菫色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
菫色
すみれいろ violet
 
16進表記 #705DA8
RGB (112, 93, 168)
HSV (255°, 45%, 66%)
マンセル値 2.4P 4.3/10.3
表示されている色は一例です
パンジー
pansy
 
16進表記 #442A81
RGB (68, 42, 129)
CMYK (86, 99, 15, 0)
HSV (258°, 67%, 51%)
マンセル値 2.2P 2.4/12.5
表示されている色は一例です
スミレの花

菫色(すみれいろ)は、色の一種で、スミレ花弁の色。スミレならびに菫色に相当する英語名"violet"(バイオレット)で表記されることもある。

また、スミレの一種パンジー(pansy)が時に色名としてつかわれることもある。これは、パンジーのうち紫の花弁の色をさすが、一般的な菫色よりもさらに暗くさえた色である。

概要[編集]

スミレは日本で古くから親しまれていたである。『万葉集』では菫摘みを詠った短歌などが収められている。いつごろから色名として使われるようになったかは定かではないが、少なくとも平安時代には、装束の重(かさね)の色目として「菫菜」(すみれ)と「壷菫」(つぼすみれ)というのがあった。菫菜は表が紫で裏が薄紫、壷菫は表が紫、裏が薄めの青(今でいう緑)となるような衣装生地の配色であり、重色目のように紫の配色のたとえとして菫の名が出されたことは 確かである。

菫色という言葉が盛んに使われるようになったのは近代以降である。欧文における菫色(英語では"violet")の訳語として使われるようになった。

一方、西洋における「バイオレット」は、やや赤みを帯びた紫(パープル, purple)に対して、青みを帯びた紫として使われることが多い。もともと古代ローマでは、赤みのかった紫をラテン語"purpura"(プールプラ、貝紫色)、赤と青ほぼ等分のものを"viola"(ウィオラ、もとはスミレの意)、青みがかった色を"hyacinthus"(ヒュアキントゥス、もとはヒヤシンスの意)といった。そのうちhyacinthusは紫をあらわす一般的な色名としては使われなくなり(ただしヒヤシンスの花の色をあらわす固有名としては現在にも残る)、とくにpurpuraの染色が貴重なものであったため、purpuraのほうが紫の代表名となり、英語ではこれが語源のpurpleが標準色名となった。そしてviolaのほうは青みの紫を示すものとして使われ、英語では語形変化してvioletとして使われている。

なお、の7色のうち最短波長の色である紫は、青みを帯びた紫であることからニュートンが"violet"と定義したため、現在でも英語で虹の紫をさすときはpurpleを使わずvioletという語が使われる。同様に色彩工学では、可視光線のスペクトルの短波長側の極限を青紫とし、色座標において青紫と赤を結ぶ線を純紫軌跡と呼ぶ。ちなみに、紫外線はUltraViolet(略してUV)である。


Webカラーでの定義[編集]

violet (webcolor)
  16進表記 #EE82EE
blueviolet (webcolor)
  16進表記 #8A2BA2
darkviolet (webcolor)
  16進表記 #9400D3
mediumvioletred (webcolor)
  16進表記 #C71585
paleovioletred (webcolor)
  16進表記 #DB7093

ウェブカラーでは、文字や背景の色を指定する際、violetと指定すると、16進数表記で#EE82EEで表現される右図の色を発色することができる。これは一般のバイオレットよりも非常に明るく、赤みが強い。

他にもvioletの派生色として、右に列挙するような色が定義されている。


JISでの定義[編集]

菫色JIS慣用色名
  マンセル値 2.5P 4/11
バイオレットJIS慣用色名
  マンセル値 2.5P 4/11
パンジーJIS慣用色名
  マンセル値 1P 2.5/10

日本工業規格では、JIS慣用色名として右図のように、菫色とバイオレットが同色として定義されている。

一方パンジーも定義されているが、これは別色となっている。


関連項目[編集]