ハンス・ツィッシュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリストフ・ヨハンハンス・ツィッシュラーChristoph Johann „Hanns“ Zischler, 1947年6月18日 - )は、ドイツ俳優脚本家声優翻訳家エッセイスト

経歴[編集]

ニュルンベルクに石材業者の息子として生まれる。ミュンヘン大学ベルリン自由大学哲学民族学音楽学およびドイツ文学を学ぶ。編集者、翻訳家をしたのち、1968年にベルリンのシャウビューネ劇団に入り、1973年から1975年までその脚本家を務めた。

俳優としても1970年代からヴィム・ヴェンダースペーター・ハントケペーター・リリエンタールルドルフ・トーメ監督らのドイツ映画作品に出演した。特に1976年のヴィム・ヴェンダース監督作品『さすらい』で知名度を得た。国際的にもクロード・シャブロルアンドリュー・バーキンサボー・イシュトヴァーン監督作品に出演した。特に2005年のスティーヴン・スピルバーグ監督の『ミュンヘン』ではモサッドのエージェントを演じて注目された。またスウェーデンの『マルティン・ベック』シリーズではヨーゼフ・ヒルマン役を演じている。2009年のベルリン国際映画祭では、ウーファの映画プロデューサー役で出演した、ヒルデガルト・クネフの生涯を描いた映画『ヒルデ』が初上映された。

2006年に再度ベルリンに出版社を設立し、交通学関係の書籍などを出版している。

主な出演作品[編集]

著作[編集]

  • Hanns Zischler, Sara Danius: Nase für Neuigkeiten: Vermischte Nachrichten von James Joyce. Berlin: Paul Zsolnay Verlag 2008, 164 S. ISBN 978-3-552-05425-7
  • Hanns Zischler, Jörg Probst(編): Großes Kino, kleines Kino. 1968 Bilder. Berlin: Merve 2008, 132 S. ISBN 978-3-88396-248-1
  • Hanns Zischler, Frank Böckelmann(編): Der hinreiszende Klang des Amerikanischen. Berlin: Alpheus Verlag 2007 (TUMULT Bd. 32)
  • Hanns Zischler: Die schönste Mondlandschaft, die man sich denken kann: die Fränkische Alb, in: Deutsche Landschaften (2003), 293 - 303.
  • Hanns Zischler(編): Literaturmagazin 43. Borges im Kino. Reinbek: Rowohlt 1999, 176 S., zahlr. Abb. ISBN 3-498-03906-7
  • Hanns Zischler: Kafka geht ins Kino, Reinbek bei Hamburg: Rowohlt 1996, 163 S., Ill.
  • Hanns Zischler: Tagesreisen. Berlin: Merve 1993, 128 S. ISBN 3-88396-106-X

脚注[編集]

外部リンク[編集]