レゴ ニンジャゴー (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レゴ ニンジャゴー
ジャンル 忍者アクションドラゴン
アニメ:レゴ ニンジャゴー
原作 レゴ ニンジャゴー
監督 Michael Hegner
Justin Murphy
音楽 Jay Vincent
Mike Kramer
アニメーション制作 Wil Film/スタジオディーン(制作協力)
製作 Erik Wilstrup
放送局 デンマークの旗ニコロデオン
カナダの旗イギリスの旗アメリカ合衆国の旗カートゥーンネットワーク
日本の旗アニマックステレビ東京
放送期間 日本の旗 2012年3月4日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

レゴ ニンジャゴー』(レゴ ニンジャゴー、Lego Ninjago)とは、2011年にレゴから発売した忍者を題材にした玩具の「ニンジャゴー」を元にしたアニメ作品である。

概要[編集]

デンマーク、イギリスと北米ではニコロデオンカートゥーンネットワークにて2011年から放送されている。フルCGアニメーションだが、登場人物のデザインに玩具のレゴシリーズに同梱されている3頭身のミニフィギュアの姿をそのまま使用した、人形劇に似た作りとなっている。

日本では2012年3月4日にアニマックスで放送が開始され、2015年4月6日からテレビ東京系でシーズン4より放送[1]。シーズン4の放送後、カイの回想という形でシーズン3総集編の放送が行われ、シーズン5に放送後、最終回はウー先生の回想によるプロローグを一つにまとめた内容だった。その際、新たに収録・編集が行われ、アニマックスで放送されたものとは異なる演出になった。字幕文字多重放送を実施。劇場版映画公開と前後する形で2017年10月1日より日曜朝07:00から、シーズン6~シーズン7(総集編+新作ミニアニメ『どたばた!?ウーズカフェ』2本で構成)を放送。シーズン8から2018年3月11日よりYoutubeコロコロチャンネルで配信開始[2]。テレビ東京系での放送は同年3月25日で終了した。

また、日本では『別冊コロコロコミックSpecial』2015年4月号から2016年2月号まで漫画作品『レゴレゴレッツ レゴニンジャゴー!!』が連載されていた。

あらすじ[編集]

プロローグ[編集]

鍛冶屋の息子カイはある老人(ウー先生)と出会う。

その時、妹ニャーが闇の世界の支配者ガーマドン卿の手下ホネホネ・アーミーにさらわれてしまう。

カイはニャーを助けるため、ウー先生の下でニンジャになることを決意し、修行を積み重ね、その途中で出会ったコール、ジェイ、ゼンと共に4つのゴールドの武器をホネホネ・アーミーより先に手に入れることができるのか。

シーズン1[編集]

いたずら者のガーマドン小僧(ロイド)が、古代の昔に封印された邪悪なヘビヘビ族を解き放ってしまう。

アナコンドライ族のパイソーはヘビヘビ族を統一し、4つの毒の牙を集めてグレートヘビヘビを解放しようとしていた。そして、選ばれしグリーン・ニンジャになるのは一体誰なのか、ニンジャたちとヘビヘビ族との戦いがいま始まる。

シーズン2[編集]

グレートヘビヘビ撃退後、ニンジャゴー・シティに平和が戻ったものの、人々はニンジャたちではなくガーマドン卿の活躍だと思い込んでいた。

その頃ガーマドン卿は、4人のニンジャたちから奪った4つのゴールドの武器から「メガウェポン」を作り、ニンジャゴーの世界の征服へと力をためていた。

ロイドとガーマドン卿・・・避けられない親子の戦いはワルワルサムライをも巻き込み、ニンジャたちとガーマドン卿との最後の戦いがいま始まる。

シーズン3[編集]

ニンジャたち5人は正気に戻ったガーマドンと和解し、ニンジャゴー・シティを救った。

戦いにより荒廃したニンジャゴー・シティは、天才実業家サイラス・ボーグによって見事に復興するが、倒されたはずの闇の大帝、オーバー卿は"デジタル・オーバー卿"として電脳世界で復活し、現実世界に侵攻を始めた。

シーズン4[編集]

オーバー卿とのニンジャゴーの世界の存亡を巡る戦いの中で姿を消したゼン。大事な仲間を失い、意気消沈していた4人のニンジャたちはある日、ゼンが生きている手がかりを手に入れた。

そして、4人はガーマドン先生と共にマスター・チェンが主催する大会『エレメント・トーナメント』に参加すべく、地図にもない島へと足を踏み入れた。さまざまな能力を持つエレメント・マスターたちと、生き残りを賭けた壮絶なバトルをスタートさせる。

ゼンの行方を追って、島に渡ったカイたちの運命はいかに。無事にゼンと会うことができるのか。そして、マスター・チェンの本当の目的とは何か。ニンジャゴーの世界の歴史に残る戦いが、いま始まる。

シーズン5[編集]

ニンジャたちの決死の戦いの末、マスター・チェンとニセモノのアナコンドライたちの魔の手からニンジャゴーの世界は守られたが、ロイドの父・ガーマドン先生がニンジャゴーの世界を守るため、犠牲になってしまった。

そんな中で、暗黒世界から復活したゴーストニンジャのモローが、父を失い落ち込むロイドに憑りつき、カイ、コール、ジェイ、ゼンに襲いかかる。

シーズン6[編集]

モローとの戦いに勝利し、ニンジャゴーの世界を救ったニンジャたち(カイ、ロイド、コール、ジェイ、ゼン、ニャー)。平和を取り戻し街の人気者となったのも束の間、新たな敵が現れる。

海賊ミスフォーチュンの船長、ナダカーンが暗黒世界から逃亡したクラウズの手によって復活したのだ。ナダカーンは、ニンジャたちとモローとの戦いが自分の故郷の崩壊につながったことを知り、復讐を決意。

ナダカーンと仲間は、「海賊船ミスフォーチュン号」を改造した、空飛ぶ「空賊母艦ミスフォーチュン号」に乗り込み、ニンジャたちを襲う。

スペシャル[編集]

ナダカーンを破り、世界を救ったニンジャたち。だがコールはいまだにゴーストから戻れていなかった。

その日は先祖や身近な人に想いを寄せる「たましいの日」で、数千年に一度の月食、ダークムーンが出てくる日と重なっていた。

ニンジャゴー・シティ博物館の新館長サンダース博士は博物館に「邪悪の展示室」を「たましいの日」に合わせてオープンさせた。

体が消えかけ始め、仲間に忘れ去られる事を悩んでいたコールは展示室に飾っていた影の剣を持って、自分をゴーストに変えたヤン先生のいるゴースト寺へ導かれる。

夜の不気味な部屋でニンジャたちが倒したはずのサムカイ、コズ将軍、クリプトー将軍、マスター・チェン、モローが復活し、博物館に来ていたパイソーと手を組んでニンジャたちに襲いかかってきた!

シーズン7[編集]

「たましいの日」の戦いでコールがゴーストから元の姿に戻った後、ニンジャたちはニンジャゴー・シティ博物館で片づけをしていた。

片づけをする中で彼らは、若き日のガーマドン先生とウー先生が時間を操るエレメント・マスターの双子「クロックス」と「アクロニックス」と戦う場面が描かれた一枚の巨大な絵画を見つける。

同じ頃、ウー先生が焼け跡となった道場で誰かを待っていると、上空に時間の渦が出現する。

そこから、かつてウー先生が戦ったアクロニックスが時を操るエレメントパワーが秘められた「時空ときの剣」(時を進める剣)を手に、40年の時を超えてニンジャゴーの世界に再び出現した。

シーズン8[編集]

クロックスとアクロニックスを止めるためにタイムスネーカーに残り行方不明になったウー先生に代わって、ロイドはニンジャのリーダーとなってから1年が経過した。

ある時、ニンジャゴー・シティで暗躍する不良グループ、「チーム・ブラックガーマドン」がボーグタワーからONIの仮面の1つ、復讐の仮面を奪っていった。

ニンジャたちはハチンズの要請でONIの仮面の1つである偽りの仮面とハルミ姫の護衛をすることになった。

ニンジャゴーの世界が出来る前からいる怪物、ONIが宿った3つの仮面、復讐の仮面・偽りの仮面・憎しみの仮面をそろえるととてつもない力が手に入るらしい。

しかし、チーム・ブラックガーマドンの真の目的はブラックガーマドンを甦らせ、ニンジャゴー・シティに恐怖のどん底に陥れることだった。

エレメント・パワーとスピン術を駆使し、ニンジャゴー・シティの平和を守るために、ニンジャたちの戦いが今、再び始まる。

シーズン9[編集]

チーム・ブラックガーマドンが現生に甦らせたブラックガーマドンによって、ニンジャゴー・シティが支配された。

ブラックガーマドンとの戦いでエレメントパワーを使えなくなったロイドだが、希望を捨てず仲間たちと戦う決心をした。そんな彼らにミスタケやエレメント・マスター達が合流する。

一方、ONI・タイタンから逃げるため空間の茶を使ったカイ、ジェイ、コール、ゼン、ウー先生はONIとドラゴンの世界に飛ばされる。

ニンジャゴーの世界に戻る方法を模索する彼らの前に、ドラゴンを捕らえる謎の集団、ドラゴンハンターが現れる。

ニンジャゴーの世界とONIとドラゴンの世界、2つの世界でのニンジャの戦いが始まる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ニンジャたちは表向きは喫茶店"ウー'sカフェ"の店員として働き、一方で陰ながらニンジャの修行をしている事になっている。来店客は彼らがニンジャである事は知らない。

カイ/レッド・ニンジャ(Kai Smith/Red Ninja)
声 - 森嶋秀太/英 - ヴィンセント・トン
炎系ニンジャ。本作の主人公。
幼い頃に両親が行方不明になってからは妹であるニャーと共に生活してきた。元は鍛冶屋で、ガーマドン卿にニャーが攫われてからニンジャの道に足を踏み入れることに。
せっかちな所もあるが、誠実で仲間思いな男。強い正義感があり、何に対しても恐れず向かっていく。
父親のレイは初代ファイヤーマスター。母親のマヤは初代ウォーターマスター。
シーズン8の終わりでONI・タイタンに捕まった際、ミスタケからもらったお茶の力でONIとドラゴンがいる世界に逃げることに成功した。
ロイド・ガーマドン(ガーマドン小僧)/グリーン・ニンジャ/ゴールデン・ニンジャ(Lloyd Montgomery Garmadon/Green Ninja/Golden Ninja)
声 - 松井恵理子/英 - ジリアン・マイケルズ(シーズン7まで) → サムエル・ビンセント(シーズン8以降)
ミサコとガーマドン卿の息子。後にグリーン・ニンジャとして覚醒する。 アニマックスで放送されていたシーズン1ではガーマドン小僧と呼ばれていたが、シーズン2以降はロイドと呼ばれるようになる。
シーズン1の時点では彼はまだ幼く、父であるガーマドン卿のように邪悪な支配者になりたいと思っていたものの、幼児からキャンディを奪うような小さな悪事ばかりしていた。
ヘビヘビ族の墓を見つけ、彼らを解放したロイドは、アナコンドライ族の生き残りパイソーと共に悪事を働く。しかしパイソーに見限られ、ニンジャ達によって保護された。
その後はウー先生の元でニンジャ達と共に修行をすることになる。そしてロイドがグリーン・ニンジャであることが判明し、父ガーマドン卿と戦う運命にあることが分かった。
シーズン2にて、ガーマドン卿がメガウェポンの力によって蘇らせた太古生物グランダルとの戦いにより、ロイドの体は成長し大人のものになった。
シーズン2でのガーマドン卿との戦いでゴールデン・ニンジャとなったが、シーズン3でオーバー卿の復活を阻止するためゴールデンパワーを手放し、他の4人のニンジャにそれぞれのパワーを分け与えた。
シーズン4で父との別れを経験して以来精神的に不安定になっており、シーズン5でモローにその心の隙を突かれ身体を乗っ取られた。その後、モローから用済みとして見放される形で仲間たちと合流した。
シーズン7の最終話ではニンジャたちをまとめる先生として、遠い未来にタイムスリップしたクロックスとアクロニックスを追って行方不明になったウー先生を探し出すことを誓った。
シーズン8の終盤でブラックガーマドンの受けた後、ミスタケの茶で傷をいやした際に持っていたパワーを失った。
ジェイ/ブルー・ニンジャ/ジェイ・ゴードン(Jay Walker/Blue Ninja)
声 - 大下孝太/英 -マイケル・アダムスウェイト
イナズマ系ニンジャ。
ニンジャの中でも俊敏で、頭の回転が速く楽観的。ジョーク好きでユーモラスな人物だが、機転を利かせてピンチを救うことが多い。
カイの妹ニャーを好いており、彼女に対しては優しい所を見せる。
シーズン5で初代スピン術マスターの墓にいった時にニャーとラブラブに寄り添っている未来を見る。
シーズン6でナダカーンに願いを2つ叶えてもらった際に、自分が実は養子で実の父がフリッツ・ドネガンだと知る。その後、ナダカーンにふりまわされるが、最終話まで最後の願いを言わなかった。
シーズン6最終話でニャーが危機に陥った際、ナダカーンに最後の願いをしたことで過去が変わり、クラウズが願いのポットを見つけて封印を解いたという事実をなかったことにした。
シーズン8の終わりでONI・タイタンに捕まった際、ミスタケからもらったお茶の力でONIとドラゴンがいる世界に逃げることに成功した。
ゼン/ホワイト・ニンジャ/チタン・ニンジャ(Zane Julien/White Ninja/Titanium Ninja)
声 - 橘諒/英 -ブレント・ミラー
アイス系ニンジャ。日本語版では仲間にも敬語を使う。
ジョークが理解出来なかったり、空気が読めない天然な所があるが、それは彼は人間では無く、ニンドロイドと呼ばれるアンドロイドだからだった。
シーズン3終盤でのオーバー卿との戦いにより消息不明となるものの、シーズン4において彼の生存が明かされ、仲間たちと合流を果たした。
シーズン5では音声機能の不調で一時しゃべり方がおかしくなった。
シーズン8の終わりでONI・タイタンに捕まった際、ミスタケからもらったお茶の力でONIとドラゴンがいる世界に逃げることに成功した。
コール/ブラック・ニンジャ(Cole Brookstone/Black Ninja)
声 - 斎藤楓子/英 - カービー・モロウ
大地系ニンジャ。チームのリーダー格。
日本語版での一人称は僕(アニマックス版)→おら(テレビ東京)。
シーズン1の時点では、自分がニンジャであることを父に隠しており、タレント養成所に行っていることにしていたものの、父に本当の事を話すことになる。
力自慢で、シーズン4冒頭では林業に携わっていた。ニャーに心を寄せており、そのことでジェイと揉めたことがある。
エレメンタル・トーナメントでジェイに破れて地下のラーメン工場に移送される際、ゼンを発見した。
シーズン5でヤン先生の寺から逃げ遅れ、ゴーストになってしまった。一時は修行ができなくなるほど落ち込んだが、仲間たちの励ましを受け、ゴーストとしての特性を生かして窮地を救っていった。
スペシャルでは蘇りの裂け目を通った事で、ゴーストから元の姿に戻った。
シーズン8の終わりでONI・タイタンに捕まった際、ミスタケからもらったお茶の力でONIとドラゴンがいる世界に逃げることに成功した。
ニャー/サムライX/ウォーター系ニンジャ(Nya Smith/Samurai X)
声 - 内田彩/英 - ケリー・メッツガー英語版
カイの妹で、幼い頃に両親が行方不明になった後は兄によって育てられていた。ガーマドン卿らから解放された後は、ニンジャ達のメカニックとして活動している。
シーズン1ではアーマーと巨大ロボットを作り、兄達には秘密でサムライXとして活動していた。素顔を隠し、変声機を使うことで性別を隠していたものの、第8話にて、ニンジャ達に素性を明かすことになった。
シーズン5で水のニンジャとしての素質があることをウー先生に告げられ、修行を始めた。
シーズン6ではナダカーンの亡き妻であるデラーラに似ていることから、結婚を強制させられる。

関係者と家族[編集]

ウー先生(Sensei Wu Garmadon/Tech Wu/Evil Wu)
声 - 一条和矢、松井恵理子(幼少時)、?(若返り時)/ 英 - ポール・ドブソン、?(若返り時)
ロイドの叔父で、ニンジャ達の師匠。初代スピン術マスターの息子でもあり、その力を受け継いでいる。
シーズン3にて、デジタル体になったオーバー卿に支配され悪に染まったこともあった。
シーズン5ではロイド救出作戦を主導する一方かつての愛弟子であるモローに対して心を痛めており、モローの喪失を嘆き悲しんだ。
シーズン7ではアクロニックスの「タイムアタック」と呼ばれる攻撃を受け、一日経つと一年も年を取るようになってしまうが、最終話でクロックスたちと共に40年前にタイムスリップした際、道場近くの茂みに隠されていた時空の剣をニャーが見つけて使用したことでタイムアタックを受ける前の状態に戻ったが、カイとニャーに時空の剣の1つ(時間を戻す剣)を託して現代に帰還させ、遠い未来にタイムスリップしようとするクロックスとアクロニックスを止めるべく時間の渦を移動するタイムスネイカーの中に残って戦うことになった。
その後、時空の剣の影響で赤ちゃんにまで若返った。
シーズン8でチーム・ブラックガーマドンがブラックガーマドンの復活に必要として捕えていたが、コールによって救出される。その後、ニンジャ達とともにONIとドラゴンがいる世界に逃げた。
シーズン5以降は、表向きは喫茶店"ウーズカフェ"の店長としてニンジャたちを雇い店を切り盛りしている形になっている。『どたばた!?ウーズカフェ』では彼の新たな一面が垣間見える。
ガーマドン先生/ガーマドン卿(テレビ東京→ブラックガーマドン)(Sensei Garmadon/Lord Garmadon)
声 - 一条和矢/英 - マーク・オリバー
ロイドの父にしてウー先生の兄。幼少期にグレート・ヘビヘビに噛まれたことによって悪に支配され、ガーマドン卿として暗躍するようになった。
シーズン2では、ゴールドの武器全てを操るために腕が四本生えている。パイソーのいなくなった後のヘビヘビ族達を支配していたものの、その後反感を買いスケールズによって海上へと突き落とされる。しかしそれによって闇の島を発見することになった。
その後、闇の大帝(オーバー卿)との戦いを経て息子と和解した後は、家族や仲間たちとともにニンジャゴーの世界を守る立場になった。
シーズン4にて、息子を見守るためにマスター・チェンの島へ同行するものの、参加者ではないということで選手寮からは締め出された。その後、かつてアナコンドライ・カルトに所属していたことを明かし、マスター・チェンが放ったアナコンドライの呪いに苦しみつつも、自らの命と引き換えにアナコンドライ族の者たちの霊を召喚した。
シーズン5ではマザー・エミネントの体内で息子と再会を果たして激励したのち、マザー・エミネントと運命を共にした。
シーズン8でチーム・ブラックガーマドンの行った儀式によって、完全な悪の存在として復活。ニンジャゴーシティを支配した。
ミサコ(Misako Garmadon)
声 - ひと美/英 - キャサリン・バー
ロイドの母。ニンジャゴー歴史博物館で働く考古学者。かつてガーマドンと結婚していたが、彼が悪に染まってからは彼の元を離れた。
息子がグリーン・ニンジャとして夫と戦う運命にあることを知り、ロイドを全寮制のダークリー悪党養成学校に預け、自分は予言の調査に専念していた。
シーズン8開始時点ではウー先生を探しに行ったっきり消息を絶っていたが、実はチーム・ブラックガーマドンがブラックガーマドン復活のために捕まえていた。
ルー(Lou Brookstone)
声 - 新田英人/英 - カービー・モロウ
コールの父。著名なエンターテイナー。
シーズン7では他の職人たちと共にクロックスとアクロニックスに誘拐されていた。
エドワード&エドナ(Ed and Edna Walker)
ジェイの両親。金属回収業を経営している。
シーズン6でジェイを俳優のフリッツ・ドネガンから養子として譲り受け、我が子として育てた事が判明した。
エドワード
声 - 坂本くんぺい/英 - コリン・マードック
ジェイの父親。
エドナ
声 - よのひかり/英 - ジリアン・マイケルズ
ジェイの母親。
ジュリアン博士(Dr. Julien/The Tinkerer)
声 - 山岸治雄/英 - マーク・オリバー
ゼンの開発者。自らの余命が長くないことを悟り、ゼンが悲しまないようにと彼の記憶から自らの存在を消した。
しかし、実はジュリアン博士は一度死んだ後、サムカイによって蘇らせられていた。
サムカイは博士に兵器を作らせようとしたものの、彼が反抗したために孤島に閉じ込めていた。
その後、ニンジャ達は闇の島に行くまでの道中で彼を発見することになる。
ファルコン
ゼンと同じくジュリアン博士がつくった鳥型のロボット。
ゼン二号
ジュリアン博士が寂しさから作ったロボット。
顔はゼンだが全身サビている。
ダレス師匠(Grand Sensei Dareth/Brown Ninja)
声 - 相馬康一/英 - アラン・マリオット
ニンジャ達がロイドの修行の場に決めた「ダレス師匠のモージョー道場」の先生で、ブラウン・ニンジャを自称する。
キザな性格でかなりの女ったらしだが、いざというときは頼りになる人物。
カイのスピン術によって圧倒され、ニンジャ達に道場を自由に使えるようにした。
ピクサル/サムライX(P.I.X.A.L.,Primary Interactive X-ternal Assistant Life Form/Samurai X)
声 - ひと美/英 - ジェニファー・ヘイワード
再建されたニンジャゴー・シティの管理を務める人工知能。同じ機械の体を持つゼンとは仲が良い。
彼女の名は「一次相互作用型外部アシスタント生命体(Primary Interactive X-ternal Assistant Life Form)」を意味する。
シーズン4ではゼンとともにマスター・チェンに囚われたが、彼を励ました。
シーズン7で何者かがニャーが保管していたアーマーを奪ってサムライXとして活動していたが、シーズン8で彼女がニンジャ達を守るため皆に内緒でサムライXになっていたことが明らかになる。
サイラス・ボーグ(Cyrus Borg/OverBorg)
声 - 相馬康一/英 - リー・トッカー
ニンジャゴー・シティの再建に関わった天才実業家。生まれつき足が不自由であり、6本足の補助器具を使っている。
シーズン3では洗脳され、アークトゥルス計画の手伝いをさせられていた。
シーズン7ではクロックスとアクロニックスに誘拐され、クロノメカ:タイムスネイカーの動力源を製作させられることになった。
ローニン(Ronin)
声 - 山脇〆紀 /英 - ブライアン・ドブソン
盗品を売買して生計を立てるならず者で、金に汚い性格。
初登場はゲーム作品『レゴ ニンジャゴー ローニンの影英語版』で、テレビシリーズではシーズン5にて初登場を果たした。
エアー術を学ぶ方法を知っており、カイたちの接触を受け、ウー'sカフェの共同経営権を手に入れるという条件のもと、彼らにエアー術を学ぶ方法を教えた。
その後もウー先生らに同行し、スティークス住民の避難誘導にあたった。
シーズン6冒頭で、ニンジャ達を警察に売っている。その為にニンジャ達は一度警察に逮捕され、クリプタリアム刑務所に収監される羽目になったが、逆にそれが魔神ナダカーンの秘密を知る海賊ソト船長とニンジャ達との出会いへとつながった。
レイ
カイとニャーの父で初代ファイヤーマスター。
カイとニャーが幼い頃に行方不明になっていたが、サンダース博士に成りすましていたクロックスに脅され、カイとニャーを守るべく協力していたことがシーズン7で判明した。
マヤ
カイとニャーの母で初代ウォーターマスター。
カイとニャーが幼い頃に行方不明になっていたが、レイと共にクロックスに脅されて協力していたことがシーズン7で判明した。

エレメント・マスター[編集]

初代エレメント・マスターの子孫たち。ニンジャ達も同じく、エレメント・マスターである。

スカイラー(Skylar/Orange Ninja)
声 - 勝田詩織 /英 - ヘザー・ドークセン
エレメント・トーナメントに参加した琥珀(アンバー)・マスターの女性。他者のエレメント・パワーをコピーすることが出来る。
選手寮ではカイの隣の部屋に割り当てられ、カイから好意を寄せられた。
実は、マスター・チェンの娘であり、父によって送られたスパイであったが、のちに離反し、カイらと共にマスター・チェンの杖を破壊した。
マスター・チェン死後はチェンの店、「ミスターチェン」を引き継ぐ。
その後も何度かニンジャたちに協力している。
カーロフ(Karlof)
声 - 真田雅隆 /英 - スコット・マクニール
メタルのエレメントマスターで、自身を鋼鉄化させることで防御力を高める能力を持つ。黒い兜と、巨大な鋼鉄のガントレットが特徴。
日本語版では一人称が自分の名前になっているなど朴訥さが目立つが、これは彼が言葉をあまり知らないことに由来しており、実際はかなり頭の良い人物。
第一の試練である翡翠の剣の取り合いの際、最後の一本を巡ってカイと火花を散らし、一時は有利に事を進めるが、カイにガントレットを利用されて敗北する。素直に負けを認めたのち、敗者としてマスター・チェンによってパワーを奪われ、チェンが運営するラーメン工場で強制労働させられた。
その後、他のニンジャたちとともに助けられ、マスター・チェンに立ち向かった。
シーズン7では他の職人たちと共にクロックスとアクロニックスに誘拐され、武器や兜などを作っていた。
グリフィン・ターナー(Griffin Turner)
声 - 遠藤広之/英 -ドロン・ベル
スピード・マスター。動くのが早ければ喋るのも早い。
カミーユ(Camille)
声 - 結城飛鳥/英 - マリカ・ヘンドリクス英語版
フォーム・マスター。他者の姿を完璧に模擬出来る。
ロイドとの戦いに敗れ、地下のラーメン工場で労働させられることに。
ニューロ(Neuro)
声 - けいたろう/英 - ポール・ドブソン
マインド・マスター。他者の考えを覗くことが出来る。
ボロボ(Bolobo)
声 - 喜多田悠/英 - マイケル・アダムスウェイト
ネーチャー・マスター。植物性の触手を自在に操れる。マインド・マスターニューロに破れた。
グラビス(Gravis)
声 - 外島孝一/英 - カービー・モロウ
グラビティ・マスター。重力を操ることで浮遊出来る。頭に巻いたターバンが特徴。スピード・マスター ターナーに破れた。
ジェイコブ(Jacob)
声 - 風間信彦/英 - ポール・ドブソン
サウンド・マスター。盲目だが、楽器を鳴らすことで隠れている人物をも見つけられる。
ラーメン工場から逃げる際にクラウズに見つかりヘビのエサに。ただ一人エレメントトーナメントから生きて戻れなかったエレメントマスターである。
ペールマン(Paleman)
声 - 小林大紀/英 - カービー・モロウ
ライト・マスター。自分の姿を見えなく出来る。
なお、レゴウルトラ・エージェントシリーズ英語版に似た人物が登場する。
アッシュ(Ash)
声 - 島田朋尚/英 - ブレント・ベル
スモーク・マスター。体を煙状に変えられる。始めはパワーでカイを圧倒するも、逆にそのパワーを利用され、カイに破れた。
シェイド(Shade)
声 - 山岸治雄/英 -アンドリュー・フランシス英語版
シャドウ・マスター。影の中に身を隠し、移動出来る。
トックス(Tox)
声 - 丸塚香奈/英 -イアン・ジェームズ・コレット
ポイズン・マスターである女性。毒を操れる。アニメでは描写されなかったものの、彼女はシャドウ・マスター シェイドと戦い敗北している。
ペールマン同様ウルトラ・エージェントシリーズに似た人物が登場する。
Lar
ウォーター・マスター。書籍「The Tournament of Elements」内のキャラクター。
アニメには登場しない。

ニンジャの敵[編集]

ホネホネアーミー(The Skullkins)[編集]

闇の世界(ニンジャゴーの世界でいう魔界)に住むホネの怪物である軍団。かつて闇の世界へ追放されたガーマドンにより、支配されてしまった。

サムカイ(Samukai)
声 - 野村大地/英 - マイケル・コプサ
四つ腕の骸骨。かつては闇の世界にてホネホネアーミーたちをまとめて従えていたが、落ちてきたガーマドン卿の下剋上に遭った。
その後は、ガーマドン卿の右腕として動くようになった。
スペシャルではヤン先生の手によって復活し、ジェイに襲いかかった。
クランチャ、ヌッカル(Kruncha and Nuckal)
声 - /英 - ブライアン・ドラモンド
サムカイの部下。二人一緒に登場することが多い。
ウィプラッシュ(Wyplash)
声 - /英 - マイケル・ドブソン
サムカイの部下。アニメではプレイバックムービーのみの登場。
フラクジョー(Frakjaw)
声 - /英 - トレバー・デュバル
サムカイの部下。
クラジ(Krazi)
声 - /英 - トレバー・デュバル
サムカイの部下。
チョポブ(Chopov)
声 - /英 -トレバー・デュバル
サムカイの部下。ホネホネアーミーらの車両・メカニックを手掛けており、ジュリアン博士らを脅していた。
ボーンザイ(Bonezai)
声 - /英 -トレバー・デュバル
サムカイの部下。

ヘビヘビ族(The Serpentine)[編集]

ヘビと人が合わさったような姿をした種族。元々は初代スピン術マスターが作った種族だが、マスター・チェンの暗躍により人類と戦争を繰り広げ、地下へと追いやられた。 その後、ガーマドン小僧(ロイド)が解放してしまう。ワルワルサムライの墓を開けた後、墓に閉じ込められてしまうがそれを機に「地上のゴタゴタとはかかわらない」と地下での生活を始めた。

シーズン3の最終話では、地上の人間たちを地下に避難させていた。

ヘビヘビのそれぞれの将軍は、解毒剤の入った杖を所持しており、これらすべての杖の液体を紙に垂らすと、4つの毒の牙(ファング・ブレード)のありかがかかれている地図が浮き出てくる。毒の牙を全て揃え、ウロボロスのヘビの像に置くとグレートヘビヘビが解放される仕組みとなっている。

グレート・ヘビヘビ(The Great Devourer)
ヘビヘビ族が信仰する巨大な蛇。幼少期のガーマドンを噛んだ。
アナコンドライ族(The Anacondrai)
ヘビヘビ族最強と呼ばれる種族。
パイソー将軍(Pythor P. Chumsworth)
声 - 相馬康一/英 - マイケル・ドブソン
アナコンドライ族最後の生き残り。4つの毒のキバを集めグレート・ヘビヘビを解放させたが、その直後にウー先生と共に食べられる。
実は身体が白化しながらも生きており、シーズン3でオーバー卿の復活に肩入れしていたものの、終盤でニンジャ達がオーバー卿に飲ませようとした薬を飲み、体が縮んでしまった。
シーズン4ではマスター・チェンを阻止するために動いたのち、アークトゥルス将軍により元の大きさに戻った。
スペシャルではヤン先生が復活させたニンジャの敵と合流し、ロイドに襲いかかった。
日本語版ではお姉口調で喋る。
アークトゥルス将軍(Arcturus)
声 -/英 - スコット・マクニール
人類との戦争の時にアナコンドライ族の将軍を務めていた人物。
シーズン4の時点ではすでに死亡しており、他の者たちとともに霊として現世に現れ、マスター・チェンを罰し、ロイドらに感謝の言葉を述べ、パイソー将軍を元に戻した。
ヒプノブライ族(The Hypnobrai)
相手と目を合わせるだけで催眠術を賭けることのできる種族。
スケールズ(Skales)
声 橘諒 /英 - イアン・ジェームズ・コレット
ヒプノブライ族の副官だったが、後に将軍になる。
シーズン7ではニンジャゴーシティ博物館の地下で他のヘビヘビ族と共にベノブレイムの動向を見張っていた。
セルマ
声 - /英 - ジリアン・マイケルズ
スケールズの妻。一人息子に対して過保護になっている。
スケールズ・ジュニア(Skales Jr.)
声 - /英 - アリッサ・スウェールズ
スケールズの息子。
スリスラ(Slithraa)
声 - /英 - ジョン・ノヴァク
スケールズの前任だった元ヒプノブライ族将軍。
ロイドがヒプノブライ族の墓を見つけ侵入した時、間違って自分自身に催眠をかけてしまったためにロイドに従うようになった。
その後、スケールズとの戦いに敗れ、将軍の座をとられる。
メズモ(Mezmo)
声 - /英 - マイケル・アダムスウェイト
ヒプノブライ族の兵士。戦いより食べることが好き。多数いる。
ラトラ(Rattla)
声 - /英 - ポール・ドブソン
ヒプノブライ族の戦闘員。多数いる。
ベノマリ族(The Venomari)
幻覚を引き起こす毒を操る種族。
アシディカス(Acidicus)
声 - 長谷川俊介 /英 - ポール・ドブソン
ベノマリ族の将軍。
リザル(Lizaru)
声 -/英 -ヴィンセント・トン
ベノマリ族の兵士。多数いる。
スピッタ(Spitta)
声 -/英 -カービー・モロウ
ベノマリ族の兵士。多数いる。
ラシャ(Lasha)
声 -/英 -ブレント・ミラー
ベノマリ族の兵士。多数いる。
ファンパイア族(The Fangpyre)
噛まれるとヘビになってしまう毒を持つ種族。なお、この毒は生物に有効なだけでなく、乗り物などもヘビにすることができる。
また、同族同士で噛まれた場合、噛まれた側に頭部がもう一つ発生するため、本作に登場するファンパイア族の中には頭部が二つ存在する者もいる。
ファントム(Fangtom)
声 - 高橋伸也(右)、遠藤広之(左) /英 -マッケンジー・グレイ
ファンパイア族の将軍。
ファンダム(Fangdam)
声 -/英 -ジョン・ノヴァク
ファンパイア族の戦士。多数いる。
ファン・スエイ(Fang-suei)
声 - /英 - マイケル・アダムスウェイト
ファンパイア族の兵士。多数いる。
スナッパ(Snappa)
声 - /英 -ポール・ドブソン
ファンパイア族の斥候。多数いる。
コンストリクタイ族(The Constrictai)
体を使って相手をしめつけたり、地面を素早く掘ることを得意とする種族。
アナコンドライ族に次ぐ身体能力の高さを誇る半面、知能はあまり高くない。
スカリドール(Skalidor)
声 -/英 -ジョン・ノヴァク
コンストリクタイ族の将軍。
バイター(Bytar)
声 -/英 -カービー・モロウ
コンストリクタイ族の戦士。多数いる。
チョークン(Chokun)
声 -/英 -ヴィンセント・トン
コンストリクタイ族の兵士。多数いる。
スナイク(Snike)
声 -/英 -ブレント・ミラー
コンストリクタイ族の兵士。多数いる。

オーバー卿陣営[編集]

オーバー卿(The Overlord/The Golden Master)
声 - 山岸治雄 (アニマックス版)声 - 高橋伸也(テレビ東京版) /英 - スコット・マクニール
闇の大帝。
シーズン2にてゴールデンニンジャになったロイドに倒されたかのように見えたが、実は生きていた。
シーズン3ではコンピュータウイルスに姿を変え、P.I.X.A.Lを利用して再建されたニンジャゴーシティ乗っ取りを実行した。
復活にはゴールデンパワーが必要だったため、ロイドから奪おうとしたが、ロイドがゴールデンパワーを手放したため、宇宙にとばされたゴールドの武器の塊(テレビ東京版では黄金のパワーストーン)で復活した。
最後にはゼンと相打ちになり、倒された。
テレビ東京版では再収録の都合により、声優が変更され、喋り方が異なっている。
ワルワル・サムライ(The Stone Army)
闇の大帝オーバー卿が泥人形で作り出したゴーレム軍団。
コズ将軍
声 - 真田雅隆/英 -ポール・ドブソン
ワルワル・サムライのリーダー。
スペシャルでヤン先生によって復活し、ダレス師匠に戦いを挑んだ。
ニンドロイド軍団
ゼンのデータをスキャンして造られた戦闘用のアンドロイド軍団。
クリプトー将軍
声 - /英 - リチャード・ニューマン
ニンドロイド軍団のリーダー。
スペシャルではヤン先生によって復活し、ゼンに襲いかかった。
ミンドロイド(Min-Droid)
ニンドロイドの工場で最後に造られたニンドロイド。材料不足のため、膝小僧にあたる部分が存在しない。

アナコンドライ・カルト[編集]

マスター・チェン(Master Chen)
声 - 高橋伸也/英 - イアン・ジェームズ・コレット
エレメント・トーナメントの主宰者。エレメント・パワーを奪い取るエレメント・ケーンを持っている。
表向きはニンジャゴー・シティの有名中華チェーンのオーナーだが、実際はアナコンドライ・カルトの代表者であり、ガーマドンのかつての師匠。
ニンジャ達をおびき寄せるためにゼンとP.I.X.A.L.をさらったのち、トーナメントを利用してエレメントマスター達からパワーを奪い取る。そのパワーを巧みに利用して、トーナメントで一人になったロイドを倒し、全てのエレメントパワーを手にする。しかし、カイや工場で労働させられていたエレメントマスター達の逆襲劇を喰らった挙句、カイにエレメント・ケンを破壊された。その後スカイラーのパワーを用いてアナコンドライ・カルトのメンバー全員を巻き込んでアナコンドライに変身してニンジャゴー・シティ制圧に乗り出すも、現世に現れたアークトゥルス将軍らの亡霊により罰を受けた。
シーズン5ではクラウズとともにマザー・エミネントの体内に囚われていた。
スペシャルではヤン先生によって復活し、カイとニャーに襲いかかった。
テレビ東京版では胡散臭い中国人のように喋る。
クラウズ(Clouse)
声 -野村大地 /英 -スコット・マクニール
マスター・チェンの右腕であり、黒魔術の使い手。
ガーマドンを最初「ガーマドン卿」と呼ぶなど彼を深く知っているような節がある。
ガーマドンとの戦いで暗黒世界へ吸い込まれた。
シーズン5ではマスター・チェンとともにマザー・エミネントの体内に囚われていた。
シーズン6では暗黒世界から脱出し、願いのポットの封印を解いて魔神ナダカーンを呼び出すが、ナダカーンに3つの願いを利用されて願いのポットに閉じ込められる。
シーズン6最終話でジェイの最後の願いによって過去が変わり、クラウズが願いのポットを見つけて封印を解いたという事実がなかったことになり、港の住民に見つかって追われることになった。
アイザー(Eyezor)
声 -/英 - マイケル・ドノヴァン
チェンの部下の一人で、代理人として登場することが多い。潰えた右目と黒いモヒカンヘアーが特徴。
チェンの店で打ち合わせをしていたロイド達の前にならず者を装って現れた。
ズグ(Zugu ,Sumo Zumoともクレジットされる)
声 -/英 -ブライアン・ドブソン
チェンの部下の一人で、代理人として登場することが多い。
チェンの部下になる前は力士として活動しており、巨体を生かした戦法をとる。

ゴースト軍団[編集]

暗黒世界からやってきた幽霊軍団で、物体をゴースト化させて自らのものにできる。水を浴びるとエクトプラズム化して不安定になるという弱点を持つが、氷に触れることは可能。

終盤ではマザー・エミネントの体内から多数湧いたが、マザー・エミネント水没により全員消失した。

モロー(Morro)
声:八木隆典、結城飛鳥(幼少時)/英 - アンドリュー・フランシス、マイケル・ドノヴァン(「別れ」登場時)
ウー先生の最初の弟子である風のニンジャ。
幽霊としての能力のほかにも、他の幽霊を召喚する能力を持つ。そのため、他の幽霊たちに対する態度が大きい。
もともとは浮浪児だったが、たまたまウー先生のところにゴミ漁りをしに来たところ、ウー先生に拾われ、最初の弟子となった。風のエレメンタルマスターの子孫であると知った後は、伝説のニンジャになることに執着するあまり師匠から目指していた者になれないと告げられ師匠のもとを去った。
その後、初代スピン術マスターの墓を探す旅に出て、絶望の洞窟で死亡しその魂は暗黒世界に封じられていたが、シーズン4終盤のどさくさに紛れてニンジャゴーの世界に帰還し、シーズン5にてロイドの身体をのっとり墓探しを再開。墓に安置されていたパラレルクリスタルを手に入れ、用済みとなったロイドを解放した。
終盤では、スティークスにある隠れ家で、パラレルクリスタルを用いてマザー・エミネントを召喚しロイドと死闘を繰り広げた。ウー先生に手を差し伸べられるが、別れの言葉を述べてその手を振り払い、マザー・エミネントと運命を共にした。
スペシャルではヤン先生の手によって復活したが復讐に参加せず、ウー先生にコールの危機を知らせた。
ウェポン・マスター(Weapon Masters)
モローの部下である4人組のゴーストニンジャ。
レイス(Chain Master Wrayth)
声 - 真田雅隆/英 -マイケル・アダムスウェイト
チェーンマスター。
鎖を得物とするゴーストニンジャ。
カイたちとの死闘の末、貯水槽の水をかぶって一時は不安定になるものの、終盤では他の仲間たちとともに登場した。
日本語版では侍口調でしゃべる。
バンシャ(Blade Master Bansha)
声 - しもがまちあき/英 -キャサリン・バー
ウエポンマスター。
両端に刃物のついた棒を得物とするゴーストニンジャで、4人の中では紅一点。好戦的で、待たされるのが苦手。
衝撃波を放つ雄たけびをあげることができるほか、離れたところから人間を操ることが可能。
ゴールター(Scythe Master Ghoul Tar)
声 - 高橋伸也/英 - ポール・ドブソン
サイズマスター。
大鎌を得物とするゴーストニンジャ。4人の中では最も幼稚な性格で、後頭部に大きな傷があり、ばんそうこうでふさがれている。
ニャーがサムライXの秘密基地として利用している洞窟に侵入し、彼女のメカに憑依する形で奪取した。
その後、嘆きのアルプスでゼンに麓まで転げ落とされたところをウー先生らに発見され尋問を受けるが、モローが予言の剣を持ち帰った際のどさくさに紛れて牢屋から脱出し、仲間たちと合流した。
絶望の洞窟でカイたちを罠にはめるも旋風の剣を喰らい消滅するが、終盤でレイスや他の仲間とともに登場した。
日本語版では笑い声の混じった片言でしゃべる。
ソールアーチャー(Bow Master Soul Archer)
声 -野村大地/英 - ブライアン・ドブソン
ボウマスター。
弓矢を得物とするゴーストニンジャ。4人の中でも冷静で頭が良く、作戦を立てる役割を担っている。
矢は当てた物体をゴーストにするが、ディープストーンには無効。
日本語版では丁寧な口調で喋る。
マザーエミネント(The Preeminent)
呪われた世界の女王。呪われた世界の怨霊たちの親玉であり、暗黒世界そのものでもある存在。
封印されているため直接行動することはできず、モローらに指示を出していた。封印が解かれて召喚された際、周囲の建物を鎧代わりにして防水対策をとった。
最終的にカイたちを追い詰めたが、ニャーの秘めた力で起こした大津波に飲み込まれ海の底へ沈んでいった。

ゴースト寺[編集]

ヤン先生/ヤン・コドクナ(Sensei Yang/Kodokuna Yang)
声 - 西村太佑 /英 - マイケル・ドノヴァン
エアー術の創始者であるニンジャ。
エアー術を生み出した後に影の剣を手に入れ、その力で永遠の命を得ようとしたが失敗、弟子達と共に寺を呪い続けるゴーストになってしまった。
シーズン5ではカイたちがエアー術を習得しようとした際、幽霊として試練を与えた。
スペシャルではたましいの日がダークムーンと重なった日にゴーストになったコールに博物館から影の剣を持ってこさせ、影の剣で蘇りの裂け目を開いて、裂け目の中に入って生き返ろうとした。その際、皆の記憶から消えかけたコールのことを一人ぼっちだと言ったが、自分の野望に弟子達を巻き込んだ自分自身が本当の一人ぼっちだったと気付き、弟子達とコールを生き返らせ、自身はゴーストのまま寺に取り付き続ける道を選んだ。

天空海賊ミスフォーチュン[編集]

ナダカーン(Nadakhan)
声 -斉藤次郎/英 -スコット・マクニール
ミスフォーチュンの船長であり、別次元にあるゴーライ王国からきた魔神。
他人の願いを1人につき3つ叶える力を持っているが、愛に関する願い、死に関する願い、願い事が出来る回数を増やすという願いは叶えられない。
願いのポットに封印されていたが、クラウズによって封印を解かれる。カイ達6人に濡れ衣を着せ、その隙にパラレルクリスタルを奪い仲間達を呼び出す。
その後仲間達とともに故郷であるゴーライ王国にむかうが、自分の父親から暗黒世界(マザーエミネント)がニンジャたちに封印されたためゴーライ王国が崩壊した事を知り、ニンジャたちへの復讐とゴーライ王国の再建、ニャーを嫁として迎え、結婚することで得られる「無限の願いを叶える力」を手に入れようと企む。
シーズン6最終話でジェイがした最後の願いによって過去が変わり、クラウズが願いのポットを見つけて封印を解いたという事実がなかったことになり、願いのポットはスクラップの中に消えてしまった。
日本語版では語尾に「~だぜ」、「~ぜ」をつけて喋る。
デラーラ
ナダカーンの前妻でニャーによく似ている。シーズン6の時点では亡くなっている模様。
フリントロック(Flintlocke)
声 -宮本誉之/英 -ポール・ドブソン
ナダカーンがもっとも信頼している参謀的な存在。二丁拳銃が武器で、百発百中の腕前の持ち主。
物事を冷静に判断し、得意の銃で敵を排除する。
8話ではナダカーンに逆らったことから、掃除係になってしまった。
クランチー(Clancee)
声 -夏目桂輔/英 -ブライアン・ドブソン
ミスフォーチュンの下っ端。普段からおどおどした行動が多く、大の掃除好きだが船酔いしやすい。
いつもナダカーンの役に立とうとがんばっているが、ナダカーンにはわかってもらっていないのかいつもぞんざいな扱いをうけている。
実はシーズン6開始時点で一度もナダカーンに願い事をしておらず、ニンジャ達との戦いで自分の願いを叶えられないナダカーンに度々願いをさせられた。
お猿のレッチ(Monkey Wretch)
メカニック担当。機械いじりが大好き。
元は人間だったが、ナダカーンに「最高のメカニックになる」という願いをしたところ、近くにいた猿と合体し、機械の猿の姿にされてしまった。
ドックシャンク(Dogshank)
声 -浅井晴美/英 -ブライアン・ドブソン
巨体と怪力を繰り出しながら、レディの気品を大事にする女性。曲がったことが大嫌いで正々堂々と戦う。
昔は今のような巨体ではなかったが「美しくない」と周囲からバカにされ、ナダカーンに「ダンスで目立ちたい」という願いにより現在の姿になった。
ドゥブルーン(Doubloon)
スピン術を得意とする二面の顔を持つ船員。無口で何事もあっても喋らない。
昔は二つの顔を持つといわれるほどの変装が得意だった大泥棒で、ナダカーンに「もっとすごい泥棒になりたい」と願いにより本当に二つの顔にされた。
スカーフィー(Sqiffy)
新人。
ブッコー(Bucko)
新人。
シレーン(Cyren)
歌手を夢見る女の海賊。

サムライベノブレイム[編集]

クロックス
声 -高岡瓶々
時間を操るタイム・マスターの双子の兄。時間を戻す事や相手の時間を止める能力を持つ。
シーズン7の40年前にウー先生とガーマドン先生や他のエレメントマスターと共にヘビヘビ族と戦ったが、自分達双子の力が最も優れていると考え、ウー先生達を裏切ってニンジャゴーの世界の征服に乗り出した。
その時の戦いの中でウー先生が用意した時空の剣で力を奪われ、時間の渦に消えた時空の剣を奪うべく時間の渦の中に消えたと思われたが、ニンジャゴーシティ博物館の館長サンダー・サンダース博士として40年間潜伏していた。
40年の間に大きく変化したニンジャゴーの世界に失望しており、時間の渦から帰還した弟のアクロニックスと共に再びニンジャゴーの世界の征服に乗り出す。
ボーグや他の職人たちを誘拐して彼らにベノブレイムのための武器や防具、クロノメカ:タイムスネイカーを製造させ、手に入れた4つの時空の剣でタイムスネイカーを起動してアクロニックスやベノブレイムたちと共に40年前に移動し、その時代のウー先生をはじめとしたエレメントマスターたちを追い詰めるが、タイムスネイカーの中に隠れていたカイとニャーによって阻止される。エレメントマスターのいない遠い未来に移動すべく時間の渦に消えるが、カイとニャーに時空の剣の1つ(時間を戻す剣)を託してタイムスネイカーの中に残ったウー先生と戦うことになった。
サンダー・サンダース博士
声 -高岡瓶々
ニンジャゴーシティ博物館の館長。クロックスが40年間ニンジャゴーの世界に潜伏していた際に変装した姿。
アクロニックス
声 -竹内想
時間を操るタイム・マスターの双子の弟。時間を先に進めたり、時間を遅くする能力を持つ。
シーズン7の40年前に兄のクロックスと共に時空の剣で力を奪われ、時空の剣を奪うべく時間の渦の中に消えた後、時空の剣の一つを手に入れる。
40年後にニンジャゴーの世界に戻ってくることを予測して待ち構えていたウー先生の前に現れ、ニンジャゴーシティ博物館でクロックスと再会して再びニンジャゴーの世界の征服に乗り出す。
その後、手に入れた4つの時空の剣でタイムスネイカーを起動してクロックスやベノブレイムたちと共に40年前に移動し、その時代のウー先生をはじめとしたエレメントマスターたちを追い詰めるが、タイムスネイカーの中に隠れていたカイとニャーによって阻止される。エレメントマスターのいない遠い未来に移動すべく時間の渦に消えるが、カイとニャーに時空の剣の1つ(時間を戻す剣)を託してタイムスネイカーの中に残ったウー先生と戦うことになった。
ベノブレイム
クロックスが作り出した卵から孵化する事で生み出されるヘビのサムライ。
何度倒してもベノブレイムを構成するヘビが集まることで復活する。
ベノブレイムの司令官
ベノブレイムの中でも優れた能力を持ったヘビを掛け合わせて作られている。
そのため、高い知能や他のベノブレイムをテレパシーで制御する能力を持つ。
マキアー
声 -中根久美子
ベノブレイムの司令官の一人で紅一点。
7話以降はラグムングとブルンクをも統率する最高司令官となる。
ラグムング
声 -田邉優人
ベノブレイムの司令官の一人。
ブルンク
声 -高橋伸也
ベノブレイムの司令官の一人。
日本語版ではますです口調で喋る。

チーム・ブラックガーマドン[編集]

ハルミ/ヒスイの姫/静かなる影
声 -矢作紗友里
チーム・ブラックガーマドンのリーダー。
かつてグレート・ヘビヘビの襲撃によって実の両親を失っており、間接的な原因となったニンジャ達を恨んでいた。
その後、王族の養女となり、在処がわかっていない憎しみの仮面を手に入れるため、正体を隠してニンジャと行動を共にした。
憎しみの仮面を手に入れた後正体を現しロイドを誘拐、3つのONIの仮面とロイド・ミサコ・ウーの髪を使ってブラックガーマドンの復活を成功させた。
その後一旦逮捕されるも、ブラックガーマドンによって解放され、ブラックガーマドンと共にニンジャゴーシティーを乗っ取ることに成功した。
キロウ
声 -津田健次郎
チーム・ブラックガーマドンの第一将軍。
大柄で偽りの仮面を所有。
ウルトラ・バイオレット
声 -たかはし智秋
チーム・ブラックガーマドンの第二将軍
女性で復讐の仮面を所有。
Mr.E
声 -高橋伸也
チーム・ブラックガーマドンの第三将軍。
ニンドロイドで、ゼンに謎の機械を埋め込んだ。
ルーク・カミンガム/ホワイト・メット
チーム・ブラックガーマドンのメンバー。
ONI・タイタン
チーム・ブラックガーマドンが生み出した巨大な怪物。

ドラゴン[編集]

ファイヤードラゴン
カイが乗っていた炎のドラゴン。
ライトニングドラゴン
ジェイが乗っていたイナズマのドラゴン。
アースドラゴン
コールが乗っていた大地のドラゴン。
アイスドラゴン
ゼンが乗っていたアイスのドラゴン。
ウルトラドラゴン
炎、イナズマ、大地、アイスの4種のドラゴンが合体したドラゴン。4つの首をもつ。
黄金ドラゴン
ゴールデンニンジャ・ロイドが乗るドラゴン。
ニンドロイド・メカドラゴン
オーバー卿がロイドを捕まえるために送り込んだメカ。
チタンドラゴン
チタンニンジャ・ゼンが乗るドラゴン。
マスタードラゴン
ウー先生が乗っていた白と金のドラゴン。
ファイヤーオーシャン
カイとニャーがドラゴンの剣を使うことで炎と水の2種のドラゴンが合体したドラゴン。2つの首を持つ。

その他[編集]

ジーン
声 - 小山さくら
ダークリー悪党養成学校の生徒。
ソト船長
ガーマドン卿がメガウェポンで生き返らせた海賊。
シーズン6ではニンシャ達にティガートゲグモの居場所が書かれたランプの場所を教えた。
フェンウィック
声 -外島孝一 /英 - ポール・ドブソン
嘆きのアルプスの上を吹き荒れる亡国の嵐にのった先にある異世界・雲の上の王国の書記長で、ニンジャたちを案内した。
ニンジャゴーの世界の人々の運命をつかさどる立場にあるため、マザーエミネントの復活を知ってしまい、保身のためにモローらと手を組み、「書記長に会わせる」と言ってニンジャ達を怪物ニンバスの遊技場に閉じ込めたが、ノブによって運命の巻物を取り換えられた事でニンバスに襲われる事になった。
ノブ
声 -小林大紀/英 - マイケル・アダムスウェイト
フェンウィックの弟子である若い修行僧。師匠のたくらみに気付いて運命の巻物を取り換え、ニンバスの関心をフェンウィックに向け、ニンジャたちの窮地を救った。
フリッツ・ドネガン
ジェイの実の父。
本名クリフ・ゴードン。
ハチンズ
声 -野村大地
王族の相談役をしている武器の専門家。
チーム・ブラックガーマドンの襲撃で死亡した模様。
ミスタケ
声 -真山亜子
お茶を売る店を経営している女性。ウーとは茶飲み仲間だった。

レゴチーマ世界の住民[編集]

レゴニンジャゴーとは別のレゴ玩具のアニメーション、「レゴチーマ~アニマル戦士たちの伝説~」の住民。ロイドはモローとの戦闘中、パラレルクリスタルでこの世界に飛び込んだ。

ラバル
声 -渡部優衣
ライオン族のチーマの戦士。
クラッガー
声 -宮本誉之
ワニ族チーマの戦士。

武器[編集]

ゴールドの武器[編集]

ガーマドン卿が狙う4つの金色の武器。

炎のドラゴン剣
カイが使う、炎のパワーをもつ剣。
イナズマヌンチャク
ジェイが使う、イナズマのパワーをもつヌンチャク。
大地の鎌(振動の大鎌)
コールが使う、大地のパワーをもつ鎌。
アイス手裏剣
ゼンが使う、アイスのパワーをもつ手裏剣。
メガウェポン
ガーマドン卿が4つのゴールドの武器から完成させた武器。
過去に戻ったとき、ニンジャたちによって破壊され、宇宙の彼方にとばされた。
シーズン3でクリプトー将軍たちによって回収される。総集編ではゴールドの武器の塊とは説明されず、「黄金のパワーストーン」となっている。

4つの伝説のブレード[編集]

ワルワルサムライに対抗できる武器。 4つすべてを天空の黄金神殿の鍵穴に差し込むと、黄金ロボを呼び起こせる。

ファイヤー・ブレード
カイが使う伝説のブレード。
ライトニング・ブレード
ジェイが使う伝説のブレード。
アース・ブレード
コールが使う伝説のブレード。
アイス・ブレード
ゼンが使う伝説のブレード。

シーズン4-6、スペシャル、シーズン7[編集]

ヒスイの剣
エレメント・トーナメントで勝敗を決める剣。
旋風の剣
ゴーストに対しての対抗手段。ローニンからもらった。
封印の剣
魔神王からナダカーンに受け継がれた剣。
影の剣
ヤン先生が所有していた剣。
時空(とき)の剣
40年前にクロックスとアクロニックスに対抗すべくレイとマヤが作った4つの剣。クロノスチールと呼ばれる物質で出来ている。
クロックスとアクロニックスのエレメント・パワーを吸い取り、4つの剣は「時を進める剣」、「時を遅くする剣」、「時を止める剣」、「時を戻す剣」にそれぞれ変化した。
シーズン7開始時点ではアクロニックスがその内の1つ(時を進める剣)を所有している。

その他[編集]

テクノブレード(テレビ東京→電脳の剣)
オーバー卿をとめる鍵となる武器。

世界[編集]

ニンジャゴーの世界
初代スピン術マスターが作り上げた世界。
闇の世界
ホネホネアーミーがいる世界。ガーマドン卿はここに落ち、支配者となった。
暗黒世界
マザー・エミネントの腹の中にある世界。
雲の上の王国
ニンジャゴーの世界の運命をつかさどっている場所。
ゴーライ王国
ナダカーンの故郷であったが、近隣の世界である暗黒世界がなくなったので、崩壊が進んでいる。
ONIとドラゴンの世界
すべての始まりといわれている世界。

[編集]

スピン術
初代スピン術マスターが作った特殊な攻撃。
ニンジャたちのおもな攻撃方法のひとつ。
エアー術
ヤン先生が作った一時的に飛行することができる技。シーズン5で登場。

スタッフ[編集]

  • 脚本:ケヴィン・ヘーゲマン、ダグ・ヘーゲマン
  • 企画:平田透、内田由香里
  • プロデューサー:遠藤哲哉、古屋成史、柏宏人、遠藤久美子、須藤晴彦
  • 監修:あみくみこ
  • 脚色・演出:ボブ白旗
  • 音響監督:千葉繁
  • 音響制作:ダックスプロダクション
  • 音楽:Jay Vincent Mike Kramer
  • 音楽プロデューサー:武澤啓之
  • アニメーション制作:Wil Film
  • 制作協力:スタジオディーン(松田桂一)

主題歌[編集]

『The Weekend Whip』

日本語版主題歌[編集]

エンディングテーマ「Mr. Buddy!」
  • 作曲:八木雄一/作詞:溝口貴紀/歌:Scorpio

シーズン6テーマソング[編集]

ニンジャ・ゴー
  • 歌:D-51

各話リスト[編集]

※「話数(シ)」はシーズンによる話数。

プロローグ[注 1]
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#P-1 #1 忍者の流儀 Way of the Ninja 2012年
3月4日
2011年
1月14日
#P-2 #2 闇の王者 King of Shadows 3月11日
シーズン1 (ヘビヘビ族編)[注 2]
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#1 #3 ヘビヘビ族 現る! Rise of the Snakes 3月18日 12月2日
#2 #4 我が家 Home 3月25日
#3 #5 変身 VS 変形 Snakebit 4月1日 2012年
1月25日
#4 #6 ヘビヘビ族のウソ Never Trust a Snake 4月8日 2月1日
#5 #7 サムライXってだれ? Can of Worms 4月15日 2月8日
#6 #8 キング・オブ・ヘビヘビ族 The Snake King 4月22日 2月15日
#7 #9 ゼンは電気羊の夢を見るか? Tick Tock 4月29日 2月22日
#8 #10 告白 Once Bitten, Twice Shy 5月13日 3月7日
#9 #11 コールはつらいよ The Royal Blacksmiths 5月20日 3月14日
#10 #12 グリーン・ニンジャ The Green Ninja 5月27日 3月21日
#11 #13 それぞれの道 All of Nothing 6月3日 3月28日
#12 #14 さよなら、ウー先生 The Rise of the Great Devourer 6月10日 4月4日
#13 #15 激闘 ドラゴンバトル Day of the Great Devourer 6月17日 4月11日
シーズン2
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#14 #1 #16 闇の出現 Darkness Shall Rise 10月14日 7月18日
#15 #2 #17 海賊対ニンジャ Pirates vs. Ninja 10月21日 7月25日
#16 #3 #18 ダブル・トラブル Double Trouble 10月28日 8月1日
#17 #4 #19 ニンジャボール・レース Ninjaball Run 11月4日 8月8日
#18 #5 #20 子供の時間 Child's Play 11月11日 8月15日
#19 #6 #21 ある日どこかで Wrong Place, Wrong Time 11月18日 8月22日
#20 #7 #22 ワルワル・サムライ The Stone Army 11月25日 10月3日
#21 #8 #23 ニンジャゴーの静止する日 The Day Ninjago Stood Still 12月2日 10月11日
#22 #9 #24 未知への航海 The Last Voyage 12月9日 10月17日
#23 #10 #25 闇の島 Island of Darkness 12月16日 10月24日
#24 #11 #26 最後の希望 The Last Hope 12月23日 11月7日
#25 #12 #27 復活!闇の大帝 Return of the Overlord 2013年
1月6日
11月14日
#26 #13 #28 決戦!黄金のスピン術マスター誕生 Rise of the Spinjitzu Master 1月13日 11月21日
シーズン3 (再起動編)[注 3]
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#27 #1 #29 新たなる脅威 The Surge 2014年
1月4日
2014年
1月29日
#28 #2 #30 ニンドロイドの襲撃 The Art of the Silent Fist
#29 #3 #31 テクノ・ウー見参 Blackout 8月26日 4月16日
#30 #4 #32 ゴールデン・マスターの呪い The Curse of the Golden Master
#31 #5 #33 潜入!デジタルワールド Enter the Digiverse 8月27日 7月13日
#32 #6 #34 アークトゥルス計画 Codename: Arcturus
#33 #7 #35 ニンジャ 宇宙へ行く The Void 8月28日 11月26日
#34 #8 #36 ゼンよ 永遠にあれ The Titanium Ninja
シーズン4 (アナコン編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#35 #1 #37 マスター・チェンからの招待状 The Invitation 2015年
4月6日
2015年
2月23日
#36 #2 #38 開幕!エレメント・トーナメント Only One Can Remain 4月13日
#37 #3 #39 コール対ジェイ Versus 4月20日
#38 #4 #40 仕組まれたレース Ninja Roll 4月27日
#39 #5 #41 スパイを捜せ! Spy For a Spy 5月4日
#40 #6 #42 戦いの歴史 Spellbound 5月11日
#41 #7 #43 マスター・チェンの野望 The Forgotten Element 5月18日
#42 #8 #44 団結 エレメント・マスター! The Day of The Dragon 5月25日
#43 #9 #45 ニンジャゴーシティ 危機、迫る! The Greatest Fear of All 6月1日
#44 #10 #46 別れ The Corridor of Elders 6月8日
シーズン3の総集編 (デジタルワールド編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#47 もう1つの戦い(シーズン3の1話、2話の総集編) 6月15日
#48 オーバー卿の脅威(シーズン3の2話、3話、4話の総集編) 6月22日
#49 コンピューターの世界(シーズン3の5話、6話の総集編) 6月29日
#50 ニンジャ、宇宙へ(シーズン3の6話、7話の総集編) 7月6日
#51 決戦のとき(シーズン3の8話の総集編) 7月13日
シーズン5 (ゴーストニンジャ編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#45 #1 #52 奪われた仲間 Winds of Change 7月20日
#46 #2 #53 VS ロイド Ghost Story 7月27日
#47 #3 #54 敵か味方か!?謎の男ローニン Stiix and Stones 8月3日
#48 #4 #55 恐怖!ゴースト寺の呪い The Temple on Haunted Hill 8月10日
#49 #5 #56 旋風に挑め! Peak-a-Boo 8月17日
#50 #6 #57 雲の上の王国 Kingdom Come 8月24日
#51 #7 #58 ニンジャ、絶体絶命! The Crooked Path 8月31日
#52 #8 #59 追跡!パラレルクリスタル Grave Danger 9月7日
#53 #9 #60 封鎖せよ!暗黒世界 Curse World, Part I 9月14日
#54 #10 #61 最終決戦!マザーエミネント Curse World, Part II 9月21日
プロローグ総集編
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#62 ニンジャへの道(プロローグの1話、2話の総集編) 9月28日
シーズン6 (天空の海賊編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#55 #1 #63 大人気!?ニンジャブーム到来 Infamous 2016年
4月2日
2016年
6月9日
#56 #2 #64 ニンジャを確保せよ! Public Enemy Number One 4月9日
#57 #3 #65 脱出!クリプタリアム刑務所 Enkrypted 4月16日
#58 #4 #66 天空の海賊 ミスフォーチュン Misfortune Rising 4月23日
#59 #5 #67 ナダカーンの野望 ゴーライ王国 On a Wish and a Prayer 4月30日
#60 #6 #68 ジェイ、天空からのSOS My Dinner with Nadakhan 5月7日
#61 #7 #69 潜入!空賊母艦ミスフォーチュン号 Wishmasters 5月14日
#62 #8 #70 決戦!岸壁のライトタワー The Last Resort 5月21日
#63 #9 #71 ジェイの救出大作戦! Operation Land Ho! 5月28日 7月15日
#64 #10 #72 つかみ取れ!俺たちの未来! The Way Back 6月4日
シーズン5の総集編
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#73 ゴーストニンジャ現る(シーズン5の1~4話の総集編) 10月29日
#74 攻防!初代スピン術マスターの墓(シーズン5の5〜8話の総集編) 11月5日
#75 ニンジャ集結!俺たちのフルパワー(シーズン5の9〜10話の総集編) 11月12日
スペシャル (よみがえりの日編)[注 1]
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
SP #76 復活!邪悪なる者たち/よみがえりの日 前編 Day of the Departed 11月19日/3月18日 10月29日
#77 対決!コール対ヤン先生/よみがえりの日 後編 11月26日/3月25日
シーズン7 (時空ときの支配者編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#65 #1 #78 時の使い手、過去からの刺客 Hands of Time 2017年
4月4日
#66 #2 #79 時空ときを超えた戦い The Hatching 4月11日
#67 #3 #80 戦いのはじまり、真実をさがせ! A Time of Traitors 4月18日
#68 #4 #81 襲い来る、ベノブレイム軍団 Scavengers 4月25日
#69 #5 #82 時空ときの剣、砂漠の争奪戦 A Line in the Sand 5月2日
#70 #6 #83 ニンジャの過信、マキアーの企み The Attack 5月9日
#71 #7 #84 地下トンネルの闇、時空ときの剣を追え Secrets Discovered 5月16日
#72 #8 #85 再会、裏切りの真実 Pause and Effect 5月23日
#73 #9 #86 いでよ!ファイヤーオーシャン Out of the Fire and Into the Boiling Sea 5月30日
#74 #10 #87 終決!時空ときをかけた戦い Lost in Time 6月6日
シーズン6の総集編
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#88 天空の海賊、あらわる(シーズン6の1~3話の総集編) 10月1日
#89 消えるニンジャたち(シーズン6の4~7話の総集編) 10月8日
#90 とめろ!ナダカーンの野望(シーズン6の8~10話の総集編) 10月15日
スペシャル総集編
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#91 激突!ゴースト寺の戦い(スペシャルの1話、2話の総集編) 10月22日
シーズン7の総集編
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#92 解き放たれた!最強のエレメント・パワー(シーズン7の1~2話の総集編) 10月29日
#93 まさかの真実、時空ときの支配者の正体(シーズン7の3~4話の総集編) 11月5日
#94 誰の手に!?2つめの時空ときの剣、出現!(シーズン7の5~6話の総集編) 11月12日
#95 アジト発見!閉ざされた謎をあばけ(シーズン7の6~8話の総集編) 11月19日
#96 エレメント・ドラゴン:ファイヤーオーシャン(シーズン7の8~9話の総集編) 11月26日
#97 最後の戦い!過去を守り、そして未来へ(シーズン7の9~10話の総集編) 12月3日
シーズン8 (秘められた王族編) テレビ版
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#SP-1 闇の組織 チーム・ブラックガーマドン 2018年
3月4日
#SP-2 狙われる王族、ハルミ姫を守れ! 3月11日
#SP-3 このパズルは何だ?ゼンを救出せよ!(前編) 3月18日
#SP-4 このパズルは何だ?ゼンを救出せよ!(後編) 3月25日
シーズン8 (秘められた王族編) YouTube版
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#75 #1 #98 ニンジャ出動! 秘められた王族を守れ! The Mask of Deception 2018年
3月11日
2018年
1月20日
#76 #2 #99 襲来!チーム・ブラックガーマドン The Jade Princess 3月18日 1月27日
#77 #3 #100 明かされた伝説!ONIオニとドラゴンの世界 The Oni and the Dragon 3月25日 2月3日
#78 #4 #101 潜入せよ!スネーク・ジャガー Snake Jaguar 4月1日 2月10日
#79 #5 #102 サムライX、正体をあらわす Dead Man's Squall 4月8日 2月17日
#80 #6 #103 忍び寄る影!ONIオニの洞窟を探せ! The Quiet One 4月15日 2月24日
#81 #7 #104 裏切りの真実、最後の仮面は誰の手に! Game of Masks 4月22日 3月3日
#82 #8 #105 闇の帝王、復活を阻止せよ! Dread on Arrival 4月29日 3月10日
#83 #9 #106 闇の帝王 ブラックガーマドン True Potential 5月6日 3月17日
#84 #10 #107 ニンジャゴーシティ、終わりのはじまり Big Trouble,Little Ninjago 5月13日 3月24日
シーズン9 (ドラゴンハンター編)
話数(米) 話数(シ) 話数(日) サブタイトル 原題 放送日(日) 放送日(米)
#85 #1 #108 2つの世界、新たなる戦い Firstbourne 2018年
7月13日
#86 #2 #109 恐怖の幕開け! ドラゴンコロシアム Iron and Stone 7月22日
#87 #3 #110 届け、ロイドの反撃宣言! Radio Free Ninjago 7月29日
#88 #4 #111 伝説のエレメント・ドラゴン:メリュジーナ How to Build a Dragon 8月5日
#89 #5 #112 新たな仲間!? フェイス現る The Gilded Path 8月12日
#90 #6 #113 隠された真実、ONIの正体に迫れ! Two Lies, One Truth 8月19日
#91 #7 #114 奪え! ハンティング・デスストライカー The Weakest Link 8月26日
#92 #8 #115 ついに発動! 恐るべしONIのチカラ Saving Faith 9月2日
#93 #9 #116 手に入れろ! ドラゴンの鎧 Lessons for a Master 9月9日
#94 #10 #117 結集! ニンジャゴーシティを救え Green Destiny 9月16日

どたばた!?ウーズカフェ[編集]

2017年シリーズ公開の新作短編アニメ。よみがえりの日編と時空の支配者編の間にニンジャたちが喫茶店"ウーズカフェ"で店長ウー先生の下で働く従業員としての日常を描く物語。コメディショートアニメで、ギャグ要素が濃い。

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 アニマックス 2012年 3月4日 - 2017年 6月18日 日曜 8:30 - 9:00
日曜 9:30 - 10:00
BS放送 / CS放送 リピート放送あり
Dlife 2017年 8月4日 - 2018年 7月27日 金曜 19:00 - 19:30 BS放送
ディズニーXD 2018年 1月9日 - 8月31日 平日 7:00 - 7:55 CS放送 リピート放送あり
関東広域圏 テレビ東京 2015年 4月6日 - 9月28日
2016年 4月2日 - 6月4日
2016年 10月29日 - 11月26日
2017年 3月18日 - 3月25日
2017年 4月4日 - 6月6日
2017年 10月1日 - 12月3日
2018年 3月4日 - 3月25日
月曜 18:30 - 18:57
土曜 9:30 - 10:00
火曜 18:25 - 18:55
日曜 7:00 - 7:30
テレビ東京系列 製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県佐賀県 TVQ九州放送
大阪府 テレビ大阪 2015年 4月6日 - 9月28日
2016年 4月2日 - 6月4日
2016年 10月29日 - 11月26日
2017年 3月18日 - 3月25日
2017年 4月4日 - 6月6日
2017年 10月1日 - 12月3日
2018年 3月4日 - 3月25日
月曜 18:30 - 18:57
土曜 9:30 - 10:00
火曜 18:25 - 18:55
日曜 6:45 - 7:15
2017年10月1日より先行ネット。
山形県 山形テレビ 2015年 6月1日 - 12月14日 月曜 15:30 - 15:55 テレビ朝日系列

関連商品[編集]

2011年春、パイロット版のストーリーを原作とするコンピュータゲーム"Lego Battles: Ninjago"が北米で発売された。 2014年7月に北米で発売された"レゴ ニンジャゴー ニンドロイド英語版"はシーズン3の展開を基にしている。 2015年3月にはシーズン4と5の間の出来事を描いた『レゴ ニンジャゴー ローニンの影英語版』(原題:Lego Ninjago: Shadow of Ronin)が北米で発売されており、日本では2015年9月3日に発売された[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b アメリカでは1時間スペシャルとして放送。
  2. ^ アメリカでは最初の2話は1時間スペシャルとして放送。
  3. ^ アメリカでは不定期で2話連続として放送。

出典[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 月曜18:30 - 19:00枠
前番組 番組名 次番組
ヒーローバンク
(2014年4月7日 - 2015年3月30日)
レゴ ニンジャゴー
(2015年4月6日 - 2015年9月28日)
プリパラ
(2015年10月5日 - 2016年3月28日)
土曜10:00枠から移動】
テレビ東京系列 レゴタイム
-
レゴ ニンジャゴー
(2016年4月2日 - 6月4日)
レゴ ネックスナイツ
(2016年6月11日 - 10月22日)
レゴ ネックスナイツ
(2016年6月11日 - 10月22日)
レゴ ニンジャゴー
(2016年10月29日 - 11月26日)
(2017年3月18日 - 2017年3月25日)
レゴ ネックスナイツ
(2016年12月3日 - 3月11日)
テレビ東京 土曜9:30
リルリルフェアリル〜妖精のドア〜
(2016年2月6日 - 3月26日)
【30分繰り下げて継続】
【ここまでローカルセールス枠】
レゴ ニンジャゴー
(2016年4月2日 - 6月4日)
【ここからネットワークセールス枠】
レゴ ネックスナイツ
(2016年6月11日 - 10月22日)
レゴ ネックスナイツ
(2016年6月11日 - 10月22日)
レゴ ニンジャゴー
(2016年10月29日 - 11月26日)
(2017年3月18日 - 2017年3月25日)
レゴ ネックスナイツ
(2016年12月3日 - 2017年3月11日)
テレビ東京系列 火曜18:25 - 18:55枠
アベンジャーズ・アッセンブル
(2016年10月4日 - 2017年3月28日)
レゴ ニンジャゴー
(2017年4月4日 - 6月6日)
レゴ フレンズ
(2017年6月13日 - 9月26日)
テレビ東京 日曜7:00 - 7:30枠
こねこのチー ポンポンらー大冒険
【ここまでネットワーク】
きんだーてれび
【平日 7:30 - 7:35に移設して継続】
レゴ ニンジャゴー
(2017年10月1日 - 12月3日)
【ここから『レゴタイム』枠】
LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険
(2017年12月10日 - 2018年2月25日)
テレビ東京系列 日曜7:00 - 7:14枠
LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険
【テレビ大阪は15分先行】
(2017年12月10日 - 2018年2月25日)
レゴ ニンジャゴー
【テレビ大阪は15分先行】
【2018年4月以降はYouTubeによるネット配信に移行】
(2018年3月4日 - 4月1日)
こねこのチー ポンポンらー大旅行
【ここからネットワークセールス枠】
テレビ東京 日曜 7:14 - 7:30枠
LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険
(2017年12月10日 - 2018年2月25日)
レゴ ニンジャゴー
【ここまでローカルセールス且つ『レゴタイム枠』】
【2018年4月以降はYouTubeに移行】
(2018年3月4日 - 4月1日)
若おかみは小学生!
【ここからネットワークセールス枠】
(2018年4月8日 - )