美女と野獣 (1946年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美女と野獣
La Belle et la Bête
監督 ジャン・コクトー
原作 美女と野獣(J・L・ド・ボーモン著)
製作 アンドレ・ポールベ
出演者 ジャン・マレー
ジョゼット・デイ
ミラ・パレリ
ナーヌ・ジェルモン
ミシェル・オークレール
マルセル・アンドレ
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 アンリ・アルカン
編集 クロード・イベリア
配給 ロペール・ピクチャ
公開 フランスの旗1946年10月29日
日本の旗1948年1月
上映時間 93分
製作国 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

美女と野獣』(びじょとやじゅう、フランス語原題:フランス語: La Belle et la Bête )は、1946年にフランスで公開された恋愛ファンタジー映画である。J・L・ド・ボーモン夫人が描き、1757年にお伽噺の詞華集 (Le Magasin des Enfants, ou Dialogues entre une sage gouvernante et ses élèves, London 1757)の一端として発表された『美女と野獣』を映画化し、フランスの詩人であり映画製作者であるジャン・コクトー、ベル役のジョゼット・デイジャン・マレーといった映画スターたちが結集した。

コクトーの映画構成は、野獣の花園から薔薇を摘んだことによって死刑にされるベルの父親を中心に展開される。ベルは野獣に父親を還してほしいと頼む。野獣はベルに恋をして、一晩中結婚を申し込むが、ベルは拒む。野獣はベルが家族の元に還ることを許すが、もし彼女が1週間以内に戻らなければ父親を殺すという試練を課す。最終的にベルは、野獣に魅かれるようになる。

あらすじ[編集]

ベル(ジョゼット・デイ)が自宅で床をこすり洗いしているのを見て、もっと良い扱いを受ける価値があるからと言って、彼女の兄の友人アヴナン(ジャン・マレー)が求婚する。しかし、ベルは家で父の世話をしたかったので、アヴナンを拒絶する。その父は船を海で失ない、家族の財産も船とともに失ったのだ。ベルの父(マルセル・アンドレ)が帰宅して告げるには、翌日ついに莫大な財産が取り戻せベルの口やかましい姉妹アデレードとフェリシエへのプレゼントも手に入ると言う。ベルの頼りない兄弟リュドヴィク(ミシェル・オークレール)は、高利貸しに(自分がした)借金を支払うことができないならば父を告訴する権利を与える、という契約にサインする。その後、ベルの父は港に到着するや財産は負債を清算するために押収されたことを知り、夜に森を通って帰宅するはめになる。

ベルの父は森で道に迷って、門がある大きな城にいるのに気づいた。その門とドアが自ら魔法のように開くのだ。城に入ると、魔法をかけられた枝つき燭台がごちそうを載せた食卓に案内し、そこで彼は寝入ってしまう。大きな唸り声によって呼び起こされて、ベルの父は城の庭を歩き回る。ベルがバラを求めていたのを思い出して、バラを木からむしり取ると、野獣が現れる。野獣は彼を盗みのために殺すと脅すが、娘の一人が身代わりになれると言う。野獣は、父を森を抜けて家まで案内させるために白馬―マグニフィサント(極上)号―を貸す。ベルの父が状況を家族とアヴナンに説明すると、ベルが行って父の身代わりになることに同意する。ベルはマグニフィサント号に乗って城に行き、野獣を見つける。ベルは野獣の容姿を見て気絶し、城の居室に運ばれる。ベルは目覚めると、何でも見ることができる魔法の鏡を見つける。野獣はベルを夕食に招待する。そこで、彼女は彼に対等に采配できるが、毎日彼から結婚を懇願されると言われる。日が経つにつれ、ベルはだんだんと野獣が好きになるが、結婚を拒否し続ける。魔法の鏡を使って、ベルは父が瀕死の病であるとわかる。野獣はベルに1週間だけ戻る許可を与える。野獣は、ベルに二つの不思議な道具を与える。それは、ベルが望んだどこにでも運ぶことができる手袋と、ダイアナの宝庫(野獣の本当の富のもと)の錠を開ける金色の鍵だった。

ベルは寝たきりの父の部屋に姿を現すために手袋を使う。ベルの訪問は、父の健康を回復させる。ベルは、家族が貧しい生活をしていて、リュドヴィクがした高利貸しとの取引きから立ち直っていなかったのを知る。城でのベルの豊かな生活をねたんで、アデレードとフェリシエは、金色の鍵を盗んで、リュドヴィクとアヴナンを野獣に対抗させる計画を案じる。アヴナンとリュドヴィクは、彼ら独自に野獣を殺す計画を考え、ベルの姉妹を援助することに同意する。ベルを引きとめさせるために、ベルの姉妹は彼女をだまし、彼女を愛しているふりをして期限の1週間以上滞在させようとする。ベルは、いることにしぶしぶ同意する。野獣はベルを取り戻すために魔法の鏡でマグニフィサント号(白馬)を送る。しかし、リュドヴィクとアヴナンがマグニフィサント号を先に見つけて、それに乗って城に行く。ベルは、その後、鏡が野獣の悲しい顔を映すのを見る。鏡が壊れたときベルは金色の鍵をなくしたことに気づく。ベルは取り乱して、魔法の手袋を使って城に戻り、中庭で傷心のために瀕死になった野獣を見つける。一方、アヴナンとリュドヴィクは、ダイアナの宝庫に出くわした。盗んだ鍵では罠を起動させるかもしれないと思って、宝庫の壁をよじ登る。野獣がベルの腕の中で死んだ時、アヴナンはその宝庫のガラスの屋根を壊して押し入り、ローマの女神ディアーナの命が吹き込まれた像に矢を射られて野獣に変身する。この時、野獣が死んでいた処から起き上がったのは野獣からもとに戻ったアーデント王子であった、彼が言うには両親が精霊を信じなかったので精霊は彼を野獣の姿に変えたのだ。アーデント王子とベルは抱き合い、ベルは女王になる彼の王国へ飛んで行く。その王国でベルの父はともに住みベルの姉妹は彼女のガウンのすそをもつだろう。

配役[編集]

序文[編集]

逸話[編集]

野獣のメイクは、コクトーが1936年に来日して観た尾上菊五郎の「鏡獅子」からヒントを得たと言われている[1]

映画製作[編集]

この映画の音楽はジョルジュ・オーリックが作曲し、アンリ・アルカンが撮影した。クリスティアン・ベラールとリュシアン・カレーは、美術監督をした。

DVD版に書かれているように、屋外風景は、アンドル=エ=ロワール県にあるロッシュ・クルボン城 (en:Château de la Roche Courbon)の中で撮影された。セットデザインと撮影はギュスターヴ・ドレ挿絵彫刻を、農家の場面ではヨハネス・フェルメールの絵画を喚起することを狙った。

受賞[編集]

派生作品[編集]

原作との差異[編集]

翻案と同一性[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西川正也『コクトー、1936年の日本を行く』中央公論新社

参考文献[編集]

  • Marie-Cathérine d'Aulnoy, La Chatte blanche, in: Les Contes des Fées, Paris 1697-1698.(オーノワ夫人原作、こみねゆら文・絵『白いねこ』偕成社、1994)
  • Jeanne-Marie Le Prince de Beaumont, La Belle et la bête, in: Le Magasin des Enfants, ou Dialogues entre une sage gouvernante et ses élèves, London 1757. (ジャンヌ・マリー・ルプランス・ド・ボーモン原作、宇野亜喜良絵・文『美女と野獣』アートン, 2005)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]