' Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月7日閲覧。
  112. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年11月26日). “'Dune': Denis Villeneuve Sci-Fi Epic Finally Crosses $100M At Domestic Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月26日閲覧。
  113. ^ Eggertsen, Chris (2021年12月5日). “Weekend Box Office: Encanto Remains No. 1 w/ $12.7M Over Slow Post-Thanksgiving Frame”. Box Office Pro. 2021年12月6日閲覧。
  114. ^ Kevin Tran (2021年10月25日). “Data: 'Dune' Opening Weekend HBO Max Viewership Topped 'Justice League,' 'In the Heights'”. Variety. 2021年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  115. ^ Prange, Stephanie (2021年10月26日). “'Dune' Top Streaming Movie, 'You' Again Top Streaming Original on Weekly Whip Media Charts”. Media Play News. 2021年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月3日閲覧。
  116. ^ Prange, Stephanie (2021年11月2日). “'Dune,' 'You' Again Top Weekly Whip Media Streaming Charts”. Media Play News. 2021年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月3日閲覧。
  117. ^ Prange, Stephanie (2021年11月9日). “'Dune,' 'You' Again Top Weekly Whip Media Streaming Charts”. Media Play News. 2021年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月10日閲覧。
  118. ^ Prange, Stephanie (2021年11月16日). “'Shang-Chi,' 'Big Mouth' Top Weekly Whip Media Streaming Charts”. Media Play News. 2021年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月16日閲覧。
  119. ^ Prange, Stephanie (2021年11月23日). “Netflix's 'Red Notice,' 'Tiger King' Top Weekly Whip Media Streaming Charts”. Media Play News. 2021年11月23日閲覧。
  120. ^ Trenholm, Richard (2021年11月17日). “Dune ending explained before it leaves HBO Max”. CNET. 2021年11月23日閲覧。
  121. ^ Brueggemann, Tom (2021年12月6日). “'Dune,' 'The Power of the Dog,' and 'The Last Duel' Find Strength in Home Audiences”. Indiewire. 2021年12月8日閲覧。
  122. ^ Brueggemann, Tom (2021年12月13日). “VOD Success for 'Grinch' and 'Elf' Suggests a New Streaming Future for Holiday Favorites”. IndieWire. 2021年12月18日閲覧。
  123. ^ Dune” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年10月15日閲覧。
  124. ^ "Dune" (英語). Metacritic. 2021年10月15日閲覧。
  125. ^ a b c Lewis, Isobel (2021年9月5日). “Dune: Critics divided over Denis Villeneuve's 'dazzling' and 'boring' sci-fi adaptation”. The Independent. 2021年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月27日閲覧。
  126. ^ a b c Nedd, Alexis (2021年9月4日). “The first 'Dune' reviews are up. Here's what critics have to say.”. Mashable. 2021年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  127. ^ Colbert, Stephen M. (2021年9月6日). “Why Dune Was Always Destined To Be A Divisive Movie”. Screen Rant. 2021年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月13日閲覧。
  128. ^ Whitten, Sarah (2021年10月20日). “'Dune' is 'both dazzling and frustrating,' critics say”. CNBC. 2021年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月20日閲覧。
  129. ^ Travis, Ben (2021年9月3日). “Dune (2021) Review”. Empire. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  130. ^ Collin, Robbie (2021年9月3日). “Dune, review: science-fiction at its most majestic, unsettling and enveloping” (英語). ISSN 0307-1235. オリジナルの2021年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210918203957/https://www.telegraph.co.uk/films/0/dune-review-science-fiction-majestic-unsettling-enveloping/ 2021年9月6日閲覧。 
  131. ^ Brooks, Xan (2021年9月3日). “Dune review – blockbuster cinema at its dizzying, dazzling best” (英語). The Guardian. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  132. ^ Chang, Justin (2021年9月3日). “Review: Denis Villeneuve's 'Dune' is a transporting vision, but it could use a touch more madness” (英語). Los Angeles Times. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  133. ^ Greenblatt, Leah (2021年9月3日). “Dune review: Denis Villeneuve's starry sci-fi epic is breathtaking, and a little bit maddening”. Entertainment Weekly. 2021年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月25日閲覧。
  134. ^ Gleiberman, Owen (2021年9月3日). “'Dune' Review: Spectacular and Engrossing…Until It Isn't” (英語). Variety. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月24日閲覧。
  135. ^ Maher, Kevin (2021年9月3日). “Dune review — jaw-dropping visuals, but the drama is lacking”. オリジナルの2021年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210921074217/https://www.thetimes.co.uk/article/dune-review-jaw-dropping-visuals-but-the-drama-is-lacking-bcsmlm52s 2021年9月24日閲覧。 
  136. ^ Pond, Steve (2021年9月3日). “'Dune' Film Review: Huge Sci-Fi Epic Is Relentlessly Dark But Also Thrilling” (英語). TheWrap. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月6日閲覧。
  137. ^ a b Hadadi, Roxana (2021年10月29日). “Dune Has a Desert Problem”. Vulture. オリジナルの2021年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211029215355/https://www.vulture.com/2021/10/dune-has-a-desert-problem.html 2021年10月29日閲覧。 
  138. ^ Venkatraman, Sakshi (2021年10月29日). “'Dune' appropriates Islamic, Middle Eastern tropes without real inclusion, critics say”. NBC News. 2021年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月29日閲覧。
  139. ^ a b Durrari, Haris (2021年10月28日). “The novel Dune had deep Islamic influences. The movie erases them.”. The Washington Post. オリジナルの2021年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211028185525/https://www.washingtonpost.com/outlook/2021/10/28/dune-muslim-influences-erased/ 2021年11月8日閲覧。 
  140. ^ Karjoo-Ravary, Ali (2021年10月26日). “Is Dune a White Savior Narrative?”. Slate. 2021年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  141. ^ Eisenberg, Eric (2021年9月6日). “Dune: Denis Villeneuve Responds To Criticisms That The Sci-Fi Epic Is A White Savior Story”. Cinema Blend. 2021年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月30日閲覧。
  142. ^ Film Institute, American (2021年12月8日). “Announcing 2021 AFI AWARDS Honorees”. AFI. 2021年12月8日閲覧。
  143. ^ ‘No Time to Die’ Wins at 2021 Hollywood Music in Media Awards: Full List of Film Music Winners”. billboard.com (2021年11月17日). 2021年12月30日閲覧。
  144. ^ Sharf, Zack (2021年12月2日). “National Board of Review Winners 2021: 'Licorice Pizza' Takes Best Picture and Best Director”. IndieWire. 2021年12月3日閲覧。
  145. ^ Eric, Anderson (2021年12月4日). “Washington DC Critics: 'Belfast,' 'The Power of the Dog' lead nominations”. AwardsWatch. 2021年12月4日閲覧。
  146. ^ The 2021 WAFCA Awards”. Washington D.C. Area Film Critics Association (2021年12月6日). 2021年12月30日閲覧。
  147. ^ 2021 People's Choice Awards: See the full list of winners”. Entertainment Weekly (2021年12月7日). 2021年12月11日閲覧。
  148. ^ Stone, Sasha (2021年12月12日). “The Power of the Dog Picks Up Best Picture at New York and Boston Online”. Awards Daily. 2021年12月12日閲覧。
  149. ^ Tallerico, Brian (2021年12月13日). “West Side Story Leads the 2021 Chicago Critics Nominees”. RogerEbert. 2021年12月13日閲覧。
  150. ^ Chicago film critics choose ‘The Power of the Dog’ for top award”. Chicago Suntimes (2021年12月15日). 2021年12月30日閲覧。
  151. ^ 'Drive My Car' and 'The Power of the Dog' Win Top Prizes at L.A. Film Critics Association Awards 2021 (Full List)”. Variety (2021年12月18日). 2021年12月19日閲覧。
  152. ^ 2021 StLFCA Annual Award Winners”. St. Louis Film Critics Association. 2021年12月20日閲覧。
  153. ^ Neglia, Matt (2021年12月20日). “The 2021 Dallas Fort-Worth Film Critics Association (DFWFCA) Winners”. 2021年12月20日閲覧。
  154. ^ Hazlett, Allison (2021年12月22日). “Florida Film Critics Circle Announces 2021 Winners»”. floridafilmcritics.com. 2021年12月23日閲覧。
  155. ^ Jordan, Moreau (2021年12月13日). “Golden Globes 2022: The Complete Nominations List”. Variety. 2021年12月13日閲覧。
  156. ^ Neglia, Matt (2022年1月7日). “The 2021 San Francisco Bay Area Film Critics Circle (SFBAFCC) Nominations”. NextBigPicture. 2022年1月7日閲覧。
  157. ^ 2021 San Diego Film Critics Society Award Winners”. San Diego Film Critics. 2022年1月10日閲覧。
  158. ^ The 2021 Austin Film Critics Association (AFCA) Winners”. Next Best Picture. 2022年1月24日閲覧。
  159. ^ Neglia, Matt (2022年1月16日). “The 2021 Toronto Film Critics Association (TFCA) Winners”. Next Big Picture. 2022年1月16日閲覧。
  160. ^ “The Power of the Dog” Leads the 2021 Seattle Film Critics Society Nominations”. Seattle Film Critics (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。
  161. ^ Darling, Cary (2022年1月3日). “‘The Power of the Dog’ takes a bite out of Houston Film Critics Society’s nominations”. Preview. 2022年1月3日閲覧。
  162. ^ Houston Film Critics Society Announces Their 15th Annual Award Winners”. Houston Press. 2022年1月24日閲覧。
  163. ^ Gray, Richard (2022年1月25日). “OFCS: Online Film Critics Society announces 25th Annual Film Awards”. Thereelbits.com. 2022年1月25日閲覧。
  164. ^ Urban, Sasha (2021年1月25日). “‘The Power of the Dog’ Sweeps Alliance of Women Film Journalists Awards”. Variety. 2021年1月25日閲覧。
  165. ^ Tartaglione, Nancy (2021年1月26日). “AACTA International Awards Winners: ‘The Power Of The Dog’ Scoops Best Film – Full List”. Deadline. 2021年1月26日閲覧。
  166. ^ Cline, Rich (2022年2月6日). “The Power of the Dog takes top honours at the CC Film Awards”. Critics' Circle. 2022年2月6日閲覧。
  167. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月11日). “‘Suicide Squad,’ ‘Coming 2 America’ and ‘Eyes of Tammy Faye’ Lead Make-Up Artists and Hair Stylists Guild Nominations (EXCLUSIVE)”. Variety. 2022年1月11日閲覧。
  168. ^ Winners! 2022 MUAHS Guild Awards”. Make-Up Artists & Hair Stylists Guild (2022年2月19日). 2022年2月20日閲覧。
  169. ^ Gajewski, Ryan (2022年1月17日). “‘Dune,’ ‘West Side Story’ Among Set Decorators Society of America Awards Nominees for Film”. The Hollywood Reporter. 2022年1月18日閲覧。
  170. ^ Feinberg, Scott (2022年2月26日). “USC Scripter Awards: ‘The Lost Daughter’ and ‘Dopesick’ Named Best Adaptations”. The Hollywood Reporter. 2022年2月27日閲覧。
  171. ^ Juneau, Jen (2022年2月27日). “SAG Awards 2022: See the Complete List of Winners” (英語). People. 2022年2月28日閲覧。
  172. ^ Hollywood Critics Association Awards 2022: 'CODA' Wins Best Picture, Jane Campion and Denis Villeneuve Tie for Director”. Variety (2022年2月28日). 2022年3月1日閲覧。
  173. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月24日). “Art Directors Guild 2022 Nominations Headed by 'Nightmare Alley,' 'Cruella,' 'No Time to Die,' 'In the Heights'”. Variety. 2022年1月24日閲覧。
  174. ^ Giardina, Carolyn (2022年3月5日). “'Dune,' 'Nightmare Alley,' 'No Time to Die' Win Art Directors Guild Awards”. The Hollywood Reporter. 2022年3月6日閲覧。
  175. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月27日). “'Belfast,' 'King Richard,' 'No Time to Die' Among ACE Eddie Awards Nominations”. Variety. https://variety.com/2022/artisans/awards/ace-eddie-awards-nominations-2022-full-list-belfast-king-richard-no-time-to-die-1235164534/ 2022年1月30日閲覧。 
  176. ^ Giardina, Carolyn (2022年3月5日). “'King Richard,' 'Tick, Tick … Boom!' Top American Cinema Editors Eddie Awards”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/american-cinema-editors-2022-eddie-awards-winners-1235102832/ 2022年3月6日閲覧。 
  177. ^ Celebrity Tributes”. Santa Barbara International Film Festival. 2022年4月7日閲覧。
  178. ^ Visual Effects Society Announces Winners of the 20th Annual VES Awards”. Visual Effects Society. (2022年3月8日). 2022年3月9日閲覧。
  179. ^ Verhoeven, Beatrice (2022年3月8日). “'Encanto,' 'No Time to Die' and 'Don't Look Up' Among Society of Composers and Lyricists Awards Winners”. The Hollywood Reporter. 2022年3月10日閲覧。
  180. ^ Pener, Degen (2022年1月26日). “Costume Designers Guild Awards: 'House of Gucci,' 'Dune,' 'Squid Game' Among Nominees”. The Hollywood Reporter. 2022年1月27日閲覧。
  181. ^ DGA Awards Set March 12, 2022 Date & Timeline, Reinstate Theatrical First-Run Rule For Best Picture – Update”. Deadline (2021年8月18日). 2022年1月8日閲覧。
  182. ^ Chuba, Kirsten; Gajewski, Ryan; Lewis, Hilary (2022年3月12日). “DGA Awards: Jane Campion and The Power of the Dog Take Top Honor”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/dga-awards-2022-winners-list-1235109846/ 2022年3月13日閲覧。 
  183. ^ Tangcay, Jazz (2022年1月24日). “'Dune' Leads Nominations for Golden Reel Awards”. Variety. 2022年1月24日閲覧。
  184. ^ 'Dune,' 'West Side Story' and 'Nightmare Alley' Among Golden Reel Award Winners” (英語). Variety (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  185. ^ 'West Side Story,' 'Belfast' Lead 2022 Critics Choice Film Nominations” (英語). The Hollywood Reporter (2021年12月13日). 2021年12月13日閲覧。
  186. ^ Grater, Tom (2022年2月3日). “BAFTA Film Awards: 'Dune' & 'The Power Of The Dog' Lead Nominations”. Deadline. 2022年2月3日閲覧。
  187. ^ 'El buen patrón' triunfa en la gala de la Unión de Actores” (スペイン語). El Mundo. 2022年3月15日閲覧。
  188. ^ Daniel, Montgomery (2022年1月27日). “2022 Gold Derby Film Awards nominations: 'Dune' leads with 11; 'The Power of the Dog,' 'West Side Story' at 10 each”. Gold Derby. 2022年1月31日閲覧。
  189. ^ 20th Annual Gold Derby Film Awards announced: 'The Power of the Dog' wins Best Picture, 'Dune' bags 6 [WATCH CEREMONY WITH 16 EXCITING ACCEPTANCE SPEECHES]”. GoldDerby (2022年3月18日). 2022年3月16日閲覧。
  190. ^ Dorian Film Awards: ‘The Power of the Dog’ Leads Nominations From LGBTQ Entertainment Critics”. Hollywood Reporter. 2022年4月7日閲覧。
  191. ^ Pedersen, Erik (2022年1月25日). “Cinema Audio Society Nominations Set: 'Dune', 'Spider-Man', 'West Side Story' & More”. Deadline. 2022年1月25日閲覧。
  192. ^ Verhoeven, Beatrice (2022年1月27日). “'Dune,' 'West Side Story,' 'Squid Game' Among 2022 Producers Guild Award Nominees”. The Hollywood Reporter. 2022年1月27日閲覧。
  193. ^ Hipes, Patrick (2022年1月25日). “ASC Awards Nominations Include 'Dune', 'Nightmare Alley', 'Belfast'”. Deadline Hollywood. 2022年1月26日閲覧。
  194. ^ Pedersen, Erik (2022年1月27日). “WGA Awards Film Nominations: 'West Side Story', 'Dune', 'Licorice Pizza', 'French Dispatch' & More”. Deadline Hollywood. 2022年3月10日閲覧。
  195. ^ Oscars: Full List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2022年2月8日). 2022年2月8日閲覧。
  196. ^ Anderson, Erik (2021年12月1日). “'Belfast,' 'The Power of the Dog' lead 26th Satellite Awards nominations”. AwardsWatch. 2021年12月1日閲覧。
  197. ^ Lewis, Hilary (2021年11月23日). “Grammys: Jon Batiste Tops With 11 Nominations as Recording Academy Expands General Field Categories”. The Hollywood Reporter. 2021年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月23日閲覧。
  198. ^ Erik Pedersen (2022年3月9日). “Kids' Choice Awards Nominations Set; Miranda Cosgrove & Rob Gronkowski To Host Show”. Deadline Hollywood. 2022年3月9日閲覧。
  199. ^ a b Chitwood, Adam (2020年4月14日). “Denis Villeneuve Explains Why Dune Will Be Split into Two Movies”. Collider. 2020年6月4日閲覧。
  200. ^ Siegel, Tatiana (2019年4月25日). “Legendary CEO Joshua Grode on Pitting Pikachu Against Marvel, Warner Bros. Upheaval”. The Hollywood Reporter. 2019年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月26日閲覧。
  201. ^ a b Goldberg, Lesley (2019年11月5日). “Dune: The Sisterhood Showrunner to Exit HBO Max Series”. The Hollywood Reporter. 2019年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月12日閲覧。
  202. ^ Villeneuve, Denis (2020年12月11日). “‘Dune’ Director Denis Villeneuve Blasts HBO Max Deal (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. 2020年12月12日閲覧。
  203. ^ a b ‘Dune 2’ a Go From Legendary, Warner Bros.”. Hollywood Reporter. 2021年10月27日閲覧。
  204. ^ ‘Dune’ Sequel Greenlighted By Legendary & Warner Bros; Pic Will Get Theatrical Window In October 2023”. Deadline Hollywood (2021年10月26日). 2021年10月26日閲覧。
  205. ^ ‘Dune: Part Two’ Is Official: Denis Villeneuve’s Sequel Set at Warner Bros. with Theatrical Release”. Indiewire (2021年10月26日). 2021年10月26日閲覧。
  206. ^ Petski, Denise (2019年7月23日). “Dana Calvo To Co-Run Dune: The Sisterhood Under New Overall Deal With Legendary TV Studios”. Deadline Hollywood. Penske Media Corporation. 2019年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月24日閲覧。
  207. ^ Schaefer, Sandy (2019年7月23日). “Dune: The Sisterhood Series Gets a Female Co-Showrunner”. Screen Rant. 2019年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月24日閲覧。
  208. ^ Otterson, Joe (2019年6月10日). “Dune Series Ordered at WarnerMedia Streaming Service, Denis Villeneuve to Direct”. Variety. 2019年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月10日閲覧。
  209. ^ Dune: The Sisterhood”. productionlist.com (2020年5月3日). エラー: #time の呼び出しが多すぎます。閲覧。

外部リンク[編集]