パニック・ルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パニック・ルーム
Panic Room
監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 デヴィッド・コープ
製作 セアン・チャフィン
ジュディ・ホフランド
デヴィッド・コープ
ギャヴィン・ポローネ
出演者 ジョディ・フォスター
フォレスト・ウィテカー
ドワイト・ヨアカム
ジャレッド・レト
クリステン・スチュワート
音楽 ハワード・ショア
撮影 コンラッド・W・ホール英語版
ダリウス・コンジ
編集 ジェームズ・ヘイグッド
アンガス・ウォール
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPEJ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年3月29日
日本の旗 2002年5月18日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $48,000,000[1]
興行収入 $196,397,415[1]
テンプレートを表示

パニック・ルーム』(原題: Panic Room)は、2002年公開のアメリカ映画。屋敷に侵入してきた強盗たちと緊急避難用の密室「パニック・ルーム」に立てこもった母娘を描くサスペンス映画

ストーリー[編集]

夫と離婚して間もないメグは、11歳の娘・サラと共に、少し前に死去した老富豪が住んでいたニューヨークの豪邸に引っ越してくる。その豪邸は法律上あと数日は入居してはならないと決められていた物件だったが、販売業者のミスでメグ達は予定より早く入居してしまう。

その夜、メグ達が入居していることを知らずに、富豪の遺族の一人であるジュニアが仲間であるラウールとバーナムを連れて邸内に侵入する。ジュニアは屋敷に設けられた緊急避難用の密室「パニック・ルーム」に隠し財産があることを知り、屋敷が人手に渡る前に仲間を連れてこれを秘密裏に奪取しようと考えていたのだった。

強盗達の存在をカメラと物音で確認したメグはすぐに事態を察知し、娘と共にパニック・ルームへと逃げ込む。それに対し強盗達は、数々のパニック・ルームの建設に携わってきたバーナムの知識を頼りに、中から出てこさせようと様々な行動に出る。

キャスト[編集]

メグ・アルトマン
演 - ジョディ・フォスター
主人公。夫の浮気によって娘を連れて離婚し、夫に買わせた近くの大邸宅に引っ越す。しかし、引っ越した日の夜に強盗達に襲われ、パニックルームに娘と共に避難する。
サラ・アルトマン
演 - クリステン・スチュワート
メグの娘。1型糖尿病を患っているため、血糖コントロールが欠かせない。
バーナム
演 - フォレスト・ウィテカー
強盗の一人。警備会社に勤めており、その知識のため計画に誘われる。
もともと温厚な性格で無人の家だからという理由で参加したが、既に住人がいると知って帰ろうとする。しかし、家族を養うための金がいるんだろと脅され参加を決める。
ラウール
演 - ドワイト・ヨアカム
強盗の一人。バスの運転手が本職。常に黒いマスクを被っている。
極めて凶暴な性格で、金のためなら人を殺すことも厭わない。
ジュニア
演 - ジャレッド・レト
強盗のリーダーで計画の立案者。先頃亡くなった大富豪の甥。
死んだおじの隠し財産があると知って、遺産分与が行われる前にこれを奪おうと考える。そして、バーナム、ラウールを誘って無人であるはずの邸宅に忍び込んだ。
スティーブン・アルトマン
演 - パトリック・ボーショー
有名な資産家で、メグと婚姻関係にあったがB級アイドルとできたのがバレて離婚。
リディア・リンチ
演 - アン・マグナソン英語版
不動産屋。
エヴァン・カーランダー
演 - イアン・ブキャナン
不動産屋。
キーニー
演 - ポール・シュルツ
警官。
スティーブンの恋人
演 - ニコール・キッドマン(クレジットなし)
声のみの出演。

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
メグ・アルトマン ジョディ・フォスター 深見梨加
サラ・アルトマン クリステン・スチュワート 竹田まどか 矢島晶子
バーナム フォレスト・ウィテカー 立木文彦 塩屋浩三
ラウール ドワイト・ヨアカム 江原正士 青山穣
ジュニア ジャレッド・レト 檀臣幸 高木渉
スティーブン・アルトマン パトリック・ボーショー 坂口芳貞 稲垣隆史
リディア・リンチ アン・マグナソン英語版 小宮和枝 宮寺智子
エヴァン・カーランダー イアン・ブキャナン 有本欽隆
キーニー ポール・シュルツ 家中宏 咲野俊介
  • ソフト版吹き替え - VHSDVD収録
  • テレビ朝日版吹き替え - 初回放送2004年10月24日『日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

アルフレッド・ヒッチコック監督の映画を意識した作りになっている。

配役[編集]

ジョディ・フォスターはカンヌ映画祭の審査員として招待されていたが、『セブン』を視聴して以来デヴィッド・フィンチャー監督のファンだったためこちらの仕事を選んだ。

当初ニコール・キッドマンが主演する予定であったが、『ムーラン・ルージュ』の撮影中に怪我をしたため降板した。ただし脇役の声を担当している。また当初、娘役はヘイデン・パネッティーアが演じるはずだったが、ニコール・キッドマンの降板により見直され、クリステン・スチュワートにかえられた。

出典[編集]

  1. ^ a b Panic Room (2002)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]