トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トイ・ストーリーシリーズ > トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧

トイ・ストーリーシリーズの登場人物一覧(トイ・ストーリーシリーズのとうじょうじんぶついちらん)

ここでは、ピクサーアニメーション映画トイ・ストーリー』シリーズに登場したキャラクターをまとめて説明する。キャラクター名の下の声優は映画での声優名である(原語版/日本語吹き替え版)。また、『カーズ』版等の本編以外の声優は後述。

おもちゃ[編集]

アンディのおもちゃ[編集]

ウッディ・プライド(以下「ウッディ」と表記)
声優 - トム・ハンクス/唐沢寿明(本編以外では辻谷耕史
バズ・ライトイヤー(以下「バズ」と表記)
声優 - ティム・アレン/所ジョージ(『3』のみスペイン語、ハビエル・フェルナンデス・ペナ)(本編以外では稲葉実
バズの宇宙船
バズが販売時に収納されていた外箱。紙製でバズが仰向けになって収納されている。コックピットはバズの全体像が見えるようになっており、裏にはバズのキャラクター設定の説明書きが書かれている。当初バズ自身は設定に従い本物の宇宙船だと思いこんでセロハンテープで補修していた。引越しの直前までアンディは持っていたらしいが『2』では既に廃棄された模様。『謎の恐竜ワールド』ではボニーのビニール製のリュックサックとして再登場する。
ジェシー
声優 - ジョーン・キューザック/日下由美
レックス
声優 - ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二
プラスチック製のティラノサウルスの玩具。可動部が多い。恐竜とは思えないほど人当たりが良い性格で天真爛漫だが、かなりおバカ。アンディの説明では、「この世で一番恐ろしい怪獣」らしいが、実際は気弱で大人しい性格。また、喧嘩や争い事が苦手で、『1』でウッディが仲間達に濡れ衣を着せられた際はそれほど敵対することはなかった。しかし、ウッディがバズの腕を使ってその場にバズがいることを誤魔化した時は彼がバズの腕を取ったと誤解し、信用しなくなるも真実を知った際は罪悪感を持ち、和解した。
迫力の無い顔や声をしていることに劣等感を抱いており、アンディが別のもっと怖い恐竜の人形を貰うことを恐れていた。後にバズから迫力を出す為のアドバイスをもらう。テレビゲーム(デザインはスーパーファミコンの北米輸出仕様)が大好きで『2』の冒頭では、バズが主役のテレビゲームで遊んでいた。
仲間からは時に、「ニセゴジラ」と呼ばれることもある。『1』では、自分はマテルの子会社によって製造された(日本語吹き替え版では「僕アメリカ製」)と述べた[1]
『2』では、アルに盗まれたウッディを救出するためにバズたちと一緒に出発するが、アルの玩具屋に入った途端、お気に入りのテレビゲームの攻略本を発見し、夢中で読み込んでいた。その後、ニューアクションベルトを付けた新型のバズ・ライトイヤーと出会い、アンディのバズと勘違いしてザーグの攻略法談議を始める。エレベーターで本物のザーグと遭遇し、新型のバズがピンチに陥った際、しっぽ攻撃でザーグを倒した(ただし、無事だった)為、「バズ・ライトイヤー」のゲームをやらなくなった。
『3』では、サニーサイド保育園のイモムシ組子供たちに散々に扱われ、尻尾が取れてしまい、夜中は逆さまに尻尾が取り付けられていた。
アンディの遊びでは常にウッディの味方の恐竜役。
モンスターズ・インク』のNG集でテッド役のオーディションに参加したほか、『ウォーリー』にもカメオ出演している。
ハム
声優 - ジョン・ラッツェンバーガー(OVAのみアンドリュー・スタントン)/大塚周夫(1-3)(カーズ版のみ立木文彦
型のプラスチック製の貯金箱である。クールで毒舌家だが物事を深く考え鋭い意見を述べるオモチャ達の参謀役でもある。お腹の中にアンディの貯めた小銭が入っている。『2』では小銭で6ドル以上運んでいるらしい。また、ヘソの栓の中身を見られることを恥ずかしいと嫌がる。『1』でバズが事故で窓から落ちた際、ウッディが嫉妬して殺そうとしたと勘違いし、真相を知るまで彼を疑い続けた。『3』でもアンディのママが間違えて捨てられたショックでウッディが誤解を解こうとするも信じようとしなかった。お金や雑学には詳しい。「ブブトンチョップ」というのしかかり攻撃、「ブブトンアタック」という突進攻撃が得意。『3』では、イモムシ組の子供たちに液体をかけられたり、色々小物を中に詰め込まれたりされた。ハーモニカを弾けるが、デモモードで初期化されたバズに「うるさい」と怒られた。
アンディの遊びでは『1』では金庫役だったが、『2』以降はドクター・ポークチョップという悪役になり、戦艦や転送装置、おさるの爆弾(バレルオブモンキー)、軍隊(グリーン・アーミー・メン)、サメ(ミスター・シャーク)を所持している。ドクター・ポークチョップ役の時はミスター・ポテトヘッドの帽子を被る。
ミスター・ポテトヘッド
声優 - ドン・リックルズ/名古屋章(1&2)→辻萬長(3)
ジャガイモの顔をした人形で、目や耳などの顔のパーツを自由に付け替えることができる[2]。ハム以上に皮肉屋で嫌味な性格に見られがちだが、仲間を大事に思う気持ちは人一倍に強い。アンディには度々悪役を演じさせられているが[3]、何度遊んでもバラバラにされたパーツを無くさない彼を信頼している。対象年齢は3歳以上とのことで、赤ん坊のモリーにバラバラにされた際にはボヤいていた。
何にでも疑り深く現状で決めつけるところがあるため、どの作品でもウッディの言うことを信じず、よく対立する。特に『1』ではバズが窓から落ちた際はウッディのいうことに聞く耳を持たずハムと共に最後までウッディを疑い続けた。また彼の皮肉な言動の数々がウッディのバズに対する嫉妬を招く一因にもなってしまっていた。『3』でもハム同様再び、ウッディの言うことを信じず、真相を知った際、ハムから「酷い奴だな」と言われた際、「お前だってそうだろう」と言い返した。妻のミセス・ポテトヘッドとは夫婦仲がよく、ツアーバービーに話しかけられた際、「俺にはカミさんがいる」と自分に言い聞かせる所があるなど一途な部分もある。ヒゲをつけていたがミセスが家に来ることを知りヒゲを外したが、『2』でウッディ救出に外に出た際はヒゲを付けた。『3』では、ロッツォに対しての態度が悪かったことからカゴには入れず、外の砂場のカゴに入れられてしまう。サニーサイド保育園からの脱出を成功させるため、外した部品を駆使してトルティーヤキュウリを胴体に刺して飛び跳ねながら移動していた。ロッツォの裏切りでゴミ処理場の焼却炉に落ちそうな時、息子であるエイリアン達に救われ、彼らに感謝した。
アンディの遊びでは、ドクター・ポークチョップの手下、アイパッチ・バートの役。お金好きな強盗で指名手配されており、バリアーを使える犬(スリンキー)を飼っている。
ミセス・ポテトヘッド
声優 - エステル・ハリス/楠トシエ(2)→松金よね子(3)
『1』のラストで仲間入りしたミスター・ポテトヘッドの妻。実はモリーへのプレゼントだったが『2』で気に入らなかったのかアンディのおもちゃとして初めて姿を現す。夫のミスターとはラブラブ。ミスターに「スイートポテトちゃん」と呼ばれているが、ミスター以外に呼ばれることは嫌がっている。
面倒見がよくウッディ救出の際、ミスターにいろいろな物を持たせていた(NGシーンでは本編にも使用されず、明らかに要らない物まで大量に持たせた)。しかし夫の浮気を心配しているらしく、「知らないおもちゃと喋っちゃだめよ」と念を押す場面もある。『2』でピザ・プラネットの車でひょんなことからミスター・ポテトヘッドが助けたエイリアンたちを養子にしようと言い出した。
『3』の序盤で右目のパーツを紛失するが、これがおもちゃたちのアンディへの誤解を解くことになる。本人曰く「30個以上の個別パーツがある」。
アンディの遊びでは、アイパッチ・バートの妻、アイパッチ・ベティの役。ヌンチャクを使う。
スリンキー・ドッグ
声優 - ジム・ヴァーニー(1&2)→ブレイク・クラーク(3)/永井一郎(1-3)
胴体部分がバネになっている犬の人形[4]。その長い胴体は、さまざまなことに活用されている。ウッディとはボードゲームで遊ぶ仲。
仲間思いでちょっとお節介だが気の良いヤツ。ウッディが「オモチャ殺し」の疑いをかけられたときは、ボーと共に誰よりも彼の潔白を強く信じていたが、ウッディがバズの腕を取ったと誤解した時は彼を信用しなくなるが真相を知ると疑ったことに罪悪感を抱き、誰よりも積極的に彼らを助けようとした。『3』の小説版では、ウッディから「いつも味方でいてくれたスリンキー」と言われていた。
本物の犬のバスターの言葉を理解することができ、犬の鳴き真似もできる。『3』では年をとり老人口調でイモムシ組の子供たちに散々に扱われるが、バネはまだ丈夫らしい。
アンディの遊びではアイパッチ(ポテトヘッド)夫妻の飼い犬役。『3』では体を丸めてバリアーを使えるという設定も追加された。
ランプスタンド
幼児用の陶器製電気スタンド。2体の人形は取り外し可能で、アンディはボーと羊を取って遊びに参加させている。アンディのおもちゃとして扱われているが、元々はアンディのものではない[5]。『3』では既に他の家へ譲られており、ボーがいなくなっていることにウッディは未だにショックを受けている。
なお、このスタンドはマザー・グースの唄の一つ『LITTLE BO-PEEP』がモチーフとなっている。
ボー・ピープ
声優 - アニー・ポッツ/戸田恵子
スタンドの羊飼いの少女の人形。ミセス・ポテトヘッドが来るまでは、おもちゃ達の中の紅一点だった。ウッディとはほぼ相思相愛の仲で、どちらかというと杖を使ってウッディを引っ張るなど彼女の方がリードする積極的な言動が多々見られる。
『1』でバズが家に来た際、一度は引っ越しのペアに推薦する。誰よりもウッディのことを気にかけており、ウッディがバズにお気に入りの座を取られた時や仲間達に濡れ衣を着せられた際はスリンキーと共に彼の身の潔白を信じたり、引っ越し直前にウッディとバズをなくして悲しむアンディの姿を見てウッディの身を案じていた。レニーがウッディとバズがラジコンカーでトラックを追いかけてくる姿を目撃したことと自身の証言でウッディの身の潔白を晴らすことができた。
アンディの遊びではヒロインの立場に置かれており、主に人質役だが、最後はウッディに助けられ恋人になる。
『3』では既に他の家へ譲られたためか、アンディの家にはいない。それゆえ、ウッディは未だに彼女への思いを忘れられず、ショック状態にある。
スタンドの羊の人形。ボーと一緒に行動する。3匹の羊が身を寄せ合った状態で1つのおもちゃになっているため、一見すると首が3つあるように見える。
言葉は喋らず、時々勝手な行動を見せるが、ボーの口笛で言うことを聞く。
ブルズアイ
声優 - フランク・ウェルカー
『2』から登場する。ジェシーと同じく『ウッディのラウンドアップ』に登場していたウッディの愛馬の人形。ウッディに非常に懐いており、彼の移動手段としても使われた。言葉は喋れない。離陸直前の双発ジェット旅客機に追いつく相当な健脚を持っている。ウッディが乗馬した際の決め台詞はラウンドアップ時代の「Ride Like the Wind Bullseye! (走れ、風のように、ブルズアイ!)」。
アンディの家に来たばかりの時は、アンディから「ジェット推進ホース」と呼ばれていたが、名前を知ったのか『3』では名前を呼んでいた。ウッディ達と異なり、4本の足の裏それぞれにアルファベット1文字ずつ「A」「N」「D」「Y」と書かれている。
アンディの遊びでは、フルスピードの蒸気機関車の先頭部にも追いつけるほどの脚力ということになっている。
エイリアンたち(リトル・グリーン・メンまたはLGM)
声優 - ジェフ・ピジョン(映画)、パトリック・ウォーバートン(OVA) /落合弘治(1、3以降)、桜井敏治ほか(2)→鈴木琢磨(OVA)
ピザ・プラネットにあるゲームコーナーのUFOキャッチャーの中にいるビニール製の人形。歩くと音がする。三つ目で笑顔の憎めないヤツ。ただし余りに純粋な上に集団で登場するため、しばしば周囲に迷惑がられることも。人数が多くても考えていることは一緒。
『2』では3人組で登場し、「ピザ・プラネット」の車に3体共に吊るされており、窓から落ちそうになったところをミスター・ポテトヘッドに助けられ、その語「命の恩人、感謝永遠に」と勝手にアンディの家までついてきた。これ以降ポテトヘッド夫妻の養子として扱われており、突拍子もないミセスの案でポテトヘッドも呆れていたが、『3』では6年たってもポテトヘッドに対する恩は忘れていない。彼らもUFOキャッチャーの景品だったからか、UFOキャッチャーのアームクレーンを「帝王」(日本語吹き替え版では「神様」)と呼んでいる。シドにつかまったエイリアンはどうなったかは不明だが、スカッドの皿から出てきてシドへの復讐に協力した。
『3』では、ウッディ達がゴミ処理場の焼却炉で焼かれそうになる所を、クレーンを操作して救い出した。その際、義父で恩人でもあるポテトヘッドから「命の恩人、感謝永遠にだ…」と言葉を贈った。
胸の星のマークをよく見ると「ピザ」になっていて、サラミマッシュルームが描かれている。
アンディの遊びでは、アイパッチ(ポテトヘッド)夫妻の子供役。元はバービーのであった車を運転して迎えに来る。
グリーン・アーミー・メン(バケット・オブ・ソルジャー)
声優(軍曹) - R・リー・アーメイ/谷口節
声優(3での部下) - 綿鍋想
アメリカでは数十年前から売られている「緑色のオモチャの兵隊」で、数が多く約100体ある。
『1』ではアンディの誕生日プレゼントの偵察を行った。軍曹以下様々な装備を持つ兵隊がいて、普段は大きなバケツにまとめて入れられている。プロ意識が高く、任務遂行に情熱的で、仲間思いでもある。しかしやたらこき使われていたためか、ウッディの潔白はあまり信じていなかったが誤解が解けた後、和解した模様。ママに踏まれるソルジャーは、地雷探知機を持っている。シドに爆破された兵士との関係は不明。
『3』では、軍曹1体と落下兵2体の3体しか残っておらず、その他の兵士は捨てられてしまったのかどうなったのかは不明。最後の任務を終えた後、自らアンディの家から飛び立ち、EDでサニーサイドにたどり着いた。
英語版の軍曹役であるR・リー・アーメイは、フルメタル・ジャケットのハートマン軍曹で有名。
ウィージー
声優 - ジョー・ランフトロバート・グーレ君はともだち)/佐古正人鈴木康夫(君はともだち)
音声装置(笛)の故障したペンギン型の人形。『2』のみに登場。元々は修理出す予定だったが忘れられ、アンディの部屋の棚の上に置き去られていたが、不用品バザーに25セントで出されてしまったところをウッディに助けられた。
実際はアンディの母が不用品と勘違いしたからなので、『3』のビデオのシーンではアンディはウィージーも遊びに参加させている。元気になれば大変優秀なテナーである。後にミスター・シャーク(彼もまた同じ、笛付きおもちゃ)に直してもらったと言っている。
『1』には登場しない。『3』では他の家に譲られたためか、アンディの家にはいない。
名前の「ウィージー」には「ぜえぜえ言う」という意味がある。
声優のジョー・ランフトは2005年に死去したため、『カーズ』のジョー・ランフト追悼シーンでも登場する。
バービー
声優 - ジョディ・ベンソン/高橋理恵子
モリーの着せ替え人形。『3』ではアンディの家にいるモリーの人形として登場。
他のおもちゃと違い、ゴミ扱いではなく、モリーからサニーサイドへ寄付されたことにショックを受けていたが、そこでケンと出会い、恋に落ちる。一度はケンの本性を知り離れるものの、仲間を解放するために彼のお気に入りの服を破るなど、脅す形で利用するが、ケンがロッツォのやり方に納得がいかなかったことを知り、共にサニーサイドのおもちゃ達を説得する。その後、紆余曲折を経て恋人同士となったケンとともにサニーサイドの新たなリーダーとなり、最高の場所にする手伝いをする。

その他のアンディのおもちゃ[編集]

いずれも『3』では他の家に譲られたり、ヤードセールに出されたりしたためか、アンディの家にはいない。冒頭でウッディが「みんな新しい持ち主を持って楽しく暮らしてるさ」と言っていることから、捨てられたものはいない模様。
『3』のアンディの母親が撮影したホームビデオでは上項目のボー・ピープ、ウィージー、そして本項目のレニー、ロッキー、RC、エッチ・ア・スケッチ、スネーク、ロボット、トロール、バレルオブモンキー、おもちゃの機関車、シボレー・コルベットが見られた。
レニー
声優 -ジョー・ランフト/八代駿
オモチャの双眼鏡。仲間が外の景色を見るときに役立つ。ゼンマイ動力でしか歩けないからか、足がみんなよりも遅い。しゃべれないおもちゃと思われがちだが、『1』で3度だけしゃべった事から、一応しゃべれるらしい。自分自身でも遠くを見ることができる。ウッディがバズと共にラジコンカーでトラックを追いかけてくる姿を最初に目撃し、彼とボーの証言によってウッディの身の潔白が漸く晴れることになる。『2』のNGシーンではウッディのいたずらで双眼鏡部分のフチに塗ったインクがバズのヘルメットに移った。
ウィージーと同じく、カーズのジョー・ランフト追悼シーンでも登場する。
エッチ・ア・スケッチ
お絵描きボード[6]。ウッディ以上の早撃ち(早描き?)(Drawing)の腕を持つ。銃のほかに絞首刑、バズ、アル、ウッディ、地図、アル・マクウィギンなども書いた。
ロッキー・ジブラルタル
声優 - ジャック・エンジェル/小池浩司
重量挙げ選手のアクションフィギュア。『1』では、立ち位置が影響してドアにはさまれたことがあるがソフトビニール製で結構丈夫なため無事だった。力が強くトラックではウッディを振り回していた。
ジブラルタルはスペインの先にあるイギリス領の土地でThe Rockという大きな切り立った山がその象徴。ロッキーの頭の形状に酷似しているのと、腹部のベルトにもThe Rockの絵が描かれている。
RC
アンディの家のラジコンカー。オフロードタイプのバギーで、動力は乾電池。Hi/Low/Turboの3つのモードにターボモードを持ち、クラクション機能も装備。無口で頑張り屋である。しかしバッテリー切れなると当然動かなくなる。
『1』でバズがロケット花火で本体能力をはるかに上回る速度を疾走し引越しトラックに追いつき、空も飛んだ。自由に動くことができるが、リモコンの操作には逆らえない。おもちゃには分かる言葉でしゃべる。
正式名称は「リモートコントロールカー」だがレックスには「ラジコンカー」と呼ばれている。『3』からは出ていない。
ミスター・マイク
ウッディが集会で使っていたマイクのオモチャで、拡声器としての機能がある。『2』ではペンギンのウィージーも利用した。
ミスター・スペル
キー入力された英単語を音声合成LSIで発音する知育玩具[7]。教育係としてウッディと共に様々な講習会を行っている。一応しゃべる事は出来るが、もっぱら正面にあるLEDインジケーターで意思表示やリアクションをしている。
『2』ではバズとともにウッディ誘拐犯の正体をつきとめる。『3』からは出ていない。
ロボット
顔が光るキャタピラ式のロボット。ベッドの下にいることが多い。顔が光る時は独特の音が流れるが、一応喋ることもできる。ほとんどスネークと2体でいる。足はバズのトレーニングに利用された。
スネーク
ヘビのオモチャ。集会に気が進まない。オモチャ箱の中にいる。ロボットと一緒にいることが多い。
トロール
花柄ビキニを着た髪の毛が立っている人形。ボーと一緒にいることが多い。移動はピョンピョン飛んで行く。バズに髪の毛を整えられた。
『3』の冒頭のビデオから、モリーのお気に入りだった様子。
バレル・オブ・モンキー(つなぐでござる)
サルたちをつなげるゲームのサル。『1』で屋外に落ちたバズを救出しようとしたが、人数が足りなかった。
『2』のNGシーンでミセス・ポテトヘッドがミスター・ポテトヘッドに餌を持たせた為餌を狙ってたかった。
『3』のその後を描いたスピンオフ第1作『ハワイアン・バケーション』にてボニーのおもちゃとして再登場した。しかし、アンディが所有していたものとは樽の色が異なっており、ボニーが新しく購入したものであると思われる。
ミスター・シャーク
声優 - ジャック・エンジェル/小池浩司
サメの笛付きおもちゃ。常にオモチャ箱の中にいる。『1』では、ウッディの帽子をかぶってウッディのモノマネをした(ウッディには不評であった)。
『2』でウッディの帽子を探している時も、オモチャ箱から出ていない。また、ウィージーの声を直した。「子供に飲み込まれた時の対策」講義も開いている。
アンディの遊びでは人質に脅しをかける小道具役。
リトルタイクス
消防士の小さな人形で消防車とのセット。消防車に乗り遅れる者もいる。
トロイカ
マトリョーシカのような卵型の入れ子人形。犬の柄の中に猫の柄、その中にカモの柄、その中に魚の柄、その中にてんとう虫の柄が入っている。
ローリー・ポーリー・クラウン
起き上がりこぼしのようなピエロ。動かすと音が出るようになっている。転がって移動する。セリフはない。
See’n say(シーンセイ)
レバーで動かすルーレット型のゲーム。ゲームの中で唯一歩ける。
『3』でもサニーサイドで自動販売機の賭場で使われているものが登場(声:家中宏)。こちらは自意識を持っておらず、アンディのものより年代が古い(レバーではなく紐を引いて動かすタイプ)ビンテージトイ。
ホッケー・パック
ホッケーのパックに手足が付いた謎のおもちゃ。黒地に交差したホッケースティックが描かれている。『1』のみ登場。
ミスター・ポテトヘッドがピカソの絵の真似をした後、「何見てんだよ、しけたツラして」と言われてしまった。
ドリー、ダッキー、テディー
モリーのオモチャで、女の子の人形、ゴム製のアヒルテディベア。集会を始めるとき、ウッディが「棚の上聞こえてるか」と言ったときに手を振った。テディーはアルのトイバーンのCMに出ている。ダッキーは『2』のNG集でミスター・ポテトヘッドの中に入れられた。
おもちゃの機関車
『1』で、誕生日プレゼントを偵察しに言った後、「アンディが来る!みんな元の位置に戻れ!」と言った後、動いていた。
『3』の冒頭の劇ではトロール達を乗せていた。95の番号が書かれてある。
クリスマスの飾りのオモチャたち
『3』にセリフ内で登場。屋根裏部屋にいて、ウッディによると、「楽しいやつら」らしい。

生きていないおもちゃ[編集]

シボレー・コルベット
『3』の冒頭の人形劇のみに登場したC5型コルベット・コンバーチブルのミニカー。ピンク色であり、リトルグリーンメンが運転している。ただし、実車は2人乗りなので、劇中のように3人で乗るのは不自然である。実はモリーが持っているバービーの物である。
ホットホイール
一回転のレールとミニカー。バズの移動やジェシーがドアを開けるために利用された。
Magic 8-Ball
占いのおもちゃ。ウッディが試した時は、「望み薄」と出て、ベッドの下へ落ちてしまった。『2』では、ほこりを大量にかぶっていたが、ヤードセールには出されなかった。『3』では分かりにくいが、モリーがサニーサイドに寄付した。
ボール
ピクサーでおなじみの☆マークがついたボール。アルのトイバーンにも転がっていた。サニーサイドにもある。

シドのおもちゃ[編集]

『1』での登場。

ミュータント・トイ
シドによって原型をとどめないほどに改造されたおもちゃたちの総称。いずれもパーツのどこかが別のオモチャのパーツと取り替えられている。どのオモチャも台詞は一切なく、シドから酷い扱いを受けたため臆病になっている様子。
ウッディ達は彼らの不気味な姿を見て恐れていたが、実際はジェニーと翼竜の頭部やバズの片腕を直してあげるなど心優しい性格である。
シドの家から脱出を試みるウッディとバズに協力し、ウッディとの共同作戦でシドに復讐を果たした。
ベビーフェイス
赤ちゃん人形の首が体に接着された金属製のカニで、ミュータントたちの代表格。髪の毛はもぎ取られ、右目は無い。バズの救出およびシドへの復讐計画ではロックモービルと共にハンド・イン・ザ・ボックスがドアを開けるための土台になったり、レッグスの糸でぶら下がりシドの頭に乗っかった。
レッグス
バービー人形の足がついたミニサイズの釣竿。日本語吹き替えのウッディには「あんよ」と呼ばれていた。バズの救出およびシドへの復讐計画ではダッキーとタッグを組んだりベビーフェイスをぶら下げてシドの頭に乗せたりした。
ダッキー
頭はPEZ容器のアヒル、胴体はレスラー、下半身は吸盤付きスプリング。日本語吹き替えのウッディには「ガーガー」と呼ばれていた。バズの救出およびシドへの復讐計画ではレッグスとタッグを組む。
フロッグ
ゼンマイ動力のカエル。後ろ足のタイヤは左右非対称で、前足も一本とれている。バズの救出およびシドへの復讐計画ではスカッドの注意を引くための囮になる。
ハンド・イン・ザ・ボックス
びっくり箱。バネの先には緑色の怪物じみた手が付いている。バズの救出およびシドへの復讐計画ではベビーフェイスとロックモービルの土台に乗ってドアを開けたり這いずってシドに近寄った。
ローラー・ボブ
スケートボードに固定された上半身だけのパイロット兵士。バズの救出およびシドへの復讐計画ではウッディ達を乗せて裏庭へと向かう。走行する際にはヘルメットに装備されたゴーグルをかける。
ジングル・ジョー
兵士の顔とミッキーマウスの片腕が接着されたガラガラ。
ロックモービル
昆虫の頭をしたドライバーがマッチョな上半身を操縦している姿をしている。移動際にはその屈強な両腕で歩く。バズの救出およびシドへの復讐計画ではハンド・イン・ザ・ボックスがドアを開けるための土台係になった。
ウォーキング・カー
タイヤの代わりに赤ちゃんの手足が付いた1957年型コルベットのミニカー。
ジェニーと翼竜
ハンナの布人形と、『ジュラシック・パーク』のアクションフィギュア。手術と称されシドに頭を取り替えられるが、後に他のミュータント・トイ達に修理される。それ以降、2人で行動を共にする。
また、終盤ではジェニーと色違いの布人形であるサリーも登場している。
マリー・アントワネット
ハンナの人形。ままごとで、2階から落下したバズと一緒にお茶を飲んでいた。シドに改造されたせいか、顔が取れている。
コンバット・カール
迷彩服を着た軍人のフィギュア。『1』における初登場時は白人の軍人のフィギュアであったが、シドにくくりつけられたダイナマイトによって爆破され、粉々になった。
トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では色黒な軍人のフィギュアとして登場しており、8インチサイズのミニフィギュアも登場する。

他に、砂場の埋められていた大きなトラック、「ママ」と叫ぶ火傷を負った少女の人形、首が無く右足が奇妙な角度で折られた兵士、両腕がなく、頭に釘が刺さった兵士がいる。これらも同様、バズの救出およびシドへの復讐に協力した。

トイ・バーンのおもちゃ[編集]

『2』での登場。

プロスペクター(スティンキー・ピート)
声優 - ケルシー・グラマー/小林修
『ウッディのラウンドアップ』に登場していた金鉱掘りの人形で、ウッディの父親的存在でウッディを「息子」と呼んだ。未開封のパッケージに入ったままのため新品同様。尻にはツルハシが刺さって出来た穴を塞いだツギハギ(赤色)がある。ビデオをウッディに見せて自分の恥ずかしいキャラの姿に少々うつむいていた。
安売り棚の売れ残りだった過去を持ち、その分自身がプレミア物であることに高い誇りを持っている。表向きはビデオの原作同様、面倒見が良く物知りで陽気だが、実は誰よりも博物館に飾られることを強く望んでおり、その為ならば手段も選ばない自己中心的かつ短気な性格の持ち主である。また、バズのことが嫌いで、「宇宙野郎」と呼んでいる。
最初はウッディ達と博物館に行けるのを楽しみに待っていたが、突然ウッディがアンディのところへ帰ることを言った為、本性を露わにして強硬手段をとろうとする。
飛行機に運ばれるスーツケースの中でも、自分の言う通りにならないウッディと大喧嘩をし、彼をバラバラにさせようとしたが、そこにやって来たバズ達によって止められたため、博物館に飾られる夢を呆気なく終わった。その後はオモチャに化粧(どちらにしても落書き)をするのが大好きな「自称芸術家」の女の子・エイミーの物になっている。これらの行為もあり、『トイ・ストーリー・マニア』では悪役キャラとしてザーグやロッツォと共に練習用の的に描かれた。また彼とは異なるおもちゃがラストに登場する。
NGシーンでは箱の中で二体のバービー人形を口説いており、トイストーリー3の出演を勝手に約束していた。
ザーグ
声優 - アンドリュー・スタントン/佐々木梅治(2)→玄田哲章(スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー)
『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー』に登場するバズの宿敵かつライバル(のオモチャ)。オモチャ屋で棚に整列されていたところを偶然アンディのバズに起こされ、オモチャ屋で目覚めたばかりの新型のバズに攻撃をしかける。ザーグ自身も自分がオモチャだということに気づいていない模様。劇中での武器「イオンブラスター」の再現としてピンポン玉を発射する機能が付いている。
新型のバズを倒すためにエレベーターでアンディのおもちゃたちを襲撃し、バズの関係を話し、彼を戦意喪失させ追い詰めるが、レックスのしっぽ攻撃でエレベーターから落下した。その後は新型のバズとピンポン玉でキャッチボールをし、親子の絆を深めた。
『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!』でリトル・グリーン・メンの故郷から盗んだユニ・マインドを悪しき物に変え、世界征服を企むも、バズ自らのおかげで復活したユニ・マインドの光に包まれて姿を消した(しかしその後、テレビ版にも登場しており、現実側ではなぜかアンディの家にいた)。
『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー』の悪役であって、右腕のワープ・ダークマターや手下のグラブやブレインポッド、戦闘員のホーネッツを従えている。
バズとは『スター・ウォーズ・シリーズ』のルークダース・ベイダーのパロディ的な関係にある。
『3』では、EDでサニーサイドの新入りとして登場した。その際は、玩具としての自覚と仲間を助ける勇気を持っている(ただし、『2』のザーグと同一人物なのかは不明)。
ニューアクションベルト付きバズ・ライトイヤー
声優 - ティム・アレン/所ジョージ
アンディのバズに起こされたニューアクションベルトが装備されている新型のバズ。自分がスペース・レンジャーであると信じて疑わない姿はまさに初期のバズそのものである。彼曰く全てのバズの隊長的存在らしい。ヘルメットを開けると苦しそうにし、アンディの名前入りのバズを見て違いがわかった。
一時期アンディのバズと入れ替わり、そのせいで仲間たちが混乱する場面もあった。
ザーグとの関係を知った際は、「嘘だ」と思い最初は受け入れられなかったが、落下したザーグを「とうさん……」と呼びあっさりに受け入れた。その際は幼稚園児のように丸い性格になり、彼のことをパパと呼んでいた。
ツアーガイド・バービー
声優 - ジョディ・ベンソン/高橋理恵子
ハムたちの車のガイドをしたバービー人形。トイ・バーンのおもちゃや内部を隅々まで知っている。NG集では、作り笑いだったことが明かされた。
ロックン・ソックン・ロボット
声優 - ジョン・ラセター&リー・アンクリッチ
2体の格闘ロボット。両方とも仲が悪く、スリンキーが話しかけたのは自分だと争う。『Mr.インクレディブル』にも背景に小さく登場している。なお、声を演じたのは『1』と『2』『3』の監督である。『2』ではアンクリッチの娘もモリー役で登場している。
ディム、ハイムリック、タックとロール
バグズ・ライフ』でのサーカス団員で、トイ・バーンの商品としてタックとロール、ディムは吊るされてあり、その下にはハイムリックとフリック(1体)が置かれてある。NG集ではハイムリックとフリックが登場する(バグズ・ライフ2が出るとの嘘の話をしていたが、二人がいた生垣がトイ・ストーリー2の撮影場所で、おもちゃも見ずらい小ささだった為、突然生垣から現れたバズは気付くことなく二人を枝ごと跳ね飛ばしてしまった)。

サニーサイドのおもちゃ[編集]

『3』で登場する保育園。「チョウチョ組」と、より幼い(=おもちゃをあまり大切に扱わない)子供たちの「イモムシ組」に分けられている。両部屋のおもちゃの間にはロッツォの恐怖支配による階級差があり、彼の寵愛を受けたもののみがチョウチョ組に昇格できる。夜間は脱走者がないようにドアの施錠、ミニカーや外の巡回、保安(監視)カメラによるパトロールが行われている。

しかし内心ではロッツォの独裁に嫌気が刺していたロッツォ一味のメンバーは、バービーとケンの説得とビッグ・ベビーの反乱をきっかけに改心。ロッツォがいなくなった後、バービーとケンが新しいリーダーとなったことで階級差も無くなり、交代制でイモムシ組の相手をし、砂場で遊んだり、夜にダンスパーティーを行う等で皆楽しく過ごすようになり、ウッディ達とも和解した。

ロッツォ・ハグベア
声優 - ネッド・ビーティ/勝部演之
『3』におけるディズニー・ヴィランズ。「サニーサイド」に長年いるリーダーで、何年経っても苺の匂いがするピンクの熊のぬいぐるみ。日本でも1980年代に「ハグハグベアちゃん」の名で販売されていた。
かつては「デイジー」という少女のおもちゃだったが、後述のビッグ・ベビー、チャックルズと共に手違いで置き去りにされてしまう。自力で家に辿り着くも、デイジーが新しいロッツォを可愛がっている姿を見てしまう。それ以来、デイジーの家に入ることも無く、性格が歪んでしまい、放浪の末にサニーサイドにたどり着いた。変心前と変心直後では普通に歩いていたが、サニーサイドの前でピザ・プラネットの車から転落し怪我をした後はおもちゃのハンマーの杖をついている。大型のトラックのおもちゃを車椅子に使ったりもする。
表向きは陽気で優しい性格だが、本性は狡猾で凶暴。サニーサイドを恐怖と力で支配する邪悪な支配者(テロリスト)的な存在でサニーサイドのおもちゃで一番の権力者である。チョウチョ組のおもちゃが壊されないように、新入りのおもちゃたちはイモムシ組に入れていた。自身が気に入ったおもちゃを部下にしたがるらしく、一度は真実を知ってしまったバズを気に入ってスカウトするも、彼が仲間も一緒にするように頼んできたため、バズの背中のリセットボタンを押して無理やり部下にし、バズの仲間達をカゴの中に閉じ込めるという仲間割れを起こさせた。
しかし、そんな性格なため人望や信頼が無いのか、不干渉の姿勢を取るもの、彼を見限って脱走に助太刀、黙認する者もいる。物語の中盤でケンに裏切られて「上下の関係を作って支配するのが悪い」と指摘された。それでも涼しい顔をしていたが、最後はデイジーとの思い出と意図的に遠ざけられていたことを知らされたビッグ・ベビーの怒りを買い、ゴミ置き場のごみ箱に突き落とされ、そのまま蓋を閉められてしまう(このとき、他のロッツォ一味のメンバーは彼を見捨てた[8])。しかし、微かに開いた蓋からウッディの足を掴み道連れにし、追いついたバズ達と共にゴミ処理場まで運ばれてしまい、細断シュレッダーに砕かれそうな所をウッディ達に救われるも、その先の焼却炉から一人で脱出し、ウッディ達を裏切り、自分だけで逃げようとする。
恩を仇で返され、これまでのディズニー・ヴィランズの中でもあまりにも卑劣な性格なため、脱出後他のおもちゃたちは彼に手を出さないようにし、とうとうウッディから「仕返しをする価値もない」と吐き捨てられた[9](一応ハムやスリンキーは縫い目をほどいてやろうとしていたらしい)。その後、罰があたったのか、ゴミ収集車の運転手に拾われ、収集車のフロント外にくくりつけられ、持って行かれた(その際に先にトラックにくくりつけられていた他のおもちゃたちにもからかわれていた)。総じて、ほぼ永遠に酷い扱いをされる羽目となり、ある意味処分されるよりも哀れな結末を迎えたともいえる。
カールじいさんの空飛ぶ家』と『カーズ2』にもカメオ出演している。『カーズ2』ではクルマになっており、看板で登場。
ケン
声優 - マイケル・キートン/東地宏樹
バービーのボーイフレンドとして作られた着せ替え人形。サニーサイドのおもちゃと共に賭博をするなどロッツォの補佐役に近い立場にいるが、内心ではロッツォの支配を快く思っていない。サニーサイドを訪れたバービーと恋に落ちる。
「女の子のおもちゃ」呼ばわりされることを嫌がる。着せ替えの服をかなりコレクションしており、自宅のドリームハウス(おもちゃの家)の一室を専用部屋にしている。自分の洋服のセンスを理解してくれたバービーに対して非情になりきれなかったことから、彼女の罠にはまって大事なきせかえ洋服をいくつも台無しにされてしまい、バズを変えた方法と彼の説明書の在処を話した。最終的には改心し、バービーへの愛を選び、ロッツォから離反する同時に晴れて彼女と恋人同士になった。
ロッツォがいなくなってからは自らがバービーと共にサニーサイドの新しいリーダーとなり、住みよいサニーサイドに変えることに成功している。
ビッグ・ベビー
ソフトビニール製の赤ちゃん人形。開閉する青い目とミルク飲みの仕掛けがある。サニーサイドにくる以前からのロッツォの仲間。身長約46cmなので他のおもちゃより比較的大きく夜中はサニーサイドから脱走するおもちゃを捕まえ、外の砂場のカゴまで放り込む役割を持つ。落書きされ、片目の瞼が常に半分閉じたまま[10]など、『1』におけるシドのミュータント・トイを思わせるキャラクター。
元の持ち主であったデイジーのことを「ママ」と呼び、彼女を今でも忘れられず、信じている。ウッディからデイジーとはロッツォによって意図的に遠ざけられていた真実を知らされ、自分が以前持っていた彼女の名前入りペンダントをウッディから渡されたことから涙を見せ、ロッツォにペンダントを杖(ハンマーの柄)で壊された上、彼女を侮辱されたことに怒り、彼を持ち上げ、ゴミ置き場のごみ箱へ放り込んだ。この時の反乱がケンと共にロッツォ一味のメンバーを改心させ、ロッツォの支配を終わらせるきっかけを作った。その後、ゴミ収集車から逃げようとするサニーサイドのおもちゃ達を手助けした。
EDでは砂場でミルクを飲んだり、ケンとバービーをダンスパーティーで持ち上げて回ったりする。
ストレッチ
声優 - ウーピー・ゴールドバーグ/片岡富枝
壁に投げるとつたいながら降りてくる紫色のタコのおもちゃで、ゴム製で伸縮できる。ロッツォ一味の紅一点。その触手で他のおもちゃを捕まえることを得意とする。人間と同じような顔であるため、他のサニーサイドのおもちゃより表情が確実に分かる。終盤、ロッツォにウッディたちをごみ箱に落とすよう指示されるが、逆らいはしなかったものの、最も間近でウッディやケンの説得を聞くにつれて躊躇する様子が描かれている。指示がなければウッディ達に危害を加える意志は一切なく、ロッツォがごみ箱に落とされた後はビッグ・ベビー達とは同行せず、そのままスロープから出て行った。
ロッツォがいなくなってからは改心し、EDではケンが書いたウッディやバズたちへの手紙をボニーのバッグに入れた。
DVDの特典映像に登場する構想図を見ると、当初はロッツォ一味としてデザインされていなかったことがわかる。逆にロッツォ一味の中にバターカップが描かれており、バターカップとポジションが交替されたと思われる[要出典]
チャンク
声優 - ジャック・エンジェル/石井隆夫
ゴーレムのようなおもちゃ。ロッツォ一味の一人。顔がローラー状になっており、ボタンを押すと表情が変わる(青い目の親しげな顔と、赤い目の怒った顔に変わる[11])。
ロッツォがいなくなった後は改心し、トゥイッチと協力してイモムシ組の子供たちのメイン相手をしている。EDでは、男の子の相手役としており、途中でトゥイッチとバトンタッチしていた。
トゥイッチ
声優 - ジョン・サイガン/我孫子令
昆虫人間のようなおもちゃ。筋肉質。ロッツォ一味の一人。
ロッツォがビッグ・ベビーに躊躇いなく暴力を振るう姿には動揺し、ごみ箱に放り込まれる彼を助けようとしなかった。
ロッツォがいなくなってからは改心し、チャンクと協力してイモムシ組の子供たちのメイン相手となる。EDでは、男の子の相手役としてチャンクとバトンタッチする。
スパークス
声優 - ジョン・ラブソン/桜井敏治
ロボットのおもちゃ。動くと胸から火花が散る。LEDの赤く光る目を持っている。ロッツォ一味の一人。
ロッツォがビッグ・ベビーに躊躇いなく暴力を振るう姿には動揺し、ごみ箱に放り込まれる彼を助けようとしなかった。
ロッツォがいなくなってからは改心し、イモムシ組の子供たちの遊び相手となる。EDでは、女の子が彼を持って歩いている。
チャターフォン
声優 - テディ・ニュートン/山路和弘(予告編では東地宏樹)
ひもを引っ張ると目が上下する電話機のおもちゃ[12]。サニーサイドの古株で、イモムシ組のおもちゃでありながら、隠れることで数年経ってもも壊れることなく生き延びている。受話器を通して話をする。ハンズフリーでも会話が出来る。
ウッディがサニーサイドに戻ったとき、警備が厳しくなったことや、深夜のサニーサイドの状況を彼に伝えた。ウッディたちの脱走計画に助力する。一度はロッツォ一味に捕まり、やられてしまったが、EDの時点で修理を施されて元気になった。
ブックワーム
声優 - リチャード・カインド/多田野曜平
ベッドサイドでの読書を助ける眼鏡をかけたイモムシのおもちゃ。図書室の主で、各種おもちゃの説明書も管理している。バズの説明書は言語版は英語表記、吹き替え版仕様の日本語表記ではなく、スペイン語の表記となっており、語学にも長けている様子。
ロッツォの支配下にあるが、あくまで中立の立場を保ち、バズを元に戻すためにケンの服で変装し、彼の取扱説明書を取りに行ったバービーの正体を知りながらも、彼女を見逃した。
EDではダンスパーティーのミラーボールの照明を担当した。
声優 - フランク・ウェルカー
受付に飾られている、シンバルをもった猿のおもちゃ[13]。ロッツォ一味の一人で、夜間に脱走しようとするおもちゃたちを監視カメラのモニターで見張り、威嚇でシンバルの音で通報する役目を持つ。
ウッディ達の脱出計画の際にスリンキーによって、テープでぐるぐる巻きにされ、机の下の引き出しにしまわれた。
ロッツォがいなくなった後は改心し、監視は続けており[14]、EDではサングラスを着用し、監視をしながらノリノリでシンバルを叩いている。
びっくり箱
声優 - リー・アンクリッチ/中多和宏
サニーサイドにいるおもちゃの一人。英語版ではリー・アンクリッチ監督自ら声を担当する。

その他にも『カーズ』に出ていたマックィーン、レッド、ハイファー(牛)に似たミニカー、『バグズ・ライフ』のフランシスのようなプルバックカー、『ファインディング・ニモ』のエイ先生、短編『ルクソーJr.』のボール、短編『ティン・トイ』のベッドの下のおもちゃ、緑色の髪をしたトロールのおもちゃなども見られる。

ボニーのおもちゃ[編集]

『3』での登場。持ち主による遊びを「演技」と考えている。

ミスター・プリックルパンツ
声優 - ティモシー・ダルトン/落合弘治
チロル地方のレーダーホーゼンを着たドイツ製のハリネズミのぬいぐるみ。演劇にあこがれており、舞台俳優を気取っている。ごっこ遊びでは役になりきっており、ボニーがいなくなっても積極的に動こうとしない。EDでは『ロミオとジュリエット』のロミオ役に挑む。
バターカップ
声優 - ジェフ・ガーリン/ふくまつ進紗
ユニコーンのぬいぐるみの男の子。EDではハムと仲良くなる。
DVDの特典映像に登場する構想図を見ると、当初はロッツォ一味としてデザインされていたことがわかる。逆にロッツォ一味の中にストレッチが描かれておらず、ストレッチとポジションが交替されたと思われる[要出典]
トリクシー
声優 - クリスティン・スカール/許綾香
レックスと同じメーカーの製品である青いトリケラトプスの女の子。パソコンを操作でき、夜中にボニーの母のコンピュータで、近所に住む恐竜のおもちゃとこっそり連絡を取り合っている。EDではゲーム好きのレックスと仲良くなり、一緒にネットゲームをしていた。
ドーリー
声優 - ボニー・ハント/田中敦子(予告編では高橋理恵子)
紫の髪をした女の子の布製ぬいぐるみ。ボニーの遊びでは主に悪い魔女の役になる。EDではウッディとスリンキーと一緒にボニーの描いたおもちゃたちの絵を観ていた。
お豆3兄妹
声優 - チャーリー・ブライト、アンバー・クローナー、ブリアンナ・メイワンド/大谷咲葵、松本航輝、古口貴子
ジッパー付きの莢に収まっている枝豆のぬいぐるみ。左から順に兄と妹2人。クッションとしても使用可能。EDではミスター・ポテトヘッドの体の中に入り、パーツを落とすイタズラをしていた。
チャックルズ
声優 - バド・ラッキー/小林尚臣
ピエロの人形。元の持ち主はデイジーで変心前ロッツォ、ビッグ・ベビーの昔仲間。ボタンのひもが一本欠損している。
かつては変心後のロッツォやビッグ・ベビーと共にサニーサイドにいたが、イモムシ組で無い子供に壊され捨てられる直前にボニーが家に持ち帰って修理した。現在のロッツォによるサニーサイドの支配を快く思っていない。
以前の持ち主であるデイジーのペンダントを今でも持っていて、これを過去を知ったウッディがサニーサイドに持っていき、ロッツォの支配を終わらせるきっかけとなった。過去を引きずっているためにボニーが前にいない限りは暗い表情をしていたが、EDでウッディに「かっこいいじゃないか」と言われ、自分の絵を見ると笑顔に戻ることができた。
トトロ
ぬいぐるみ役で出演。大トトロ。セリフはないが、『となりのトトロ』でもお馴染みのにんまり笑う独特の笑顔をたびたび見せる。劇中でウッディに持ち上げられたり、EDでエイリアンをお手玉にするなど出番は少ないが、目立った行動が多い。

スリープウェル・モーテルのおもちゃ[編集]

『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』に登場するモーテルのおもちゃ。宿泊客の忘れ物カウンターに入っているが、大半が支配人のペットのカメレオン「ジョーンズ」が客室から盗んで来たおもちゃ。終盤で全員ビリーの家へと向かう。

コンバット・カール
迷彩服を着た黒人軍人のフィギュア。映画第一作でシドにダイナマイトで粉々にされた玩具のリニューアル型。ジョーンズに右手を食べられており、持ち主の元に替えることを願っている。
前向きな性格で、ピンチに陥った時に「コンバットカールは諦めない コンバットカールは道を見つける」と自身に言い聞かせる。
コンバット・カール・ジュニア
コンバットカールの3分の1サイズのフィギュア。カールの相棒的存在。
ポケッティア
ソフビと布製のヒーローフィギュア。全身にポケットを付けた衣装を身にまとっている。ポケットから物を出すときは「ダルダルポケット」と唱える。「ファスナー・フォア」という全4種類のフィギュア(ジッパーマン、スナップス、スピードレーサー)で元々は4体揃っていたが3体はオークションに売り払われた。
レゴ・バニー
レゴブロックで組み立てられたウサギ。用途に応じて体を組み替える。これまでのシリーズではブロック自体は生きていなかったが、集合体で生きて登場したブロック。
用途に応じて自分で体を組み替えることができる。
オールドタイマー
老人のような髭を施した目覚まし時計。管理人の入室時間と退室時間を計っており。脱出のタイミングを知らせる。皮肉屋な性格で脱出には諦め気味。
フォークリフトミニカー
フォークリフトに女の子の運転手が乗ったミニカー。
ペッツキャット
眼鏡をかけた猫の顔をしたペッツ・ディスペンサ。わずかながら中身のPEZも残っている。視力が抜群によくオークションのパソコンモニターで何が売れたかを知らせる。
トランジトロン
日本から来た超合金の合体ロボ。ドリルマシーン、2台の武装バス、スーパータンクの四体合体で体が構成されている。オークションで売れて箱の中に入れられたものがジェシーによって助け出される。命令に忠実でウッディを救うべくジェシーを箱の中に入れる。
自分の意思で4体に分離できる。「ウラバトロンに誓って決して君を忘れない」が決め台詞。

バーガーショップのおもちゃ[編集]

『ニセものバズがやってきた』に登場するおもちゃ。バーガーショップのお子様セットに付属するおもちゃが、子供に棄てられて(または忘れ去られて)取り残されている。集団カウンセリングを行っている。

ミニ・バズ・ライトイヤー(ニセものバズ)
チキン・パレスのおまけのバズ。子供に遊ばれることを夢見ており、本物のバズに成りすましてボニーの家にやって来た。
ミニ・ザーク
チキン・パレスのおまけのザーグ。ニセものバズの行動にあきれている。
ネプチューナ
かつてチキン・パレスのおまけのおもちゃだった人魚のおもちゃ。「捨てられたお子様セットのおもちゃ支援グループ」のリーダーであり、以前に遊ばれていた子供に置いてけぼりにされた過去を持つ。

その他[編集]

バービー
声優 - ジョディ・ベンソン/高橋理恵子
『2』の終盤で登場する、自称芸術家の女の子・エイミーの着せ替え人形。
顔にとてつもない化粧(落書き)を施されているが、彼女自身は満更でもない。 
回収車のおもちゃたち
声優(カエル) - ジャック・ウィルス/多田野曜平
『3』の終盤で登場する、カエル、猫、オスカー・ザ・グラウチのような毛むくじゃらの人形3体のぬいぐるみ。運転手に気に入られ、トラック前面にくくりつけられている。
新入りのロッツォを軽くバカにしたが、仲間思いな様子。

人間[編集]

デイビス家[編集]

『1』から『3』のラストまで、ウッディ達が持ち主のアンディと暮らしていた家。 『1』ではフィリップス家の隣家に住んでいたが、物語終盤に引っ越している。

アンディ・デイビス
声優 - ジョン・モリス(3の幼少期ではチャーリー・ブライト)/市村浩佑(1)→北尾亘(2)→小野賢章(3)(3の幼少期では石坂彪流)
ウッディたちの所有者。『1』では7歳。『2』では11歳。カウボーイ大好きのやんちゃな少年だが、バズに夢中になり、ウッディを敵役にしたこともある。しかし、引っ越し直前にウッディとバズをなくし、悲しんでしまう。その後、ウッディとバズと再会し、二人を平等に扱った上で、遊ぶようになった。
おもちゃを大切にし、壊れた部分を頑張って直そうとする感受性豊かな少年で、よく人形劇仕立ての遊びをしている。自分のお気に入りのおもちゃには「ANDY」のサインを入れて大切にしており、『1』の冒頭ではウッディのみ[15]で、『1』の途中からはバズ、『2』の最後にはジェシーとブルズアイにもサインを入れている。
『3』では17歳に成長し、おもちゃは既に卒業し表向きでは「ガラクタ」だと言っているが、母がバズ達をゴミだと間違えて捨ててしまったときはミセス・ポテトヘッドの無くした片目を通じ、愕然となり心配するなど、おもちゃを大事に思う気持ちは変わっておらず、おもちゃ達は大切にしまっておいてある。ウッディに関しての知識を身に付けたようであり、ジェシーやブルズアイの事もきちんと名前で呼ぶようになった。
大学に進学して引っ越しをするため、当初ウッディのみを大学へ連れて行き、バズやジェシーら他のおもちゃは屋根裏部屋にしまう予定であったが、ウッディが書いたに住所を見て、最後はボニーのところへ全てのおもちゃを持って行き、一緒におもちゃで戯れた後、「永遠に大切にしてもらいたい」との願いを込め、自分の私物にしようしたウッディも含め、それらをボニーに託し、大学に出発した。
ボニーに対し玩具一つ一つを自身の思い出と共に丁寧に紹介し、大切にしてくれるように頼むなど、子供の頃からの感受性を持ったまま優しい青年へと成長したことが窺える。また、長年の夢だった車を運転することができるようになっている。車は『カーズ』で登場するチュキやP.T.フリーと類似している。
デイビス夫人
声優 - ローリー・メトカーフ/小宮和枝
しばしばトラブルメーカーとなるアンディの母親。
『1』ではグリーン・アーミーメンの1人を踏んでしまったり、『2』ではヤードセールを開催して彼女の不注意でウッディを盗まれたり、『3』ではアンディが袋詰めにしたおもちゃたちをゴミに出してしまい、騒動のきっかけとなった。
ただ不注意な面はあるが、『1』でウッディとバズがいなくなったことを嘆くアンディを慰め、『2』でウッディを譲ってくれるように言うアルに対しても「アンディの昔からの大切な玩具だから」と突っぱねて断固拒否するなど、母親としてアンディや彼のおもちゃのことをとても大切に思っている。ナンバープレートがA113ミニバンを所持している。『2』と『3』の間に新車を購入した。
また、劇中ではアンディの父親は全く登場せず、また父親不在の理由も語られていない[16]
さらにファンの間には、大人になったエミリー(後述)なのではないかという説があるが、原案のピート・ドクターによって否定されている。[17]
モリー・デイビス
声優 - ハンナ・アンクリッチ(1&2)→ベアトリス・ミラー(3)/きゃさりん(3)
アンディの妹。『1』ではまだ立って歩くことができないほど幼かった。アンディは人形劇の際には彼女のベビーベッドを牢屋代わりにしており、幽閉されたポテトヘッドをバラバラにしたりしている(そのことについて彼はよく思っていないが、本気で怒っているわけではない)。おもちゃが動いている時を目撃したこともあった。『2』では歩けるようになった模様。
引っ越し前はアンディと同じ部屋だったが、引っ越し後は家が広くなったのか、モリーにも自分の部屋が与えられている。『3』の冒頭のホームビデオでは「宇宙から来た15メートルの赤ちゃん」となっていた。
『3』では、すでに10歳になっているという設定。おもちゃよりもゲームやiPodに興味がある様子。『1』と『2』での声を担当したハンナ・アンクリッチは『3』の監督リー・アンクリッチの娘である。

アンダーソン家[編集]

『3』のラストでウッディ達の新しい持ち主となったボニーの家。

ボニー・アンダーソン
声優 - エミリー・ハン/諸星すみれ
アンディの親戚で、サニーサイドのチョウチョ組に通うおもちゃ好きの少女。4歳。アンディと同じように人形劇仕立ての遊びをする。
おもちゃと一緒に眠ったり、自分のおもちゃを絵に描いて大切にするなど、おもちゃを大切にしている。
『3』のラストでウッディらアンディのおもちゃの新しい持ち主となる。
アンダーソン夫人
声優 - ロリ・アラン/堀越真己
ボニーの母親で、サニーサイドの保育士。デイビス夫人とは友人関係である。

フィリップス家[編集]

『1』の終盤までデイビス家の隣家だった家族。

シド・フィリップス
声優 - 堀裕晶
『1』およびピクサー初のディズニー・ヴィランズ
オモチャを破壊したり改造して遊んだり、大量の火薬を通販で購入して爆破したりする非常に危険で悪趣味な性格から、「おもちゃ殺し」という通称で恐れられており、改造されて家具の下に投げ込まれたり、破壊されて庭に埋められたおもちゃは数知れないほど。その一方で母親に対しては素直な一面を持つ。
『1』の序盤ではサマーキャンプに出掛けていた(しかし、何かしら問題を起こして追い出されたとハムから推測されている)。
ピザ・プラネットのクレーンゲームの中に迷い込んだウッディとバズを獲得し、通販で購入した大型のロケット花火を取り付けて(元々はウッディの予定だったが)バズを打ち上げようとするが、ウッディと彼のおもちゃたちの協力で懲らしめられ、おもちゃが大嫌いになってしまった。
おもちゃたちにとっては恐ろしい存在だが、彼自身は悪人ではなく独創的な性格をした少年というだけであり、玩具の改造を好む面などはそれが反映されている為だとされている。
『3』ではサングラスを着用し、奇行をするゴミ回収人は声優の一致や同じドクロ柄のTシャツなど、成人した彼であることが示唆され、音声解説でも説明された。
ハンナ・フィリップス
声優 - サラ・フリーマン/笠原清美
シドの妹。人形遊びが好きだが、彼女のおもちゃはシドに奪われ改造されたりしたせいで頭や腕が欠損している物が多い。偶然見つけたバズにエプロンと帽子を身につけさせた上、「ミセス・ネズビット」(吹き替え版ではお隣の奥様)と名付けて人形遊びに参加させていた。
フィリップス夫妻
シドとハンナの両親。母親は声のみの登場で、普段はオモチャを傷つけて楽しむシドは猫を被っているのか、母の前では素直な一面を見せている。父親は素顔は見えていないがソファーで眠っている姿が少しだけ登場しており、猛犬のスカッドが唯一恐れている存在らしい。

『2』の登場人物[編集]

アル・マクウィギン
声優 - ウェイン・ナイト/樋浦勉
『2』におけるディズニー・ヴィランズ
おもちゃ屋「トイ・バーン」の経営者。『ウッディのラウンドアップ』関連のグッズを大量に所持しており、デイビス夫人が目を離したスキにウッディを盗んで日本の博物館に売り、一儲けしようとたくらむ。
自らニワトリのコスプレを着てテレビCMでおもちゃ屋の宣伝をしており、ウッディを盗んで逃走する際に車から落とした着ぐるみの毛が、バズは彼が犯人であることを特定するきっかけとなった。
おもちゃ博物館のオーナーと取引契約をし、空港でウッディ達を入れたスーツケースを預けて飛行機に乗り込むが、そのスーツケースが飛行機に運ばれる間にプロスペクターがエイミーの荷物に入り、脱出したウッディとバズ達によってジェシーとブルズアイが救出された事で、到着した時にはウッディ達を紛失してしまった形になる。その事が原因で業界の面目を失い倒産したらしく、その後のCMでは閉店セール(商品が全て1ドル)の告知をしていた。
店は道路を挟んで自宅(とみられる)マンションの向かい側で、店に行く際には車に乗っているにもかかわらず「全く冗談じゃないぜ、出勤かよ!土曜だってのに、あんなとこまで!」と言っている。好物はチーズスナックとビーフジャーキー。「トイ・バーン」の存在は『1』で判明しており、バズのTVコマーシャルに出ている。
ミスターコニシ
声優 - フィリップ・プロクター
日本東京都にある博物館「小西おもちゃ博物館」のオーナー。ウッディ達を購入する取引契約をアルと行った。
「小西」という苗字の由来はピクサーに実在する女性社員「ソノコ・コニシ」より。
修理屋
声優 - ジョナサン・ハリス/佐々木梅治
腕が取れてしまったウッディを直したおもちゃの修理屋。特製の診察台のような修理道具箱を持っており、壊れたおもちゃを新品同様に直す。修理のことを「オペ」と呼ぶ。
実はピクサーの短編『ゲーリーじいさんのチェス』(『2』の前年に公開)の主人公、ゲイリーじいさんと同一人物である(ただし外観に若干の差異があり、声も異なる)。道具箱の中に、チェスの駒が転がっているのが一瞬映る。
エミリー
ジェシーの元の持ち主。幼いころはジェシーといつも一緒だったが、成長するにつれてオモチャよりもオシャレに興味を持ち始め、ジェシーが不要となり、手離してしまった。
『2』のDVDには未公開映像の一つとして彼女の車が暴走するシーン(実はスタッフがお遊び目的で制作したもの)が存在する。
エイミー
オモチャに化粧(落書き)をする「(自称)芸術家」の女の子。空港でウッディ達によって自分のリュックに入れられたプロスペクターを何も疑うことなく持ち帰ってしまう。

『3』の登場人物[編集]

イモムシ組の園児たち
サニーサイドに通う幼い子供たち。おもちゃをとても乱暴に扱うので、所属するおもちゃからは恐れられており、壊してしまうことも少なくはない。特に新しいおもちゃが大好きらしい。
メガネをかけた園児の着ている服には、ライトニング・マックィーンのゼッケンがプリントされている。
デイジー
ロッツォ、ビッグ・ベビー、チャックルズの元の持ち主。ピクニックに行った後、ロッツォたちを忘れて帰ってしまい、新しいロッツォを買った。この行動が置き去りにされたロッツォの心を変化させてしまった。
ゴミ処理場の作業員
ゴミ回収車の運転士。ゴミ捨て場に捨てられている気に入った物を拾って持ち帰る癖がある。昔、サニーサイドの物(ロッツォ)とは別のベアを持っていたらしい。シドを示唆する人物とは別人。

その他の人物[編集]

ロナルド・トンプキンス
『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』に登場。祖母の家へ向かう道中のボニーとアンダーソン夫人が泊まった「スリープウェルモーテル」のマネージャー。
裏ではペットのミスター・ジョーンズを使ってオモチャを盗み、ネットで売りさばく姑息な男。しかしジェシーの活躍で悪事を暴かれ、アンダーソン夫人によって警察に通報されて逃亡する。

動物[編集]

バスター
『1』のラストでアンディが母からプレゼントされた犬。アンディ以上にウッディに懐いている。スカッド同様にある意味では、ウッディたちが生きているのを知っており「お座り」「手をあげる」「撃たれる」などの芸ができるが、本来の飼い主であるアンディが命令をしても芸をせず、実際にアンディをこのことで不貞腐れさせている。
また、アンディの部屋に隠れたウッディを見つけるゲームをしており、劇中で新記録を叩き出す。
『3』では老犬になっており、今でもウッディの呼び声に応えてやってくるが 、太ってしまったためか、『2』のような俊敏な動きはできなくなっている。
スカッド
『1』に登場。シドの家で飼われているブルテリア犬。獰猛かつ執念深い性格。
シドの命令をよく聞くが、それだけに与えられた玩具には容赦が無い。中型犬であるにも関わらず室内飼いのため屋内を自由に歩き回っており、脱出しようとするウッディとバズを窮地に陥らせる。また、なんとか難を逃れた二人を激しく追跡するが、その時の影響で多くの車に囲まれて出られなくなってしまった。シドの父親には弱い模様。
フリック
声優 - デイブ・フォーリー/宮本充
『2』のみ登場。『バグズ・ライフ』の主人公で、ミニサイズで登場。NGシーン集ではズームアップされ、台詞も存在する。NG集ではハイムリックが『バグズ・ライフ2』を作ったと勘違いし、彼から事実を聞く。
ハイムリック
声優 -ジョー・ランフト/島香裕
フリックと同じく『2』のみ登場で、ミニサイズで登場する。『バグズ・ライフ』ではサーカス団の道化師である。NGシーン集でもフリックと同じく、ズームアップされ、台詞も存在する。フリックに「続編だけどバグズ・ライフ2じゃない」と言う。
カーズのジョー・ランフト追悼シーンでもレニーやウィージーと同じく登場する。その際の映像自体はバグズ・ライフ本編のものを流用してある。
ミスター・ジョーンズ
『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』に登場。ロンが飼い慣らしているイグアナ。犬のように人懐っこい性格。
ロンの命令には忠実で、オモチャを盗み出す。

スペースレンジャー・バズ・ライトイヤー[編集]

ミラ・ノヴァ王女
ライトイヤーチームの紅一点。タンジア星の元王女。ザーグに星を襲われたところをバズに救われて以来、彼に賛同してレンジャーとなった。壁を通り抜ける能力を持つ。勝気な性格で当初はバズから冷たくされていたが、事件後に正式にメンバーとなった。
ブースター
ライトイヤーチームの一員。赤い体のモンスター。のんびり屋で力持ち。レンジャーになる前は見習いの掃除係だったが、事件後に隊長に認められレンジャーとなった。レンジャーになってからはその巨体と怪力でチームを援護する。
XR
ライトイヤーチームの一員。リトル・グリーン・メンが作ったロボット。当初は相手の台詞を真似る一方で冷静な性格だったが、リトル・グリーン・メンに修理されてからはおしゃべりでムードメーカーな性格となった。ブースターとは兄弟のように仲がいいが、彼のマイペースな性格には呆れており、たびたびツッコミ役になる。
ワープ・ダークマター
バズの元パートナー。その正体はザーグの右腕に仕える部下で、バズの仲間を装いスパイしていた。事件後は逮捕されるが、TVシリーズでは何故か釈放されてたびたび悪役として登場する。

脚注[編集]

  1. ^ 実際、最初に製造したのはカナダのシンクウェイ社であったが、2009年現在、本当にマテルによって作られている。シンクウェイ製の頃はソフトビニール製であったがマテル製になって映画同様にプラスティック製となった。
  2. ^ アメリカの玩具メーカーPLAYSKOOL社の商標で1940年代から売られている実在のおもちゃ。日本でも輸入雑貨の店などを中心に販売されている。劇中でも「俺はアメリカ製」と発言している。
  3. ^ 『2』のみ、ドクター・ポークチョップのおさるの爆弾による犠牲者を演じさせられている。
  4. ^ アメリカの玩具メーカージェームズ・インダストリ社の商標で1940年代から売られている実在のおもちゃ。
  5. ^ 音声解説より。
  6. ^ アメリカの玩具メーカー、オハイオアート社が数十年前から発売する実在のおもちゃ。日本の知育玩具「せんせい」はこれを元に作られている。
  7. ^ テキサス・インスツルメンツが製造・販売していた「スピークアンドスペル」(1978年の映画『E.T.』でも登場)がその原型。
  8. ^ バービーとケンの説得に加え、ロッツォの真実を知り、彼がビッグ・ベビーに躊躇いなく暴力を振るう姿を目の当たりにしたのが一番のきっかけ。
  9. ^ この発言によって、彼は他のおもちゃからの信頼を完全に失った。
  10. ^ これはサニーサイドの前でピザ・プラネットの車から転落し、怪我をしたもの。
  11. ^ ビッグ・ベビーの反乱後、赤い目の怒った顔で困惑した表情になっていた。
  12. ^ フィッシャープライス社から発売している実在のおもちゃで、台座が木製の第二世代ビンテージトイ。
  13. ^ 1970年代に「わんぱくスージー(英語名:Musical Jolly Chimp)」という名前で売られていた実在のビンテージトイがモデル。
  14. ^ DVD・ブルーレイでの音声解説では「サルは少し優しくした」とされる。
  15. ^ ウッディのサインのみ、アンディがまだ字を覚え始めた頃の為か「N」が鏡文字になっている。ブルズアイは4つの足に1文字ずつ書いている。
  16. ^ 松井博 (2014年6月3日). “「トイストーリー」の家庭はシングルマザーなのか?”. cakes. ピースオブケイク. 2014年6月4日閲覧。
  17. ^ 『トイ・ストーリー』ジェシーの持ち主=アンディ母親説は「少し違う」 https://www.cinematoday.jp/news/N0077130