大川村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおかわむら
大川村
大川村のブナの巨木
大川村のブナの巨木
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
土佐郡
団体コード 39364-9
法人番号 6000020393649
面積 95.27km2
総人口 374
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 3.93人/km2
隣接自治体 土佐郡土佐町吾川郡いの町
愛媛県新居浜市四国中央市
村の木 五葉松
村の花 シャクナゲ
村の鳥 ウグイス
大川村役場
村長 和田知士
所在地 781-3703
高知県土佐郡大川村小松27番地1
北緯33度47分1.9秒東経133度27分59.7秒座標: 北緯33度47分1.9秒 東経133度27分59.7秒
Okawa village hall.JPG
外部リンク 大川村

大川村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
大座礼山
小北川の滝
早明浦ダム湖(大川村川崎)
村のえき

大川村(おおかわ むら)は、高知県土佐郡にあるである。離島並びに福島第一原子力発電所事故の影響を受けている自治体を除くと、全国で最も人口が少ないである。

地理[編集]

高知県の北部、四国山地に位置する。北側は大座礼山(おおざれやま)、平家平などの山腹を挟んで愛媛県に接している。

村内は西から東に向かって吉野川が流れている。かつての村中心部は早明浦ダムの完成・湛水に伴い水没。現在はダム湖沿岸の小松地区に村役場、大川郵便局[1]、農協(JA土佐れいほく支所)[2]、警察の駐在所[3]、診療所(大川村国民健康保険小松診療所)[4]、商店、旅館、食堂が集まっている。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

1889年明治22年)4月1日町村制の施行により、小松村、船戸村、朝谷村、大北川村、高野村、川崎村、猪ノ川村、大平村、小麦畝村、小北川村、大藪村、下切村、南野山村、上小南川村、下小南川村、中切村の区域をもって発足。

1977年完成の早明浦ダムにより、村役場を含め村の大部分が水没したことで知られる。ピーク時に約4,000人いた人口は白滝鉱山の閉鎖、ダム完成による集落の水没などがあり、約500人まで落ち込んだ。2005年平成17年)11月27日に、日本の離島以外の市町村の中で最も人口が少ない村となった[5]

人口減少と高齢化で村議のなり手が減少したため2017年、村議会(定数6)廃止と、村民による直接民主制である町村総会の設置を一時検討し、全国の過疎地から注目を集めた[6]

行政[編集]

  • 村長: 和田知士(2011年12月11日から)
  • 元村長
    • 岩﨑敬太郎(1994年3月1日から2002年2月28日まで、2010年3月1日から2011年11月30日)
    • 合田司郎(2002年3月1日から2010年2月28日)

経済・産業[編集]

特産品は大川黒、土佐はちきん地鶏など[7]。毎年11月3日には謝肉祭(大川黒牛や地鶏のバーベキュー)が開催され、村外からの観光客が集まる[8]

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography39364.svg
大川村と全国の年齢別人口分布(2005年) 大川村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大川村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
大川村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 1,900人
1975年 933人
1980年 906人
1985年 751人
1990年 758人
1995年 680人
2000年 569人
2005年 538人
2010年 411人
2015年 396人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

平成17年4月から、小中一貫教育校となる。

小学校・中学校

交通[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

高速道路
一般国道
  • 村内を走る一般国道: なし
都道府県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

姿を現した元の役場(2005年(平成17年)8月20日撮影)
高藪発電所
四国四県の水源として知られる貯水池で、1977年の完成時、大川村の主要な集落が水没した。ダム本体は土佐町と本山町にまたがり、大川村には一時的な補償金は見込まれるものの、固定資産税収入などの永続的なメリットは期待できなかった。ダム渇水時には水没した旧村役場庁舎が湖底から姿を現すが、その旧庁舎はダム計画へ反対の意思を表すために、あえて水没予定地に建てられたものである[10]。早明浦ダム完成による水没前の基準からすると、水没はありえないとされる小高い場所であった。一見3階建てに見えるが、これは1階部分が土砂によって完全に埋没してしまったためであり、実際は4階建てであった。現在では水不足時の貯水量の1つの目安となっている。
教育・観光レクリエーション施設。閉山した白滝鉱山跡に建設された。5月に白滝ふるさと祭り、11月3日に謝肉祭(特産品の大川黒牛バーベキュー)、夏休み期にふるさと短期留学(キャンプ)、冬休み期に「お山のガキ大将」(宿泊学習)などの行事が開催されている。
  • 木星館

郵便番号[編集]

郵便番号は以下の通りとなっている。

  • 森郵便局(土佐町): 781-33xx、781-34xx、781-35xx、781-37xx

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大川郵便局日本郵政グループ(2018年1月5日閲覧)
  2. ^ JA土佐れいほく店舗紹介(2018年1月5日閲覧)
  3. ^ 所在地(駐在所)高知東警察署(2018年1月5日閲覧)
  4. ^ 平成29年4月30日現在の病院・診療所一覧について高知県 健康政策部 医事薬務課
  5. ^ それまで人口が国内最少だった愛知県北設楽郡富山村豊根村に編入されたため。なお、日本一人口が少ない基礎自治体伊豆諸島にある東京都青ヶ島村となっている。
  6. ^ 高知・大川村 町村総会、調査中断「国・高知県が議会維持支援」”. 毎日新聞(朝刊2017年9月12日付). 2018年1月5日閲覧。
  7. ^ 特産品大川村ホームページ(2018年1月5日閲覧)
  8. ^ 【食紀行】土佐はちきん地鶏、村の誇り 素直な味 野菜と好相性『日本経済新聞』夕刊2018年1月4日
  9. ^ お教えします!大川村へのアクセス方法!(2017年1月9日)
  10. ^ 古新聞紙の中の早明浦ダム『情報プラットホーム』2010年1月号(No.268)、高知県産業振興センター/高知県中小企業支援センター
  11. ^ 村のえき高知県観光情報サイト「よさこいネット」(2018年1月5日閲覧)
  12. ^ 大川村集落活動センター結いの里集落活動センター・ポータルサイト「ええとここうち」(2018年1月5日閲覧)
  13. ^ 景勝地大川村ホームページ(2018年1月5日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]