灼熱の魂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
灼熱の魂
Incendies
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作 『焼け焦げるたましい』
ワジディ・ムアワッド
製作 リュック・デリ
キム・マクロー
出演者 ルブナ・アザバル
メリッサ・デゾルモー=プーラン
マクシム・ゴーデット
レミ・ジラール
音楽 グレゴワール・エッツェル
撮影 アンドレ・トゥルパン
編集 モニーク・ダルトーネ
製作会社 micro_scope
TSプロダクションズ
フィ・グループ
配給 カナダの旗 エンターテインメント・ワン
フランスの旗 ハピネス・ディストリビューション
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 カナダの旗 2010年9月17日 (ケベック州)
フランスの旗 2011年1月12日
日本の旗 2011年12月17日
上映時間 131分
製作国 カナダの旗 カナダ
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
アラビア語
製作費 680万米ドル[1]
興行収入 US$3,518,365[1]
テンプレートを表示

灼熱の魂』(しゃくねつのたましい、Incendies) は、2010年のカナダ映画レバノン生まれでカナダケベック州に移住した劇作家ワジディ・ムアワッドの戯曲『焼け焦げるたましい(原題:Incendies、火事)』(2003年) の映画化。ドゥニ・ヴィルヌーヴが脚色と監督を務めた。

ストーリー[編集]

ケベック州に住む双子の姉弟ジャンヌとシモンは、亡くなった母親ナワルからの遺言を受け、未だ見ぬ彼らの父親と兄の存在を知る。そして遺言によりジャンヌは父親への手紙を、シモンは兄への手紙を託され、二人は中東の母親の故郷へ初めて足を踏み入れる。

キャスト[編集]

  • ナワル・マルワン - ルブナ・アザバル
  • ジャンヌ(ジャナーン)・マルワン - メリッサ・デゾルモー=プーラン: ナワルの娘。
  • シモン(サルワン)・マルワン - マクシム・ゴーデット: ナワルの息子。ジャンヌの双子の弟。
  • 公証人ジャン・ルベル - レミ・ジラール: ナワルを秘書として雇い、家族同様に接して来た。
  • アブ・タレク - アブデル・ガフール・エラージズ: 監獄拷問人
  • 公証人マダッド - アレン・アルトマン: レバノンの公証人。ジャンヌらの父親と兄探しを手伝う。
  • ワラット・シャムセディン - モハメド・マジュド: 孤児院破壊を指揮した男。ジャンヌらの兄の行方を知る。
  • ファヒーム・ハルサ - ナビル・サワラ: 学校の用務員。かつて監獄で13年間、ナワルを監視していた。
  • マイカ - バヤ・ベラル: 監獄でナワルの出産を手伝った看護婦

公開[編集]

2010年9月4日、ヴェネツィア国際映画祭テルライド映画祭で上映された後、2010年9月17日からケベック州各地で公開された。2010年9月13日にはトロント国際映画祭で上映され、最優秀カナダ映画賞を受賞した。そのほかにはサンダンス映画祭釜山国際映画祭でも上映された。

日本では2011年12月17日にTOHOシネマズ シャンテほかにて劇場公開された後、全国順次公開された。

評価[編集]

映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesによると、114個のレビューのうち92%が好意的な評価を下し、評価の平均は7.9/10だった。同サイトは批評家の総意を「それは混沌としており、過剰に長く、メロドラマ風だが、それらの欠点は『灼熱の魂』の印象強い演技と破壊的でエモーショナルな衝撃の前には色褪せてしまう」としている[2]

『灼熱の魂』は第83回アカデミー賞外国語映画部門のカナダ代表作品に選定され、最終的な5本のノミネート作品にまで名を連ねた。ロジャー・イーバートリチャード・ローパーは本作が受賞にふさわしいと語ったが[3][4]、賞は『未来を生きる君たちへ』に渡った。『灼熱の魂』はそのほかジェニー賞で8部門、ジュトラ賞では9部門を獲得している[5]

日本では、第85回キネマ旬報ベスト・テンにて2011年外国映画ベスト・テンの9位に選ばれた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Incendies (U.S. only)”. Box Office Mojo. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月1日閲覧。
  2. ^ Incendies (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年9月1日閲覧。
  3. ^ Roger Ebert picks Canadian film as Oscar favourite”. CTV News. The Canadian Press (2011年2月11日). 2011年9月1日閲覧。
  4. ^ リチャード・ローパー (2011年2月18日). Richard Roeper's Reviews: Roeper's Oscar Picks for All 24 Categories. ReelzChannel.. http://www.youtube.com/watch?v=eXvQCWGwaQI 2011年9月1日閲覧。 
  5. ^ Awards for Incendies (2010)”. インターネット・ムービー・データベース. 2011年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]