宇宙暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇宙暦(うちゅうれき)とは、SFなどの架空の物語で用いられる

宇宙暦[編集]

スタートレックシリーズ[編集]

原語ではStardateで、直訳すれば「恒星間年月日」であり「宇宙暦」といった仰々しさはない。主人公の宇宙艦艦長が所属する惑星連邦共通の時間の表記法であり、航星日誌の記入には必ず宇宙暦が入れられる。といった時間単位は無く、小数点以下1桁までの有理数のみで時間を表す。ただしどのシリーズにおいても、宇宙艦内でのクルーの勤務シフトは24時間単位で構成されており、実生活においては明らかに通常の地球暦が使われている。

22世紀(『スタートレック:エンタープライズ(ENT)』)[編集]

宇宙暦という概念はあるようではあるが、基本的に使われることはなく、航星日誌は地球暦(西暦と月日)で記入する。これはENTが惑星連邦が設立される前の時代であり、宇宙艦隊は地球の所属であるため、多くの種族と共用の暦を使う必要がないからである。

23世紀(『宇宙大作戦(TOS)』『スタートレック:ディスカバリー(DIS)』)[編集]

1966年放送のTOS第2話で初登場。小数点のついた4桁の数字が話数を重ねるごとに徐々に増えていくのが特徴となっているが、明確な法則性はない。2265年のTOS第2話では宇宙暦1312.4、2269年のTOS第78話では宇宙暦5973.7、2293年のTOS最終の劇場版第6作「未知の世界」では宇宙暦9521.6である。TNGとの兼ね合いから、TOSでは宇宙暦は4桁止まりとなっている。

しかし2256年が舞台のDIS第8話では宇宙暦1308.9、第14話では少なくとも宇宙暦4851.5より後日で、TOSの宇宙暦と矛盾がある。

なおTOS日本語吹き替え版の宇宙暦は原語とは異なっており、日本での放映局である日本テレビの4チャンネルとシーズン数を合わせ、第1シーズンが宇宙暦0401.0000から始まり第2シーズンが0402.0000から始まる。これは後のTNGの宇宙暦の法則に近い。しかし第3シーズン後半には0404台となったり0405台が混ざっている。TOS第2話で宇宙暦0401.4274、第78話で0404.3072となっている。

24世紀(『新スタートレック(TNG)』、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン(DS9)』、『スタートレック:ヴォイジャー(VOY)』)[編集]

TOSより後世が舞台となったTNGでは、宇宙暦は小数点のついた5桁の数字となった。TNG以降の宇宙暦にはテレビシリーズの放映を基準にした明確な法則がある。すなわち、TNG第1シーズン(2364年)は宇宙暦41000.0から始まるのであるが、これは24世紀の第1シーズンという意味である。同様に第2シーズン(2365年)は宇宙暦42000.0、第3シーズン(2366年)は宇宙暦43000.0から始まる。ただしTNG第6シーズンと並行して開始したDS9は第1シーズンが宇宙暦46000.0から、TNGの後継番組であるVOYは第1シーズンが宇宙暦48000.0から始まる。

テレビシリーズでの最初の宇宙暦はTNG第1シーズン第1話「未知への飛翔」の宇宙暦41153.7、最終はVOY第7シーズン最終話「道は星雲の彼方へ」の宇宙暦54973.4である。VOY終了後が舞台の劇場版第10作「スタートレック:ネメシス」では宇宙暦56844.9となっている。

スターオーシャンシリーズ[編集]

スターオーシャンはスタートレックの世界観や科学技術をモデルにしている。演出のオマージュも多く、宇宙暦もその例に漏れない。西暦2090年3月7日に太陽系第3惑星の地球において制定された年号で、地球連邦及び銀河連邦の標準年号として使われる。トリラス・バークタイン博士が亜空間ワープ実験に成功した西暦2087年を宇宙暦元年として制定されている。暦の数え方は従来の地球暦と同一である。

銀河英雄伝説[編集]

銀河連邦及び自由惑星同盟やその理念を受け継いだ国家で用いられる暦。原作小説ではSpace EraS.E.)、OVA版ではUniversal CenturyU.C.)。銀河連邦が発足した西暦2801年を元年としている。舞台は銀河系と広範囲だが、地球で用いられたグレゴリオ暦が基本となっているため、各惑星恒星の日の出や日の入りの繰り返しの単位が暦の1日と一致するわけではない。

その他[編集]

非フィクションにおける宇宙暦[編集]

  • 平田真夫の宇宙暦[1] - 政治・宗教から中立な由来をもつ暦として発案された紀年法。西暦1969年アポロ11号着陸を紀元とする。
  • 吉田伸夫の宇宙暦[2] - 宇宙における天文物理現象の起きる時期に関する科学的考察のために発案された紀年法。ビッグバンを紀元とする。現代は宇宙暦138億年である。

脚注[編集]

  1. ^ 宇宙暦 (2) ‐ 通信用語の基礎知識”. 2017年11月24日閲覧。
  2. ^ 吉田伸夫『宇宙に「終わり」はあるのか』講談社〈講談社ブルーバックス〉、2017年、10頁。ISBN 978-4-06-502006-7

関連項目[編集]