栄光のランナー/1936ベルリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
栄光のランナー/1936ベルリン
Race
監督 スティーヴン・ホプキンス
脚本 ジョー・シュラップネル
アナ・ウォーターハウス
製作 ジーン=チャールズ・レヴィ
リュック・ダヤン
ルイ=フィリップ・ロション
ドミニク・セガン
スティーヴン・ホプキンス
ケイト・ガーウッド
カルステン・ブリュニヒ
ニコラ・マニュエル
製作総指揮 ジョナサン・ブロンフマン
デヴィッド・ギャレット
ティエリー・ポトク
アル・マンティーヌ
マーク・スローン
出演者 ステファン・ジェームス英語版
ジェイソン・サダイキス
ジェレミー・アイアンズ
カリス・ファン・ハウテン
ウィリアム・ハート
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 ピーター・レヴィ
編集 ジョン・スミス
製作会社 Forecast Pictures
Solofilms
Trinity Race
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 東北新社STAR CHANNEL MOVIES
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2016年2月19日
ドイツの旗 2016年5月5日
日本の旗 2016年8月11日
上映時間 134分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
カナダの旗 カナダ
言語 英語
ドイツ語
製作費 $5,000,000[2]
興行収入 $24,800,000[3]
テンプレートを表示

栄光のランナー/1936ベルリン』(えいこうのランナー 1936ベルリン、: Race)は、2016年のアメリカ・ドイツ・カナダ合作映画。1936年のベルリンオリンピックで史上初の4冠を達成したアメリカの黒人陸上競技選手ジェシー・オーエンスの半生を描いた伝記映画。

ストーリー[編集]

ジェシー・オーエンスの生涯のうち、オハイオ州立大学入学から、ベルリンオリンピックで4つの金メダルを獲得し、本国での祝勝会に出席するまでを、ラリー・スナイダー英語版・コーチとの関係を中心に描いている。並行して、オリンピックをアーリア民族の優越性を示すプロパガンダに利用しようとしたナチス・ドイツの姿やアメリカ国内で起きたベルリンオリンピックに対するボイコットの動きなども描いている。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4]

スタッフ[編集]

  • 監督:スティーヴン・ホプキンス
  • 製作:ジーン=チャールズ・レヴィ、スティーヴン・ホプキンス
  • 製作総指揮:ジョナサン・ブロンフマン、デヴィッド・ギャレット、ティエリー・ポトク、アル・マンティーヌ、マーク・スローン
  • 脚本:ジョー・シュラップネル、アナ・ウォーターハウス
  • 撮影:ピーター・レヴィ
  • 美術:デヴィッド・プリスビン
  • 編集:ジョン・スミス
  • 音楽:レイチェル・ポートマン

脚注[編集]

  1. ^ RACE (PG)”. British Board of Film Classification (2016年4月20日). 2016年11月30日閲覧。
  2. ^ Race (2016)”. The Numbers. 2016年11月30日閲覧。
  3. ^ Race (2016)”. Box Office Mojo. 2016年11月30日閲覧。
  4. ^ 栄光のランナー/1936ベルリン”. 2016年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]