ガストン (美女と野獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガストン
Gaston
初登場 美女と野獣
作者 アンドレアス・デジャ
原語版声優 リチャード・ホワイト英語版
日本語版声優 松本宰二
内田直哉
詳細情報
種族 人間
性別
テンプレートを表示

ガストンGaston) は、1991年公開のディズニーの長編アニメーション映画『美女と野獣』のディズニーキャラクター

概要・性格[編集]

ディズニー・ヴィランズの一人。ベルが住む町のハンサムで筋肉質な人気者。

ベルのことが好きで結婚を迫るが、不作法でうぬぼれ屋な上、ベルの趣味に理解を示さず、ベルの父・モーリスを馬鹿にしたりするので相手にされずにいた。

狩りが得意であり、日頃から街中で飛んでいる鳥を見れば撃ち落とし、街の酒場には彼の肖像画やガストンが捕らえた動物の剝製が飾られている。穴が開いている臭い靴下を履いている。

子供の頃から生卵を毎日4ダース食べており、現在は1日60個食べるという[1]。女性が3人座ったベンチを片手で軽々と持ち上げられる怪力。

アニメーション映画と実写版でガストンが歌う曲として「Gaston英語版(強いぞ、ガストン)」が存在する[2]。また、物語の終盤に存在する曲である「The mob song(群衆の歌)」は、彼と相棒のルフゥおよび暴徒と化した町の人々がコーラス調で歌う曲である[3]

劇中でのガストン[編集]

物語の最序盤に相棒のルフゥと共に初登場。ベルを口説こうとするが失敗に終わる。

ある冬の日、モーリスが「野獣がベルを牢屋に閉じこめた」と言って町民に助けを求めたが、ガストン達は信じず、モーリスがおかしなことを言っていると誤解する。

そんなモーリスの様子を見て、ガストンはベルと結婚するためにモーリスを利用することを思いつく。医者ムッシュー・ダルクに、ベルがガストンとの結婚を了承するまで、モーリスを病院に入院させてくれるよう金を出して頼むと、ダルクは面白がってその話に乗った。

その後、ベルが家に戻ってきたので計画を実行に移そうとしたが、ベルは結婚を拒否する。ベルはモーリスの発言が正しいと証明するために、不思議な鏡で野獣の姿を映し出した。ベルの発言を聞いたガストンは、彼女が野獣を好いていると気付き、さらにベルから「化け物は貴方よ」と明確に拒絶の言葉を吐かれた事に怒り、野獣が町民の子供たちをさらいに来ると嘘をつく。

野獣を殺す事を止めようとするベルを閉じ込め、住民達を連れて城に向かった。町民達はルミエール達の反撃を受け、城から逃げるように退却していったが、ガストンはただ一人城の中を捜索し野獣を見つけ、無抵抗の野獣に攻撃を続けるが、ベルの姿を目にした野獣に途中から反撃される。

野獣はガストンの首を掴んで屋根から落とそうとしたが、ガストンの命乞いで思いとどまった。その温情に漬け込み、ベルのもとに向かう野獣の右腹部を後ろからナイフを突き立てて重傷を負わせるも、苦しみにもがいた野獣の腕に振られてバランスを崩し(実写版では銃撃した後に足場が崩れる)、崖下に消えていった。

その他[編集]

  • ハウス・オブ・マウスでは客の一人として登場。何かにつけて自分が一番だと豪語する。
  • ヒュー・ジャックマンはかつてメルボルンでミュージカル版『美女と野獣』のガストン役を演じた。
  • 劇団四季版ミュージカルでは、同劇団所属俳優の田島亨祐が演じるものが、ビジュアルが非常に似ているなどの評判もあり、当たり役とする声も多い[要出典]
  • 劇場公開版で吹替を担当した松本宰二は専業の声優ではないが、その後もパークやゲームで何度かガストンを再演している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 海外では生卵はマッチョが食べる食べ物の象徴であり、鍛えるためと、「食べてもお腹を壊さないほど丈夫な体」という意味を持つ。
  2. ^ https://m.youtube.com/watch?v=F16O5OAK2K8
  3. ^ https://m.youtube.com/watch?v=C5zFojmDkDQ

外部リンク[編集]