ラウンダーズ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラウンダーズ
Rounders
監督 ジョン・ダール
脚本 デヴィッド・レヴィーン
ブライアン・コッペルマン英語版
製作 ジョエル・スティラーマン
テッド・デミ
製作総指揮 ボビー・コーエン
ケリー・オレント
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 マット・デイモン
エドワード・ノートン
ジョン・タトゥーロ
ファムケ・ヤンセン
グレッチェン・モル
ジョン・マルコヴィッチ
マーティン・ランドー
音楽 クリストファー・ヤング
主題歌 カウンティング・クロウズ
「Baby, I'm A Big Star Now」(エンディング)
撮影 ジャン=イヴ・エスコフィエ
編集 スコット・チェストナット
製作会社 スパンキー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年9月11日
日本の旗 1999年5月8日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
ヘブライ語
製作費 $12,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $22,912,409[2]
テンプレートを表示

ラウンダーズ』(Rounders)は、1998年アメリカ合衆国青春ドラマ映画。監督はジョン・ダールニューヨーク周辺のポーカーを巡る人々の葛藤を、主人公のマイク(マット・デイモン)と彼の親友ワーム(エドワード・ノートン)を中心に描いている。

題名にある「ラウンダー」とはカードゲームで生計を立てている人物を指す。

ストーリー[編集]

ニューヨークのロー・スクールに通うマイクはある日、ポーカーで少しずつ貯めた3万ドルをテディKGBとの対戦で一気に失ってしまう。恋人ジョーの説得もあって、マイクはこれを機にポーカーから足を洗って法律の勉強に専念することを決意する。

しかし、友人でギャンブラーのワームの出所を境にこの決意は崩れ、マイクは闇賭博のポーカーの世界へ引き込まれていく。

キャスト[編集]

マイク・マクダーモット
演 - マット・デイモン、日本語吹替 - 宮本充
主人公。ロー・スクールに通う元ラウンダーの青年。
レスター・"ワーム"・マーフィー
演 - エドワード・ノートン、日本語吹替 - 桐本琢也
マイクの親友。出所したばかりだが借金の返済期限が迫っている。
ジョーイ・キネッシュ
演 - ジョン・タトゥーロ、日本語吹替 - 千田光男
19歳の頃からポーカーで生計を立てていたという歴戦のポーカープレーヤー。
ペトラ
演 - ファムケ・ヤンセン、日本語吹替 - 塩田朋子
マイクの通うポーカールームのマネージャー。
ジョー
演 - グレッチェン・モル、日本語吹替 - 大坂史子
マイクの恋人。賭け事は好きではない。
テディKGB
演 - ジョン・マルコヴィッチ、日本語吹替 - 佐々木梅治
非合法のポーカールームの経営者。ロシアのマフィアと繋がっているという噂。
エイブ・ペトロフスキー
演 - マーティン・ランドー、日本語吹替 - 納谷悟朗
ロー・スクールの教授。マイクに目をかけている。
グランマ
演 - マイケル・リスポリ、日本語吹替 - 天田益男
金貸し。ワームにかなりの貸しがある。

製作[編集]

プレイヤーの一人として出演しているジョニー・チャン英語版は、プロのポーカー・プレイヤーである。

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、81件の評論のうち高評価は64%にあたる52件で、平均点は10点満点中6.2点、批評家の一致した見解は「豊かな雰囲気と色彩豊かな演技で、映画のエンターテインメント性が高まっている。」となっている[3]Metacriticによれば、32件の評論のうち、高評価は14件、賛否混在は15件、低評価は3件で、平均点は100点満点中54点となっている[4]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Rounders” (英語). The Numbers. 2022年12月8日閲覧。
  2. ^ Rounders” (英語). Box Office Mojo. 2015年2月21日閲覧。
  3. ^ Rounders” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年12月8日閲覧。
  4. ^ "Rounders" (英語). Metacritic. 2022年12月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]