ウィリアム・フットキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィリアム・フットキンス
William Hootkins
William Hootkins
2002年
本名 William Michael Hootkins
生年月日 (1948-07-20) 1948年7月20日
没年月日 (2005-10-23) 2005年10月23日(57歳没)
出生地 テキサス州ダラス
死没地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
活動期間 1973年 - 2005年

ウィリアム・フットキンスWilliam Hootkins, 1948年7月20日 - 2005年10月23日)は、アメリカ合衆国俳優である。

来歴[編集]

1948年テキサス州ダラスに生まれる。高校卒業後、プリンストン大学へ進学して天体物理学を専攻[1]。しかしのちに演劇に興味を抱き始め、1970年代初頭にロンドンへ渡って演劇学校London Academy of Music and Dramatic Artで学んだ。イギリスで活動を開始させ、1973年に『Big Zapper』というイギリス映画で俳優デビュー。後にアメリカへ帰国し、1977年ロバート・アルドリッチ監督の『合衆国最後の日』へ出演し、同年ジョージ・ルーカス監督の代表作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へも出演している。1980年代に入っても精力的に役者活動を続け、スティーヴン・スピルバーグ監督でハリソン・フォード主演のアドベンチャー・シリーズ映画第1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』へも出演した。1989年には、まだ若手だったティム・バートンが監督した『バットマン』へ出演し、ジャック・ニコルソン演じるジョーカーに手を貸す悪徳警部エックハートを演じて印象を残した。晩年はデンマークイギリスなどのヨーロッパ製作映画に精力的に出演し、ジョン・マルコヴィッチ映画監督スタンリー・キューブリックになりすました詐欺師を演じたコメディ映画アイ・アム・キューブリック!』が遺作となった。

映画以外でも舞台での活躍でも知られており、ロンドンの舞台などで数多くの演目へ出演[2]イギリス国内のラジオドラマなどでも声優として活躍し、アメリカと英国の両方でキャリアを構築し、俳優としての確固たる地位を確立した。

来日[編集]

前述にもあるルーカス監督の『スターウォーズ』で「レッド6」を演じたことで知られており、2001年には来日して、当時渋谷区にあった玩具店でサイン会も開催された[3]

死去[編集]

2005年カリフォルニア州サンタモニカ膵癌で死去[1]。57歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ビデオゲーム[編集]

  • Flight of the Amazon Queen (1995)
  • Crash Bandicoot: Warped (1998)
  • T'ai Fu: Wrath of the Tiger (1999)
  • Eternal Darkness: Sanity's Requiem (2002)
  • Evil Dead: A Fistful of Boomstick (2003)
  • エバークエスト2 EverQuest II (2004)

脚注[編集]

外部リンク[編集]