ダックテイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダックテイルズ
DuckTales
アニメ
原作 カール・バークス、ジーマン・メイゴン
マット・ヤングバーグ
フランシスコ・アンゴネス
監督 マット・ヤングバーグ
シリーズ構成 フランシスコ・アンゴネス
キャラクターデザイン ティモシー・M・モーエン
音楽 ドミニク・ルイス
アニメーション制作 ディズニー・テレビジョン・アニメーション
スニップル・アニメーションスタジオ
製作 ディズニー・エンタープライズ
放送局 アメリカ合衆国の旗日本の旗ディズニーXDディズニー・チャンネル
放送期間 アメリカ合衆国の旗2017年8月12日 -
日本の旗2018年2月17日 -
テンプレート - ノート

ダックテイルズ』(原題:DuckTales)は、 ディズニー・テレビジョン・アニメーション製作、2017年放送開始のテレビアニメシリーズである。ディズニーXD オリジナル・シリーズのひとつ。

概要[編集]

1987年から1990年まで放送された『わんぱくダック夢冒険』のリブート作品。アメリカ合衆国では、2017年8月12日よりディズニーXDにて放送が開始された。

日本では2018年2月17日より、ディズニーXDにて日本語吹替版の放送が開始された[1]ディズニー・チャンネルでは、同年6月9日ドナルドダックの誕生日に合わせ先行放送を実施、6月23日よりレギュラー放送を開始した[2]

2019年3月16日よりDlifeでも放送開始した。

字幕放送を実施。ヒューイの声は黄色、デューイの声は水色、ルーイの声は緑色、その他のキャラクターの声は白で表示される。

ドナルド以外のキャラは全員声優が当時(逝去した声優含む)と異なっており、ヒューイ・デューイ・ルーイの個性を引き立たせるため、声だけでなく容姿や性格もそれぞれ従来のシリーズと異なっている。ヒューイら3人の日本語吹替を男性声優が担当するのは本作が初となる。

過去にディズニーが制作したアニメ映画やテレビシリーズとのクロスオーバーも行われており、シーズン1では『テイルスピン』、シーズン2では『三人の騎士[3]と『ダックにおまかせ ダークウィング・ダック』のキャラクター達がゲスト出演。シーズン3ではグーフィーデイジーチップとデールもそれぞれ『パパはグーフィー』、『クワック・パック』、『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』の主演作品の格好で出演する予定となっている[4]

ストーリー[編集]

カッコ内話数は吹替版準拠。

シーズン1[編集]

ドナルドが就職面接に行く日の朝、ベビーシッターの手配が上手くいかず、仕方なく三つ子の甥ヒューイ・デューイ・ルーイを大富豪の伯父スクルージ・マクダックに預けることにする。スクルージはかつて世界一の冒険家として名を馳せていたが、冒険をやめて既に10年が経っていた。ドナルドとは何か因縁がある様子で、自邸にやってきた三つ子にも厳しく接する。軟禁され、暇を持て余していた三つ子の前に、変わり者の女の子ウェビーが現れる。ウェビーはスクルージ邸の家政婦、ミセス・ビークリーの孫娘で、同年代の友達が全くおらず、やってきた三つ子を見て大喜びする。4人はスクルージの倉庫へ暇つぶしに行くが、スクルージが冒険で手に入れた財宝の呪いを解くなど、騒ぎを起こしてしまう。スクルージはその解決に奔走する中で冒険の楽しさや家族の大切さを思い出し、三つ子やドナルドと共に暮らすことにする。同時に、ドナルドはかつてスクルージの冒険のパートナーだったことも明かされた。(#1・2)

デューイは、倉庫の絵画にスクルージ、ドナルドに加え、まだ見ぬ母とおぼしき女性(デラ・ダック)が描かれているのを見て、ウェビーと共にデラ失踪の謎を解き明かそうとする。2人が邸宅の書庫でデラのことを調べると、「セレネの槍」が深く関わっていることを知る。最初は2人だけでその秘密を追うが、最終的にはヒューイ、ルーイもそこへ加担する。一方、ウェビーはふとしたことから年上の女の子リナと親友になり、邸宅へ招き入れる仲となる。ところが彼女は闇の魔女でおばのマジカ・デ・スペルに取り憑かれており、行動を制限されていた。マジカもまたスクルージと因縁があり、2人の友情を利用して彼が持つ幸運の10セントコインを奪う機会を狙っていた。(#3・5・11・22)

ある時、スクルージは三つ子達がデラの謎を追っていたことを知り、真相を語る――10年前まで、スクルージはドナルド、デラと共に冒険して回っていたが、世界中行き尽くした3人は宇宙を目指す。デラはもうすぐ卵から孵る子供達に星を贈りたいと考えていたが、ドナルドは危険だと反対した。見かねたスクルージはサプライズで「セレネの槍」と名付けたロケットを造り、それを出産祝いにしようとしたが、これを知ったデラは無断で飛び立ってしまう。スクルージはデラの性格から無理に止められずにいたが、そのまま行方不明になってしまった。これによりスクルージとドナルドは険悪になり、残されたデラの子供達はドナルドが世話をすることになった――。これを聞いた三つ子は、母を失ったのはスクルージが無理にでも止めなかったせいだと考え、非難する。口論の末、スクルージは再びドナルドらと険悪になり、自邸で独居する。(#23)

15年前、マジカはスクルージの10セントコインの力に目を付け、手に入れるべく彼と対峙したが、逆にコインの中に封じられてしまう。その際、自分の影からリナを創り出し、スクルージに復讐をするためのスパイとしてこの世に遺していた。そして今、彼が家族を失い、廃人同然となったことを知ったマジカは、リナを操ってコインを奪い、自身の肉体を解放する代わりにスクルージをコインに封じた。一方、三つ子たちは、ミセス・ビークリーからスクルージが破産寸前になるまでデラを捜索し続けていたことを聞き、スクルージとの和解を決心する。家族の働きによりスクルージは解放され、マジカは魔力を失い敗走する。ウェビーを守るためにマジカに反逆したリナは消されてしまった。(#24・25)

シーズン2[編集]

デラは無事だったが、怪物の妨害でセレネの槍を直せず月で10年が経つ。月の将軍ルナリスと中尉ペナンブラから月の住民もその怪物に脅かされてきたことを知ったデラは、持ち前の優しさで怪物と和解する。ルナリスはこれを称えてセレネの槍の修復を助けるが、ペナンブラはデラを地球人が月を侵略するための先鋒と思い込み敵視する。一方、デラは月の住民と交流を深め、いつか一緒に地球へ行こうと約束する。やがて修復は完了するが、ペナンブラはデラ一人を無理矢理地球に送る。デラは起ち際にセレネの槍の設計図をペナンブラに手渡し、ロケットを造って住民との約束を叶えるよう伝えた。彼女はデラの優しさが本物だったことに気付くが、ルナリスは住民たちにデラは裏切り者であると嘘を教える。ペナンブラが突如豹変したルナリスを問いただすと、地球を恐れるばかりでなくこちらから先制攻撃をすべきで、そのためには住民に地球人への憎悪を煽る必要があるのだと言う。(#32・36)

ドナルドが子育てに疲弊する姿を見たスクルージ達は、彼に二週間のクルーズ旅行を贈る。ドナルドはその出際にセレネの槍が着陸するのを見て駆け寄るが、デラを探すうちに誤って月へ飛び立ってしまう。一人で脱出していたデラはスクルージとの再会を果たす。最初は初めて会う息子や家族の変化に戸惑うが、母親としての振る舞いを模索しながら、家族に溶け込んでいく。一方、リナは影の世界から密かにウェビーを見守っていた。ウェビーはリナ復活を模索するうち、図書館で同年代の女の子バイオレットと出会う。実はバイオレットはマジカの杖が変化したお守りを拾得しており、これによりリナは復活し、3人は親友となる。(#37・#39)

ドナルドは月で囚われるが、ペナンブラと共に地球侵略の全貌を知る――ルナリスは、地球侵略の最大の障壁となるのはスクルージであること、彼の力の源は三つ子であることを独自の調査で知っており、三つ子の命を狙う計画を立てていた。ところが月に地球へ行くほどの技術はなく、デラに対し人格者を装うことで宇宙船の技術を手に入れようとした――。家族の危険を知ったドナルドはルナリスと対峙するが、揉み合いの末、月のロケットで飛び立ってしまう。一方、スクルージはグロムゴールドと世界一の金持ちを決める賭けをするが、そこへ割って入ったルーイの策略によりスクルージの会社は彼のものとなる。ルーイは経費削減のために魔物の封印を解き、更にその魔物を追い払うために自社の人工衛星を全て落とすなど自分勝手な事業を行うが、過ちに気付き、スクルージに会社を返す。(#42・46・47・48)

キャラクター[編集]

マクダック家[編集]

スクルージ・マクダック(Scrooge McDuck)
声 - 小形満 / 英 - デヴィッド・テナント
ドナルドの伯父で三つ子にとっては大伯父にあたる、年齢不詳の世界一の大富豪で冒険家。フェンシングが得意。ケチなことで有名で、必要な金しか使わないと公言している。旧版に比べると身体能力が数段アップし、冒険を愛するタフで勇敢な点が強調され、友人達に食事を奢るなどお金を費やす一面を持つなど旧作ほど強欲でケチではない。マクダック社の社長で、自邸とは別にある大金庫にオフィスを設ける。なお、マクダック社の本社社屋はこれとは別に存在している。
10年前まではドナルドやデラと共に冒険していたが、自身がデラ失踪の遠因となったことで家族と険悪になり、冒険をやめていた。しかし、ドナルドが連れてきた三つ子を見て冒険の楽しさや家族の大切さを思い出す。10才の時に初めて稼いだダイムをペンダントにし、「幸運の10セントコイン」として肌身離さず持っている。スコットランド出身で、冒険を通して世界中の神秘に触れている。幽霊や魔法の類にも通じていて、マクダック邸には様々な不思議なものが保管されている。
ドナルド・ダック(Donald Duck)
声 - 山寺宏一 / 英 - トニー・アンセルモ
三つ子の伯父で育て親。心配性で過保護な性格からしばしばスクルージと対立する。従来のシリーズ同様に短気で怒りやすく、とにかく運が悪いが決して諦めない根性を持っているなど、旧版よりオリジナルに近い設定になっている。旧版では数話のみの登場だったが、本作ではレギュラー出演している(ただし登場回数はそれほど多くない)。本作では1話で就職面接を受けたフリントハートから支給された白の帽子と黒の水兵服[5]を着ており、他作品でも見られる青い水兵服姿は1話の冒頭や回想のみに登場する。
以前は双子の姉[6]デラや共にスクルージと冒険していたが、デラが行方不明になったことをきっかけに、一時期スクルージと疎遠になっていた。第1話時点では港に係留した船で三つ子と共に水上生活を送っていたが、デューイがエンジンをかけっぱなしにしたことで半焼してしまい、現在はスクルージ邸のプールに船を置いてもらっている。スクルージ邸ではよく自分勝手な振る舞いをし、その度にミセス・ビークリーから叱責を受けている。
ヒューイ・ダック(Huey Duck)
声 - 代永翼 / 英 - ダニー・プディ
本名は同じくヒューバート。赤い野球帽と赤い半袖シャツがトレードマーク。弟達より三秒早く産まれた三つ子の長男。原始ダックに関する論文を執筆するなど、優等生タイプのしっかり者で、ややオタク気質である。ボーイスカウトの指南書「冒険少年クラブ(ジュニアウッドチャック)・ガイドブック」を持ち歩いている。
他の2人と比べ、性格は旧版の三つ子に最も近い。他の二人に比べてあまりイタズラをしないが、几帳面過ぎる性格が災いすることもある。ギズモダックの大ファン。
デューイ・ダック(Dewey Duck)
声 - 永塚拓馬 / 英 - ベン・シュワルツ
本名はデューテロノミーではなく、今作ではミドルネームを含め、デューフォード・ディンガス[7]・ダック。青い長袖のシャツとツンツン髪がトレードマークの三つ子の次男。単純で目立ちたがり屋な性格で、後先を考えない行動が多いトラブルメーカー。一人でトークショー番組ごっこを行った事がある[8]。普通の子と馴染めないウェビーを誘う優しいところがあり、ウェビーと行動することが多い。
スクルージ達の冒険が描かれた絵に行方不明の母親デラを見つけてからは、ウェビーと共にデラ失踪の真相を追い求めていく。顔立ちがデラに似ているという設定がある。シーズン1ではスクルージや他の兄弟が出ない回が存在する中唯一全話出演しており[9]、メインの回が多い。
ルーイ・ダック(Louie Duck)
声 - 小林大紀 / 英 - ボビー・モイニハン
本名はルイスではなく、今作ではルーウェリン。緑のパーカーと流した前髪にジト目がトレードマークの三つ子の末っ子。生意気で計算高い現代っ子で、得意の「ルーイ流」でうまいこと言って楽をしたがるが、大抵失敗し事態を悪化させてしまう、デューイとは違う意味でのトラブルメーカー。ウェビーから「一番悪い子は?」と聞かれた際、ヒューイとデューイに指を差された。
スクルージ以上に財宝に目がなく、スクルージの宝の相続権利を付箋を貼って主張したり、グラッドストーンに憧れたこともある。少々飽きっぽく、炭酸も最初しか飲まずに別のものを飲んだり、会社を興しても事業が思い付かず放置している。怠け者で少々狡猾だが、根は優しく家族思い。
ウェビー・ヴァンダークワック(Webby Vanderquack)
声 - 澁谷梓希 / 英 - ケイト・ミクーチ
ミセス・ビークリーの孫娘。有名な冒険家であるスクルージに憧れており、頭がよく好奇心旺盛な弾丸少女。デザイン上もおかっぱのような頭の毛が追加され、イメージカラーはピンクから紫に変更された。旧版に比べておてんばになった代わりに、三つ子に仲間外れにされることはなくなった。旧版では自分そっくりな人形を肌身離さず持っていたが、本作では矢で壁に突き刺している。
スパイグッズを持ち歩いており、持ち前の機転で家族の危機を救うことも多い。偵察と格闘技が得意でサバイバル能力にも長け、スクルージやマクダック邸関連の情報収集を趣味にしている。ミセス・ビークリーとマクダック邸に来てから外に出たことがなかったため、バスの乗り方やマナーを知らないなど、一般常識に疎く、自分が普通の子と違うことを気にしている。三つ子とは別にリナという女の子の親友ができたが、リナがマジカ・デ・スペルのスパイだとは知らない。
ミセス・ビークリー(Mrs. Beakley)
声 - 品田美穂 / 英 - トックス・オラグンドイ
名前はベンティナ。マクダック邸のハウスキーパーで、執事や子守などのあらゆる仕事を任されている。旧版以上にルールにとてもうるさいが、常にクールな頼もしい存在。デザイン上も旧版の肥満体型から、筋肉質な体型へと変更されている。過去にスパイだった経歴があるらしく、知的な上に高い戦闘能力を持っており、局長を務めるドレイク教授[10]からの紹介でスクルージとは当時のスパイパートナーでもあった。
「ダークウィング・ダック」の大ファンであるランチパッドの影響で、彼女もこれにハマる。
ランチパッド・マクワック(Launchpad McQuack)
声 - 田中進太郎 / 英 - ベック・ベネット
飛行機「サンチェイサー」のパイロット兼スクルージの運転手。なんでも運転できるタフガイでジョークが大好き。ただし旧版同様天然で少し抜けており、すぐに墜落して大惨事を起こすこともしばしばで、給料は全てその修理代で消える。マクダック邸のガレージに住んでいて、テレビドラマのヒーロー「ダークウィング・ダック」の大ファン。デューイを親友だと思っている。今まで車を無免許運転しており、11話で取得した免許証によると1987年9月18日生まれ。
旧版ではスクルージを「大将」と呼んでいたが、本作では「旦那」と呼び、丁寧語を使っている。旧版ではスクルージの運転手をしていたダックワースのポジションも担当している。
デラ・ダック(Della Duck)
声 - 岡村明美 / 英 - パジェット・ブリュースター
ドナルドの双子の姉で、三つ子の母親。一度やると決めたら最後までやり遂げる性格。ドナルドやスクルージと共に数々の冒険を経験してきたが、スクルージが建造したロケット「セレネの槍」に無断で乗り込み、準備不足のまま飛び立ったことで月から戻れなくなった。月に不時着した際の事故が原因で左足を失い、義足を付けている。当時息子たちは誕生直前だったが、その姿を見ないまま10年に渡り月面生活を送ってきた。
後に月の住民の協力によりセレネの槍を修復し、地球に帰還する。それからすぐの間は母親としての立ち振る舞いに悩むが、最終的には家族として馴染むことができた。息子にはそれぞれジェット(ヒューイ)、ターボ(デューイ)、レベル(ルーイ)と名付けようとしていたが、誕生時に不在だったため、ドナルドが名付けた。
月に行く前はランチパッドではなくデラが飛行機を操縦していた。現在ランチパッドがサンチェイサーと呼んでいる機体も、元々はデラが「クラウドスレイヤー」と呼んでいた。
ジャイロ・ギアルーズ(Gyro Gearloose)
声 - / 英 - ジム・ラッシュ
スクルージに雇われている発明家のニワトリで、天才だが少しズレた感性の持ち主。製作したロボットは半数が暴走した。小さなロボットのリトル・バルブをアシスタントにしている。調子に乗るととんでもない発明をしがちだが、スクルージにクビにされることを恐れて自重している様子。
温厚な性格だった旧版に反し、本作では研究以外に興味がない偏屈な癇癪持ちになっている。
クアックファスター(Mrs. Quackfaster)
声 - / 英 - スーザン・ブレイクスリー
マクダック邸の書庫で司書を務める女性。旧版でのフェザービーにあたる。職務に忠実で書籍や書類の整理が得意だが、時々意味のわからないことを発声したり、暴走したりする。ダックバーグ図書館の司書も兼任している。
ダックワース(Duckworth the Butler)
声 - 佐々木薫 / 英 - デビッド・ケイ
スクルージの忠実で優秀な執事。旧作と違い既に逝去しているが、現在も幽霊の姿でマクダック邸に常駐し、スクルージのピンチに駆け付ける。スクルージの誕生日会にて、ビーグルママの息子の一人であるブラックアーツ・ビーグル[11]によってあの世から物質世界に呼び出された。そして自分が幽霊であることを利用し、三つ子が招待した悪党達を追い払った。ドラマティックな演出も御手の物。
遅くともデラが月へ行くまでは存命で、回想場面やスクルージがタイムトラベルで過去のクリスマスパーティーを訪れたシーンでは喋っている。

周辺人物[編集]

グラッドストーン・ガンダー(Gladstone Gander)
声 - / 英 - ポール・F・トンプキンス
ドナルドのいとこ。スクルージの甥で三つ子のおじさんでもある。常に20ドルのお金を拾う強運の持ち主。ドナルドとは対照的にラッキーだけで生きているイケメンガチョウ。自分の運に絶対の自信があり、向上心がなく怠け者のため、スクルージ達にも嫌われている。
他力本願なところがあり、スクルージの機転とドナルドの運の悪さのおかげで助かった時も全て自分の運のおかげだと発言。そのため自分を羨望していたルーイにまで愛想を尽かされたが、改心する様子はなかった。
フェズリー・ダック(Fethry Duck)
声 - 西脇保 / 英 - トム・ケニー
グラッドストーンと同じくドナルドの父方のいとこ。スクルージの秘密ラボの管理人をしている。
思わせ振りな発言があったゆえに、科学者と誤解されたが、「だったら科学者になればいい!」と決意し、彼のメンバーであるミッツィー[12]と共にラボを後にした。
月の民による攻撃により、デラご一行を乗せたサンチェイサーがある島に撃ち落とされた同じ頃、彼はグラッドストーンと共にミッツィーに乗って、デラと三つ子、そしてドナルドと合流した。
スクルージとルナリス将軍の対決の末、ミッツィーがルナリス将軍を乗せた黄金の戦艦[13]を地球から追放した。
英雄ストークレス(Storkules)
声 - / 英 - クリス・ディアマントポロス
ギリシャのイタクワック島の神殿を管理している英雄。ゼウスの息子でセレネの兄弟。
ドナルドを自分の親友だということが何よりの自慢としている。今はドナルドのルームメイトとして、ダックバーグで新しい仕事を探しているそうな。
月の女神セレネ(Selene)
声 - / 英 - ニア・ヴァルダロス
ギリシャのイタクワック島の神殿を管理している一人、月の女神。ゼウスの娘でストークレスの姉妹。
不思議な予言でデラを誘うも、何故か息子のデューイを呼んだ張本人。母を探していたデューイに思いでの写し「セレネの珠」を授けた。
ウェビー主催の冒険に参加したスクルージの友、ジンの為に神殿を貸したこともある。
バッバ・ダック(Babba Duck)
声 - / 英 - ディー・ブラッドリー・ベイカー
台風がやって来る中、マクダック邸の前に突然現れたダック[14]
マクダック邸からとある杖を取った。それによりバッバは、マクダック一族のとある要因となる。
フェントン・クラックシェル・カブレラ(Fenton Crackshell-Cabrera)
声 - 宮本隆之 / 英 - リン=マニュエル・ミランダ
無給でジャイロのインターンをしているドジな青年。旧版ではスクルージの会計士だったが、本作では職業が異なり羽の色も違っている。警察官の母親[15]と二人暮らし。
人々の役に立つ発明をしたいと思っているがうまくいかないことが多々あり、何度かクビにされかけている。トイレを研究室にされている。とある一件から、ジャイロが開発したロボットスーツを着てスーパーヒーローのギズモ・ダックに変身するようになる。
旧版ではギズモ・ダックはロボダックと翻訳されていたが、本作では原語版と同じ名前になっている。本作のギズモ・ダックのスーツは音声認識で様々な機能を使い分け[16]、起動パスワードは「戯言を言うたわけ者」。正体を知っているのはスクルージの他に新たにその場にいたデューイとランチパッド、そして勘付いたジャイロ[17]が加わった。
リナ・デ・スペル(Lena de Spell)
声 - / 英 - キミコ・グレン
少し影があるクールな女の子で、ウェビーにとって初めての同性の友達。紫色の宝石でできたペンダント状の魔法のお守りを持ち歩いている。元々はマジカがスクルージに復讐するためのスパイとして動き、常に行動を制限されていた。
マジカからの自由を条件にウェビーに近付くが、彼女に友情を感じるようになり、マジカがスクルージと対峙したときにはウェビーを守る。
バイオレット(Violet Sabrewing)
声 - / 英 - リブ・ベアアー
オカルト好きで変わり者の女の子。図書館でウェビーと出会い、すぐに打ち解ける。リナの魔法のお守りをダックバーグの砂浜で拾い、ずっと持っていた。

[編集]

フリントハート・グロムゴールド(Flintheart Glomgold)
声 - 野川雅史 / 英 - キース・ファーガソン
世界で二番目の億万長者で、グロムゴールド社の社長。旧作ではスクルージからフリント♡世界一の大金持ちの座を狙っており、隙あらばスクルージを亡き者にしたがる卑劣な悪者。場合によっては従業員すらも平然と見捨てる。計画に無駄が多く、どこかドジで間抜けな性格は旧作とかわらず、本作はその面が強調されている。スクルージと同じスコットランドの出身で、民族衣装のキルトを着ている。髭は付け髭のため交換可能。億万長者クラブのメンバー。
マジカが街を荒らした際に行方不明となり、その間はザン・オウルソンという女性がグロムゴールド社のCEOを代行していた。復帰して以降もオウルソンは秘書として残り、事あるごとに彼の破天荒な発言を諭している。
マーク・ビークス(Mark Beaks)
声 - 白川周作 / 英 - ジョシュ・ブレナー
ハイテク企業ワドル社の創設者でCEO(最高経営責任者)を務める、凄腕若手実業家のアフリカングレイパロット。預金は本物だが自身の利益や名誉のことしか考えておらず、従業員の地位も気分次第な口先だけの自己中。嘘の新商品の企画書を宣伝して投資させるなど、詐欺同然の行為もしている。魔法少女アニメのファンという設定がある。
自分の評判を上げるために常にスマホを離さず、すぐにSNSにアップし、スマホのスペアも何個かある。億万長者クラブに入りたがったが、スクルージだけでなく悪党のグロムゴールドにすら相手にされなかった。スクルージのまぬけな噂を広めようと頑張っている。ジャイロが発明したギズモ・ダックに興味を持ち、いつか自分のものにしようとしている。
ボイド・ドレイク(B.O.Y.D.)
声 - / 英 - ニコラス・カントゥ
マーク・ビークスにより作られた小型アンドロイドで、一見するとビークスの実の子に見える外見をしている。正式名称は、「ビークス・オプティミスティック・ユース・ドロイド」。
ビークスがドゥーファスの誕生日会に出席し、彼の財産の一部をもらうために作られた。しかし会場でルーイがゴールディを助けたのを見て家族について自問自答するようになり、ドレイク家の養子(ドゥーファスの義理の弟)になった[18]
ビーグル "ママ"(Ma Beagle)
声 - / 英 - マーゴ・マーティンデイル
ワールドワイドなギャングファミリー、ビーグル一家のボス。旧作より残忍な性格だがファミリーは大事にしている。ビーグルボーイズに悪事を指示する司令塔。マクダックの財産を狙っている。
ビッグタイム・ビーグル(Big Time Beagle)
声 - / 英 - エリック・バウザ
ビーグル・ボーイズ "オリジナル"のリーダー。兄弟で一番賢いが間が悪く、ママに認められないでいることに不満を抱いているが、ハグしてもらいたがるなど若干マザコンである。旧版同様名前に反してボーイズで一番の小男。
バウンサー・ビーグル(Bouncer Beagle)
声 - / 英 - エリック・バウザ
ビーグル・ボーイズ "オリジナル"のメンバー。頭は悪いが力持ちの大男で、ママと兄貴の命令はきくなど本作のビーグルボーイズの中では一番旧作に近い。
バーガー・ビーグル(Burger Beagle)
声 - 松川裕輝 / 英 - エリック・バウザ
ビーグル・ボーイズ "オリジナル"のメンバー。食いしん坊で太っていた旧版と違い、1番痩せ型でほとんど喋らず唸るだけ。なお、バギー・ビーグルは登場せず、他にも旧作にも登場しなかった多くの兄弟達がいる。
マジカ・デ・スペル(Magica de Spell)
声 - / 英 - キャサリン・テイト
スクルージのダイム(幸運の10セントコイン)を狙っている魔女。どこか抜けていてスクルージと共闘することもあった旧版と違い、冷酷な悪役。
15年前、ダイムを狙ってスクルージと対決した際にダイムに肉体を封じられる。その際、復讐のために自分の影からリナを創り出し、スパイとしてこの世に遺す。リナの魔法のお守りは、マジカの魔法の杖が変化したものである。力関係は魔力を持つマジカの方が強く、リナの行動を制限してきた。自由をちらつかせてリナを脅し、リナの悪夢の中ではウェビーを殺してしまった。
後にリナを操ってダイムから自身の肉体を解放し、スクルージと再び対峙するが、敗北し、魔法の杖と共に魔力を失う。
ゼウス(Zeus)
声 - / 英 - マイケル・チクリス
ギリシャのイタクワック島に住む最高神、英雄ストークレスの父。
スクルージがゴルゴンの首を取ったことにより、民はスクルージを英雄として崇めるようになった。それから彼は名声も失い、スクルージを憎むようになった。
ルナリス将軍(General Lunaris)
声 - / 英 - ランス・レディック
月の将軍。当初はデラに対し寛大な人格者として接するが、最終的に地球侵略のために利用する。地球のエネルギーの秘密はマクダック一族の末裔、スクルージ・マクダックであると思い、地球侵略の第一歩として、ダックファミリーを倒そうと目論む。

その他[編集]

ペナンブラ中尉(Lieutenant Penumbra)
声 - / 英 - ジュリー・ボーウェン
月の中尉。当初はデラの優しい心に疑念を抱き、地球が月を侵略するための先鋒と考えていたが、徹底した優しさを見て彼女を信頼するようになる。
ファリス・ジン(Faris Djinn)
声 - / 英 - オミッド・アブタヒ
犬の戦士にして、魔神族[19]の末裔。彼がダックバーグにやって来たのは、イフリートの夜明け[20]迄にかつての冒険の知り合いであったスクルージにランプ[21]を返してもらう約束があったからだ。
ジム・スターリング(Jim Starring)
声 - / 英 - ジム・カミングス
ダークウィング・ダック役の俳優だったダック。旧作では、F.O.W.Lのメンバーだった。マクダック・エンタープライズによる映画の打ち合わせに旧作テレビ俳優として呼ばれたが、新作映画の「内容がダークウィング・ダックではない」と大ファンであるランチパッドも批判をするが、さらに主演が彼ではなく、新人俳優のドレイク・マラードだったことが原因で、彼に敵意を見せる。
新作の撮影で乱入し、彼を倒そうとしたがランチパッドの説得により理性を取り戻したが、彼を事故から守った。ダークウィング・ダックとは正反対の「ネガ・ダック」として活動を始める。
ドレイク・マラード(Drake Mallard)
声 - / 英 - ジム・カミングス
旧作ではダークウィング・ダックの本当の名前とだったが、本作では新しい「ダークウィング・ダック」として登場。
ランチパッドと同じくダークウィング・ダックの大ファンで、幼い頃に苛められていたそうだ。彼の楽屋に侵入したランチパッドに出会い、ダークウィング・ダックの話題によって彼と打ち解ける。その日は映画の撮影で、途中で邪魔もあったが何とか間に合った。ジムとの対決との末、巻き込まれたランチパッドを彼に助けられた。[22]余談だが、ランチパッドは彼の名前を聞いたことがないという。
月の民との対決では、スクルージと入れ替わり、共にマクダック邸を取り戻した。

F.O.W.L.(フィエンディッシュ世界窃盗機関)[編集]

ブラックヘロン(Black Heron)
声 - / 英 - エイプリル・ウィンチェル
世界征服を企む組織、F.O.W.L.のメンバーの一人。赤いカチューシャをしている黒サギの女性。かつて、世界征服までもう一歩というところでエージェント22の助手であったエージェント・マクダックに邪魔をされた[23]
ファントムブロット(Phantom Blot)
声 - / 英 -
F.O.W.L.のメンバーの一人。アミューズメントパーク「ファンゾーン」を管理しているマスコット「ファンゾー」の正体。真っ黒な姿をしている。
スティールビーク(Steel Beak)
声 - / 英 -
F.O.W.L.のメンバーの一人。旧作より参照。
ジョン・ロッカーダック(John Rockerduck)
声 - / 英 - ジョン・ホッジマン
F.O.W.L.のメンバーの一人。旧作とは違い、ミドルネームの“D”が付いていない。フリントハート・グロムゴールドに並ぶ、スクルージ・マクダックのもう一人のライバル。かつてガンプションから地下の金塊を騙し取ろうとした[24]が、カブレラ保安官の機転とスクルージの活躍により計画は失敗[25]
ジーブス(Jeeves)
声 - / 英 -
F.O.W.L.のメンバーの一人。ジョンのボディーガード的存在だが、見た目はオリジナルと全く異なっており、ゴリラのような体型をしていて、歯の一部が金メッキである。かつてガンプションでゴールドラッシュが起こった頃からの経歴も謎で、氷付けになっている[26]ジョンを抱えたまま、現在も存命している[27]
ガンドラ・ディー(Gandra Dee)
声 - / 英 - ジャミーラ・ジャミル
F.O.W.L.のメンバーの一人。エージェント・D。本作では、ヘッドフォンを首にぶら下げている黒タンクトップの雌鳥。悪というよりはどちらかというと現時点では某女泥棒ポジなので不明。ジャイロ曰くスパイ。科学者としてフェントンと気が合い、デートに誘う[28]。ヒューイとウェビーにより、それまでに無関心だった彼への印象が恋へと変わる。

スタッフ[編集]

  • スクルージ原案 - カール・バークス
  • ダックテイルズ原作 - ジーマン・メイゴン
  • 企画開発 - マット・ヤングバーグ、フランシスコ・アンゴネス
  • 監督 - マット・ヤングバーグ
  • 副監督・シリーズ構成 - フランシスコ・アンゴネス
  • アートディレクター - ショーン・ヒメネス
  • リードキャラクターデザイン - ティモシー・M・モーエン
  • キャラクターデザイン - ジェレミアー・アルコーン、シャケ・ホーザナリアン、アレックス・カーワン、タパン・ガンディー、他
  • プロップデザイン - メラニー・アトウォーター、サラ・クレイグ、トニー・アンサー、タラ・ウィッテカー、他
  • ロケーションデザイン - ジャニーン・チャン、デレク・ハンター、ジャスティン・パルパン、ヴァレリー・シュワルツ、他
  • リードテクニカルディレクター - ブライアン・コール
  • 作画協力 - マット・ヤングバーグ、ダナ・テラス、イズエレル・マン・カルロス三世、アントニー・ホールデン、他
  • 色彩設計 - ダニエレ・サイモンソン
  • 編集 - ジャスミン・ボクス、ジョン・プライス
  • 録音監督 - サム・リーゲル
  • 音楽 - ドミニク・ルイス
  • プロダクションマネージャー - ローラ・レガンツァ・レイノルズ
  • プロダクションスーパーバイザー - ジェイソン・エヴァリスト
  • ラインプロデューサー - スザンナ・オルソン
  • 制作 - ディズニー・テレビジョン・アニメーション、スニップル・アニメーションスタジオ
  • 制作協力 - トゥーンシティ・アニメーション
  • 製作著作 - ディズニー・エンタープライズ

放映リスト[編集]

シーズン1[編集]

吹替版の話数は一部途中で変更されている。当初は原版の第5話が吹替版の第25話とされていたが、2019年10月1日から原版と同じ順番に修正された[29]。それ以前は原版第5話の吹替は放送されず、オンデマンド配信等のみで視聴可能だった。

話数
(吹替版)
サブタイトル
(原題)
原案 脚本 ストーリーボード 演出
1A(#1) ファミリー・トラブル!
(Woo-oo! (Part 1))
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ノエル・スティーブンソン
マディソン・ベイトマン
ネイト・フェーダーマン
マット・ヤングバーグ
フランシスコ・アンゴネス エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ジェイソン・ライチャー
デヴィッド・ベイカー
マシュー・ハンフリーズ
テナー・ジョンソン
ダナ・テラス
ジョン・アオシマ
1B(#2) アトランティスへ行こう!
(Woo-oo! (Part 2))
2(#3) ウェビー大活躍
(Daytrip of Doom!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マット・ヤングバーグ
マディゾン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
レイチェル・ヴァイン
レイチェル・ヴァイン エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ジェイソン・ライチャー
ダナ・テラス
3(#4) 10セントを追え!
(The Great Dime Chase!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
マット・ヤングバーグ
マディソン・ベイトマン デヴィッド・ベイカー
マシュー・ハンフリーズ
タナー・ジョンソン
ジョン・アオシマ
4(#5) ビーグルママのバースデー!
(The Beagle Birthday Massacre!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ジェイソン・ライチャー
ダナ・テラス
5(#25→#6) 地下のモンスター!
(Terror of the Terra-firmians!)
クリスティアン・マガリャエス デヴィッド・ベイカー
トム・オーウェンズ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
マシュー・ハンフリーズ
トム・オーウェンズ
6(#6→#7) あやしいホテル!
(The House of the Lucky Gander!)
ダルトン・E・グラントJr
トム・オーウェンズ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
7(#7→#8) マーク・ビークスの野望!
(The Infernal Internship of Mark Beaks!)
コリーン・エヴァンソン マーク・ガルシア
マシュー・ハンフリーズ
タナー・ジョンソン
ジョン・アオシマ
8(#8→#9) トスラと生けるミイラたち!
(The Living Mummies of Toth-Ra!)
マディソン・ベイトマン エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ジェイソン・レイチャー
ダナ・テラス
9(#9→#10) 目指せ!ネバレストの山頂
(The Impossible Summit of Mt. Neverrest!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
ノエル・スティーブンソン
マット・ヤングバーグ
フランシスコ・アンゴネス
ノエル・スティーブンソン
マーク・ガルシア
ダルトン・E・グラントJr
カルヴァン・リー
カルヴァン・サッグス
トム・オーウェンズ
マット・ヤングバーグ
10(#10→#11) セレネの槍を探せ!
(The Spear of Selene!)
フランシスコ・アンゴネス
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ジェイソン・ライチャー
ダナ・テラス
11(#11→#12) バディロボットにご用心!
(Beware the B.U.D.D.Y. System!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
フランシスコ・アンゴネス ベンジャミン・バリストレリ
イヴォン・フリーマン
マーク・ガルシア
タナー・ジョンソン
ジョン・ラミレス
ジョン・アオシマ
12(#12→#13) 不思議なゴルフ大会!
(The Missing Links of Moorshire!)
フランシスコ・アンゴネス
コリーン・エヴァンソン
ボブ・スノウ
マディソン・ベイトマン
クリスティアン・マガリャエス
ベン・ジョセフ
ベン・ジョセフ ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
ジェイソン・ズレク
マシュー・ハンフリーズ
13(#13→#14) マクダック邸のミステリー!
(McMystery at McDuck McManor!)
フランシスコ・アンゴネス
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
コリーン・エヴァンソン マーク・ガルシア
マシュー・ハンフリーズ
タナー・ジョンソン
ジョン・アオシマ
14(#14→#15) カネ食いザメ現る!
(JAW$!)
ジェイソン・ズレク
ブランドン・ウォーレン
ヴォーン・タダ
マシュー・ハンフリーズ
15(#15→#16) 黄金の沼はどこにある?
(The Golden Lagoon of White Agony Plains!)
ボブ・スノウ Jean-Sebastien Duclos
マーク・ガルシア
タナー・ジョンソン
ジョン・ラミレス
ジョン・アオシマ
16(#16→#17) 楽しい一人っ子の日
(Day of the Only Child!)
エミー・シシエレガ
ジェイソン・ライチャー
ベン・ホルム
ダナ・テラス
タナー・ジョンソン
17(#17→#18) ビークリーを救出せよ!
(From the Confidential Casefiles of Agent 22!)
クリスティアン・マガリャエス タナー・ジョンソン
18(#18→#19) ギズモダックは誰?
(Who is Gizmoduck?!)
19(#19→#20) もうひとつの大金庫
(The Other Bin of Scrooge McDuck!)
コリーン・エヴァンソン Jean-Sebastien Duclos
Kathryn Marusik
ジェイソン・ライチャー
Fill Marc Sagadraca
ジョン・アオシマ
20(#20→#21) 空をゆく盗賊たち!
(Sky Pirates...In the Sky!)
(『テイルスピン』とのクロスオーバー)
マディソン・ベイトマン ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
ジェイソン・ズレク
マシュー・ハンフリーズ
21(#21→#22) マクダック家の秘密
(The Secret(s) of Castle McDuck!)
ボブ・スノウ
22(#22→#23) サン・チェイサー 危機一髪!
(The Last Crash of the Sunchaser!)
フランシスコ・アンゴネス Jean-Sebastien Duclos
サム・キング
ジェイソン・ライチャー
ジョン・アオシマ
23A(#23→#24) 影の戦い パート1 マジカ・デ・スペル復活!
(The Shadow War! (Part1))
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
ジェイソン・ズレク
タナー・ジョンソン
マシュー・ハンフリーズ
23B(#24→#25) 影の戦い パート2 ダックファミリーは負けない!
(The Shadow War! (Part2))

シーズン2[編集]

話数
(吹替版)
サブタイトル
(原題)
原案 脚本 ストーリーボード 演出
24(#26) 危険なゲーム大会!
(The Most Dangerous Game...Night!)
フランシスコ・アンゴネス
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
フランシスコ・アンゴネス ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
25(#27) 深海のフェズリーおじさん
(The Depths of Cousin Fethry!)
クリスティアン・マガリャエス ステファニー・ゴンザーガ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
ジェイソン・ズレク
マシュー・ハンフリーズ
26(#28) デューク・ボロニアの物語
(The Ballad of Duke Baloney!)
コリーン・エヴァンソン Jean-Sebastien Duclos
マイク・モリス
サム・キング
ジェイソン・ズレク
27(#29) 三人の騎士が再会!
(The Town Where Everyone Was Nice!)
(『三人の騎士』とのクロスオーバー)
マディソン・ベイトマン ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
28(#30) ストークレス参上!
(Storkules in Duckburg!)
ボブ・スノウ ステファニー・ゴンザーガ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
マシュー・ハンフリーズ
29(#31) 思い出のクリスマス!
(Last Christmas!)
フランシスコ・アンゴネス Jean-Sebastien Duclos
サム・キング
ジェイソン・ライチャー
ジェイソン・ズレク
30(#32) デラ・ダックに何が起こった?!
(What Ever Happened To Della Duck?!)
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
31(#33) 魔法のランプの伝説!
(Treasure of the Found Lamp!)
クリスティアン・マガリャエス Jean-Sebastien Duclos
マイク・モリス
サム・キング
ジェイソン・ズレク
32(#34) ならず者スクルージ!
(The Outlaw Scrooge McDuck!)
ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
33(#35) 87セントの行方
(The 87 Cent Solution!)
ボブ・スノウ ステファニー・ゴンザーガ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
マシュー・ハンフリーズ
34(#36) セレネの槍を直せ!
(The Golden Spear!)
Jean-Sebastien Duclos
サム・キング
ジェイソン・ライチャー
ジェイソン・ズレク
35(#37) デラ・ダックは無敵
(Nothing Can Stop Della Duck!)
コリーン・エヴァンソン ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
36(#38) デューイとデラの大冒険
(Raiders of the Doomsday Vault!)
マディソン・ベイトマン ステファニー・ゴンザーガ
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
マシュー・ハンフリーズ
37(#39) 普通のお泊まり会がしたい!
(Friendship Hates Magic!)
フランシスコ・アンゴネス
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
レイチェル・ヴァイン
レイチェル・ヴァイン ステファニー・ゴンザーガ
ヴィクトリア・ハリス
ヴォーン・タダ
ブランドン・ウォーレン
マシュー・ハンフリーズ
38(#40) ガンドラ・ディーと初デート
(The Dangerous Chemistry of Gandra Dee!)
フランシスコ・アンゴネス
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
クリスティアン・マガリャエス Jean-Sebastien Duclos
サム・キング
ジェイソン・ライチャー
ジェイソン・ズレク
39(#41) ダークウィング・ダック復活!
(The Duck Knight Returns!)
(『ダックにおまかせ ダークウィング・ダック』とのクロスオーバー)
フランシスコ・アンゴネス ヴィンス・アパロ
エミー・シシエレガ
ベン・ホルム
タナー・ジョンソン
40(#42) ドナルドダックに何が起こった?!
(What Ever Happened to Donald Duck?!)
コリーン・エヴァンソン ジェイソン・ズレク
ジェイソン・レイチャー
41(#43) ドゥーファスの誕生日会
(Happy Birthday, Doofus Drake!)
ボブ・スノウ
フランシスコ・アンゴネス
マシュー・ハンフリーズ
42(#44) リナのこわーい悪夢
(A Nightmare on Killmotor Hill!)
エミー・シシエレガ タナー・ジョンソン
43(#45) 黄金の秘密兵器!
(The Golden Armory of Cornelius Coot!)
クリスティアン・マガリャエス
ボブ・スノウ
マシュー・ハンフリーズ
44(#46) タイムフーンで大混乱!
(Timephoon!)
マディソン・ベイトマン ジェイソン・ズレク
45(#47) グロムテイルズ
(Glomtales!)
コリーン・エヴァンソン タナー・ジョンソン
46(#48) 世界一金持ちのダック
(The Richest Duck in the World!)
マディソン・ベイトマン マシュー・ハンフリーズ
47A(#49) 月が攻めてきた! パート1
(Moonvasion! (Part 1))
ボブ・スノウ
クリスティアン・マガリャエス
ジェイソン・ズレク
47B(#50) 月が攻めてきた! パート2
(Moonvasion! (Part 2))
マディソン・ベイトマン
コリーン・エヴァンソン
タナー・ジョンソン

脚注[編集]

  1. ^ 最強ダック・ファミリーが最新作でXDに参上!” (2017年1月1日). 2017年2月1日閲覧。
  2. ^ 今月のおすすめ(6月分)”. 2017年6月26日閲覧。
  3. ^ ドナルドと同様、どちらもアニメと同じ声優が声を担当している。
  4. ^ ディズニー・チャンネル公式@disneychanneljpのツイート(2019年7月19日作成)”. 2020年1月19日閲覧。
  5. ^ コミックシリーズと同じ服装。
  6. ^ 本作で姉であることが友人であるストークレスの口から明らかになった。
  7. ^ 38話にて、デューイがデラにミドルネームがディンガスだと言った。
  8. ^ 内緒で行っていたが後にウェビーにバレている事が判明した。
  9. ^ 出番がほとんどない回でも必ず顔を出す。
  10. ^ 従来同様沢りつおが声を担当している。
  11. ^ スクルージをマジックショーに参加させ、霊魂を呼んだ。その霊魂がダックワースだった。
  12. ^ 彼を訪ねたヒューイ、デューイと共に深海で発見したが、その正体は深海の環境によって突然変異し巨大化したオキアミだった。
  13. ^ デラが置いていったセレネの槍の設計図を参考に月の住民が真似て造った
  14. ^ だが、その正体はルーイがタイムタブをいじったことによって発生して連れてこられた原始ダックだった
  15. ^ 旧作では母親はテレビばかり見るニートであった。
  16. ^ 第17話からは、ヒューイの機転によって、フェントン自身がスーツを扱うことができるようになる
  17. ^ 旧作ではフェントンだと知っている描写がなく、特にリマスター版のゲーム版ではスクルージからジャイロは気づかないと発言から知らない様子。
  18. ^ ドレイク夫妻はボイドを大いに可愛がり、親らしい時間を取り戻しつつある。
  19. ^ 厳密には、彼の九世の祖、つまりご先祖様の恋人がランプの魔神だったため、先祖がこれを解放し、夫婦となったという。
  20. ^ スクルージ曰くなにも起きないと言われたが、実際は彼の誕生日
  21. ^ 彼の先祖の夫がそのランプの魔神だったので、彼はランプを盗んだビーグル・ママに「そのランプに“まだ”魔神がいると思っていたのか」と煽った
  22. ^ 映画の撮影ができなくなったことで仕事を失うが、ランチパッドが「ギズモ・ダックのような、ダックバーグを守るヒーローになれ」と彼の背中を押した。
  23. ^ その時の爆発に右腕が巻き込まれ、現在は義肢である。
  24. ^ 当時に未来から来たジャイロ曰く詐欺師の大悪党だった
  25. ^ よって粉砕された金塊がガンプション付近の川に流れ、ゴールドラッシュが起こったという
  26. ^ 捕まえた悪党を冷凍保存するというジャイロの発明
  27. ^ 現在の彼の顔には、ガンドラの腕にあるのと同じ印と電線がついている
  28. ^ マークビークスが「ギズモダックの力を手にいれるために、起動パスワードを入手せよ」という依頼だった。ギズモダックの正体は彼から聞いたため、彼の声紋と同時に手にいれる必要があった
  29. ^ 10月1日放送分より「ダックテイルズ」のエピソード番号が変わります。|ディズニー・チャンネル|ディズニー公式”. ディズニー公式. 2019年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]