ゴースト&ダークネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴースト&ダークネス
The Ghost and the Darkness
監督 スティーヴン・ホプキンス
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ゲイル・アン・ハード
A・キットマン・ホー
ポール・ラディン
製作総指揮 マイケル・ダグラス
スティーヴン・ルーサー
出演者 マイケル・ダグラス
ヴァル・キルマー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 ロバート・ボンデリ
ロバート・ブラウン Jr.
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年10月11日
日本の旗 1997年3月29日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語スワヒリ語ヒンディー語
製作費 $55,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$38,619,405[2]
世界の旗$75,000,000
テンプレートを表示

ゴースト&ダークネス』(原題:The Ghost and the Darkness)は、1997年制作のアメリカ映画スティーヴン・ホプキンス監督。マイケル・ダグラス(兼・製作総指揮)、ヴァル・キルマー出演。

19世紀末のイギリス領東アフリカ(現・ケニア)で140人を殺害したといわれる[3]2頭の人食いライオンツァボの人食いライオン)をモチーフにした動物パニックアクション映画である。

ウィリアム・ゴールドマンは東アフリカを旅行中にこの事件の事を知り、これが本作の脚本を執筆するきっかけとなった。

あらすじ[編集]

1898年イギリス領東アフリカ(現・ケニア)。イギリス政府は東アフリカの支配強化のため、ウガンダ鉄道の建設を急ピッチで進めていた。橋梁技術者のパターソン大佐はその最終段階となるツァボ川にかける鉄橋の建設工事主任に任命され、妊娠中の妻を本国に残して現地に赴任した。着任したパターソンは助手のアンガス、サミュエルと協力して工事に当たるが、そこで人食いライオンが出没するという話を聞き、彼はアンガスと共に罠を仕掛け、誘い込まれたライオンを射殺する。工事に従事するインド人や現地人はパターソンを英雄として称え、工事を再開する。

7週間後、順調に進んでいた工事は再び現れた2頭の人食いライオンによって中止に追い込まれた。二頭は現地人が「シャイタニ(夜の悪魔)」と呼んで恐れる「ゴースト(幽霊)」と「ダークネス(暗黒)」と呼ばれており、アンガスを含む数十人が食い殺された。パターソンは再び罠を仕掛けて仕留めようとするが、二頭は罠にはかかったものの逃げられてしまい、彼は「災いを招き寄せた」として現地人たちから恨まれるようになる。

現地を視察したイギリス政府のボーモン卿はパターソンの失策を罵り、腕利きのハンターであるレミントンを雇い入れる。レミントンはマサイ族の戦士を引き連れ、パターソンと共にライオンを狩るため森に入る。レミントンはライオンを追い込むが、パターソンの銃が不発だったため取り逃がしてしまう。レミントンとパターソンは体勢を立て直すため工事現場に戻り、患者を移動させて無人となった病院にライオンを誘い込む作戦を立案する。しかし、病院にライオンは現れずに移転した新病院に現れ、院長のホーソンたちを食い殺して去っていく。

翌朝、現地人を束ねるアブドゥーラは仲間を引き連れ列車に乗り込み工事現場から立ち去ってしまう。残されたパターソン、レミントン、サミュエルはライオンを仕留めるために再び罠を仕掛け、パターソンが囮となり待ち構える。その夜、ライオンが現れてパターソンを襲うが、パターソンによって射殺される。三人は祝杯を挙げるが、レミントンは生き残った一頭に襲われ、翌朝遺体となって発見される。パターソンは復讐を誓い狩りに向かうが、建設中の橋でライオンに襲われ銃を川に落としてしまう。パターソンは木の上に逃げるが、ライオンは彼を食い殺そうと木を登ってくる。サミュエルは隣の木に登りパターソンに銃を投げ渡すが、狙いが外れて地面に落ちてしまう。パターソンは木から飛び降りて銃を拾い、ライオンを射殺する。二頭が死んだことを知ったアブドゥーラたちは工事現場に戻り、鉄橋は無事に完成する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

備考[編集]

シカゴフィールド自然史博物館に展示されているツァボの人食いライオンの剥製

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Box Office/business imdb.com
  2. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Box Office Mojo
  3. ^ 総合的な犠牲者数については諸説あり、非公式な数も合わせると最大135人から140人ともいわれている。9カ月の間に現地で工事に従事するインド人と現地人28人が殺害された。 http://biggame.iza-yoi.net/facts/fact7.html
  4. ^ ツァボに生息する雄ライオンは鬣の発育が悪いといわれている。 http://biggame.iza-yoi.net/facts/fact7.html
  5. ^ The Ghost and the Darkness (1996) - Trivia imdb.com

外部リンク[編集]