大杉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大杉駅
駅舎
駅舎
おおすぎ
Ōsugi
D31 土佐穴内 (4.0km)
(6.1km) 土佐北川 D33
所在地 高知県長岡郡大豊町中村大王1686
駅番号 D32
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 土讃線
キロ程 87.2km(多度津起点)
岡山から139.9km
高松から119.9km
電報略号 オキ←ヲキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1932年昭和7年)12月20日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
駅前風景
夜の大杉駅

大杉駅(おおすぎえき)は、高知県長岡郡大豊町中村大王にある、四国旅客鉄道(JR四国)土讃線である。駅番号D32

歴史[編集]

駅名は駅の南方にあり、天然記念物に指定されている杉の大杉から命名された。土讃線を走る特急南風」の約半数、「しまんと」の全列車が停車する。

杉材を使用した名物駅舎があったが、2004年1月2日に焼失したため、大豊町立大杉中学校の生徒たちが駅舎の再建に関わって、2005年3月12日に大豊町つどいの広場「とまレール大杉」として再建された。 高森千穂氏の四国へGO!サンライズエクスプレスに登場した。

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。ホーム有効長が短いため、編成の長い特急列車はドアカットが行われる。下り列車(高知方面行き)のみ追い越し可能な構造となっている。簡易委託駅で、日中は駅舎内の売店係員が切符を販売している。駅舎内は南半分が売店で、北半分が待合室となっている。

わたしの旅スタンプが設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 土讃線 上り 阿波池田高松岡山方面
2 土讃線 下り 土佐山田高知中村方面

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前にとさでん交通の「大杉駅」停留所がある。

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
土佐穴内駅 (D31) - 大杉駅 (D32) - 土佐北川駅 (D33)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「焼失の土讃線大杉駅を集いの広場に再築」、『鉄道ジャーナル』第461号、2005年5月、 92頁。
  2. ^ “全焼のJR大杉駅 地元中学生が新駅舎を提案”. 高知新聞. (2004年9月10日). オリジナル2014年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041011092009/http://www.kochinews.co.jp/0409/040910headline08.htm 2015年9月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]