アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンチャーテッドシリーズ > アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり
アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり
Uncharted: Golden Abyss
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation Vita (PSVita)
開発元 SCEベンドスタジオ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
シリーズ アンチャーテッドシリーズ
人数 1人
メディア PlayStation Vita カード
ダウンロード版
発売日 日本の旗 2011年12月17日[1]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 2012年1月22日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
PEGI:16
売上本数 Newworldmap.png 112万本[2](出荷数/2014年1月)
その他 オンライン非対応
テンプレートを表示

アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』(アンチャーテッド ちずなきぼうけんのはじまり、Uncharted: Golden Abyss)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の子会社SCEベンドスタジオより開発され2011年12月17日に発売されたアンチャーテッドシリーズ4作目となるPlayStation Vita専用アクションアドベンチャーゲーム[3]。略称には「UCGA」と「VITAアンチャ」がある。

概要[編集]

本作品は、海洋冒険家「フランシス・ドレイク」の子孫を自負するプロのトレジャーハンター「ネイサン・ドレイク」(愛称:ネイト)の成長の冒険を描いたアクションアドベンチャーゲームである。シリーズ世界累計出荷数1,700万本(2012年4月時点)[4]、"AIAS 2010 ゲーム・オブ・ザ・イヤー"他受賞数300以上[5]を誇るアクションアドベンチャーゲーム『アンチャーテッドシリーズ』のシリーズ初となる携帯ゲーム機専用のタイトル。シリーズクリエーター:ノーティドッグの監修のもと、ポータブルゲームの制作に特化したゲーム開発会社SCEベンドスタジオが開発を担当した。2011年1月27日の「PlayStation Meeting 2011」で初公表され、開発段階のものがPSVitaのデモンストレーションに使われた。日本では、PSVitaの発売に合わせるため北米より先に発売されている。 PSVitaのフロントタッチパネルと背面タッチパッド、ジャイロセンサーなどの新機能を活用している。時系列はPS3専用のメインシリーズ第1作目(エル・ドラドの秘宝)のストーリーの前の設定。リリースをPSVitaの発売に合わせるなど、開発期間が短かったためマルチプレイヤーモードは搭載していない。

毎年500点以上の出展が展示されるヨーロッパ最大級のゲーム見本市であるゲームズコムにおいて「Best Mobile Game Award」を受賞した成績がある[6]。 PSVitaのテレビCM "遊んだら仲間だ①篇"では、瑛太が本タイトルをプレイする映像が使われた[7]

国内でのテレビCMでは、アドベンチャー映画『インディ・ジョーンズ』の主人公として有名なハリソン・フォードが起用され、2011年10月22日より放映開始した。本CMはハリソン・フォードが本タイトルをプレイする事に他の物事が目に入らないほど没頭してしまい、モーションセンサーを使った操作をする際に思わず手元のグラスの水をこぼしてしまいそうになるという設定となっている。キャッチコピーは「さあ、新しい冒険へ!」で、ゲームをプレイした感想である「ヤバイ。」はハリソン・フォード自身が書道で書いたものである[8]

発売の10日後プレイステーションストアで体験版の配信が開始された。体験版ではチャプター4と10がプレイできる。

システム[編集]

本シリーズのシステムは、3DアクションとTPSの要素を組み合わせたものであり、登る、飛び越る、ロープを使う、泳ぐなどのアクションを駆使して進めていく。ステージには武装した敵兵がおり、銃撃戦やステルスキル等で倒すことができる。武器の種類は豊富であるが、一度に持つことができるのはハンドガン系の武器1つとロングガン系の武器1つ、グレネード4つだけである。これらの武器は、あらかじめマップに置いてあるものを拾ったり、倒した敵が落とした武器を拾うことによって補充することができる。本作では、PS Vitaのさまざま新機能が活用されている。

キャラクターの背中をさっと触るだけで段や障害物を超えたり、ロープを使うときに、ジャイロセンサーで勢いをつけたり、バックタッチパネルで指を上下に動かすことで崖を登ったり、照準はジャイロセンサーを使って合わせるなど、ボタンとスティックの操作のほかにPSVitaの新機能を使うことによって、キャラクターとプレイヤーをシンクロさせるような操作感が得られるとしている。

ガンアクション
PS Vitaに右スティックが新たに付け加えられたことによって、本作も従来のシリーズ同様、左右のアナログスティックを利用して従来通り快適な操作が可能である。また、本作の大きな特徴である「モーションセンサーを利用した照準」もスティック照準と同時に使用可能である。
近接攻撃
本作では敵に近寄ると近接攻撃が可能であると示すアイコンが敵に表示される。その際、敵をタッチすることで近接攻撃が可能である。気づかれていない敵に後ろから攻撃を仕掛けるとステルスキルが可能。カウンター攻撃はタッチスクリーンで行う。画面上に表示される矢印の向きに指で画面をなぞればカウンター攻撃が可能である。
クライミング
本シリーズの大きな特徴である絶壁などのクライミングによる探索。本作ではPS Vitaのタッチスクリーンを活用して、タッチ操作を使った、より直感的で簡単にクライミングができるようになった。
トラバース
危険な山腹や岸壁を横切りるなど、ある場所から別の場所に飛び移るとき、本作ではPSVitaのタッチスクリーンを生かして、飛び移りたいポイントをタッチするだけで軽々とトラーパスすることができるようになった。
プルダウン
メインシリーズ2作目(黄金刀と消えた船団)で導入された、ぶら下がった状態で近くの敵を真下に引き落とすシリーズ特有のシステム。こちらもPSVitaのタッチスクリーンを生かして、近くの敵を軽くタッチするだけでプルダウンできるようになった。
スナイピング
スナイパーライフルを使用するとき、従来の作品ではレーザーサイト照準時にズームインアウトができなかったが、本作ではPSVitaのタッチスクリーンと背面タッチパッドを活用して、細かいズームインアウト調節操作ができるようになった。他の武器同様、モーションセンサーを活用した照準も可能。

ストーリー[編集]

時系列はプレイステーション3(PS3)専用のメインシリーズ1作目(エル・ドラドの秘宝)以前の冒険を描く。

舞台は中央アメリカ、かつて多くのネイティブアメリカンとスペイン人が戦争を繰り広げた土地に膨大な遺産が眠ると聞き、駆け出しのトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(愛称:ネイト)は友人のジェイソン・ダンテとともに冒険を始める。そこで彼らは、姿を消した古学者の祖父(ヴィンセント・ペレス)を探しているマリサ・チェイスという謎の女性に出会う。追跡に隠された謎を解くうちに、伝説の黄金都市"シボラ"へのカギである"黄金のアミュレッド"を見つける。そこでネイトは様々なトラブルと遭うことになり、プロのトレージャーハンターへと成長してゆく。

登場人物[編集]

ネイサン・ドレイク - 声:東地宏樹
本作の主人公。歴史の謎を紐解くために奔走する、駆け出しの若きトレジャーハンターで愛称は「ネイト」。海洋冒険家「フランシス・ドレイク」の子孫を自負しており、首に下げたリングはその遺品で、彼の格言「偉業も小さな一歩から」と彫られており、ネイトのモットーとなっている。考古学の豊富な知識と優れた洞察力を持ち、わずかな証拠から歴史の謎を紐解く。皮肉屋だがユーモアに溢れ、危険な状況でも軽口をたたく余裕を失わない。その身体能力は優秀で、銃火器の扱い、格闘術の腕は一流。
マリサ・チェイス - 声:世戸さおり
20代女性。世界遺産を守る国際機関のフィールド・エージェント。運動神経がよく、タフで知的。行方不明の祖父は古学者で、何かを探し求めて旅に出たまま戻っていない。本作のカギを握るアイテムを持っていて、ネイトのパートナーとして行動する。様々な地域でネイトと同じレベルで横断・探査できるが、銃を扱うことは嫌っており、平和主義を貫いている。
ジェイソン・ダンテ - 声:中尾隆聖
40代男性。ネイトとは以前からの顔馴染みのタフな研究者であり、治安の悪い場所で育ったことから、抜け目がなくずる賢い詐欺師に育った。卑屈で信用できない人物だが、ユーモアのセンスがある。何かの拍子に大当たりを引きたいと常々思っている。
ビクター・サリバン - 声:千葉繁
ベテランのトレジャーハンターで愛称は「サリー」。ネイトのパートナーであり、師匠でもある。多方面に多額の負債を抱えており金には少々汚い。しゃべりがうまく、未だに若い女性を口説くことも。現在は力仕事などはネイトに任せているが、冒険家としての腕、知識は衰えていない。
ロベルト・グエロ - 声:間宮康弘
40代後半の男性。一見無精者に見えるが、その体はしっかりした筋肉に支えられ、一度怒りに火が着くとその怪力で人一人簡単に投げ飛ばしてしまうほど。革命を夢見続ける元将官であり、自分の軍隊の資金を得るためなら手段を選ばない冷血漢。気が短く、自分の考えを貫く事こそが革命への近道だと信じて疑わない。

武器[編集]

アンチャーテッドシリーズでは実在する武器をモデルとしたものがよく登場する。

セミオートビストル
メインシリーズ1作目の初装備である。初期装備品ながら意外と高性能。欠点は弾数の少なさと撃つ時の反動。
メインシリーズ2作目の初装備である。PM-9mmと同じく、高性能だが、弾数が少く撃つ時に反動が発生する。PM-9mmと両方登場するのは今作がはじめて。
メインシリーズ1、2作目のゲーム終盤で多く手に入る。PM-9mmの強化版で欠点だった弾数と反動も改善されている。
当たればほぼ1発(高難度の場合2発)で倒せる強力武器。しかし、敵の手に渡っているときは1発でも喰らえば死亡ないし瀕死になる厄介な武器。反動が大きすぎるのが欠点。
オートマチックピストル
フルオート連射可能。全弾消費時の威力は高いが、弾の消費も早い。
リボルバー
こちらも非常に強力で1、2発で仕留めることが可能。その分入手回数は少ない。今作でもサリーが愛用している。
アサルトライフル
よく登場するシリーズ御馴染みのアサルトライフル。両手持ち武器としては前半戦で多く手に入る。弾数は多いが威力、集弾率、リロード性能が低い。
連射はできないが威力は高い。3連射方式でダットサイトが付いている為それを用いた精密射撃が可能なため、中距離や遠距離にいる敵をピンポイントで射撃する場面で威力を発揮する。
アサルトライフル上位版。集弾率が大きく改善されているが、リロードは相変わらず遅い。
ショットガン
強力なショットガン。接近戦では無類の強さを誇るが、集弾率の悪さから遠距離ではパフォーマンスが大きく低下する。1発ごとに排莢のため連射も不可。
ゲーム後半で手に入るショットガン。集弾率が向上し、ある程度の距離までなら威力を維持できるようになる。
スナイパーライフル
強力なスナイパーライフル。兵士を一発で倒すことのできる最強の銃。ズームも可能。レーザーサイト付き。
ロケットランチャー
威力は最大の武器。だが持てる弾数が少なく、入手回数も少ない。特定の敵はこれを使わないと倒せない。PVではグエロがRPGを打つシーンが含まれる。
グレネードランチャー
ゲーム中わずかしか使うチャンスが無いが、威力は絶大。今作から放物線を描いて飛ぶようになった。
  • GP32-BND
ハンドガンタイプのグレネードランチャー。威力や性能はM79に似ている。
ガトリングガン
高火力だが重く移動の速度が落ちる他、初弾発射までタイムラグがあるため隙が大きい。背中には背負えないため、他の武器に切り替えるとその場に投げ捨てることになる。(再度拾うことは可能)また、持ったままエリア移動はできない。
グレネード
最大4コ持つことができる手榴弾。効果範囲は見た目以上に狭い。

用語集[編集]

フランシス・ドレイク
実在したイングランド出身の海軍提督。イギリス人初となる世界一周を成し遂げている。その航海で得た宝はエリザベス1世に献上されたが、実はフランシス卿が残しているお宝があるとされており、そのお宝をネイトやローマンが狙っている。また、フランシス卿が死去した際、鉛の棺に納められ海中に沈められたとされる。この棺は現在も見つかっていないが、ネイトが見つけたところからアンチャーテッドシリーズのストーリが始まる。
ヴィンセント・ペレス
ヴィンセント・ペレスは晩年の20年間を発掘現場や追跡の謎の調査に費やした人物。国際追跡事務局に20年以上所属していた。マリサ・チェイスの祖父であり、亡くなる前マリサに"黄金のアミュレッド"を渡した。そのため、マリサはその"黄金のアミュレッド"を大切に保管していた。
シボラ
伝説上の黄金都市。エル・ドラード若返りの泉と同様、16世紀スペイン人のコンキスタドールたちやフランス人植民者によって中央アメリカに実在すると信じられ、探険が数多く行われた。ネイトたちはこの黄金都市を探す。

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]