ポット夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポット夫人
Mrs. Potts
初登場 美女と野獣
原語版声優 アンジェラ・ランズベリー
日本語版声優 福田公子
ポプラ(歌)
詳細情報
種族 ポットに姿を変えられた人間
性別
テンプレートを表示

ポット夫人(ぽっとふじん、Mrs. Potts)は、1991年公開のディズニーの長編アニメーション映画『美女と野獣』のディズニーキャラクター野獣の召使いの一人でメイド頭。呪いでポットに姿を変えられている。チップの母親。現地声優はアンジェラ・ランズベリー

声優[編集]

作品 声優
美女と野獣1991年
美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント1997年
アンジェラ・ランズベリー
福田公子(台詞)/ポプラ(歌)
美女と野獣 ベルのファンタジーワールド1998年 アン・ロジャーズ
福田公子
キングダム ハーツII2005年 アンジェラ・ランズベリー
福田公子

美女と野獣[編集]

優しく温かい性格。当初からベルには母親のように接し、野獣の囚人になったばかりで泣き続けるベルを励ましたり、ルミエールらと共に野獣とベルが恋に落ちるよう手助けをした。ルミエールが女性へのアプローチの仕方を野獣に指導したのに対し、ポット夫人はマナーを指導している。使用人達の中では古株にあたるらしく、主人である野獣にも厳しく口を出し、野獣自身も頭が上がらない様子。一方、城や主人を脅かす存在には容赦なく、侵入者に熱湯を浴びせかけて撃退するという過激な一面も持つ。映画の最後に呪いが解けて白髪の人間の女性の姿に戻ることができた。

映画中最も有名なベルと野獣のダンスシーンで、アカデミー歌曲賞を受賞した主題歌『ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣 』を歌っている。

美女と野獣 ベルのファンタジーワールド[編集]

呪いが解ける前の短編集。2003年発売のスペシャル・エディションに追加された短編『ポット夫人のパーティー (Mrs. Potts's Party) 』では、日頃城の住人を元気づけている彼女が元気を失ってしまう様子が見られる。また、『傷ついた小鳥 (The Broken Wing) 』では野獣がポット夫人の忠告には素直に従ったり、ポット夫人がコグスワースに代わって召使いを仕切ったりする場面があり、城の住人に信頼されていることがわかる。

ミュージカル版[編集]

劇団四季の日本語版ミュージカルでは、ポット夫人の役名は「ミセス・ポット」となっている。また、設定がメイド頭から料理人に変更されている。日本語版でミセス・ポットを演じた女優は、次のような人物がいる。

備考[編集]

  • チップには「チップの兄弟」と呼ばれるキャラクターがいると映画で説明されるが、ポット夫人が彼らを世話する場面は皆無である。また、チップの兄弟たちがポット夫人の実子なのかは明記されていない。

外部リンク[編集]