アンダー・サスピション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンダー・サスピション
Under Suspicion
監督 スティーヴン・ホプキンス
脚本 W・ピーター・イリフ
トム・プロヴォスト
製作総指揮 ロス・グレイソン・ベル
モーガン・フリーマン
ジーン・ハックマン
モーリス・レブロンド
出演者 モーガン・フリーマン
ジーン・ハックマン
音楽 BT
撮影 ピーター・レヴィ
配給 ライオンズゲート
公開 フランスの旗 2000年5月11日CIFF
アメリカ合衆国の旗 2000年9月22日
日本の旗 2003年6月14日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国$260,562
テンプレートを表示

アンダー・サスピション』(原題:Under Suspicion)は、2000年公開のアメリカ映画。連続少女レイプ殺人事件を軸に、ベテラン警察署長と後ろめたい背景を持つ町の名士とのやりとりを描いたサスペンス映画

1981年製作のフランス映画 Garde à vue (日本未公開。ビデオ題『レイプ殺人事件』、直訳は「仮拘束」)のリメイク作品。

第53回カンヌ国際映画祭特別招待作品[1]。2001年エドガー賞映画部門ノミネート。

ストーリー[編集]

プエルトリコの港町サンファンでは、連続少女レイプ殺人事件が起こっていた。ベテラン警察署長のビクター・ベネゼーは、部下のフェリックス・オーエンスと共に捜査にあたり、やがて事件の最有力容疑者として、地元の名士であるヘンリー・ハーストに見当を付ける。

ヘンリーは2件目の事件の第一発見者であり、ビクターは、そのことについて話があると警察署に彼を呼び出す。そしてビクターはヘンリーの背景を一つ一つ洗い出し、自分が疑われていると知ったヘンリーは、無実を訴えるも、ビクターの問いには曖昧な返答を繰り返す。

やがて歳の離れた若妻シャンタルとの冷えた関係も暴かれ、名士として脚光を浴びるヘンリーの裏の顔が露わになっていく。

登場人物[編集]

ビクター・ベネゼー
サンファンの警察署長。事件の解決に執念を燃やし、上層部の圧力にも屈せず、ヘンリーを追い込んでいく。
ヘンリー・ハースト
57歳の税務弁護士。地元の有力者で名士としても名高い。2件目の第一発見者であったが、その後、1件目の被害者にも関わりがあったことが判明する。また、私生活においては、その華やかな表の顔と一転して、かなり後ろめたい物を持つ。
シャンタル・ハースト
ヘンリーのかなり歳の離れた美人の妻。ビクターは彼女の存在を基点にしてヘンリーを自白させようとする。
フェリックス・オーエンス
若き刑事。ビクターと共にヘンリーの尋問にあたるが、若いが故に問題を起こす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
ビクター・ベネゼー モーガン・フリーマン 坂口芳貞
ヘンリー・ハースト ジーン・ハックマン 石田太郎
シャンタル・ハースト モニカ・ベルッチ 田中敦子 千島楊子
フェリックス・オーエンス トーマス・ジェーン 大塚芳忠 今井朋彦
アリアス マリソル・カレロ 田野恵 豊嶋真千子
カスティーヨ パブロ・クンクエイロ 西前忠久 横島亘
マリア ジャクリーン・デュプレ 小林けい 桐山ゆみ
カミール・ロドリゲス イザベル・アルゲイズ 黒河奈美 本名陽子

評価[編集]

Rotten Tomatoes」では44のレビューで平均5.3/10のスコアを得て、50%が肯定的な評価を示した[2]

映画はアメリカにおいて19の映画館でしか上映されず、総収益は260,562ドルだった[3]。アメリカ国外においては、メキシコで752,783ドル、台湾で17,222ドル、イギリス、アイルランド、マルタで277,675ドルだった[4]

アメリカ探偵作家クラブが選ぶ2001年エドガー賞映画部門にノミネートされている。

脚注[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: Under Suspicion”. festival-cannes.com. 2009年10月17日閲覧。
  2. ^ Under Suspicion (2000)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2010年12月9日閲覧。
  3. ^ Under Suspicion (2000)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2010年12月9日閲覧。
  4. ^ Under Suspicion (2000): Foreign”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2010年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]