日本いけばな芸術協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益財団法人 日本いけばな芸術協会(にほんいけばなげいじゅつきょうかい)は、いけばな各流派の提携を通じて、いけばな芸術の昂揚とその普及啓発をはかり、わが国の文化の向上発展及び豊かな人間性に根ざしたより良き社会の形成に寄与することを目的とする。

概要[編集]

1966年高松宮妃喜久子名誉総裁として設立された。実際の運営をになう初代執行部としては、副会長に池坊専永池坊)、理事長に勅使河原蒼風草月流)、副理事長に小原豊雲小原流)、相談役に山本忠男(池坊)が就任した。

加入は流派単位で、流派の代表者の推薦が必要。約300の華道流派が登録しており、会員数は4,000名以上(2017年時点で東部2403名 、西部 1696名)。日本の東部と西部に分かれており、東部の事務局は東京都千代田区永田町、西部の事務局は大阪市中央区高麗橋にある。

年表[編集]

主な活動[編集]

  • 展覧会「日本いけばな芸術展」を主催(1年に2回)
  • 博覧会などに出品。
  • 会誌「花」を発行(年1回)
  • 褒章:いけばな褒賞杯
  • 研修・新人育成
  • いけばなの広報・普及促進(海外を含む)

役員[編集]

2017年時点での役員名は下記の通り。

外部リンク[編集]