ホセ・キャリオカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホセ・キャリオカ
José Carioca
初登場 ラテン・アメリカの旅
原語版声優 ジョゼ・オリベイラ
日本語版声優 中尾隆聖
詳細情報
種族 オウム
性別
テンプレートを表示

ホセ・キャリオカ (José Carioca) は、オウムをモチーフにしたディズニーアニメのキャラクター

初登場はリオ・デ・ジャネイロにて1942年先行公開(アメリカ1943年日本1957年公開)のアニメーション映画『ラテン・アメリカの旅』。

概要[編集]

リオ・デ・ジャネイロ出身であり、ポルトガル語では「ジョゼ・カリオカ」と呼称される。

ラテン・アメリカの旅』『三人の騎士』では、ドナルドダックサンババイーアなど、母国ブラジルの名物名所を紹介する。

ブラジルでは地元キャラクターとして定着しており、『ゼ・カリオカ(Zé Carioca)』という題名で、彼を主人公とした漫画が連載されている。またブラジル各地方をモチーフにした7人のいとこが居るという設定がある。

陽気な洒落者としての登場が多く、ドナルドダックとの初対面時に名刺を差し出したり、『ハウス・オブ・マウス』ではミニーマウスに請われてグーフィーテーブルマナーを仕込むなどした。

キャラクターの背景柄か、パンチートと共にいることが多い。

作品[編集]

容姿[編集]

全体の羽毛は緑色ではオレンジ色ないしは赤色である。

立衿シャツに蝶ネクタイ、クリーム色のジャケットを着用、カンカン帽と黒いを愛用。

いずれの作中でも頻繁に葉巻をふかしており、初登場の『ラテン・アメリカの旅』においてはマッチ箱でサンバのリズムをとる描写があった。

呼び名について[編集]

日本国内では一貫して「ホセ」の表記、発音を採用している。

このキャラクターと名前に限ったことではないが、呼ぶ側の使用言語によって表記、発音は多様である。

英語を使用するドナルドダックは、おもに英語圏の愛称である「ジョー」、またはポルトガル語に近い「ジョゼ」。

スペイン語圏の出身であるパンチートは初めから一貫して「ホセ」と呼んでいた。

しかし、2001年の英語版『ハウス・オブ・マウス』では自他共に「ホセ」と呼んだことから、近年では統一している可能性がある。

なお、漫画作品の題名にもなっている「ゼ (Zé)」は「ホセ(José)」のポルトガル語圏での愛称である。

また、「リオ・デ・ジャネイロ出身者」を表す「キャリオカ」も、『三人の騎士』の日本語吹き替え版では「カリオカ」と呼ばれていたが、[注釈 1]現在では「キャリオカ」で統一されている。

声優[編集]

作品 声優
ラテン・アメリカの旅1943年 ホセ・オリビエラ/中尾隆聖(台詞、歌)
三人の騎士1944年 ホセ・オリビエラ/旧吹き替え:遠藤征慈/新吹き替え:中尾隆聖(台詞、歌)
ハウス・オブ・マウス2001年 ロブ・ポールセン/中尾隆聖(台詞、歌)

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに日本語での「Carioca」の表記としては「カリオカ」の方が一般的である。

関連項目[編集]