ジーサンズ はじめての強盗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジーサンズ はじめての強盗
Going in style
監督 ザック・ブラフ
脚本 セオドア・メルフィ
原案 マーティン・ブレストお達者コメディ/シルバー・ギャング
製作 ドナルド・デ・ライン
製作総指揮 サミュエル・J・ブラウン
トビー・エメリッヒ
マイケル・ディスコ
出演者 モーガン・フリーマン
マイケル・ケイン
アラン・アーキン
音楽 ロブ・シモンセン
撮影 ロドニー・チャーターズ
編集 マイロン・I・カースタイン
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
デ・ライン・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗2017年4月7日
日本の旗2017年夏
上映時間 96分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2500万ドル[2]
興行収入 世界の旗$16,800,000[2]
テンプレートを表示

ジーサンズ はじめての強盗』(原題:Going in Style)は2017年アメリカ合衆国で公開されたコメディ映画である。監督はザック・ブラフ、主演はモーガン・フリーマンマイケル・ケインアラン・アーキンの3人が務めた。本作は1979年に公開された映画『お達者コメディ/シルバー・ギャング』をリメイクしたものである。

概略[編集]

3人の高齢者が長年働いていた会社が買収され、会社が積み立てていた従業員のための年金が再編費用に回されてしまった。3人は絶望の淵に立たされたが、そのうちの一人が銀行強盗を目撃し、事態を打開する策を思いつく。自分たちの年金だったはずのお金を保有する銀行を襲って、老後の資金を取り返してしまえば良いではないかと。

キャスト[編集]

製作[編集]

2012年10月12日、ニュー・ライン・シネマとワーナー・ブラザース映画が『お達者コメディ/シルバー・ギャング』のリメイクを企画しているという報道があった[3]。ドナルド・デ・ラインとアンドリュー・ハースはリメイク版の脚本の執筆をセオドア・メルフィに依頼した。メルフィはエンディングを原作よりも明るいものにすることを条件にその依頼を引き受けた。メルフィは2人に「この現代において、私は自分の心血を注いで書き上げた主人公たちが、最後に死ぬか投獄されてしまう映画なんて見たくないのです。私は彼らが成功する姿を見たいのです。今や誰もが銀行を憎んでいるのですから、銀行強盗をした主人公が幸せになった方が完璧な出来になると思います。だからこそ、3人には立派に強盗をやり遂げさせる必要があるのです。夕日の下で成功を喜んでもらう必要があります。」と言ったところ、2人は彼の意見を聞き入れた[4]

2013年1月9日、ドン・スカーディノが本作のメガホンを取ると報じられた[5]。しかし、同年9月19日、脚本を書き上げたメルフィ自身に監督のオファーが出ているとの報道が出た[6]2014年11月19日、ザック・ブラフが本作の監督に名乗りを上げた[7]。同じ日に、モーガン・フリーマン、マイケル・ケインが本作に出演することが決まり、ダスティン・ホフマンにもオファーが出ているとの報道があった[8]2015年4月9日、ホフマンではなくアラン・アーキンがキャスティングされることになった[9]。8月3日、ジョーイ・キングの出演が決まった[10]。10日、マット・ディロンとアン=マーグレットがキャスティングされたと報じられた[11][12]

2015年8月3日、本作の主要撮影がニューヨーク市ブルックリン区で始まった[13]。なお、撮影はクイーンズ区のアストリアでも行われた[14]

公開[編集]

当初、本作の北米配給権を保有していたワーナー・ブラザース映画は全米公開日を2017年5月6日に設定していたが[15]、後に2017年4月7日に前倒しした[16]

興行収入[編集]

市場関係者は本作が公開初週末に800万ドル前後しか稼ぎ出せないと予想していたが、実際の数字はそれを上回るものになった[17]。2017年4月7日、本作は全米3061館で公開され、公開初週末に1250万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[18]

評価[編集]

本作は賛否両論となっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには94件のレビューがあり、批評家支持率は44%、平均点は10点満点で5.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「主演3人に目を瞠るような才能があるにも拘わらず、『ジーサンズ はじめての強盗』は笑いに注力するばかりで、無難な演出に留まりすぎている。」となっている[19]。また、Metacriticには29件のレビューがあり、加重平均値は50/100となっている[20]。なお、本作のシネマスコアはB+となっている[21]

出典[編集]

  1. ^ Going in Style”. 2017年4月8日閲覧。
  2. ^ a b Going in Style (2017)”. 2017年4月8日閲覧。
  3. ^ New Line Remaking 1979 George Burns Film 'Going In Style' (Exclusive)”. 2017年4月8日閲覧。
  4. ^ Hidden Figures: “A Mathematical Juggling Act””. 2017年4月8日閲覧。
  5. ^ 'Burt Wonderstone' Director Tapped for 'Going in Style' Remake”. 2017年4月8日閲覧。
  6. ^ New Line In Talks With Ted Melfi To Helm ‘Going In Style’ Heist Remake”. 2017年4月8日閲覧。
  7. ^ Zach Braff in Talks to Direct ‘Going In Style’ Remake”. 2017年4月8日閲覧。
  8. ^ Dustin Hoffman in Talks to Join Morgan Freeman, Michael Caine in ‘Going in Style’ (EXCLUSIVE)”. 2017年4月8日閲覧。
  9. ^ Alan Arkin Joins Morgan Freeman, Michael Caine in ‘Going in Style’ (EXCLUSIVE)”. 2017年4月8日閲覧。
  10. ^ Joey King Joins Zach Braff’s Going in Style, Production Begins Wednesday”. 2017年4月8日閲覧。
  11. ^ Matt Dillon To Chase Retired Robbers In ‘Going In Style’ Remake”. 2017年4月8日閲覧。
  12. ^ Ann-Margret Returns to Big Screen in Zach Braff’s ‘Going in Style’ Remake (Exclusive)”. 2017年4月8日閲覧。
  13. ^ On the Set for 7/31/15: Chris Pratt Wraps ‘Magnificent Seven’, Dwayne Johnson Completes ‘Central Intelligence’, Chris Hemsworth Finishes ‘The Huntsman’”. 2017年4月8日閲覧。
  14. ^ Morgan Freeman's 'Going in Style' Casting Call for Teen Actors”. 2017年4月8日閲覧。
  15. ^ Warner Bros Moves Key & Peele Starrer ‘Keanu’ Back One Week – Update”. 2017年4月8日閲覧。
  16. ^ Warner Bros. Shifts Release Dates For ‘The Accountant’, ‘Going In Style’ & ‘The House’”. 2017年4月8日閲覧。
  17. ^ 'Boss Baby' to sack 'Smurfs,' and other box office predictions”. 2017年4月10日閲覧。
  18. ^ April 7-9, 2017”. 2017年4月10日閲覧。
  19. ^ Going in Style (2017)”. 2017年4月8日閲覧。
  20. ^ Going in Style 2017”. 2017年4月8日閲覧。
  21. ^ ‘Boss Baby’ Crawls Ahead Of ‘Beauty’ With $26M+; ‘Smurfs’ Lost In 3rd With $14M – Saturday AM Update”. 2017年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]