ロックアップ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロックアップ
Lock Up
監督 ジョン・フリン
脚本 リチャード・スミス
ジェブ・スチュアート
ヘンリー・ローゼンバウム
製作 ローレンス・ゴードン
チャールズ・ゴードン
製作総指揮 マイケル・グリック
出演者 シルヴェスター・スタローン
ドナルド・サザーランド
音楽 ビル・コンティ
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 ドン・ブロチュ
マイケル・S・グリック
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年8月4日
日本の旗 1989年12月2日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $22,099,847[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ロックアップ』(Lock Up)は、1989年に公開されたシルヴェスター・スタローン主演のアメリカ映画

ストーリー[編集]

出所を半年後に控えた模範囚フランク・レオンは突然、最悪と噂されるゲートウェイ刑務所へ移送させられた。そこにはフランクに怨みを持ち復讐を目論む刑務所所長ドラムグールが待ちかまえていた。所長の手先となってフランクをいたぶるマンリーら悪徳看守や、チンクら極悪囚人たちからの数々の苛めや暴力を受けながらも、自分の出所を心待ちにしてくれている恋人メリッサを心の支えにひたすら耐え続けるフランク。そんな地獄のような生活の中でも、フランクはダラスやエクリプス、ファーストベースら囚人達と交流を深め友情を分かち合うのだった。そして刑期満了も間近に迫ったある夜、出所を翌日に控えた車椅子の囚人が、出所したらメリッサをレイプすると予告。それを阻止するためダラスと共に脱獄を実行するフランク。しかしこれはフランクに脱獄を促すためにドラムグールが仕組んだ罠だった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD フジテレビ
フランク・レオン シルヴェスター・スタローン 玄田哲章
ドラムグール ドナルド・サザーランド 家弓家正
メイズナー ジョン・エイモス 加藤精三 坂口芳貞
メリッサ ダーラン・フリューゲル 高島雅羅 小山茉美
チンク ソニー・ランダム 青野武 石田太郎
エクリプス フランク・マクレー 小関一 島香裕
ダラス トム・サイズモア 大塚芳忠 樋浦勉
ファーストベース ラリー・ロマーノ 島田敏
マンリー ジョーダン・ランド 麦人
ブレイドン ウィリアム・アレン・ヤング 高宮俊介 牛山茂

その他[編集]

撮影はニュージャージー州ラーウェイにある東ジャージー州刑務所で本物の囚人エキストラに動員して行われた[2][3](この刑務所では他に、『ラウンダーズ』、『マルコムX』、『ラストゲーム』、『ザ・ハリケーン』、『オーシャンズ11』の撮影も行われた)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]