クリストファー・パイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クリストファー・パイクChristopher Pike)は、アメリカのSFドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空の人物である。

『宇宙大作戦』のパイロット版エピソード「歪んだ楽園」及び映画版『スタートレック』でU.S.S.エンタープライズの船長を務めており、『スター・トレック:ディスカバリー』(シーズン2)では、U.S.S.エンタープライズ船長からU.S.S.ディスカバリーの船長に転任している。

経歴[編集]

正史(プライム時間軸)[編集]

地球のモハヴェ出身。

エンタープライズ船長として[編集]

2250年、U.S.S.エンタープライズの2代目船長に就任、以後5年間の宇宙探査任務を2度行う。階級は大佐。

2254年、上陸班を率いてライジェル7号星を訪れる。その際、同星の種族であるケイラー人に襲撃され、上陸班のうち3人が死亡、7人が負傷するという事態に陥る。パイクはこの事件の責任を重く受け止め、指揮官としての自信を失いつつあることをボイス医療主任に語っている(宇宙大作戦 (以下TOS) パイロット版「歪んだ楽園」)。

ライジェル事件から2週間後、U.S.S.エンタープライズはタロス星群からの救難信号を受信する。発信元は18年前に消息を絶った測量船S.S.コロンビアと判明し、遭難者救出のためパイクは上陸班と共にタロス4号星へ降り立つ。しかし、それらは全てタロス人が仕組んだ罠であり、彼らはテレパシーと幻覚を操る能力に長けた種族で、異星人を捕らえては幻覚で手なずけ標本にすることを目的する。その標本として選ばれたパイクは囚われの身となり、コロンビアの女性乗員で唯一の生存者であるヴィーナと共に、動物園に似た施設で生きることを強要される。それでもパイクは毅然とした態度で反抗を続け、様々な誘惑や苦痛の幻覚に翻弄されつつも降伏を拒否した。やがて扱いに困ったタロス人は根負けし、身柄を無事に解放されることとなる。

エンタープライズに帰艦する際、ヴィーナへ共に帰ろうと促すが拒否される。幻影をまとわぬ実際の彼女は、S.S.コロンビアの遭難で大怪我を負っており、その後遺症からタロス4号星以外では生きられない状態である。その事実を知ったパイクは仕方なく救出を諦めている。

この事件によって、タロス4号星は宇宙艦隊規則(一般命令7条)により接触が一切禁じられた制限区域となり、違反者は死刑という禁断の惑星となる(TOS16話「タロス星の幻怪人」)。


ディスカバリー船長として[編集]

宇宙大作戦』の約10年前に始まる『スタートレック・ディスカバリー』では宇宙艦隊の「名指揮官リスト」に彼の名前を見ることができ、かなり有名な様子が伺える。2257年、3万光年に渡って広がる7つの謎の信号を探索中、U.S.S.エンタープライズが航行不能に陥る損傷を負う。それに伴い救難信号を発信し、受信したU.S.S.ディスカバリーとランデブーすることになる(スタートレック・ディスカバリー 第15話「新たなる旅立ち」)。第16話からはパイクがU.S.S.ディスカバリーの船長に就任する。パイク船長はマイケル・バーナム中佐らとともに、7つの謎の信号と行方不明のスポック大尉(当時)を追い、タロス4号星に再び向かう。タロス人の幻影投射によってヴィーナと再び会話する。タロス人によって治療を受けたスポックを乗せてセクション31の秘密基地に来て、指揮官たちを殺したAIが組織を操り、全銀河系の知的生物の殲滅を意図していることを知る。AIを阻止するため、クリンゴン領内のボレスの修道院を訪れ、自分が全身不随になる未来を見せられる。その未来が確定することを承知の上でクリンゴンのタイムクリスタルをディスカバリーに持ち帰る。エンタープライズに再び戻り、AIがのっとったセクション31の艦隊と戦い、AIの欲するデータをディスカバリーとともに未来に送り込む。艦隊の査問ではディスカバリーが爆発したと嘘の証言を行う。スポック、ナンバーワンらと修理を終えたエンタープライズに戻る。

地上勤務後[編集]

2263年、長らく務めたU.S.S.エンタープライズの船長をジェームズ・T・カーク大佐に譲り、艦隊指揮官に昇進、その後は地上勤務に就く。

2266年、視察旅行中に搭乗していたJクラス練習船の機関部で事故が起き、訓練生たちを救おうとして人体に有害な大量のデルタ線に被曝してしまう。その結果、常人と変わらぬ余命や知能を持ちながらも全身不随の一生を余儀なくされ、生命維持装置付きの車椅子に繋がれたまま、イエスかノーかをランプとビープ音で示すだけの単純な意思伝達しか出来なくなる。

2267年、この悲劇を知ったスポック少佐によって、かつて訪れた禁断の惑星であるタロス4号星へ移送される。この際、スポックは綿密な計画の下、U.S.S.エンタープライズを乗っ取るという艦隊規則違反を犯している。カークに「向こう(タロス4号星)へ行きたいか」と問われた際には「イエス」の意思を示し、以前に知り合ったヴィーナと供に、タロス人の作り出す幻影の中で余生を過ごすことになる。なお、反乱罪を犯したスポックと、巻き込まれるという形ながらその違反に加担したカークであったが、艦隊司令部はパイクの業績と現状を鑑み、特例として規則違反を免責しスポックらの行動を承認する措置を取っている(TOS16話「タロス星の幻怪人」)。

その他[編集]

鏡像世界ではI.S.S.エンタープライズの船長であったが、部下のカークに暗殺され、その地位を奪われている(TOS 第33話「イオン嵐の恐怖」)。

ジャン=リュック・ピカード指揮下のU.S.S.エンタープライズ(NCC-1701-D)には、パイクという名のシャトルが配備されている(『新スタートレック』 第70話「究極のコレクション」)。

24世紀には勇気ある指揮官に贈られる「勇気のクリストファー・パイク勲章」という褒賞があり、ベンジャミン・シスコ大佐らが受賞している(『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』 第150話「決意の代償」)。

リブート(ケルヴィン時間軸)[編集]

この時間軸は、2233年4月から分岐したパラレルワールドであり、パイク自身もパラレルワールドの人物である。また、正史上ではU.S.S.エンタープライズの2代目船長であるが、ここでは初代船長となっている。

2255年、リバーサイド造船所近くのバーにて、士官候補生らと喧嘩していたジェイムズ・T・カークと出会う。彼に優れた資質を感じ取ったパイクはその才能を惜しみ、宇宙艦隊への入隊を勧める。初めはカークから一笑に付されるが、亡父のジョージ・カークが如何にして艦隊の英雄になったかを説き、父親を超えてみろとカークの心を揺さぶり入隊を決心させている(『スタートレック』)。

2258年、惑星連邦がバルカン星からの救難信号を受けたため、副長のスポックらと共に、最新鋭艦U.S.S.エンタープライズを進宙式もせず出動させる。バルカン星を攻撃していたのはロミュランの採掘船ナラーダで、先着していた連邦艦7隻は全て撃破されており、エンタープライズも相手の攻撃性能に歯が立たず苦戦を強いられてしまう。ナラーダのネロ船長から交渉を求められた際には、スポックやカークらに指令を託し、自らの危険を承知の上で、敵艦へ単身乗り込んでいる。ナラーダ内では拘束され拷問も受けるが、やがて救出に現れたカークとスポックの尽力によって、エンタープライズヘの帰艦を果たし、地球帰還後は、カークに船長の座を渡して提督に昇進する。ただし、拷問の後遺症から車椅子姿になっている(『スタートレック』)。

翌2259年には、杖をつきつつも歩行が可能なまでに回復する。エンタープライズの任務が艦隊規則に抵触したとしてカークを解任し、再び船長に就任するが、その際にカークを副長に据える温情措置を執っている。ロンドンでジョン・ハリソン中佐によるテロ事件が発生したことを受けて、カークやスポックらと共に宇宙艦隊本部に招集されるが、その作戦会議中にハリソンの襲撃に遭い死亡する(『スター・トレック イントゥ・ダークネス』)。

結果的に、本時間軸でU.S.S.エンタープライズを指揮したのは、処女航海の数日間のみである。

演じた俳優[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『別冊映画秘宝 スター・トレック完全読本』による
  2. ^ スタートレック:ディスカバリー公式Twitter