板原啓文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板原 啓文
いたはら よしふみ
生年月日 (1955-07-31) 1955年7月31日(64歳)
出生地 高知県土佐市
出身校 高知大学
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2007年10月29日 - 現職
テンプレートを表示

板原 啓文(いたはら よしふみ、1955年7月31日[1] - )は、日本政治家高知県土佐市長(3期)。

来歴[編集]

高知県土佐市出身。高知高等学校高知大学卒業[2]

2007年(平成19年)10月21日投開票の土佐市長選挙に立候補し初当選を果たした。投票率は過去最低の49.17%[3]。10月29日、市長就任[4]

2011年(平成23年)、無投票により再選[5]

2015年(平成27年)7月16日、平和安全法制関連2法案が衆議院本会議で可決され、参議院へ送付された。これを受けて、同年9月開催の土佐市議会において板原は「安保関連法案は、多くの憲法学者が憲法に抵触すると言っている以上、法案に問題があると判断している。憲法違反という多くの指摘を無視して決定することは立憲主義に反する暴挙だ」と述べた[6]

同年10月の市長選で無投票により3選[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
森田康生
Flag of Tosa Kochi.JPG 高知県土佐市長
2007年 -
次代:
(現職)