補色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
色相環。円の正反対に位置する色が補色。(左)マンセル (中)RYB (右)RGB 色相環。円の正反対に位置する色が補色。(左)マンセル (中)RYB (右)RGB 色相環。円の正反対に位置する色が補色。(左)マンセル (中)RYB (右)RGB
色相環。円の正反対に位置する色が補色。
(左)マンセル (中)RYB (右)RGB

補色(ほしょく、: complementary color[1])とは、色相環 (color circle) で正反対に位置する関係のの組合せ。例えば、「 / 青緑」「 / 黄緑」「黄色 / 青紫」など(これは一般、もしくはCMYKの場合)、相補的な色のことでもある。余色対照色反対色ともいう(ただし、補色は相対する色を直接に指示するのに対し、反対色の指示する範囲はやや広い)。

ある色に別の色を適宜割合で混合して、の場合は物体の場合はというように、彩度低下を引き起こす色についてもいうが、並列した際の視覚的効果の相補性と混合した際の相補性は異なる。

性質[編集]

補色同士の色の組み合わせは、互いの色を引き立て合う相乗効果があり、これは「補色調和」といわれる[2]

しかし、純色など、明度が同じ補色同士を組合せた場合は、ハレーションを引き起こして、がチカチカしてしまう[3][4]

残像の消去と現出[編集]

病院などの外科手術室では、内装や手術着を薄い緑色にすることで、赤(血液の色)の残像である緑色を消去することが可能となる。

逆の例では、牛乳パックの白を基調としたパッケージに青色を用いることで、青の残像であるクリーム色が現出。「濃い牛乳」というイメージを消費者に与えることが可能となる[5]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]