Keras

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Keras
Keras Logo.jpg
作者 François Chollet
開発元 various
初版 2015年3月27日(3年前) (2015-03-27
最新版 2.1.5 / 2018年3月7日(2か月前) (2018-03-07
リポジトリ github.com/keras-team/keras
プログラミング言語 Python
プラットフォーム クロスプラットフォーム
サポート状況 Active
種別 ニューラルネットワーク
ライセンス MIT
公式サイト keras.io
テンプレートを表示

Kerasは、Pythonで書かれたオープンソースニューラルネットワークライブラリである。MXNet英語版Deeplearning4jTensorFlowCNTKTheano英語版の上部で動作することができる[1][2]ディープニューラルネットワークを用いた迅速な実験を可能にするよう設計され、最小限、モジュール式、拡張可能であることに重点が置かれている。プロジェクトONEIROS (Open-ended Neuro-Electronic Intelligent Robot Operating System) の研究の一部として開発された[3]。中心的な開発者、メンテナはGoogleのエンジニアのFrançois Cholletである。

2017年、GoogleのTensorFlowチームは、TensorFlowのコアライブラリにおいてKerasをサポートすることを決定した。Cholletは、Kerasはタスク全体を担う機械学習ライブラリよりむしろインターフェースとして着想された、と説明した。Kerasはバックエンドの科学計算ライブラリにかかわらず、ニューラルネットワークの設定を容易に行うことができる、より高いレベルでより直感的な一連の抽象化を提供している[4]MicrosoftはKerasにCNTKバックエンドを追加する作業を行っている[5][6]

特長[編集]

Kerasライブラリは、レイヤー(層)、目的関数英語版活性化関数最適化器、画像やテキストデータをより容易に扱う多くのツールといった一般に用いられているニューラルネットワークのビルディングブロックの膨大な数の実装を含む。コードはGitHub上にホストされ、GitHub issues pageやGitter channel、Slack channelなどのサポートフォーラムがある。

脚注[編集]

  1. ^ This Is What Makes Keras Different, According To Its Author”. forbes.com. 2016年9月20日閲覧。
  2. ^ Deeplearning4j Keras Frontend
  3. ^ Keras Documentation”. keras.io. 2016年9月18日閲覧。
  4. ^ Chollet GitHub Comment
  5. ^ CNTK Keras GitHub Issue
  6. ^ alexeyo. “CNTK_2_0_Release_Notes” (英語). docs.microsoft.com. 2017年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]