Web Hypertext Application Technology Working Group

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Web Hypertext Application Technology Working GroupWHATWG、ワットワーキンググループ、ワットダブルジー)は、HTMLと関連技術の開発をするためのコミュニティである。W3Cが策定したXHTMLや、W3Cがウェブ開発者の要望を軽視していることなどを不満に思ったAppleMozillaOperaの開発者たちによって2004年に結成された[1]。2017年末にはMicrosoftも参加している。

W3Cの対抗組織として始まったWHATWGだが、徐々に影響力を強め、HTML5はWHATWGが提唱したものを元にW3Cが策定した[2]。最終的には、W3CがHTMLとDOMの策定をやめ、WHATWGに協力を表明するにまで至っている[3]

脚注[編集]

  1. ^ WHATWGとは”. IT用語辞典バイナリ. 2017年11月26日閲覧。
  2. ^ HTML5とは”. インセプト. 2017年11月26日閲覧。
  3. ^ W3C and the WHATWG signed an agreement to collaborate on a single version of HTML and DOM”. 2019年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]