ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョージ・ハリスン/
リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
George Harrison:
Living in the Material World
監督 マーティン・スコセッシ
製作 オリヴィア・ハリスン
ナイジェル・シンクレア
マーティン・スコセッシ
製作総指揮 マーガレット・ボッド
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 デヴィッド・テデスキ
配給 日本の旗 角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年9月2日テルライド映画祭
アメリカ合衆国の旗 2011年10月5日(テレビ放送)
日本の旗 2011年11月19日
上映時間 208分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』(George Harrison: Living in the Material World)は、マーティン・スコセッシ監督による、ジョージ・ハリスンに関するドキュメンタリー映画。 日本では2011年11月19日から12月2日まで期間限定で劇場公開された[1]

解説[編集]

キャッチコピーは「世界は彼の音楽で満たされた。ビートルズのリード・ギタリストとして、解散後はソロとして、輝かしいキャリアを築いたジョージ・ハリスンの58年の生涯を未公開映像などを通じて描いた2部構成のドキュメンタリー作品。エリック・クラプトン、元ビートルズのメンバーであったポール・マッカートニーなど親交の深かった多数の音楽関係者のインタビューも含まれている[1][2]

出演者[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]