Goanna

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Goanna
開発元 ムーンチャイルド・プロダクションズ
最新版 2.0
プログラミング言語 C++
対応OS クロスプラットフォーム
種別 レイアウトエンジン
ライセンス Mozilla Public License 2.0
公式サイト http://www.moonchildproductions.info/goanna.shtml
テンプレートを表示

Goanna (ゴアンナ, 日本語ではオオトカゲの意)はムーンチャイルド・プロダクションズによって開発されたPale Moon用のレンダリングエンジン。

開発経緯[編集]

Pale Moonは長らくGeckoを用いてきた。しかし、新UIのAustralisをMozillaが標準採用し、大量のアドオンが失効した。これに反発し、独自のレンダリングエンジンを開発すると宣言。こうして2016年1月に初版がリリースされたのがGoannaである。2016年8月24日現在のヴァージョンは2.1。

特徴[編集]

  • C++で書かれている。
  • Australis採用に伴う大量アドオン失効に伴い、いくつかのアドオンはPale Moonに譲渡され、これに対応している[1]
  • Geckoよりはメモリの消費量は少なく、シングルプロセスを採用してバックグラウンドメモリを排除しているため、起動が素早い[2]
  • 2016年3月の時点においてはHTML5testの点数はGoogle Chromeに比べて低い[3]
  • Blink搭載ブラウザのように大量にメモリを浪費[4]することは全くない。

標準サポート[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pale Moonの公式サイトで、対応旧式アドオンを発表している。
  2. ^ ここここを参照。
  3. ^ ここ調べでは404点。
  4. ^ ここここにもあるように、Blink搭載ブラウザがメモリを大量消費することはすでに既知の問題である。

外部リンク[編集]