静かなる叫び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静かなる叫び
Polytechnique
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 ジャック・ダヴィッツフランス語版
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作 ドン・カーモディフランス語版
マキシム・レミラールフランス語版
製作総指揮 ジュリアン・レミラール
アンドレ・ルロ
出演者 カリーヌ・ヴァナッス
セバスティアン・ユベルドーフランス語版
マキシム・ゴーデットフランス語版
音楽 ブノワ・シャレストフランス語版
撮影 ピエール・ギルフランス語版
編集 リシャール・コモーフランス語版
製作会社 Remstar Media Partners
Remstar Productions
Don Carmody Productions
配給 カナダの旗 Alliance Vivafilm
日本の旗 アット エンタテインメント
公開 カナダの旗 2009年2月6日
日本の旗 2017年1月14日
上映時間 77分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 フランス語
テンプレートを表示

静かなる叫び』(しずかなるさけび、Polytechnique)は2009年カナダのドラマ映画。 監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ、出演はカリーヌ・ヴァナッスセバスティアン・ユベルドーフランス語版など。 1989年12月6日カナダケベック州モントリオールにあるモントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件モチーフに描いた社会派作品[1]

第30回ジニー賞英語版で11部門にノミネートされ、作品賞や監督賞、脚本賞など9部門で受賞した[2](詳細は後述)。 日本では2017年1月から開催された「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映された[3][4]

ストーリー[編集]

1989年12月6日モントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件の顛末とともに、重傷を負いながらも生還した女子学生ヴァレリーと、混乱の中で負傷した女子学生を救おうと奔走した男子学生ジャン=フランソワのその後までを描く。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、15件の評論のうち高評価は87%にあたる13件で、平均点は10点満点中6.98点となっている[5]Metacriticによれば、6件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は4件、低評価はなく、平均点は100点満点中63点となっている[6]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果
ジニー賞英語版 作品賞英語版 ドン・カーモディフランス語版
マキシム・レミラールフランス語版
受賞
監督賞英語版 ドゥニ・ヴィルヌーヴ 受賞
主演女優賞英語版 カリーヌ・ヴァナッス 受賞
助演男優賞英語版 マキシム・ゴーデットフランス語版 受賞
オリジナル脚本賞英語版 ジャック・ダヴィッツフランス語版 受賞
撮影賞英語版 ピエール・ギルフランス語版 受賞
編集賞英語版 リシャール・コモーフランス語版 受賞
音響賞英語版 ステファーヌ・ベルゲロン
ピエール・ブラン
ジョー・キャロン英語版
ブノワ・ルデュック
受賞
音響編集賞英語版 クロード・ボーグラン
ギイ・フランクール
キャロル・ガニョン
クリスティアン・リヴェスト
受賞
作曲賞英語版 ブノワ・シャレストフランス語版 ノミネート
メイクアップ賞英語版 ジーナ・キャロン
マルタン・リヴェスト
ノミネート

出典[編集]

  1. ^ 静かなる叫び”. 映画.com. 2018年7月17日閲覧。
  2. ^ Howell, Peter (2010年4月12日). “Polytechnique sweeps Genie Awards” (英語). The Star. https://www.thestar.com/entertainment/movies/2010/04/12/polytechnique_sweeps_genie_awards.html 2018年7月17日閲覧。 
  3. ^ 静かなる叫び”. allcinema. 2018年7月17日閲覧。
  4. ^ 未体験ゾーンの映画たち2017”. 青山シアター. 2018年7月17日閲覧。
  5. ^ Polytechnique (2009)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月13日閲覧。
  6. ^ Polytechnique Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]