淀川隆博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淀川 隆博 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨドガワ タカヒロ
ラテン文字 YODOGAWA Takahiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1951-03-04) 1951年3月4日(68歳)
身長 175cm
体重 69kg
選手情報
ポジション GK
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

淀川 隆博(よどがわ たかひろ、1951年3月4日 - )は、日本の元サッカー選手、前Jリーグ所属ジェフユナイテッド市原・千葉社長。現役時代のポジションはGK

人物[編集]

兵庫県出身。早稲田大学在学中には学生日本代表に選ばれた経験を持ち、1973年からは古河電工サッカー部(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)でプレイ。

引退後は古河電工の営業職を経て、2004年4月から2008年4月までジェフユナイテッド市原の代表取締役社長を務める。

2006年にクラブの監督として契約途中であったイビチャ・オシムの日本代表監督就任要請を許諾、それまで一貫してチームの強化方針を担当していた祖母井秀隆GM(当時)と対立し、祖母井GMは退団する結果となった。

2008年1月上旬までJ1で唯一監督・GMともに決まらず、さらに「脱オシム路線」「アジア進出」を掲げたことで、選手たちの混乱を招いた。それらの結果、主力選手を5人も移籍させてしまうという事態を引き起こした。この年の契約更改交渉の席では「12月31日までに淀川社長がいなくなればジェフに残ります」と はっきりと口にする選手までいた。[1]

2008年4月25日付で、成績不振の責任を取る形でジェフユナイテッド市原・千葉の代表取締役社長を退任した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1973 古河 21 JSL1部 18 0
1974 1 18 0 -
1975 1 18 0 -
1976 1 2 0
1977 1 6 0
1978 1 6 0
1979 1 9 0
1980 1 16 0
1981 1 7 0
通算 日本 JSL1部 100 0
総通算 100 0

引退後経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]