ジェシー (トイ・ストーリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェシー
Jessie
初登場 トイ・ストーリー2
最後の登場 ニセものバズがやって来た
作者 ジョン・ラセター
ピート・ドクター
アンドリュー・スタントン
ジョー・ランフト
ジョーン・キューザック原語版)
日下由美日本語吹き替え版)
詳細情報
種族 人形
性別
職業 カウガール
『ウッディのラウンドアップ』サブ主人公
アンディのおもちゃ
家族 不明
恋人 バズ・ライトイヤー
テンプレートを表示

ジェシーJessie)は、ディズニーピクサー映画『トイ・ストーリー2』、『トイ・ストーリー3』などに登場するメインキャラクターの1人である。

概要[編集]

『ウッディのラウンドアップ』のヒロインであるカウガールでウッディの妹分。三つ編みの赤いポニーテールと緑色の目をしている。ウッディと同じように背中に紐がついており、引っ張るとランダムに音声が鳴る設定だが劇中にそのシーンはない。陽気でお転婆な性格で、最高に嬉しい時は「イーヤッハー!」と叫ぶ。元々エミリーという女の子のお気に入りのオモチャだったが、彼女の成長と共にベッドの下に忘れられ捨てられた過去を持つ。以来、箱や倉庫に入れられることを考える度にパニックを起こし過呼吸になる。ヨーデルが得意。運動神経はかなり良いようで、アンディの愛犬バスターの為にドアを開けるシーンでは、バズが思わず呆気にとられるほどの優れたアクションを披露した。髪の毛は毛糸でできている。

登場[編集]

トイ・ストーリー2
ブルズアイ、プロスペクターと長い間倉庫の中にいた。
ウッディが加わることを条件に日本の博物館に行ける決まりだったため、ウッディと初めて会った際に歓喜する。その後、ウッディにはまだ持ち主がいると知って彼と大喧嘩になり、しばらく悪態をついていたが、ウッディに自分の過去を話したことで、ウッディは博物館に行くか、アンディのおもちゃのままでいるかの板ばさみとなる。バズの説得で自分を取り戻したウッディに誘われ、一度は戸惑うもアンディに妹がいることを知り、アンディの元に行き、ブルズアイと共にウッディたちの仲間に加わる。当時アンディには「バズーカジェーン」と呼ばれていた。バズとはこの時から仲は良かった。
トイ・ストーリー3
アンディが大人になり、遊ばなくなったため、エミリーのように再び捨てられるのではと恐れ、アンディと大学に行くウッディの言葉に耳を貸さず、バズや他のおもちゃ達と共に、「サニーサイド」という託児施設に寄付されるが、サニーサイドの真相を知り、ウッディの誤解を解き、ウッディ達とともに脱出を決める。手違いによりスペイン語モードになったバズに一目惚れされ、プロポーズされながらも助けられる。ある事故でバズは記憶を取り戻し、より相思相愛の関係になる。
エンディングではバズとスペイン風の社交ダンスをする。
ハワイアン・バケーション
サニーサイドからやってきたケンとバービーやバズ達と一緒にハワイのお芝居をする。
ニセものバズがやって来た
スペースレンジャー バズ・ライトイヤーシリーズでの設定
スペースレンジャー バズ・ライトイヤー 帝王ザーグを倒せ!
冒頭の場面のみ登場。
現実側の世界ではバズの他にウッディたちも登場するが、これは『2』と『3』の出来事とされる。
トイ・ストーリー・オブ・テラー!

トリビア[編集]

映画「モンスターズ・インク」にブーのオモチャとして登場。

関連項目[編集]