シャッター アイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャッター アイランド
Shutter Island
監督 マーティン・スコセッシ
脚本 レータ・カログリディス
原作 デニス・ルヘイン
製作 マーティン・スコセッシ
ブラッドリー・J・フィッシャー
マイク・メダヴォイ
アーノルド・W・メッサー
製作総指揮 クリス・ブリガム
レータ・カログリディス
デニス・ルヘイン
ジャンニ・ヌナリ
ルイス・フィリップス
出演者 レオナルド・ディカプリオ
マーク・ラファロ
音楽 ロビー・ロバートソン
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 セルマ・スクーンメイカー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年2月19日
日本の旗 2010年4月9日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $128,012,934[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$294,772,842[1] 世界の旗
17.0億円[2]日本の旗
テンプレートを表示

シャッター アイランド』(: Shutter Island)は、2010年アメリカ映画デニス・ルヘインによる同名のミステリー小説を原作とする、4度目のマーティン・スコセッシ監督及びレオナルド・ディカプリオ主演作。

2009年8月、パラマウント映画は本作の公開を2009年10月2日から2010年2月19日へと延期した。日本では2010年4月9日に公開。

ストーリー[編集]

シャッターアイランドは精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所。ここで1人の女性が、謎のメッセージを残して跡形もなく消えた。連邦保安官テディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は事件を捜査するために新しい相棒チャック(マーク・ラファロ)ととも島にやってくるが、テディがこの島に来たのには他にも理由があった。

解説[編集]

日本では「衝撃のラスト」という触れ込みで宣伝され、上映前には「この映画のラストはまだ見ていない人には決して話さないでください」「登場人物の目線や仕草にも注目しましょう」という旨のテロップが入った。また映画の謎解きに集中するために「二度見キャンペーン」や原版に忠実な「超吹き替え版」の上映も行われた。

途中に何度も登場する幻想シーンではジョン・ケージの曲が多用されている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テディ・ダニエルズ レオナルド・ディカプリオ 加瀬康之
チャック・オール マーク・ラファロ 志村知幸
ジョン・コーリー医師 ベン・キングスレー 有本欽隆
ドロレス・シャナル ミシェル・ウィリアムズ 宮島依里
レイチェル・ソランド エミリー・モーティマー 高橋理恵子
ジェレミア・ニアリング医師 マックス・フォン・シドー 坂口芳貞
ジョージ・ノイス ジャッキー・アール・ヘイリー 青山穣
アンドリュー・リーディス イライアス・コティーズ 辻親八
エセル・バートン パトリシア・クラークソン 一柳みる
警備隊長 テッド・レヴィン 向井修
マクフィアソン副警備隊長 ジョン・キャロル・リンチ 石住昭彦
ピーター・ブリーン クリストファー・デナム 河相智哉
フェリーの船長 マシュー・カウルズ 秋元羊介
看護師マリノ ネリー・サイウット きのしたゆうこ

キャッチコピー[編集]

  1. 「精神を病んだ犯罪者だけを収容する島から、一人の女性が消えた—。」
  2. 「この島は、何かがおかしい。」
  3. 「全ての謎が解けるまで、この島を出ることはできない。」

脚注[編集]

  1. ^ a b c Shutter Island (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月2日閲覧。
  2. ^ 日本映画製作者連盟 2010年全国映画概況

外部リンク[編集]