封印作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

封印作品(ふういんさくひん)は、何らかの事情により公開できなくなった(とされている)作品を指す一種の俗語である[1]

概要[編集]

文学漫画アニメ映画テレビ番組歌謡曲その他の作品の中には、製作あるいは公開された後、市場原理による淘汰を除く、「特別な支障」(後述)が生じたため公開・流通がなされなくなった、あるいは「封印」(欠番)の理由を述べないまま公開をストップすることがままあり、背景には「特別な支障」が存在しているのではないかと噂されている作品が存在する。

需要の有無や、作品の人気と無関係に公開・流通が止められるため、かえって読者・視聴者の興味を惹き、かつて正規ルートで出回っていた単行本・映像ソフトが中古市場で高値をつけたり、海賊版ビデオDVDが出回るなどの闇市場が形成されている事例もある(過去、公開されていた時期に放映された映像を録画した人から流通した場合が多いとみられるが、現在の版元などの権利保持者の関係者が、意図的に流出させたと噂されている場合もある)。

過去にはインターネットオークションでこのような海賊版も大量に出品されていたが、近年では監視と規制が強化されたため、見かけることは少なくなった(たとえ非公開の作品であれ、著作権を有することに変わりはないため)。

ルポライターの安藤健二もその範疇に含まれるいくつかの作品について「封印作品ふういんさくひんお蔵入りとも)」と称して取材を行い、『封印作品の謎』・『封印作品の謎2』として単行本にまとめた。

それ以降、トラブルを抱えたがために公開・流通に何らかの影響が出た(あるいはそのように噂されている)著作物と関連づけて「封印作品」という語は、頻繁に用いられるようになってきている。

問題点[編集]

上記のように便宜的に用いられている語であり、何をもって「封印作品」とみなすのか、なぜ「封印作品」「欠番」としたのか、原作者や制作スタッフも(公式の場で)その理由を語らないため、必ずしも共通の理解がされているわけではない。

『封印作品の謎2』でとりあげられた『キャンディ・キャンディ』について、安藤の取材を受けた原作者の水木杏子(名木田恵子)は、「『封印』という呼び方は適当ではない」という旨の発言をしている。これは、「封印」という言葉を使うと、誰かが意図的に作品の公開を妨げているとの印象があるが、『キャンディ・キャンディ』に関しては「問題が解決され、再び公開されることを望んでいるから」と述べている。

封印作品の例[編集]

太字」表記の作品は、安藤が「封印作品」として著書で取り上げている作品。「※」がついているのは「封印作品」や「欠番」とされた理由と経緯が公式で説明され、また何らかの措置(作品の打ち切り、絶版、制作スタッフによる謝罪、掲載誌の回収など)が執られた作品を示す。

一部(欠番回が存在する作品、欠番の理由を明言している作品など)のみの例
作品自体の例
一時的に封印された後、再公開・再刊された例

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「封印」の定義や理由、また特定の作品が「封印」に当てはまるかどうかについては非常に曖昧で客観的な定義が存在しないため、話者の恣意的な判断によるところが大きい。したがって、その定義は作品によって異なる。
  2. ^ 忍たま乱太郎FAQ
  3. ^ ダ・ヴィンチニュース - サザエさん一家が漂流!? 人権、エロ、宗教、盗作…闇に葬られたマンガのウラ事情(2013年8月21日の記事)
  4. ^ “あの『ちびまる子ちゃん』にも封印作品が! そのヤバすぎる内容とは”. LITERA. (2014年8月30日). http://lite-ra.com/i/2014/08/post-415-entry.html 
  5. ^ a b 安藤健二 『封印作品の憂鬱』 洋泉社2008年ISBN 978-486248-3386
  6. ^ 現在では単行本自体が絶版となっている。
  7. ^ 赤田祐一ばるぼら 『定本 消されたマンガ』 彩図社2016年5月11日、第1刷、228-230頁。ISBN 978-4-8013-0145-0
  8. ^ “『コロコロコミック』3月号が販売中止 小学館「書店での混乱を避けるため」”. ねとらぼ. (2018年3月6日12時53分). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/06/news081.html 2018年3月6日閲覧。 
  9. ^ 2001年2月10日放送回を以ってコーナー打ち切りとなったが、それから17年後の2018年3月31日放送回(番組最終回)にて、一部ルールの改正を行った上で一夜限りの復活を果たした。
  10. ^ 放送開始当初はネット配信のみでの放送だったが、2009年4月2日以降は地上波テレビ局でも放送されている。
  11. ^ 2010年に原作者・名木田恵子による小説版が加筆修正の上祥伝社より復刊された。
  12. ^ この作品は元々1981年12月25日に奇想天外社から発売された「パロディ・マンガ大全集 マンガ奇想天外 臨時増刊号」という雑誌に掲載されたものであったが、「ドラえもん」をパロディーとした作品であったため、日野日出志が発表している公式の単行本や作品集などには2018年現在一切収録されていない。このため、この作品を閲覧するには上記の雑誌を入手するしかなくなっている。
  13. ^ この3話は雑誌「ガロ」掲載後、1983年に青林堂から発売された単行本「かっこいいスキヤキ」(現在絶版)には収録されたが、1998年に扶桑社から再発された際には削除されている。この3話はウルトラマンを題材とした、いわゆるパロディ作品であり、権利関係の問題から収録されなかった(円谷プロダクションに許可を得ていなかった)ものと思われる(詳細は泉昌之の項も参照)。
  14. ^ 本の匠 ビンテージコミック探検隊 - かっこいいスキヤキ 「抹殺されたウルトラマン」(2013年4月29日の記事)
  15. ^ 初出は月刊漫画ガロの1984年12月号であり、その後1985年2月に青林堂から発売された単行本「夢の島で逢いましょう」にも収録されたが、2000年6月に同社から刊行された改訂版ではこのエピソードのみ削除されている(因みに2017年現在、初版・改訂版共に絶版のため入手困難となっている。)。また、この漫画の原作者である山野一の作品の中には雑誌掲載後に単行本には収録されなかったものが多数存在している(詳しくは山野一#「山野一」の主な単行本未収録作品の項を参照)。
  16. ^ コロコロアニキ読者の皆様へ - 小学館
  17. ^ “「番長」逮捕でギャグ漫画「かっとばせ!キヨハラくん」が休載決定 クワタは“悪役”キャラで登場”. 産経新聞. (2016年2月9日). http://www.sankei.com/sports/news/160209/spo1602090022-n1.html 2016年2月11日閲覧。 
  18. ^ サイト自体が2017年に閉鎖しており、一部の作品を除いて書籍化や他サイトでの配信等が一切行われていない。
  19. ^ 小出恵介、未成年との飲酒・不適切な関係で無期限活動停止 7月日テレドラマは降板”. ORICON NEWS. オリコン (2017年6月8日). 2017年6月8日閲覧。
  20. ^ 「海猿」作者・佐藤秀峰さん、実写版すべての契約終了を報告(スポーツ報知)
  21. ^ 主演の田代まさしが数々の不祥事を起こした影響もあり、DVD化はなされていない(VHSは1994年に発売。後に廃盤)。
  22. ^ 本映画で全編ナレーションを担当していた酒井法子が2009年に不祥事を起こして以降は新たにDVD化・再放送が一切なされていない。
  23. ^ シネマトゥデイ - 押尾学出演作の公開無期延期が決定、主演の加藤和樹がブログでコメントを発表(2009年8月26日の記事)
  24. ^ excite.ニュース - 押尾学のインスタに見る、さもしい交友関係と哀れな姿(2015年9月13日の記事)
  25. ^ 2010年6月16日~20日にPARCO劇場にて開催予定だったが、直前に主演の岡村が体調不良を訴え長期休養に入ったため、開催が無期延期となった。なお岡村は2010年11月に復帰を果たしたが、本公演に関しては2018年現在まで何もアナウンスされておらず、事実上の公演中止状態となっている(因みにPARCO STAGEの公式サイト上には公演情報が2018年現在も掲載されており、確認する事ができる)
  26. ^ “ナイナイ岡村隆史が体調不良…一人舞台延期”. スポーツニッポン. (2010年6月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/06/05/kiji/K20100605Z00000220.html 2018年4月8日閲覧。 
  27. ^ “ナイナイ岡村隆史 体調不良により初の一人舞台延期”. excite.ニュース. (2010年6月12日). https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20100612/Ameba_69829.html 2018年4月8日閲覧。 
  28. ^ “岡村隆史の休養で実現不可になった、大泉洋との共演作”. cyzo woman. (2011年5月9日). http://www.cyzowoman.com/2011/05/post_3548_1.html 2018年4月8日閲覧。 
  29. ^ 曲の内容が余りにも過激すぎたため、発禁・自主回収の措置が取られた。この為、2017年現在CDに収録された事はなく、数量限定でアナログ盤のみの流通となっている。
  30. ^ EE JUMPはこの作品以外にも、5thを除いた全てのシングルが廃盤となっている(詳細はEE JUMPの項も参照)。
  31. ^ 「F.F.B.」は2002年10月17日に発売されたアルバム『最終兵器』に歌詞の一部を変更して収録された。
  32. ^ 元々2002年頃にシングルとして発売予定だったが、とある騒動が発端となり発売が急遽中止となる。なお、これ以外にもDragon Ashの楽曲の中には公式に発表されていないものが数曲存在する。
  33. ^ 2002年11月に発売予定であったが、直前で発売中止となり、2018年現在まで発売されていない(原因は不明)。因みにタワーレコードオンラインには本作品の詳細ページが現在も掲載されており、収録予定だった曲目もこちらで確認できる。
  34. ^ 2003年11月19日には同曲を表題曲とするシングルを、同年12月10日には同曲を収録したアルバム「極月-KIWAMARI ZUKI-」を発売したが、これに対し本曲を作曲した作編曲者の佐藤眞が編曲権及び同一性保持権を侵害しているとしてCDの販売停止を求めたため、PE'Z側はこれらの作品を出荷停止する事となった(詳細は「大地讃頌事件」の項も参照の事)。なお、「極月-KIWAMARI ZUKI-」に関しては2004年8月4日に本曲の代わりに「A Night in Tunisia 〜チュニジアの夜〜」(シングル「大地讃頌」に元々収録されていた曲)に差し替えられたものが再発売されている。因みに本曲のPVも制作されているが、この騒動の影響によりこちらも2018年現在一切商品化されていない。
  35. ^ 元々SMAPの36枚目のシングルとして2004年9月8日にビクターエンタテインメントから発売される予定だったが、急遽発売中止となってしまった(理由は不明)。なお、オリジナル・ヴァージョンはSMAPのアルバム「SMAP 016/MIJ」(2003年6月25日発売)の11曲目(DISC1)に収録されている(このため、このアルバムからのシングルカットとなる予定であった)。因みに本作ではコーラスをフィーチャーした、ロック・ヴァージョンとしてリミックスされたヴァージョンで収録される予定であった。
  36. ^ この曲は2005年7月27日発売のDJ OASISのアルバム「ウォーターワールド」に収録予定だったが、発売日の20日前に発生したロンドン同時爆破事件に配慮する形で収録がとりやめられた(曲の内容がテロ事件を題材としたものだった)。その後、インターネット上で期間限定配信が行われたが、現在は配信されておらず封印状態となっている。
  37. ^ 2006年3月29日に発売されたL-VOKALの1stアルバム「Laughin'」(現在は廃盤)の4曲目に収録されていたが、後の2010年3月3日に発売された再発盤には収録されなかった。
  38. ^ 音楽ナタリー - 練マザD.O逮捕でソロアルバムほか発売中止(2009年2月5日の記事)
  39. ^ 吉河順央「Knock’n on!」販売中止のお詫び
  40. ^ 日本国内ではビデオのみの発売(現在廃盤)でDVD化は一切されていないが、アメリカでは(経緯こそ不明であるものの)DVD-BOXが発売されている。
  41. ^ 1992~1993年にかけて発売された、東京サザエさん学会による書籍「磯野家の謎」シリーズのVHS版。しかし著作権者の許可を得なかったため、発売後に訴えられており、2017年現在は絶版となっている。
  42. ^ 1998年6月に1巻、同年12月に2巻が発売されたが、当時「バカ殿」にレギュラー出演していた田代まさしが後に数々の不祥事を起こした影響もあり、2018年現在これらの作品は一切DVD化されていない(「バカ殿」はその後、2006年1月27日と2008年9月25日に各々3枚組DVD-BOXが発売されているが、田代が降板して以降の放送分を中心に収録されており、田代が出演するコントは一切収録されていない)。
  43. ^ テレビ放送時は打ち切られずに放送され、BD/DVDの発売も予定されていたが、諸般の事情により発売中止が決定された。
  44. ^ excite.ニュース - 高畑裕太容疑者逮捕で向井理主演の大作映画“お蔵”危機! 真野恵里菜主演『青の帰り道』も幻に(2016年8月31日の記事)
  45. ^ 高畑裕太の代役に戸塚純貴 真野恵里菜が主演「青の帰り道」 スポーツニッポン 2017年8月6日
  46. ^ 韓国船沈没事故を受け、ポケモンが内容差し替えか……WOWOWでも「タイタニック」放送中止 RBBTODAY 2014年4月22日
  47. ^ 「タバコ礼賛「たくさんの不思議2010年2月号」の不当性について」への お答え
  48. ^ 広島県医師会 禁煙推進委員によるコラム - 「愛煙家おじいさんのものがたり」というタイトルで本作品の騒動に対するコメントが掲載されている。
  49. ^ 曲の内容は馬場祥弘の日本語訳に、独自な目線で新たな歌詞を追加したものとなっている。これは元々、パーマ大佐の「僕なりの森のくまさん」という持ちネタ(替え歌)の一つであった。
  50. ^ “パーマ大佐「森のくまさん」でメジャーからCDデビュー「Mステ出たい」”. お笑いナタリー. (2016年11月12日). http://natalie.mu/owarai/news/209079 2016年11月12日閲覧。 
  51. ^ “パーマ大佐氏作詞家が著作権侵害を主張 販売差し止め求める”. 産経WEST. (2017年1月18日). http://www.sankei.com/west/news/170118/wst1701180062-n1.html 2017年2月4日閲覧。 
  52. ^ “「森のくまさん」替え歌、販売継続で合意 作詞者とパーマ大佐氏、クレジットに追加表記”. 産経WEST. (2017年2月1日). http://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010067-n1.html 2017年2月4日閲覧。 

参考書籍[編集]

関連項目[編集]